銀行から融資一億は可能?個人でも借りることなんてできるの?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

一般的に人生で最大の買い物といえば住宅ですが、個人で一億円もかけて新築することは少ないでしょう。

しかし、個人でも不動産投資のために、一億円以上の融資を受けたいと考えることはあります。

それほど年収が高くないサラリーマンでも、一億円もの融資を受けて不動産投資を行うことはできるのか見ていきましょう。

不動産投資ってどんなもの?

投資と聞くと株などを思い浮かべる人も多いでしょう。

株式投資は資金が少なくても気軽に始められることができるため、幅広い年齢層に人気があります。

一方で不動産投資とは、マンションなどの物件を売買することで利益を得たり、家賃収入を得たりする投資方法のことです。

物件の価値が上がるのを待って売却するよりも、家賃収入のために不動産投資するケースが多いようです。

自己資金が少なければマンションの一室だけや、十分な資金があればマンション一棟などの購入と投資の規模をコントロールすることもできます。

不動産投資はお金持ちが行うことと考えがちですが、サラリーマンにもできる投資方法なのです。

長期間にわたって安定した家賃収入を得ることができれば、退職後の収入面においても安心です。

平均寿命は延びているが、年金に期待できないからこそ不動産投資をと考える人も増えているのです。

関連記事をチェック!

715view

マンション経営とは何か?

今回はマンション経営について説明いたしますが、マンション経営は持っているマンションを貸して家賃収入を得る方式です。 アパートや賃貸住宅経営になると各オーナー1人に土地が必要となってきます。しかしマン...

マンション経営とは何か?

不動産購入のために銀行から一億円の融資が可能?

不動産の購入には、まとまった資金が必要です。

特に利益を大きくしようと考えれば、複数の物件を所有する必要があります。

しかし、不動産投資は自己資金だけで購入することは難しく、金融機関からの融資に頼らざるを得ることもでてくるでしょう。

不動産投資のためにお金を借りたいという場合には、銀行が販売している不動産投資ローンを利用することができます。

不動産投資ローンなら、一億円の融資を受けることも可能です。

銀行によっては最大で二億円の高額融資を行っています。

融資期間や金利は銀行によって違いがあるため、各銀行に問い合わせるなどして確認をしてみましょう。

関連記事をチェック!

8275view

1000万円借りたい!借りる方法や条件は?

個人が1000万円を借りたいと思っても、そう簡単には借りられません。 住宅ローンやリフォームローンなどの目的別のローンであればそこまで難しいわけではありませんが、使い道自由なカードローンで1000万...

不動産投資ローンで一億円の融資を受けるコツは?

不動産投資ローンは限度額が一億円などと高めに設定されていますが、だれでも一億円が借りられるわけではありません。

特に銀行の不動産投資ローンは利用者制限が厳しく、年収制限が設けられている場合が多くなっています。

例えば、東京スター銀行では年収200万円以上に設定をされていますが、オリックス銀行では年収500万円以上、勤続年数3年以上というかなり厳しい条件になっています。

利用者条件をクリアしていることを確認した上で、次に気になるのは審査に通るかどうかという点です。

審査に通過するためには、幾つかのポイントがあります。

まず、自己資金が多いほど審査に有利です。

貯金が多ければ利益が思うように上がらない期間にも対応できるため、自己資金が多いほど銀行にとっては貸倒れリスクは小さくなるといえるでしょう。

そして、年収の多さも審査に影響します。

年収が多ければ不動産の収入が少なくても困りませんし、多少の赤字にも耐えることができます。

安定した家賃収入が続けば問題ありませんが、入居者の入れ換え時期に空室が多くなってしまうと家賃収入が下がってしまう可能性があるでしょう。

他にも様々な状況が考えられますが、年収が多いほど不測の事態にも対応力があることになります。

また、利益が多く得られる物件ほど審査に有利です。

単純に家賃が高いというだけでなく、周辺に商業施設が充実しているなど、立地が良く高い入居率が見込めることが重要です。

家賃収入が安定していれば、返済が滞る可能性も低くなり審査通過率が高くなるでしょう。

不動産投資のデメリットは?

不動産投資は空室がほとんどなく、安定して入居者がいれば安心というわけではありません。

空室がなくても入居者に、家賃を滞納されると問題です。

滞納分を説得によって払ってもらえる場合はいいですが、なかなか支払わない上に退去もしないとなると、その間の家賃収入に大きな影響があります。

また、予定外の修繕費がかかることもデメリットです。

もちろん定期的な修繕は考慮していると思いますが、台風や地震などで思わぬ被害がでる可能性があります。

それまでは順調だったとしても、大きな損害を被るかもしれません。

そして、金利の変動にも注意が必要です。

固定金利に比べて、変動金利の方が金利が低く設定されていますが、完済まで同じ金利とは限りません。

ほんの少しでも金利が上昇しても、大きな金額を借りていると利息の支払いが増えてしまいます。

そうなると得られる利益にも大きく影響しますが、自分ではコントロールできないデメリットです。

融資一億円だと毎月の返済はどれくらい?

上手に運用すればサラリーマンでも副収入を得られる不動産投資ですが、銀行から融資を受けて不動産を購入するなら返済のことも考える必要があります。

仮に一億円を借りることができたとして、35年で返済をするとしましょう。

単純に一億円を420回(35回×12か月)で割ると238,095円です。

毎月約24万円の返済だけでもしっかりと返済していけるか不安に思う人もいるでしょう。

しかし、借りたお金には当然、利息が発生しますから毎月の返済金額はもっと大きくなります。

金利3.5%で借りた場合の返済金額は、月413,290円となりますので、一般的なサラリーマンなら月の手取り金額を超える返済が毎月発生します。

最初から一億円を借りて不動産投資を始める人は少ないかもしれませんが、いずれは高額の物件に投資しようと考える可能性はあります。

返済できるか不安に思うことは当然ですが、空室保証などを検討することで家賃収入を安定させることができます。

空室保証は毎月の保証料を支払うことで、空き室が発生した場合にも家賃保証をしてもらえるというものです。

保証会社によって期間などの条件は違いますが、多数の空室ができても極端に家賃収入が落ち込むことを防げます。

例えば、90%保証という条件の商品の場合は、空室のせいで満室時の家賃収入の90%よりも少なくなった場合に、90%よりも少ない分を補塡してくれます。

安心して不動産投資を行いたいと考える人にはおすすめです。

借金2,000万円を返済するためには

まとめ

一般的なサラリーマンが銀行から一億円の融資を受けることは少ないでしょう。

しかし、老後の備えのために不動産投資を検討する人が増えているようです。

不動産投資ローンなら一億円を超える融資も可能で、サラリーマンでも高額物件の購入ができます。

毎月の返済額も高額ですが、空室保証などでリスクを軽減できます。

高年収で自己資金も豊富にある場合は、不動産投資ローンで不動産投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【1億円が欲しい!】金なしコネなしの一般人が稼ぐための基礎知識

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談