キャネットの追加融資は枠内融資なのか~利用限度額を増額するには~

 5.0  (3)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (3)

この記事を評価する

決定

キャネットでは申請してから融資をしてもらうまでの審査は比較的通りやすいといわれていますが、限度額は低く設定されることが多いようです。

今回は、キャネットでの追加融資に関して調べました。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介する記事は、こんな人におすすめの内容となっております。

  • キャネットを利用している人
  • キャネットの利用限度額を増額したい人
  • キャネットで増額できなかった場合の対処法が知りたい人

キャネットで増額してもらう方法

キャネットに増額してもらうことができると、さらに多くのお金を借りられるようになるというメリットがあるのは当然のことです。

この他にも、金利が低くなる可能性があるというメリットもあります。

というのも、ローン金利は「利息制限法」という法律によって設定できる上限金利が決められており、正規の貸金業者であるキャネットでは、上限を超えて融資することはありません。

キャネットの貸付利率は15.0%~20.0%なのですが、これを利息制限法の上限に合わせると、以下のような金利が適用されることになります。

  • 借入額10万円未満・・・20.0%
  • 借入額10万円以上100万円未満・・・18%
  • 借入額100万円以上・・・15.0%

例えば、キャネットから5万円を借りていて20%の金利が適用されていた人が、増額によって10万円を借り入れた場合には金利は18.0%と3%も低くなります。

少額なものでは3%低金利となってもそれほど負担軽減につながりませんが、金利はいくらでも低い方が良いに決まっていますので、メリットであることに違いはありません。

追加融資の方法は2つ

追加融資をしてもらう方法

キャネットでの融資は、最初の審査によって限度額が決められていて、その中で融資されるようになっています。

つまり、追加融資に関しては、カードローンと同じように枠内融資が基本になりますが、最初は利用限度額が少額な場合がほとんどです。

そのため、追加融資を受けたくても、そもそも利用限度額が少なくて借りられないということも多く、先に利用限度額を増額してもらう必要があります。

実際には、追加融資を申請した時点で利用限度額が足りない場合は「増額+追加融資」という形で申請することになります。

単なる追加融資と増額を伴う追加融資とでは同じ意味のように思えても、実際には全く違うことであり、圧倒的に増額をしてからの追加融資の方が難易度は高いです。

枠内融資をしてもらう方法

そもそも「枠内融資とは?」と思っている人もいると思いますが、枠内融資とは利用限度額の範囲内で融資することをいいます。

枠内融資で代表的なものがカードローンであり、ATMなどから利用限度額の範囲内でいつでも借り入れが可能です。

しかし、キャネットではカードローンのように専用のローンカードがあるわけではなく、その都度申請しなければなりませんが、内部的には決められた利用限度額の範囲内で融資を行っています。

つまり、利用限度額の枠が残っていれば、基本的にはその枠内で簡単に融資を受けることができます。

ただし、カードローンと違う点は、返済実績や利用期間の長さによっては断られる可能性があります。

枠内融資といっても、申込者からの申請の都度、審査を行って融資するかを判断していますので、まだ枠内なのに融資が受けられないという状況に陥ってしまうこともあります。

枠内の追加融資について口コミなどを見ると、最初に借り入れをしてから3ヶ月の返済を行った後にキャネットから追加での融資が可能だと連絡が入る人もいるようです。

その一方、返済の実績が半年以上あるのに、一ヵ月の返済金額が少ないので、返済金額を多くしてから再度申請をしてほしいといわれる人もいるようです。

返済の実績によって追加融資ができるかどうかの判断はされるようですが、追加融資時に特段の審査は必要なく、電話連絡だけで融資は受けられるようです。

枠内融資の連絡をするのは、契約をした支店に連絡をすることになります。

限度額を増額してしてもらう方法

利用限度額がいっぱいになっている状態で追加融資をお願いしたい場合には、まずは借入限度額の枠を増額してから追加融資をお願いすることになります。

限度額の総額の申請を行うのも、契約している支店に電話連絡をする必要があります。

限度額の増額は、枠内融資の追加融資よりも審査が厳しいのですが、支店の窓口で申し込みを行うようにする方が審査に通りやすいという口コミもあります。

審査が行われる際に提出する書類もありますので、最初に電話をしたときに必要書類を聞いておくと良いですね。

増額の審査では、キャネットの利用状況の中で返済は遅れなどがないか、前よりも収入が上がっているか、前よりも借入金などは減っているかなどが要点となります。

この中でも、利用状況に関しては詳しく見られることになります。

つまり返済している事実と、返済されている金額、返済が行われている期間が審査の重要な要素となっています。

増額審査をお願いする場合には、事前の確認として返済を遅れたことがないかと返済している期間が少なくとも半年以上はあるかを確認しておきましょう。

それに問題がない場合で、他社からの借り入れを含めて借入金が減っている、もしくは収入が増えているのであれば、申し込んでみるのが良いですよ。

これらの事が守られていない場合には、増額申請をすることもできない事になると思います。

関連記事をチェック!

328view

滞納するとカードローン増額ができないって本当?

カードローンを利用していて「限度額が少ない」と、感じたことがある人も多いのではないでしょうか。 もう少し利用できる枠を増やしたい、限度額を増額できないかと考える人も多いと思います。 カードローンの...

キャネットに増額をお願いするときの注意点

追加融資をお願いするときの注意点

キャネットに追加融資をお願いするのには、必ず電話連絡をしてから融資をしてもらうことになります。

電話連絡をするときに、ある一定の基準が満たせているのであれば比較的簡単に追加融資がされるようですが、すでに限度額いっぱいまで借りていれば増額してもらわなくては借りられるようになりません。

限度額の増額には、以下に示す要件だけは少なくともクリアしていないといけなようです。

返済の遅延がないこと

キャネットは過去に金融事故を起こしている場合でも、自社で独自に定めている融資判断基準を満たしていれば融資してもらえる可能性があります。

という事は、追加融資を行っても返済能力があるのかどうかに関しては、キャネット内の返済実績が非常に重く評価されていることになります。

ですので、返済を延滞したことがある場合には、マイナス評価される可能性が大きいという事になります。

このことは、追加融資をお願いすることになった後に改善することは難しいですので、返済は延滞が無いようにしておきましょう。

関連記事をチェック!

6776view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

半年以上は利用があること

最初の段階では信用情報機関の情報と、申告された申請内容をもとに審査が行われ、融資枠と融資金額が決定されます。

ですが、利用開始後の審査は、利用実績も非常に重要な審査ポイントとなります。

利用実績が少なくとも半年以上、できれば一年以上あるほうが評価されやすいことになります。

当然、その期間に延滞といったトラブルがないのが基本になり、特に支払い関係で優良な取引を行っているかが鍵となります。

ですが、もしトラブルが発生してしまうそうな場合でも、キャネットにしっかりと連絡をしておくと評価は違ってきます。

連絡がある場合には、少し遅くなっても必ず連絡があるのですからおおきなマイナスにはなりません。

もし、連絡もなしに遅延や滞納があった場合には、増額審査で落とされてしまい、追加融資がされる可能性は低いと思ってください。

他社借り入れが増えていないこと

当然のことですが、限度額を増額すると借入額は多くなり、それに伴って返済額も多くなっていきますので、貸しても返済してもらえる可能性があることが一番大切なことになります。

そのために利用実績が重要になってくるのですが、利用実績が良くても他社からの借入額が増えてしまっている場合には増額は難しいと思いましょう。

借入額が減っている場合には、新規の借り入れに関しても返済していける可能性があると判断されることもありますが、借入額が増えてしまっていてはそうはいかないです。

借り入れが増えてしまっている場合には、実際の返済がうまくいっていないと判断されることにもなりますからね。

また、キャネットからの借入は総量規制の対象となりますので、他社借入が増えて年収の1/3まですでに借りている場合には、いくらキャネットが融資したいと思っていても法的に増額ができなくなってしまいます。

増額の際は、自身が借りている総量規制対象の借入額を把握し、法的に増額が可能なのかも注意しなくてはなりません。

関連記事をチェック!

850view

消費者金融の限度額を上げるなら増額審査に通る条件を知っておこう

あ消費者金融でお金を借りていてももっと増額したいな、と思う場合がありますよね。しかし増額するためには審査を受けなければなりません。 増額とは現在利用している利用限度額を増やすことです。今まで以上に消...

50万以上なら収入証明書が必要

キャネットは新規利用時は最高でも50万円までが借りられる限度なのですが、利用実績を積めば最高300万円まで借入が可能となります。

貸金業法では、50万円超を借りる場合に、収入証明書の確認を貸金業者に義務付けています。

従って、増額後の限度額が50万円超となる場合には、収入証明書の提出が必要となります。

また、キャネットと他社(貸金業者)借入の合計が100万円を超える場合も収入証明書が必要となりますし、増額というだけでキャネットが提出を求めてくる場合もあります。

増額には収入証明書の提出が必須と思っておき、求められてもすぐに提出できるようにしておくことをおすすめします。

なお、キャネットで有効となる収入証明書は、以下の5つです。

  • 源泉徴収票
  • 直近2ヶ月分の給与明細書
  • 確定申告書
  • 納税通知書、納税証明書、所得証明書
  • 年金振込通知書

増額審査に通りやすくするポイント

審査に通りやすくするポイント

増額の審査を申し込んで審査に通ればいいのですが、もともと増額の審査は厳しく、簡単には通ることができません。

ここでは、できるだけ審査に通りやすくするポイントをいくつかご紹介します。

遅延なく返済を行う

利用実績が判断材料となりますので、この利用実績で問題がないように返済を遅延させていないことが重要です。

それと同時に、できれば一年以上の利用期間があれば良いですね。

これは審査を受けるときに何とかなる事象ではありませんので、返済を始めたときから返済に関しては十分注意しておきましょう。

もし返済が難しいと思ったときには、必ず返済ができない事を連絡していつなら返済ができるのかをはっきりと伝えるようにしておくのが良いですね。

ただ、期日通りに返済できるのが一番いいですので、返済は計画的に行うようにしておきましょう。

増額の希望額は少額で申請する

増額を申し込むときには、収入に見合った限度額となるようにしておくのは最低限必要なことですが、できれば一回の上げ幅は小さくしておくのが良いですね。

基本的には希望額通りに審査が行われるのではなく、審査で限度額を決めることになりますので希望額に届かない場合には減額の通知があります。

ですが、あまりにも一気に上げるようにしていると、審査に通らないこともあります。

はっきりとした理由に関してはわからないのですが、利用できる限度が分かってないとして金銭感覚を疑われてしまうという可能性も考えられます。

申請するときにはできるだけ余裕を持たせたいので、希望する限度額は上げたいと思うかもしれないですが申請するときには必要最小限で申請するのが良いですね。

申し込みで嘘の申告はしない

申請の時に一番重要なこととも言えますが、申請内容に嘘をつかないことです。

増額をしてもらいたいから、できるだけマイナスイメージを与えたくない、もしくはプラスのイメージを与えたいと思って虚偽の申請を行う人もいます。

ですが、申請内容は確認すればすぐに虚偽の申請であることはわかってしまいます。

虚偽の申請を行ってしまうと、審査するときに大切な利用者に対する信頼が失われてしまう結果になります。

他の審査項目では問題なくても、虚偽の内容が含まれている場合にはそれだけで審査に落とされる危険性があります。

住所や勤務先、年収や家族構成、他社からの借り入れ状況などは特に注意しておきましょう。

もし、これらの項目を少しでも良くしないと審査に通らないと思う場合には、増額の審査は初めから諦めて、他の方法でお金を作るようにすることを検討した方が良いと思います。

キャネットの増枠審査に伴うリスクがある

増枠申請をするにあたり、認識しておかなければならないリスクがあります。

場合によっては、今後の利用に大きな影響が出てしまいますので、以下の2点についてよく考えたうえで申請するようにしましょう。

限度額が下がるリスク

まず一つ目のリスクは、増枠審査をしたことが原因で、逆に限度額を下げられてしまう可能性があることです。

そもそも増額審査とは、単に「限度額を上げても問題ないか」という観点で審査をしているわけではありません。

信用情報機関に登録されている信用情報や、これまでの利用実績などの情報を基に、「現状で設定できる限度額はいくらなのか」という観点で審査をしています。

つまり、限度額が10万円で20万円の増額申請をした場合に、現状設定できる限度額が30万円であれば、希望通りの増額に成功します。

しかし、限度額が30万円で20万円の増額申請をし、現状で10万円までしか限度額を設定できないと判断されてしまうと、減額されてしまいます。

増額審査に落ちても、単に追加融資が受けられないだけと思っている人も少なくありませんが、実際には限度額が減額されてしまうリスクがあります。

また、審査によって回収に専念しなければならないと判断されてしまうと、減額よりもさらに重い利用停止(限度額0万円)となるリスクもありますので、安易な増額申請は控えるようにしましょう。

審査中の追加融資制限のリスク

増額申請をすると審査が開始されますが、中には審査の回答が得られるまでに数日かかったという口コミもあります。

審査に数日かかってしまうと、その間にどうしてもお金を用意しなければならない状況に陥ってしまいこともありますが、審査中は追加融資制限を受けることになります。

例えば、限度額30万円で借入額が20万円の場合、枠内融資で10万円は借りられる可能性があります。

しかし、増額審査中は追加融資制限を受けますので、枠内融資で借りられるはずだった10万円が借りれなくなってしまいます。

これでは、緊急時の一時しのぎをしたくても、それができない状況となってしまいますので、確実に追加融資の必要がないタイミングで日数に余裕を持って増額申請することが望ましいです。

キャネットの増額審査の口コミ

ここで、キャネットの増額審査についての口コミを紹介していきたいと思います。

良い口コミ

  • 40万円から50万円に増枠申請し、直近に延滞があったにもかかわらず増枠してもらうことができました。延滞の理由が給料日のずれだったということもあり、派遣社員で他社延滞中の自分に増枠してくれました。
  • 他社借入も含めると6件で合計70万円を借りていいるのに、10万円の増額がオッケーでした。
  • ブラックでどこからも借りれなかったのに融資してくれて、その後の増額もすぐに対応してくれました。対応もよくて本当に素晴らしいところです。
  • 親の手術と通院で莫大な費用がかかり、銀行やクレジットカードは全滅。それでもキャネットさんは融資してくれて、増額申し込みもすぐに可決をくれて他社のおまとめまで提案して頂きました。
  • 個人再生支払い中に30万円の限度額を設定していていただき、5ヶ月後には80万円まで増額してもらうことができました。

良い口コミを見てみると、新規申し込み時の柔軟な対応だけでなく、増額審査にも柔軟に対応しているように思えます。

他社では延滞をしていても、キャネットでは遅れずに返済していると増額してもらえているケースもあり、他社にはない独自の基準が利用者の心を掴んでいるようです。

悪い口コミ

  • 借りられると思っていたのに、増額も枠内融資も否決。思い当たる節もないからなぜ?って感じです。
  • 借り入れを開始してから3年間で1度も遅れがないのに、枠内融資も否決でした。
  • 転職して間もないが、月収は転職前とほぼ同額だから給与明細ベースで審査してくれればいいのに、あくまで源泉ベースで見るから否決と言われた。なんて融通がきかない会社なんだ。
  • 追加融資で他社の借入をまとめられると電話があったのに、いざ申し込んでみると否決になった。意味がわからない。
  • 九州キャネットで延滞しで利用しているのに枠内融資否決。他社借入を1件減らしているのに。その後、北海道キャネットに増額申請したら、あっさりと増額OKとなった。

増額および枠内融資について、きちんと返済をしているのに審査落ちとなったなど、落ちる理由に心当たりがない口コミも少なくありません。

また、キャネットで審査落ち後にヤミ金から頻繁に連絡が来るようになった、否決の連絡も寄越さないなど、対応面に対する悪い口コミも多いようです。

増枠否決されて困った時には

増額できなくて困った時には

お金が必要になって増額申請をしたけれど、どうしても審査に落ちる事があります。

そのような場合には、他の方法でお金を用意することを検討してみましょう。

他の金融機関で借りる事を検討する

キャネットで審査に落ちてしまった場合でも、信用情報に事故の記録がないような場合には他の金融機関に新規で申し込みを行ってみましょう。

キャネットでは独自の審査基準がありますので、もしかすると他の金融機関では審査にパスすることができるかもしれません。

そのような時には、審査時間も短くて使い勝手が良いアイフルやプロミスなどの大手の消費者金融を利用すると良いですね。

また、信用情報に問題がある場合でも、中小消費者金融には独自の基準で審査をしているところも多いですので、そのようなところにチャレンジしてみると、意外とあっさり借りられる可能性もあります。

即日振込してもらえるバイトを探す

信用情報に事故の記録などがあることが分かっていて、金融機関で借りる事が難しい場合には、報酬が即日振込してもらえるバイトなどを探してみましょう。

必要になる金額にもよりますが、1日で1万円の報酬を手のできるバイトもあります。

1週間で5万円位であれば、少し体はきついですが用意することができます。

高額なバイト代を手にできるものとしては、工場の軽作業や深夜の建物の警備、深夜のコールセンターなどがあります。

昼に本業で働いて、夜にも働くことになりますので睡眠時間が短くなって体には負担になりますがお金を用意することは可能です。

親や親せきに借りる

どこからも借りる事ができなくて、アルバイトなどをすることもできないような場合には、親や親せきに借りる事を検討してみましょう。

親に心配を掛けたくないとか、親戚にお金を借りるのは気が引けるなど事情はあるでしょうが、どうしても必要な場合には相談することから始めてみてください。

相談をした段階で小言を言われたりするかもしれないですが、最後に頼りにできるのは親や親せきになります。

関連記事をチェック!

21529view

親や友達にお金を借りる上手な頼み方と言い訳【適した言葉とは】

親からお金を借りるには利息もかからず審査の必要もありません。 子供が親からお金を借りることはよくあることで、親も子供のためならと思って仕方なくお金を貸すことも多いです。 お金を借りる業者を間違って...

最後の手段は債務整理

お金を借りることもできず、どうしても難局を乗り切ることができない場合、最後の手段として債務整理を検討しましょう。

審査落ちをするということは、やはり信用面に問題があるなど、ほかでも借り入れできないような状況に陥っています。

もしも、そのような状態で借り入れできたとして、その後も金銭的な困窮は免れません。

借金の問題を乗り切るために借金をするのは、いわゆる自転車操業という多重債務者特有の状態であり、それを続けていてもどこかで行き詰まることは避けられません。

本当に解決したいのであれば、お金を借りるのではなく、債務整理をして借金を減らすことに集中するのが正解です。

債務整理の相談は早いに越したことはありませんので、まずは弁護士などの専門家に相談してみましょう。

お金で将来困らないために

お金で将来困らないために

お金が必要になって、どうしても早急に用意しなければならない時にはお金を借りる事を考えるのもいいですね。

ただ、お金を借りる必要があるとわかった場合には、できるだけお金を借りる事の無いように準備しておく方が良いですね。

ここでは、将来的にお金に困らないような対策方法をご紹介します。

浪費はしないようにする

節約をするのが、一番簡単にできる対応策になります。

節約術には様々な物が有りますが、まずは浪費をしないようにするのが一番てっとりばやくて確実にお金を残すことができます。

例えば、パチンコや競馬などのギャンブルや趣味などで自己満足なだけの高額なアイテムの購入などがあります。

これらの出費を抑えるだけでも、少なくとも1万円、多ければ3万円以上のお金を残すことができます。

収入源を増やす

今の仕事以外に、副業として何かを始めるのもいいですね。

副業で始めたものが最初から大きな収入源になることはありませんが、少しづつでもお金を貯めることができます。

短期のアルバイトを一か月の間に数日行うだけでもいいですし、クラウドソーシングを使って副業を探すのでもいいですね。

その他にも、アフィリエイトやハンドメイド製品を販売する等もあります。

収入源を増やすことができれば、今ある借入金も早く返すことができるようになりますし、将来的にお金を増やすこともできます。

キャネット増額に関するQ&A

最後に、キャネットの増額に関して、特に質問が多いことにお答えしていきたいと思います。

①増額審査の時に、職場への在籍確認はある?

答え:基本的に在籍確認はありません

増額審査では、勤務する会社に電話をする在籍確認は行われません。

ただし、キャネットに届け出ている勤務先と、増額申請時の勤務先が異なる場合には、在籍確認が行われる可能性はあります。

②他の金融会社からの借金をまとめる目的なら増額してもらえる?

答え:増額してもらえる可能性はあります

キャネットの他に、フクホーやセントラルなどの他社を利用していて、それをまとめるための増額は審査通過できる可能性があります。

ただし、あくまでも総量規制の範囲内でしか借りれませんので、総額で年収の1/3以上を借りている場合は専用のおまとめローンの利用をおすすめします。

③現在の利用可能額を確認する方法は?

答え:取引している支店に確認しましょう

現状の借入金額の他に借りる場合、利用可能額を確認することは大事なことです。

キャネットには会員専用のページもありますが、利用可能額の確認は取引店へ照会することでしか確認できませんので、電話または来店で担当者に聞きましょう。

④キャネットはどこでも増額の基準は同じ?

答え:支店や担当者によって異なっている可能性があります

キャネットは全国各地に支店があり、北海道や長崎、青森、宮崎などで利用でき、大手のようにスコアリング審査ではなく、独自基準を基に審査をしています。

その内容を知ることはできませんが、口コミには九州ではダメだったが、北海道では増額できたというものもありますので、支店または担当者によって判断に違いがあると予想できます。

個人では馴染みありませんが、銀行でもプロパー融資は担当者や支店によって違う判断となることもありますので、キャネットでも担当者レベルである程度の決裁権限があるのではないでしょうか。

まとめ

キャネットから追加融資をしてもらう場合、基本的には枠内融資になります。

しかし、限度額いっぱいまで借りている状況下では、増額後に枠内融資を受けるという流れとなりますので、増額審査に通れるかが鍵となります。

増額審査に通るためには、実際の返済実績や収入のアップ、借入金の減少などが非常に大きな判断材料となります。

そのためにも、借りた後の返済はしっかりと行っていくようにしておかないといけません。

できれば、今後借入金を増やすことのない様に節約したり収入源を増やすようにすると良いですよ。

また、増額審査に落ちてしまった場合のことも考えて、次の対策を考えておくこともおすすめします。

 5.0  (3)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (3)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談