複数のカードでリボ払いすることの危険性とその解決策!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

複数リボ払いは多重債務者と同じ

59a3b674a312a795f266f23cc359f884_t

リボ払い、代金を毎月少ない金額を支払っていくことができますので非常に便利です。

今や一人で複数所有していることがあたりまえの時代となっておりますので、用途に応じて使い分けることもできますし万が一1枚のカードがリボ払いの限度額に達したとしても他のカードでリボ払いすることができます。

しかし、利用した際に渡されるのはその代金をクレジットで支払ったという明細のみ。総額で自分がどれだけ使っているのかということはわかりません。

特に、複数のカードでリボ払いをしてしまってはそれぞれ異なる金利や支払い方法となっているものをすべて管理しなければならず、その支払は数が増えるほど難しくなっていきます。

関連記事をチェック!

332view

借金返済地獄はリボ払いから始まる?返済できないときの解決策

欧米では主流になっているリボ払いは、日本でもクレジットカードの支払い方法として利用者が多くなっています。 ですが、リボ払いによって返済に困っている人も多くなっているのが現状です。 今回は、そんな現...

リボ払いは借金ではない

リボ払いは、クレジットのショッピング枠を利用し、クレジット会社にその代金を立替えてもらったものを毎月少しずつ手数料と共に支払っていくことをいいます。

一見すると借金のようにも思えますが、借金であれば金利によってかかるものを「利息」と呼び、毎月「返済」していきます。

リボ払いは金利によってかかるものを「手数料」と呼び、毎月「支払」していきます。

このように、借金と立替えの違いから「利息と手数料」「返済と支払」のように呼ばれ方も違うということです。

利用し続けるといつまでも終わらない

0dc8d766b31f0d990651f53d3373279f_t

リボ払いは利用限度額の範囲内であればいくらでも利用することができますので、たとえ利用限度額が20万円だとしても、支払いが進んで限度額までに余裕ができればまた利用することができます。

そこでまたリボ払いを利用してしまえば支払期間が長くなりますし、支払う総額も多くなってしまうのは当然のことです。

また、残高スライド方式であれば利用残高が減ったことによって毎月の支払額が減ったとしても、また利用して残高が増えてしまえば支払額も元に戻ってしまいます。

リボ払いの支払いが終わらないという人のほとんどは初めの利用残高が支払終わる前に次のリボ払いを利用していることによって支払いが終わらない状態になっているということです。

関連記事をチェック!

332view

借金返済地獄はリボ払いから始まる?返済できないときの解決策

欧米では主流になっているリボ払いは、日本でもクレジットカードの支払い方法として利用者が多くなっています。 ですが、リボ払いによって返済に困っている人も多くなっているのが現状です。 今回は、そんな現...

リボ払いはカードローンのようなもの

リボ払いの性質を一言で表すと「カードローン」という言葉が最適です。

リボ払いもカードローンも利用した金額を毎月少しずつ支払っていきますし、利用限度額の範囲内であればいつでも利用することができます。

支払い方式も「残高スライド方式」が主流となっておりますし、少し前までのカードローンであれば「定額方式」となっているものもあります。

もちろんローンである(借金)であるものとローンではない(立て替え)ものとの違いもあり、同じであるとは言えませんがリボ払いをイメージするためにはカードローンと言うとわかりやすくなると思います。

このカードローンであればその利便性の高さや危険性についてはよく知られていることであり、リボ払いの危険性もカードローンの危険性と似ているところがいくつもあります。

カードローンも利用し続けるといつまでも返済が終わらないものであり、同じくリボ払いも利用し続けるといつまで経っても支払いが終わることはありません。

関連記事をチェック!

2427view

リボ払いをおまとめローンで一本化したい!どうやって解決できる?

手持ちの現金がない場合などに便利なのが、月々の返済額も少額で抑えられる、クレジットカードのリボ払いです。 しかし月々の返済額が少ないということは、完済までの時間が長くなり、気が付けば借金が増えしまう...

支払方式によって毎月の負担が違う

a7d7d054db284ed6d21eeaba6598b2c1_t

リボ払いにかかる金利はクレジット会社によって違いはあるものの、一般的には15%程度となっており、金利による違いというものはほとんどありません。

しかし、リボ払いを支払っていく方法に違いがあり、その支払い方法には主に「残高スライド方式」と「定額方式」の2があります。

そのクレジット会社がどういった支払方式を採用しているかによって、特に支払い残高が多くなるほど大きな差となってしまいます。

また、毎月最低でも支払わなければならない金額も定められていますので、複数のリボ払いを利用している場合にはそれぞれのクレジット会社に最低支払額ずつ支払っていることで逆に支払い総額が多くなってしまうこともあります。

関連記事をチェック!

880view

複数のカードでリボ払いすることの危険性とその解決策!

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 複数リボ払いは多重債務者と同じ リボ払い、代金を毎月少ない金額を支払っていくことができます...

残高スライド方式による毎月支払額の違い

残高スライド方式とは、毎月の基準日時点における支払残高に応じて支払額が変動し、各クレジット会社が定める支払残高のランクによって支払金額が決まります。

支払残高10万円未満10万円~15万円未満15万円~20満円未満
支払額5,000円7,500円10,000円

例えばこのようなランク分けをしているクレジット会社の場合、支払い残高が10万円未満であれば毎月5,000円支払うだけでいいということになります。

ですが、A社5万円、B社4万円、C社3万円の3社合計で12万円をリボ払いしている場合で各社が上記のような残高スライド方式としている場合には3社すべてに5,000円ずつの合計15,000円を支払います。

これを1社で利用している場合には7,500円支払うだけでいいことですので、3社でリボを利用しているときよりも2,500円負担が軽くなります。

定額方式による毎月支払額の違い

定額方式とは、支払残高の金額にかかわらず常に一定の金額を支払っていく方式です。

この定額方式を採用しているクレジット会社では、リボ払いをした際に毎月いくらずつ支払っていくのかというのを「5,000円コース」というように自分で選べるところもあります。

では、先ほどのように3社でリボ払いを利用して毎月の支払額を5,000円として場合、3社に対して支払う金額は15,000円となります。

これを1社でリボ払いしているという場合には、支払残高による変動もありませんので5,000円だけとなります。

月にして1万円も軽くなるとすれば、それは大きな差となりますので支払がしやすくなります。

既にリボ払いをしている人はどうすればいい?

リボ払いのリスクを受けないためには、利用しないことが最大の対策ですが、すでにリボ払いを利用している人はどのように対策すれば良いのでしょうか。

ここでは、すでにリボ払いを利用している人が取れる対処法について確認して行きましょう。

一括で支払う

リボ払いで支払いをしていても毎月の支払金額は変更できるので、可能であれば早めに一括で返済してしまいましょう。

一括返済ができれば、これまで紹介してきたリスクを避けられるため、手元のお金に余裕があれば積極的に返済していきましょう。

しかし、利用金額によってはすぐに一括払いができないこともあるでしょうから、このような場合にはボーナスまで定額払いをしてボーナス月に一括で返済してしまうのがおすすめです。

まとまった収入がある月を活用して、できる限り早めに解決しましょう。

月々支払額を増額する

一括払いがどうしても難しい人は、月々の支払額を増額して支払いしましょう。

利用金額にもよりますが、毎月の支払金額を1万円増やすだけでも返済期間を半減できることもあります。

毎月貯金をしている人は、貯金の金額を減らしてでもリボ払いの返済に充てることをおすすめします。

カードローンで1つにまとめる

リボ払いは買い物などの代金を立替えるものですので、リボ払いで他のリボ払いしているものをまとめることはできません。

ですので、このような場合にはカードローンを利用することによってすべてのリボ払い代金を1つにまとめることができます。

カードローンは原則として事業性の資金以外であれば何にでも利用することができますので、リボ払いしているものの分を借りることもできます。

つまり、おまとめローンのようにすることができるということです。

カードローンでまとめることによって金利負担を軽くできる可能性もあり、毎月の支払額も抑えることができます。

また、それまで複数で管理をしていたものを1つ管理するだけでよくなりますので、管理がしやすくなり支払が遅れるということも起きにくくすることができます。

主に銀行カードローンでまとめる

リボ払いの分をまとめる場合には主に銀行カードローンを利用します。

というのも、銀行カードローンは最高金利を適用されたとしても15%未満となることが多く、金利負担を軽くすることができるからです。

同じカードローンでも消費者金融であれば最高金利が15%以上となってしまうこともありますので、高い金利でまとめなければならなくなってしまう可能性があります。

しかし、カードローンは利用限度額に応じた金利が適用されるものですので、リボ払いしている金額が高額であれば消費者金融のカードローンでも金利負担を軽くすることができます。

また、これまで借金ではなかったものを借金でまとめることになりますので、消費者金融のカードローンを利用する場合には総量規制の影響を受けることになります。

銀行カードローンであれば総量規制の影響を受けることがありませんので、こういった規制の観点からも銀行カードローンでまとめるほうがいいといえます。

関連記事をチェック!

2427view

リボ払いをおまとめローンで一本化したい!どうやって解決できる?

手持ちの現金がない場合などに便利なのが、月々の返済額も少額で抑えられる、クレジットカードのリボ払いです。 しかし月々の返済額が少ないということは、完済までの時間が長くなり、気が付けば借金が増えしまう...

まずは審査に通らなければならない

6bedb6673fcf2ebf256ca1fd4d09ad96_t

カードローンでまとめる場合にはまず審査に通らなければなりません。

審査に通るためには何よりも「信用」がなければなりません。

複数のリボ払いをしている人は、その管理や支払に常に追われながら生活をしていますので、支払が遅れるということも起きやすいです。

たとえ借金がなくリボ払いしかしていないという人であっても、クレジットカードを契約していると信用情報機関に信用情報として登録されています。

ですので、リボ払いの支払状況が悪ければ信用が低くなり、それが原因でカードローンの審査に通らないこともあります。

関連記事をチェック!

1675view

借金一本化の審査基準とできない理由【まとめる人必見】

おまとめローンや借金一本化の審査基準って分かりにくいですよね。金融業者の公式サイトを見ても詳しいことは書いてありません。 ネットで検索しても果たしてそれが真実なのかどうか信憑性に欠けます。もっと具体...

消費者金融の方が通りやすい

一般的に、銀行よりも消費者金融のほうが審査に通りやすいです。

いくら銀行カードローンの方が金利も低くてよりお得になるといっても審査に通ることができなければ意味がありません。

複数のリボ払いを利用している多重債務者のような人であれば、審査には通りにくくなりますので、自分の信用に不安があるという場合には最初から消費者金融のカードローンに申し込むことをおすすめします。

ですが、先ほども紹介しましたように消費者金融のカードローンでまとめる場合には金利が不利になることや総量規制の影響を受けますので、こういったことをよく理解したうえで申し込みしなければなりません。

しかし、金利が高くなったとしても毎月の負担は軽くなることもありますので、しっかりとメリットとデメリットを見るようにしましょう。

関連記事をチェック!

1050view

銀行系カードローンの審査は甘い?口コミも調査

カードローンには、銀行系のカードローンと消費者金融のカードローンがありますが、一般的には銀行系カードローンのほうが審査が厳しいと言われています。 それぞれ法律や商品設計によって審査のポイントなどは異...

まとめた後は返済に集中する

006e3d1e62d72021c1b6848a6329ec9d_t

カードローンの審査に無事通ることができ、1つにまとめることができた場合には返済に集中するようにしなければなりません。

カードローンでまとめられたからといって、そこからまたリボ払いを利用してしまってはせっかくまとめたものの意味がなくなってしまいます。

中には今まではこれだけの金額を毎月支払っていたからといって少なくなったものを埋めるように利用していく人もいます。

これこそが多重債務者の特徴であり、カードローンを持ったがゆえに本当に多重債務者になってしまう人も珍しくはありません。

ですので、まとめた後は新たにリボ払いをすることなく、カードローンの返済のみに集中していくようにしましょう。

関連記事をチェック!

347view

消費者金融の利用から始まったハードモードな借金体験談

はじめまして。32歳、フリーランスのナカです。20代の前半から後半にかけて、消費量をはじめ、闇金、債務整理まで経験したお金にだらしない生活を送っていたバカな男です。 見栄や欲望のままに生きると、どん...

カードローンの利用限度額は必要最低限に

リボ払い分をまとめるのにカードローンを有効活用するためには、契約する利用限度額を必要最低限にする必要があります。

これはカードローン返済中に新たにリボ払いをするということと同じことであり、新たなリボ払いはしていないもののカードローンから借りて買い物をしてしまう可能性があります。

これでは当初の目的である「おまとめ」ということから逸れてしまいます。

このようなことからも多重債務者へとなっていくこともありますので、たとえ返済が進んでいって利用限度額に余裕ができたとしても借りないようにしなければなりません。

関連記事をチェック!

227view

【カードローンで借金地獄】消費者金融からお金を借りるとやばいって本当?

我々は消費者金融を利用することで融資を受けることが可能ですが、消費者金融からお金を借りるとやばいことになるという話がまことしやかにささやかれています。 大手であればテレビCMもバンバン流しているよう...

フリーローンが最適

期間中に追加で借りることができず、期間を決めて返済することになるフリーローン(多目的ローン)はリボ払い分をまとめるのに最適であるといえます。

また、フリーローンであれば少額の借入であってもカードローンよりも低金利となることもありますし、本当に返済だけに集中することができます。

ですが、カードローンよりも申し込み条件を厳しくしている銀行もありますし、申し込みできたとしても審査に通りにくいです。

申し込み際の書類も多いというようなデメリットもありますので、信用が高くて本当に返済だけに集中したいという人でなければ利用することは難しいです。

関連記事をチェック!

524view

カードローンからフリーローンに借り換えはお得?デメリットは?

カードローンなどは借入件数が多ければ多いほど、返済が大変になります。 このようなときには、早めにフリーローンに借り換えてしまった方が、後々の返済が非常に楽になります。 もしも、毎月の返済に苦労...

リボ払いが怖い理由:6つのデメリット

リボ払いのメリットを把握してもらったところで、次はそのデメリットについて見ていくことにします。

リボ払いの主なデメリットとして挙げられるのは、下記の6つです。

  • 手数料がかかる
  • 金利が高い
  • 金銭感覚が無くなる
  • 購入代金よりも多く支払うことになる
  • 残高がなかなか減らず長期間の支払いとなる
  • 利用しすぎて借金地獄に陥る

先ほどのメリットが4つに対して、デメリットはそれをも凌ぐ6つとなっているのは、少々不安になってしまうところです。

しかし、この差が必ずしもリボ払いへの評価につながるわけではありません。

果たしてデメリットの方が数は多いが、数は少なくてもメリットの方が価値がある、といった結果になるのか、これらデメリットについて順を追って見ていくことにしましょう。

①手数料(利息)がかかる

まず1つ目に挙げられるのが手数料(利息)がかかる点です。

先ほども少し触れましたが、クレジットカードのショッピング利用者が多い理由の1つが、翌月払いなら金利手数料が発生しないという点です。

これに利用時のポイント獲得が相まって、クレジットカードを利用している人が多いのは、周知の事実でしょう。

しかし、リボ払いにすれば、一括支払いという負担から逃れることはできますが、その代わりに手数料の支払いが課せられます。

この点はクレジットカードの持つ、一番大きなメリットを出鼻すことになるので、クレジットカード利用者にとっては、デメリットと言わざるを得ないでしょう。

②金利が高い

そして問題となってくるのは、その手数料の金利です。

リボ払いの金利手数料は年15.0%が一般的ですが、利用時に考えなければならないのは、この金利がどうなのかという点でしょう。

実はこの金利は借りやすいけれど高金利と言われている、カードローン金利とさして違いがないのです。

リボ払いは割賦契約という分割支払方法の1つですから、直接借金していることにはなりませんが、この金利を見ると、カードローンで借入して支払っているのと何ら変わりがありません。

③金銭感覚が無くなる

リボ払いの利用で一番注意してもらいたいのが、毎月の支払い額が少ないことから、クレジットカードを乱用しがちになる人が多い点です。

現金購入しかできなければ、持っているお金以上の買い物はできません。

しかし、リボ払いを利用すれば、それが可能になるため、金銭感覚をなくしがちになる人が少なくないのです。

クレジットカードのショッピング枠には上限があるので、際限なく利用できるわけではありませんが、このような使い方をしていれば、あっという間にショッピング枠はいっぱいになってしまうでしょう。

そうなってはクレジットカードを持っている意味がなくなってしまうので、リボ払いの乱用は抑えるように心がけてください。

関連記事をチェック!

227view

【カードローンで借金地獄】消費者金融からお金を借りるとやばいって本当?

我々は消費者金融を利用することで融資を受けることが可能ですが、消費者金融からお金を借りるとやばいことになるという話がまことしやかにささやかれています。 大手であればテレビCMもバンバン流しているよう...

④購入代金よりも多く支払うことになる

リボ払いを利用すれば手数料が発生します。

毎月の返済額が低いため、ついつい見逃されがちとなりますが、カードローン並みの金利手数料が発生するので、どれくらいの手数料を支払っているのかは、理解しておく必要があるでしょう。

今度はイオンカードのリボ払いで、その手数料がどれくらいのなるのかをシミュレーションしてみます。

イオンカードのリボ払いの最小支払額は下記の通りです。

リボ払い残高最小支払額
10万円まで3,000円
10万円超え~20万円6,000円
20万円超え~30万円8,000円
30万円超え~50万円15,000円
50万円超え~70万円20,000円
70万円超え~90万円25,000円
90万円超え~100万円30,000円

このイオンカードで50万円をリボ払いにすると、発生する手数料は下記の通りとなります。

返済回数44回
返済総額650,823円
手数料総額150,823円

なんと15万円を超える手数料を支払うことになるのです。

リボ払いの金利手数料は15.0%と高いため、リボ払いにする金額が高額なほど、支払う手数料は高額になってきます。

このように返済負担という点においては、大きなメリットを生むリボ払いではありますが、その代わり高額な手数料支払いというデメリットを被ることを、忘れないようにしてください。

⑤残高がなかなか減らず長期間の支払いとなる

また毎月の支払い額が低額であるということは、逆に言えば支払い完了までの期間が長期化することを意味します。

毎月の支払い額が低額なのですから、これは当たり前の話ですよね。

「だからどうしたの?」と思われる人もいることでしょう。

しかし、支払期間が長期化するということは、それだけ支払う手数料も多くなるので、決して簡単に見過ごせる話ではないのです。

実際に先ほどのイオンカードで50万円をリボ払いにして、支払回数を変えた場合、手数料にどれくらいの差が出るのかをシミュレーションしてみましょう。

 支払回数44回支払回数31回
毎月の支払い額15,000円20,000円
返済総額650,823円603,248円
手数料総額150,823円103,248円

毎月の支払い額を5,000円増額し、返済回数を短縮しただけで、支払う手数料は約5万円も差が出ています。

支払いを長期化させることは、毎月の支払い額を抑えることができるメリットを生み出しますが、逆に支払う手数料が高額になるデメリットもはらんでいるというわけです。

どちらが利用者にとってお得なのかは、個人の判断によりますが、支払いの長期化はメリットとデメリットの両方を持つことは忘れないでください。

⑥利用しすぎで借金地獄に陥る

人によっては複数のカードでリボ払いを利用しているという人もいることでしょう。

しかし、複数のクレジットカードでのリボ払いは、あまりおすすめできるものではありません。

1つのリボ払いだけなら少額支払いとなるものでも、数が増えるとその支払金額も多くなってしまいます。

当初は支払いに困らなくても、リボ払いの利用回数が増えれば、次第と支払いに追われることとなり、カードローンでよく見られる多重債務者と同じ状態になってしまいます。

関連記事をチェック!

880view

複数のカードでリボ払いすることの危険性とその解決策!

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 複数リボ払いは多重債務者と同じ リボ払い、代金を毎月少ない金額を支払っていくことができます...

知らずにリボ払いの人もいる?

リボ払いは仕組みをよく分かっていて利用する分には便利な面もありますが、全く仕組みを理解せずに利用していると取り返しのつかないことにもなってしまうでしょう。

例えば、クレジットカードのリボ払い事前登録型のタイプで、自分ではリボ払いに登録したつもりはないのに支払いが全てリボ払いになってしまっていて、気付いたら手数料が高額になっていたという人もいます。

クレジットカードの申込書の中身をよく見ないで記入する人も多いですが、リボ払いを選択する項目はよく説明を確認してからチェックなどを入れるようにしましょう。

また、リボ払いをよく知らないのに、ポイントが3倍になるなどの特典につられて、返済が残高スライド方式のリボ払いでどんどん支払いをした結果、月々5,000円で良かった支払額が月々15,000円になってしまったというケースもあります。

基本的に、特典で付与されるポイントがリボ払いの分割手数料よりも多いということはありません。

リボ払いが払えなくなる理由とは?

月々の支払は一定額だとしても、毎月の請求額の中には決して安くない手数料が含まれているという感覚を忘れてはいけません。

リボ払いの手数料がどれだけ高額かを知るために、人気のある楽天カードでリボ払いを利用した場合の手数料をシミュレーションしてみましょう。

◎楽天カードで20万円の買物をリボ払いにした場合
(月々の支払5,000円、手数料実質年率15%、定額方式を利用)

回数支払い金額元金手数料
17,500円5,000円2,500円
27,437円5,000円2,437円
37,375円5,000円2,375円
405,062円5,000円62円
回数支払手数料支払い合計金額
4051,240円251,240円

計算結果を見ると、20万円の買物が、最終的には25万円超えの支払いになってしまいました。

手数料だけで5万円以上支払っていることになります。

リボ払いで本当に怖いのは、20万円の支払い中に、さらに追加でリボ払いをした場合です。

金額が増えれば増えるほど手数料は増えていきますので、支払いが終わる頃には手数料がどれくらいになっているのか見通しがつきません。

必要以上にリボ払いを使うことで、ずっとクレジットカードの支払いを続ける生活になってしまう可能性があります。

仮に50万円までリボ払いの利用残高が増えてしまったとすると、完済までに支払う手数料の総額は15万円以上になってしまいます。

徹底比較!分割払いとリボ払いならどちらがお得?

リボ払いと分割払いの違いをご説明しましたが、実際のところどちらが得になるのでしょうか?

これは、どのような目的でクレジットカードを使用するかによっても異なります。

毎月の支払金額・支払手数料・支払期間という3つの視点で、リボ払いと分割払いを比較してみたいと思います。

月ごとの支払い額で比較

毎月の支払額で、リボと分割を比較してみましょう。

例えば、10万円の買物をリボ払いで利用したとします。

あらかじめリボ払いの支払額を月々1万円に設定した場合、月々の支払は1万円だけです。

この1万円のうち、元本に充てられる分とリボ払い手数料が含まれるため、10か月たっても元本はなくなりません。

そのため完済するには10か月以上かかることになります。

一方分割払の場合は、10万円の買物をしたとして支払い回数は利用者が指定することができます。

購入代金によって選べない回数もありますが、例えば10回払いを選択すれば、月々1万円プラス分割手数料を10回(10か月)支払いすれば完済となります。

つまり、毎月の支払い金額はリボ払いの方が少ないことになります。

しかし、完済までの期間はリボの方が長くなってしまうのです。

支払い手数料で比較

リボ払いの魅力は毎月の支払を抑えられるところですが、手数料がかなり高めに設定されています。

リボ払いの手数料は、利用残高×手数料率÷365日×30日で計算することができ、利用残高に応じて発生します。

そのため、月々の支払金額を低く設定していては、残高は一向に減りません。

残金が減らなければ支払い回数も伸びてしまい、その結果手数料が膨らみ支払総額が大きくなってしまうのです。

支払手数料で見た場合には、リボ払いの方が分割払いよりも多くなります。

支払い期間で比較

リボ払いは毎月発生する利息プラス少しの元金の支払いとなるように毎月の支払額が設定されているため、毎月の支払額が少ないのです。

このため、一般的にリボ払いだけを支払っていた場合、支払期間は長くなります。

一方、分割払いの場合には、完済までの期間=支払回数ですので、基本的にリボ払いよりも支払期間は短くなります。

毎月支払金額ありきで支払期間が決まるリボ払いよりも、支払回数ありきで支払金額が決まる分割の方が、支払回数は短くなるのです。

リボ払いをする際の注意点

 リボ払いは便利ですが、注意して利用しないと、手数料負担が膨大になるだけでなく、気付いた時には限度額に達してカード地獄になってしまうことがあります。

リボを利用する際には以下の注意点をしっかりと理解した上で使用してください。

リボ払いをする際には、カードの申込時と、カードの利用時に注意が必要になる

それぞれの注意点について詳しく解説していきますので、注意点をよく理解した上でリボ払いとは上手に付き合っていくようにしてくださいね。

カード申込時

カード申込時には以下の2つの点の注意してください。

  • 基本の支払方法がリボ払いになっているカード
  • キャッシングリボの申込

クレジットカードの中には、最初から基本の支払方法がリボ払いになっているカードがあります。

このようなカードを契約してしまうと、クレジットカードを使用して、「1回払い」と言ったにも関わらず、支払方法がリボ払いとされてしまうことになります。

このため、このようなカードを契約した際には必ず、インターネットのマイページへログインして、基本の支払方法を「1回払い」へと変更するようにしてください。

また、クレジットカードはキャッシングリボという機能をつけることができます。

クレジットカードを使用してATMやCDから現金を借りることができ、返済は利用額に応じたリボ払いで支払っていくという方法です。

キャッシングリボはカードローンと同じですので総量規制の対象となり、50万円超または他社借入との合計で100万円を超える借入をする場合には収入証明書が必要になります。

また、キャッシングリボの利用限度額はショッピング枠の範囲内となっており、例えば限度額100万円のクレジットカードに30万円のキャッシング枠を作成した場合には、ショッピング枠は70万円へ減ってしまいます。

このように、総量規制対象になるので誰でもキャッシング枠を作ることができないという点、またキャッシング枠の作成によってショッピング枠が減少してしまうという点には注意しましょう。

カード利用時

リボ払いは毎月の支払金額が固定です。

つまり、幾らクレジットカードを利用しても毎月の支払額に変化はありません。

一括払いや分割払は月々の支払額が流動的で、明細書がないと次の支払額が幾らかわかりません。

その点リボ払いの場合は支払額が一定ですから、返済管理が楽な反面、クレジットカードを使っているという感覚が薄れていく可能性があります。

そのため現在の借入総額が把握しづらく、買物を続けているうちにいつの間にかカードの利用限度額に達していたという恐れがあるのです。

リボ払いは金銭感覚を狂わせ支払に苦労する可能性もあるため、利用する際には利用残高を特に意識するようにしましょう。

関連記事をチェック!

880view

複数のカードでリボ払いすることの危険性とその解決策!

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 複数リボ払いは多重債務者と同じ リボ払い、代金を毎月少ない金額を支払っていくことができます...

まとめ

便利なリボ払いはつい使いすぎてしまうことも多いですが、使いすぎることによってその後の生活に悪影響を及ぼしてしまいます。

何事も使いすぎることはよくありませんので、まずは自分の収入に合った利用を心がけましょう。

それでも使いすぎてしまって複数のリボ払いを抱えてしまったという場合にはカードローンなどによってまとめることができます。

しかし、まとめることができるのは1回だけだと思ってカードローンを借りなければなりません。

そんなことを繰り返しているうちに取り返しのつかないことになってしまいます。

次はないと思って、返済している間に自分の生活や浪費癖などを見直すようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2019-01-24 07:59:23

    こんにちは。
    借金をまとめること自体は問題ありません。あとは信用力と返済能力です。信用情報に自信があるなら、おまとめローンに強い東京スター銀行がおすすめです。ただし雇用条件も審査対象になりますので公式ページで確認してむださい。

  2. 通りすがりさん|2019-01-23 12:20:24

    複数社にリボの返済やカードローンの返済を行っているのですが、一つにまとめる事は可能でしょうか

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談