ビジネクストで審査落ちする理由と落ちた場合の対処法

 1.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 1.0  (1)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務
この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人へとても参考になる記事です。

  • ビジネクストの審査に落ちてしまった人
  • ビジネクストにこれから申し込みをする人
  • ビジネクスト以外の資金調達法を知りたい人

日本トップクラスの融資実績を誇る


事業者金融として営業しているビジネクストは、赤字決算であってもビジネスローンの審査対象となるなど、柔軟な審査に定評があります。

これを裏付けるようにビジネクストは、自社調査ではありますが日本トップクラスの融資実績を誇っています。

銀行などの民間金融機関では資金調達が難しい中小企業や個人事業主でも、簡単に資金調達ができますので、法人経営者や個人事業主から非常に人気があります。

しかし、いくら日本トップクラスの融資実績を誇るビジネクストでも、申し込みをした全ての企業や事業者に融資ができるわけではありません。

この記事では、ビジネクストの審査に落ちてしまう原因や、落ちてしまった後にどう対処すべきかについて解説していきます。

ビジネクストのビジネスローン詳細

ビジネクストの審査落ちの内容に入る前に、ここでビジネクストが提供しているビジネスローンの詳細を解説していきます。

ビジネクストで提供しているビジネスローンには、まとまった資金を一括で借入する「証書貸付」と、利用限度額の範囲内であればいつでも自由に借りられる「カードローン」があります。

タイプ証書貸付カードローン
融資対象者法人または個人事業主
※申込時年齢満20歳~満69歳まで
融資額50万円~1,000万円1万円~1,000万円

※新規取引時は
上限500万円
契約利率利用限度額100万円以上:8.0%~15.0%

利用限度額100万円未満:13.0%~18.0%
担保・保証人不 要
※法人の場合、代表者の連帯保証人が必要
返済方式および
返済期間(回数)
元利均等返済:
最長5年(60回)
元金一括返済:
最長5年(60回)
元金定率リボルビング返済
最長5年(60回)

ビジネスローンの証書貸付とカードローンの商品内容に大きな違いはなく、融資形態で異なるところが違う点となります。

証書貸付よりもカードローンの方が利便性は高いように見えますが、いつでも借入ができる反面、利息や返済の管理が難しいというデメリットもあります。

どちらの融資形態を選ぶかは、希望する融資内容に合わせて選択するようにしましょう。

関連記事をチェック!

11946view

証書貸付とは【元銀行員が分かりやすく説明】

こんにちは!手塚 龍馬です!過去7年間、地方銀行で貸付業務の担当をしていました。 銀行等の金融機関からお金を借りる種類、方法を紹介します。 種類は大まかに分けると4つです。 証書貸付 ...

ビジネクスト審査落ちの7大原因


赤字決算でも柔軟な審査で対応ができるビジネクストにおいて、審査に落ちてしまう原因を挙げていきます。

考えられる原因としては、

  • 申し込み年齢が満19歳以下または満70歳以上
  • 資金使途が創業関連資金(業歴1年未満)
  • 2期連続赤字などの複数年赤字となっている
  • 他社からの借入が多い
  • 申込内容に間違いがある
  • 複数のローンに同時に申込を行った
  • 借主の年収が低すぎる
  • 借主の信用情報に問題がある(金融ブラック)

ということが挙げられます。

それぞれどのような人が該当するのか、ひとつずつ原因について解説します。

① 申込み条件を満たしていない

ビジネクストの申込条件には年齢と業歴について規定があるため、条件を満たさない人は利用ができません。

年齢の制限は申込時点で満20歳~満69歳以内で、業歴は最低でも1年以上なければいけません。

ホームページには3期分の決算書や確定申告書が必要と書かれていますが、申込時に伝えていれば用意する書類は1期分でも大丈夫です。

したがって、ビジネクストでは創業資金への融資は行っておらず、業歴1年未満の法人や個人事業主は対象外となっています。

② 2期連続赤字などの複数年赤字

ビジネクストは赤字決済でも審査を柔軟に行ってくれますが、さすがに複数年連続で赤字を計上しているところへは融資が難しいです。

赤字の期間が1期以内と短期間であれば、経営状態を確認して業績回復の可能性を考慮してもらえますが、赤字が2期以上と長期間になれば業績回復が見込まれにくいからです。

融資をするうえで特に重要なのは、返済能力があるかどうかということであり、赤字が続いているところであれば返済能力があるとは判断ができません。

③ 他社からの借入が多い

経営が安定していたとしても、すでに他社から高額な借入をしている場合には、債務超過で返済の見込みが難しいとされ、審査に落ちる可能性があります。

借入金の適正額は法人や事業の売上などで変動するため、自己資本比率や借入金月商倍率と言った指標を参考にしながら、借金できるかどうかを判断してください。

関連記事をチェック!

4935view

借入金月商倍率(有利子負債月商比率)の目安知ってますか?【融資担当者が解説】

自社の借入金が多いのか、少ないのか、また、自社はあといくらまでお金を借りられるのかを知りたいという経営者の方は、少なくないのではないでしょうか? 仲の良い経営者がいたとしても、「お宅はいくら借金があ...

④ 申込内容の虚偽申告

申込時の記入内容や提出書類の不備、または虚偽の申告をした場合にはどの金融機関でも融資の審査には通りません。

申込内容に間違いや虚偽が発覚した場合には、「この会社は他にも提出内容に間違いがあるのでは」と疑われ、信用が一気に落ちてしまいます。

決算書の内容に虚偽がある場合など、悪質な場合には審査落ちだけではなく、社内ブラックと認定されビジネクストが利用できなくなる可能性まであるため、提出内容を間違えて提出しないように気を付けてください。

⑤ 複数のローンへの同時申込

複数ローンへの同時申し込みも、ビジネクストの審査に大きく影響をあたえます。法人のローンは決算書から現時点の借り入れ状況などを把握しますが、同時申し込みをされると法人が幾ら借入をしているか判断できません。

また、複数社に申し込みをしないと借入ができない経営状態とも捉えられてしまうため、印象も悪くなるので、審査結果が出るまで次の融資の申し込みは避けましょう。

⑥ 借主の年収が低すぎる

ビジネクストのローンは法人向けの商品であるため、基本的には借主の経済状況は審査に影響がありません。

しかし、個人事業主の場合には、借主の年収なども確定申告書から細かく把握されるため、年収が低すぎることはデメリットと捉えられます。

また、年によって収入にばらつきがあると、安定した収入と判断されないため併せて注意しておきましょう。

⑦ 借主がブラック

借主の個人信用情報に問題がある状態、いわゆる金融ブラックである場合にも審査落ちの原因となります。

金融ブラックとは、個人向けのローン商品(カードローンや住宅ローンなど)を長期滞納してしまったり、債務整理を行ったりした状態を言います。

金融ブラックに一度なってしまうと最低でも5年間、ブラックの情報は消えないため、審査に影響をあたえ続けると思っていた方が良いでしょう。

関連記事をチェック!

637view

ビジネクストで審査落ちする理由と落ちた場合の対処法

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 この記事はこんなひとにおすすめ 今回ご紹介するのは、以下の人へとても参考になる記事です。 ...

ビジネクストの審査に通るコツ

ビジネクストの審査に落ちる原因を紹介してきましたが、逆に通過するためには以下の条件を満たしておくことが大切です。

  • 申込条件を満たしている(年齢や事業歴)
  • 長期間赤字経営が続いていない
  • 申込前の借入金額が適正範囲内
  • 虚偽の内容を申告していない

ビジネクストの審査基準は公表されていないため、上記の内容に問題がなかったとしてもその他の項目で審査落ちをする可能性はありますが、最低限これらの条件はクリアしておきましょう。

また、その他の審査にとおるためのコツやポイントも詳しく紹介します。

将来性も重要な審査対象

ビジネクストが柔軟な審査をしている背景には、将来性も判断したうえで融資を行っているためで、決算書の内容が赤字であっても審査にとおる可能性はあります。

事業を行っていくうえでは、当然のように年によって売上などが増減しますので、これをいかに安定させられるか、伸ばしていけるのかが重要です。

将来性をビジネクストに対して示すことができれば、たとえ赤字決算であっても融資をしてもらえる可能性があり、そのためにも事業計画書などが必要不可欠となります。

融資の申し込みにおいて、ビジネクストが公表している書類だけを準備するのではなく、日本政策金融公庫や銀行から借りる際に必要となる書類なども、審査に通りやすくするためには準備しておかなくてはなりません。

ビジネクストでも必要に応じて事業計画書などの提出を求めてくることがあり、提出を求められてから作成しているようであれば詳細な計画書は作ることができません。

せっかく将来性も勘案して審査をしてくれるのに、計画書の内容が詳細でなければ結果的に審査に落ちてしまう原因となります。

ビジネクストの審査は甘い?

ネット上の口コミや評判を確認すると、ビジネクストの審査は甘いとの内容が見られますが、決してビジネクストの審査が甘いわけではありません。

たしかに、ビジネクストのローンは他の金融機関の融資に落ちてしまった法人でも、審査に通過する可能性があります。

しかし、この審査に通過する理由は審査が甘いわけではなく、ビジネクストが独自の審査基準を設けているからです。

したがって、先ほど紹介したような審査落ちの原因がないかのチェックは、ビジネクストも審査時において入念に確認するため見逃されることはありません。

だれでも適当に申し込みをしても審査にとおると思っていると、痛い目に遭うので申込前に条件を満たしているか確認しておきましょう。

ビジネクストの審査の流れ

ビジネクストなど、ノンバンクのビジネスローンを利用するときには、審査の流れがどのようになっているか気になるでしょう。

そこで、ビジネクストの融資までの流れや申し込みに必要な書類など、申し込みに関する情報を確認していきましょう。

申込みから審査~融資の流れ

ビジネクストのビジネスローンの融資までの流れは、銀行融資よりもカードローンなどの個人向け融資に似ています。
具体的な流れとしては以下の通りです。

  1. インターネット、もしくは電話で申し込みをする
  2. 担当者から仮審査の結果の連絡を受ける
  3. 必要書類を提出する(FAX、メール、郵送)
  4. 本審査の結果連絡を受ける
  5. 通過していればそのまま契約後、融資完了

審査の流れが個人向け商品と似ていることもあり、カードローン契約までに必要な時間は銀行融資よりも短めです。

審査の内容にもよりますが、早ければ申込日の翌日には借入ができる可能性もあります。

仮審査の連絡も日中であれば、当日中に行われることが多いため、必要書類をすぐに提出できるように準備しておくと良いでしょう。

申込みの必要書類

ビジネクストの申込時に必要な書類は以下の通りです。

  • 健康保険証
  • 運転免許証
  • 決算書一式
  • 確定申告書
  • 株主資本等変動計算書
  • 個別注記表
  • 勘定科目明細書
  • 健康保険証
  • 運転免許証
  • 確定申告書
  • 事業内容確認書
法人個人事業主

法人の方が取引や資本に関する書類の準備が必要となるため、提出書類は多くなります。

また、事業計画書など審査に有利となる書類がある場合には、必要書類とともに提出すると良いでしょう。

土日の申込みについて

ビジネクストはWEBでの申し込みを年中無休24時間受け付けているため、申し込み自体はいつでも行なえます。

しかし、ビジネクストは土日、祝日が休業日であるため、審査自体は平日でなければ行ってもらえません。

仮に土日に申し込みをしたとしても、審査の結果が返ってくるのは翌営業日になると覚えておきましょう。

ビジネクストで大きな額を借りるには

ビジネクストのビジネスローンは比較的審査に通りやすいですが、その分借入上限金額を低く設定されやすいです。

そこで、ビジネクストで高額な借入を行いたいときの方法を紹介します。

カードローンの増額審査について

ビジネクストのローンの内、カードローンで契約を行っている場合には、増額審査の申し込みをして借入限度額を増やす方法があります。

増額の申し込みはネット上から行うことができ気軽に申請ができますが、再び審査を受けなくてはいけません。

増額申請までの返済状況や増額申請時点での経営状態などから、総合的な判断が行われて審査結果がでるため、増額できない可能性もあるので気を付けましょう。

また、増額を狙っている場合には、返済を滞納せずに定期的にローンを利用することで、増額審査に通りやすくなります。

ビジネスローンの追加融資について

ビジネスローンの証書貸付タイプのローンを利用している場合、高額な借入をするためには追加融資を受ける必要があります。

ただし、追加融資は最初の融資よりも審査が厳しくなる可能性が高いため、余りおすすめはできません。

追加融資の場合にはすでにあるビジネスローンの返済と並行しながら、追加融資の分を上乗せして返済することになるため、最初の融資の返済が完了するまでは返済額が高額になります。

返済金額によっては経営に大きな影響をあたえるため、ビジネクストとしても高額な融資は行いにくく、高額な貸付は行いにくい実情があります。

もしも、限度額以上の借入れを希望する場合には、証書貸付ではなく初めからカードローンを選択することがおすすめです。

関連記事をチェック!

1354view

ビジネクストで追加融資は受けられる?融資限度額はいくらまで?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 カードローンでいつでも追加融資可能 ビジネクストは、赤字でも審査の対象になるほど柔軟な審査に定...

ビジネクストの口コミ評判

ビジネクストは、法人向けのビジネスローンを取扱う会社としては大手ですが、口コミを確認すると会社の情報を詳しく知らない人や、会社の情報について勘違いをしている人がいるようです。

また、ビジネスローンを利用すると、他の金融機関からの借り入れに影響がでるか気になる経営者も多いようです。

ビジネクストには、事業者ローン以外にもファクタリングや不動産担保ローンもあるため、幅広い人にニーズがあることが見受けられました。

ビジネクストの事業者ローンに落ちしてしまったら

ビジネクストのビジネスローンは、これまで紹介してきたようにしっかりと審査が行われるため、残念ながら審査落ちをしてしまう可能性があります。

そこで、ビジネクストの事業者ローンに落ちてしまったときに、事業資金を調達するためのどのような次なる一手があるのか具体的に見て行きましょう。

不動産担保ローンに申し込む


ビジネクストのビジネスローン審査に落ちてしまった場合には、まずどのような原因で落ちたのかを分析する必要があります。

そのうえで、今度は不動産担保ローンに申し込みをしてみましょう。

不動産担保ローンは、法人や個人事業主が所有する不動産に抵当権を設定するため、土地や建物の評価額を担保評価としてローンを組めます。

金融機関としては、ローンの回収ができなくなった場合にはそれを売却するなどで債権の回収ができます。

貸金業者にとって融資金が不良債権になることは避けたいので、担保で保全を図ることで安心して融資をすることが可能です。

当然のように無担保のビジネスローンよりもリスクは少なくなるわけですから、不動産担保ローンであれば審査に通る可能性は十分にあります。

ビジネスローンの審査に落ちた場合、または高額な融資をできるだけ好条件で借りたいという場合に利用する「不動産担保ローン」の商品内容を紹介して行きます。

融資対象者法人または個人事業主
※申し込み年齢満20歳
~満69歳まで
融資額100万円~5,000万円
※個人事業主は2,000万円以下
契約利率8.0%~15.0%
担 保土地・建物
抵当順位不 問
保証人原則不要
※法人の場合、原則代表者・担保提供者の連帯保証が必要
返済方式元金定率リボルビング返済、
元金自由返済
返済期間(回数)最長5年以内(60回)

通常不動産担保ローンは、担保とする不動産にすでに抵当権が設定されていれば融資を受けることができません。

しかし、ビジネクストの場合は抵当権順位を不問としていますので、他の抵当権が設定されていても申し込みが可能です。

他のビジネスローンに申し込む

ビジネクストの審査に落ちてしまった場合には、他のノンバンクで提供しているビジネスローンに申し込むことも1つの方法です。

ビジネスローンの審査基準は各ノンバンクによって異なっており、ビジネクストで審査落ちした中小企業や個人事業主でも通る可能性はあります。

しかし、他のビジネスローンに申し込む場合であっても、ビジネクストで審査落ちしてしまった原因を分析することは大事です。

ビジネクストの二の舞にならないようにするためにも、何を改善することで審査に通りやすくなるのかを知るようにしましょう。
ビジネクスト以外のおすすめビジネスローンを紹介していきます。

業者名融資額借入利率
ビジネスパートナー50万円~500万円9.98%~18.0%
日本信販50万円~500万円9.8%~18.0%
オリコ100万円~1,000万円6.0%~15.0%
セゾンファンデックス1万円~500万円6.5%~17.8%

信販会社、事業者金融で提供しているおすすめのビジネスローンはこのようになっており、ビジネクストとほぼ同じような内容で借りられます。

また、個人事業主の場合には、この他にも大手消費者金融であるアコムやプロミスからビジネスローンを借りることもできます。

国金から借りる

中小企業や新規事業者で、銀行やノンバンクからお金を借りにくい人は、国金(現、日本政策金融公庫)からお金を借りることがおすすめです。

特に創業資金や事業立上げ1年未満の人に対して、日本政策金融公庫は積極的に融資を行っています。

自己資金の準備が必要など、日本政策金融公庫の審査も決して甘くはありませんが、ビジネクストの申込条件に当てはまらないとしても、借入れできるチャンスがあるため是非検討してください。

詳しい情報は日本政策金融公庫のホームページ、もしくは最寄りの日本政策金融公庫の支店から確認ができます。

■ 日本政策金融公庫

ビジネスローンは常用しない

ビジネスローンは最短即日融資で借りやすいのが魅力なのですが、常用はしないようにしましょう。

ビジネスローン最大のデメリットは、非常に金利が高いことです。

金利が高ければ、それだけ負担する利息も多くなり、それが原因で資金繰りが悪化してしまいます。

資金繰りが悪化してしまえば、審査において返済能力がないと判断されてしまいます。

ビジネスローンの常用が原因で結果として審査に通らない可能性もあるのです。

もちろん長くきちんと返済をしていれば、ビジネクストなども優良な顧客ということで支援をしてくれますが、融資額が多くなるほど利息負担も増え、さらに資金繰りを悪化させてしまう原因となります。

関連記事をチェック!

276view

ビジネクストの金利は高いの?低いの?他社の金利と比較

法人や個人事業主の人がお金を借りる場合、借入金額も多額になってしまうことが多いと思います。 借入金額が大きくなると、金利が気になりますよね。 今回は、ビジネクストの金利について紹介していき...

つなぎ融資として活用する

ビジネスローンの有効な活用方法は、つなぎ融資として活用することです。

つなぎ融資であれば、売上代金が入金となった時に返済してしまうことで利息負担を少なくできます。

また、返済できるほどの入金がない場合でも、銀行で借り換えすることでも利息負担を少なくできます。

ビジネスローンはあくまでも緊急な資金調達などの、自己資金や日本政策金融公庫や銀行からの借入では対応できない場合のみに利用することとし、その場合もできるだけ早く返済するようにしましょう。

そのような取引でも利用の実績は作れますので、実績を作っておけば今後の資金調達にも役立ちます。

まとめ

日本トップクラスの融資実績を誇るビジネクストでも、資金使途や業績によっては審査に落ちてしまうこともあります。

審査落ちにはさまざまな要因があるとは思いますが、多くは返済能力や将来性を示せなかったことが原因です。

インターネットによる申し込みは便利なのですが、どうしても融資を受けたい場合にはやはり窓口へ行き、直接担当者と面談する方が審査は通りやすくなります。

面談をすることでインターネットではできない返済能力や将来性を早い段階で示せます。

 1.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 1.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談