複数のカードでリボ払いすることの危険性とその解決策!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額30日間無利息、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

複数リボ払いは多重債務者と同じ

59a3b674a312a795f266f23cc359f884_t

リボ払いは店で買い物をする際にクレジットカードを利用するだけで購入することができ、その代金を毎月少ない金額を支払っていくことができますので非常に便利です。

しかし、利用した際に渡されるのはその代金をクレジットで支払ったという明細しか渡されませんので、総額で自分がどれだけ使っているのかということはわかりません。

また、クレジットカードは今や一人で複数所有していることがあたりまえの時代となっておりますので、用途に応じて使い分けることもできますし万が一1枚のカードがリボ払いの限度額に達したとしても他のカードでリボ払いすることができます。

ですが、複数のカードでリボ払いをしてしまってはそれぞれ異なる金利や支払い方法となっているものをすべて管理しなければならず、その支払は数が増えるほど難しくなっていきます。

このような状態はまさに多重債務者と同じ状態であるといえ、毎月の支払に追われて生活していかなくてはならなくなってしまいます。

関連記事をチェック!

197view

借金返済地獄はリボ払いから始まる?返済できないときの解決策

欧米では主流になっているリボ払いは、日本でもクレジットカードの支払い方法として利用者が多くなっています。 ですが、リボ払いによって返済に困っている人も多くなっているのが現状です。 今回は、そんな現...

リボ払いは借金ではない

リボ払いのことをよく借金と思っている人もいますが、リボ払いは借金ではありません。

借金をしてものを買うということは、お金を借りたうえで自分がほしい物を買い、その後は元金と利息を一緒に返済していきます。

対してリボ払いは、クレジットのショッピング枠を利用し、クレジット会社にその代金を立替えてもらったものを毎月少しずつ手数料と共に支払っていくことをいいます。

どちらも「金利」がかかりますので一見すると同じようにも思えますが、借金であれば金利によってかかるものを「利息」と呼び、毎月「返済」していきます。

リボ払いは金利によってかかるものを「手数料」と呼び、毎月「支払」していきます。

このように、借金と立替えの違いから「利息と手数料」「返済と支払」のように呼ばれ方も違うということです。

支払方式によって毎月の負担が違う

a7d7d054db284ed6d21eeaba6598b2c1_t

リボ払いにかかる金利はクレジット会社によって違いはあるものの、一般的には15%程度となっており、金利による違いというものはほとんどありません。

しかし、リボ払いを支払っていく方法に違いがあり、その支払い方法には主に「残高スライド方式」と「定額方式」の2があります。

そのクレジット会社がどういった支払方式を採用しているかによって、特に支払い残高が多くなるほど大きな差となってしまいます。

また、毎月最低でも支払わなければならない金額も定められていますので、複数のリボ払いを利用している場合にはそれぞれのクレジット会社に最低支払額ずつ支払っていることで逆に支払い総額が多くなってしまうこともあります。

残高スライド方式による毎月支払額の違い

残高スライド方式とは、毎月の基準日時点における支払残高に応じて支払額が変動し、各クレジット会社が定める支払残高のランクによって支払金額が決まります。

支払残高10万円未満10万円~15万円未満15万円~20満円未満
支払額5,000円7,500円10,000円

例えばこのようなランク分けをしているクレジット会社の場合、支払い残高が10万円未満であれば毎月5,000円支払うだけでいいということになります。

ですが、A社5万円、B社4万円、C社3万円の3社合計で12万円をリボ払いしている場合で各社が上記のような残高スライド方式としている場合には3社すべてに5,000円ずつの合計15,000円を支払います。

これを1社で利用している場合には7,500円支払うだけでいいことですので、3社でリボを利用しているときよりも2,500円負担が軽くなります。

定額方式による毎月支払額の違い

定額方式とは、支払残高の金額にかかわらず常に一定の金額を支払っていく方式です。

この定額方式を採用しているクレジット会社では、リボ払いをした際に毎月いくらずつ支払っていくのかというのを「5,000円コース」というように自分で選べるところもあります。

では、先ほどのように3社でリボ払いを利用して毎月の支払額を5,000円として場合、3社に対して支払う金額は15,000円となります。

これを1社でリボ払いしているという場合には、支払残高による変動もありませんので5,000円だけとなります。

月にして1万円も軽くなるとすれば、それは大きな差となりますので支払がしやすくなります。

カードローンで1つにまとめる

11b2c03b01d4acd48658dc88a60c7dc1_t

リボ払いは買い物などの代金を立替えるものですので、リボ払いで他のリボ払いしているものをまとめることはできません。

ですので、このような場合にはカードローンを利用することによってすべてのリボ払い代金を1つにまとめることができます。

カードローンは原則として事業性の資金以外であれば何にでも利用することができますので、リボ払いしているものの分を借りることもできます。

つまり、おまとめローンのようにすることができるということです。

カードローンでまとめることによって金利負担を軽くできる可能性もあり、毎月の支払額も抑えることができます。

また、それまで複数で管理をしていたものを1つ管理するだけでよくなりますので、管理がしやすくなり支払が遅れるということも起きにくくすることができます。

主に銀行カードローンでまとめる

リボ払いの分をまとめる場合には主に銀行カードローンを利用します。

というのも、銀行カードローンは最高金利を適用されたとしても15%未満となることが多く、金利負担を軽くすることができるからです。

同じカードローンでも消費者金融であれば最高金利が15%以上となってしまうこともありますので、高い金利でまとめなければならなくなってしまう可能性があります。

しかし、カードローンは利用限度額に応じた金利が適用されるものですので、リボ払いしている金額が高額であれば消費者金融のカードローンでも金利負担を軽くすることができます。

また、これまで借金ではなかったものを借金でまとめることになりますので、消費者金融のカードローンを利用する場合には総量規制の影響を受けることになります。

銀行カードローンであれば総量規制の影響を受けることがありませんので、こういった規制の観点からも銀行カードローンでまとめるほうがいいといえます。

関連記事をチェック!

304view

リボ払いからカードローンに乗り換えた方がお得

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 いまさら聞けないリボ払いとは リボ払いは正確にはリボルビング払いといい、キャッシングの返済に使...

まずは審査に通らなければならない

6bedb6673fcf2ebf256ca1fd4d09ad96_t

カードローンでまとめる場合にはまず審査に通らなければなりません。

審査に通るためには何よりも「信用」がなければなりません。

複数のリボ払いをしている人は、その管理や支払に常に追われながら生活をしていますので、支払が遅れるということも起きやすいです。

たとえ借金がなくリボ払いしかしていないという人であっても、クレジットカードを契約していると信用情報機関に信用情報として登録されています。

ですので、リボ払いの支払状況が悪ければ信用が低くなり、それが原因でカードローンの審査に通らないこともあります。

関連記事をチェック!

865view

借金一本化の審査基準とできない理由【まとめる人必見】

おまとめローンや借金一本化の審査基準って分かりにくいですよね。金融業者の公式サイトを見ても詳しいことは書いてありません。 ネットで検索しても果たしてそれが真実なのかどうか信憑性に欠けます。もっと具体...

消費者金融の方が通りやすい

これは一般的にいわれていることであり、金利を見ても明らかなのですが、銀行よりも消費者金融のほうが審査に通りやすいです。

いくら銀行カードローンの方が金利も低くてよりお得になるといっても審査に通ることができなければ意味がありません。

複数のリボ払いを利用している多重債務者のような人であれば尚更審査には通りにくくなりますので、自分の信用に不安があるという場合には最初から消費者金融のカードローンに申し込むことをおすすめします。

ですが、先ほども紹介しましたように消費者金融のカードローンでまとめる場合には金利が不利になることや総量規制の影響を受けますので、こういったことをよく理解したうえで申し込みしなければなりません。

しかし、金利が高くなったとしても毎月の負担は軽くなることもありますので、しっかりとメリットとデメリットを見るようにしましょう。

関連記事をチェック!

696view

銀行系カードローンの審査は甘い?口コミも調査

カードローンには、銀行系のカードローンと消費者金融のカードローンがありますが、一般的には銀行系カードローンのほうが審査が厳しいと言われています。 それぞれ法律や商品設計によって審査のポイントなどは異...

まとめた後は返済に集中する

006e3d1e62d72021c1b6848a6329ec9d_t

カードローンの審査に無事通ることができ、1つにまとめることができた場合には返済に集中するようにしなければなりません。

カードローンでまとめられたからといって、そこからまたリボ払いを利用してしまってはせっかくまとめたものの意味がなくなってしまいます。

中には今まではこれだけの金額を毎月支払っていたからといって少なくなったものを埋めるように利用していく人もいます。

これこそが多重債務者の特徴であり、カードローンを持ったがゆえに本当に多重債務者になってしまう人も珍しくはありません。

ですので、まとめた後は新たにリボ払いをすることなく、カードローンの返済のみに集中していくようにしましょう。

カードローンの利用限度額は必要最低限に

リボ払い分をまとめるのにカードローンを有効活用するためには、契約する利用限度額を必要最低限にする必要があります。

これはカードローン返済中に新たにリボ払いをするということと同じことであり、新たなリボ払いはしていないもののカードローンから借りて買い物をしてしまう可能性があります。

これでは当初の目的である「おまとめ」ということから逸れてしまいます。

このようなことからも多重債務者へとなっていくこともありますので、たとえ返済が進んでいって利用限度額に余裕ができたとしても借りないようにしなければなりません。

フリーローンが最適

期間中に追加で借りることができず、期間を決めて返済することになるフリーローン(多目的ローン)はリボ払い分をまとめるのに最適であるといえます。

また、フリーローンであれば少額の借入であってもカードローンよりも低金利となることもありますし、本当に返済だけに集中することができます。

ですが、カードローンよりも申し込み条件を厳しくしている銀行もありますし、申し込みできたとしても審査に通りにくいです。

申し込み際の書類も多いというようなデメリットもありますので、信用が高くて本当に返済だけに集中したいという人でなければ利用することは難しいです。

まとめ

便利なリボ払いはつい使いすぎてしまうことも多いですが、使いすぎることによってその後の生活に悪影響を及ぼしてしまいます。

何事も使いすぎることはよくありませんので、まずは自分の収入に合った利用を心がけましょう。

それでも使いすぎてしまって複数のリボ払いを抱えてしまったという場合にはカードローンなどによってまとめることができます。

しかし、まとめることができるのは1回だけだと思ってカードローンを借りなければなりません。

そんなことを繰り返しているうちに取り返しのつかないことになってしまいます。

次はないと思って、返済している間に自分の生活や浪費癖などを見直すようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2019-01-24 07:59:23

    こんにちは。
    借金をまとめること自体は問題ありません。あとは信用力と返済能力です。信用情報に自信があるなら、おまとめローンに強い東京スター銀行がおすすめです。ただし雇用条件も審査対象になりますので公式ページで確認してむださい。

  2. 通りすがりさん|2019-01-23 12:20:24

    複数社にリボの返済やカードローンの返済を行っているのですが、一つにまとめる事は可能でしょうか

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談