審査に通りやすい、誰でも通るマイカーローンはあるの?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

「車を買うためにマイカーローンを利用したいけど、審査が不安だから審査に通りやすいところが知りたい」

「マイカーローンに申し込んだけど審査に落ちてしまった」

このページを読んでいるのはこんな人たちなのではないでしょうか。

そんな皆さんのために、

を解説したいと思います。

ただし、最初に知っておいて欲しいのは「誰でも通るマイカーローンは存在しない」ということです。

絶対返してくれない人にお金を貸す会社は存在しませんので当たり前のことですよね。

もちろん審査に通りやすいマイカーローンはありますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

審査に通りやすいのはディーラーローン

マイカーローンを借入する業者には、大きく分けて「銀行マイカーローン」と「ディーラーローン」の2種類があります。

「銀行マイカーローン」と「ディーラーローン」の違い

・銀行マイカーローン:銀行から直接借入を行う
・ディーラーローン:自動車販売店(ディーラー)が提携している信販会社から借入を行う

ディーラーローンは銀行マイカーローンよりも審査に通りやすいので、審査に通りやすいマイカーローンを探している人はディーラーローンに申込をしましょう。

ディーラーローンが審査に通りやすい理由は以下の3点です。

  • 金利が高い
  • ディーラーにマージンが入る
  • 車が担保になる

ディーラーローンは高金利

ディーラーローンは銀行マイカーローンよりも金利が高いので審査に通りやすくなっています。

金利が高ければ手に入る利息も大きくなり、その分リスクをとって貸付することができるので審査基準も低くなるのです。

  • 三菱UFJ銀行マイカーローン:1.70%~2.45%
  • ホンダファイナンス:3.5%

業者によっても異なりますが、このようにディーラーローンの金利は銀行マイカーローンよりも高く設定されていることがほとんどです。

そのため、金利の高いディーラーローンは銀行マイカーローンよりも審査に通りやすいというわけです。

銀行マイカーローン同士やディーラーローン同士で審査の通りやすさを比較するときも、金利をチェックするのは効果的な方法です。

ディーラーはマージンが入るから貸付に積極的

ディーラーローンの契約が成立した場合、ディーラーには信販会社から利息の一部がマージンとして支払われます。

つまり、ディーラーローンで車を購入してもらえれば、ディーラーには「車の売上+ローンのマージン」が入ってくるというわけです。

そのため、ディーラーはディーラーローンを積極的に勧めてきます。

さらに、信用が低くて心配な人には、連帯保証人を立てることや頭金を用意することなど、審査に通りやすくなるアドバイスをしてくれます

銀行ではこのようにアドバイスをしてくれるところはほぼありませんので、ディーラーローンが審査に通りやすい一つの理由と言えます。

関連記事をチェック!

2320view

ディーラーローンは審査が甘い?~知っておくべきポイント~

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 この記事はこんな人におすすめ 今回の記事は以下のような人におすすめの内容です。 ディーラー...

購入した車を担保にする

ディーラーローンが審査に通りやすいもうひとつの理由が、購入した車を担保にしていることです。

担保とは

借金を返せない時に、お金の代わりに相手に差し出す品物。

銀行マイカーローンでは担保がないため、返済してもらえなくなると貸したお金を損するだけですが、ディーラーローンなら車を売却して借入金の回収を行います。

車を担保にすることで回収不能となるリスクが少なく、信用が低い人でも審査に通りやすくなるということです。

関連記事をチェック!

1371view

有担保ローンとは?審査基準を徹底解説

カードローンやフリーローンや自動車ローンは担保のいらないローンです。 その一方、銀行には担保を必要とするローンや、担保を入れるからこそ融資に応じてくれるローンも存在します。 このようなローンを無担...

このように、ディーラーローンには審査に通りやすい要素が多く、審査の通りやすさを重視するならディーラーローンがおすすめです。

マイカーローンの審査を通りやすくする7つのコツ

マイカーローンに申し込むならディーラーローンが審査に通りやすいということは分かってもらえたと思います。

続いては、マイカーローンの審査に通りやすくするためのコツを紹介します。

やみくもに申し込むのではなく、審査通過のコツを知ってから申し込んだ方が審査に通りやすくなりますよ。

また、一度マイカーローンの審査に落ちて再チャレンジしようとしている人も参考にしてください。

  1. 頭金を用意する
  2. 既存の借入金を減らす
  3. 審査に通りやすい時期に申し込む
  4. 他のローンと同時申し込みをしない
  5. 信用情報を確認して改善する
  6. 年収に見合った借入額にする
  7. 勤続年数を長くする

逆に、これらのポイントを満たしていない人は審査落ちしやすくなります。

1.頭金を用意する

頭金とは

ローンを利用するときにあらかじめ自分で用意する資金のこと。

頭金を用意すると借入する金額を抑えられますので審査に通りやすくなります。

借入金額が少額になれば毎月の返済額も少なくなり、利息負担も抑えられるため、返済が非常に楽になります。

特に、年収より高い金額の車を購入する場合は、頭金を用意することが必須条件です。

それ以外の場合でも、頭金があることで計画的な購入であることを証明できますので、できるだけ頭金は用意するようにしましょう。

関連記事をチェック!

12620view

300万の車をローンで買うとどれ位の借金返済が必要になるの?

車が欲しいけど、まとまったお金が無いというときに役立つのがマイカーローンです。 高額の買い物となる車でも、マイカーローンを使えば購入しやすくなります。 参考として、300万円の車を購入する場合の借...

2.既存の借入金を減らす

皆さんは、借金が多い友人にはお金を貸したくないと思うのではないでしょうか。

マイカーローンの業者も同じように考えますので、既存の借入が多い人は審査で不利になってしまいます。

そのため、今ある借入金は少しでも減らし、できればひとつでも完済してからマイカーローンに申し込むことが望ましいです。

ローンを完済できれば、その実績も信用情報機関に登録され、返済能力が高い人だと評価されます。

高金利のローンを優先的に返済

特に、カードローンやクレジットカードのキャッシングのように金利が高いローンの場合、毎月の負担や利息負担は多くなります。

これを完済ればマイカーローンの返済も楽ですし、審査への影響も大きいので、優先的に完済するようにしてください。

ある程度資金がある場合には、マイカーローンの頭金に使うよりも、金利の高いローンの返済に充てるようにしましょう。

3.審査に通りやすい時期に申し込む

ディーラーのキャンペーン中、期末・年末・年度末は「審査に通りやすい時期」です。

この期間はディーラーが積極的に販売する時期ですし、年度末は新卒者が車を購入する時期なので、銀行や信販会社も貸付に力を入れています。

同じ条件の人でも、これらの時期の方が審査に通りやすくなりますので、急ぎでなければタイミングを見計らって申し込みを行うようにしましょう。

ただし、銀行のマイカーローンキャンペーンは一年を通して行っていることも多く、そのような場合はそれほどの効果は期待できません。

4.他のローンと同時申し込みをしない

「どこか一つでも審査に通ればいいから手当たり次第にマイカーローンに申し込みをしよう」

これは多くの人がやってしまいがちな失敗です。

銀行や信販会社は、皆さんがどこの業者に申し込んだかを調べることができるため、申し込みが多いと「この人はお金に困っているのだな」と見なされ、審査に落ちる可能性が高くなるのです。

どちらか片方だけに申し込めば審査に通ったのに、同時に申し込んだせいでどちらも審査に落ちるということもあり得ます。

そうなると審査落ちの事実が残り、ますますローンを組むことが難しくなるといった悪循環に陥ってしまうのです。

同時申込は審査のときに絶対にばれてしまいますので、マイカーローンには一つずつ申し込みを行うようにしましょう

5.信用情報を確認して改善する

皆さんの借入状況や返済履歴は信用情報という所に記録されていて、銀行や信販会社は審査をするために確認しています。

日本ではJICC、CIC、KSCといった3つの信用情報機関が存在していますが、所定の手数料を支払えばいずれも自分の信用情報を調べることができるのです。

毎月一定の金額をクレジットカードで利用して正しく支払いしている場合にはマイカーローンの審査に通りやすくなりますし、逆に支払いの遅れが多ければ審査には通りにくくなります

このように、登録されている内容によって審査が通りにくいのか通りやすいのか判断できるため、無用な審査落ちを回避できることがあります。

あらかじめ信用情報をチェックして問題点があれば改善することができるので、審査に確実に通りたい人は信用情報を開示してみると良いでしょう。

金融事故を起こしていると審査には通らない

金融事故を起こしてブラックとなっている場合、絶対に審査には通りません。

金融事故とは
  • 債務整理(任意整理/個人再生/自己破産):法的な手続きで借金を減額又は帳消しすること
  • 強制解約:返済遅れなどの理由でクレジットカード等の契約を打ち切られること
  • 代位弁済:返済が遅れて保証会社が代わりに支配をすること
  • 長期滞納:3ヶ月以上支払いが遅れること

どんなに審査の甘いところでも、異動情報が登録されていればそれだけで審査落ちとなります。

それだけ金融事故はあってはならないことであり、ローンを借りられる信用が全くない状態と言えます。

異動情報は5年~10年経てば消滅するので、記録されている人は消えるまで待ってから申し込みを行いましょう。

6.年収に見合った借入額にする

マイカーローンの審査では、借りられる金額がある程度決められており、一般的には年収と同等の金額までとされています。

例えば、年収300万円の人が500万円の車を買おうとしても、全額をローンで支払うことは非常に難しくなります。

また、このような申し込みをすると、審査をする側では「年収に見合っていない」「借入計画を立てていない」と判断します。

マイカーローンでは、その人の年収に見合った金額までしか借りられませんので、年収よりも高い金額の車を購入するのではなく、自分の年収に見合った車を購入するようにしましょう。

7.勤続年数を長くする

マイカーローンは、借入金額が高額になりやすいと言うこともあり、返済期間も5年~10年と長期になりやすいです。

そのため、完済まで安定して返済していけるよう、勤続年数も審査で重要な項目となります。

勤続年数が1年未満(新卒者は除く)であれば、転職などによって仕事を辞めてしまうリスクが高いと判断され、審査は厳しくなります。

マイカーローンに申し込みをする場合には、少なくとも勤続年数1年以上が望ましく、通りやすさを考えれば3年以上ある方が良いです。

特に、フリーターや自営業者は収入の安定性という点で一般の会社員よりも劣っていますので、勤続年数(営業年数)を長くすることが重要です。

関連記事をチェック!

3534view

借り入れ審査に通る基準とは【銀行融資審査員が語る】

借り入れにおける「属性」とは 借入において、属性とは、申込者の年収、勤務先、勤続年数、家族状況などの本人を取り巻く状況のような意味で使われます。 例えば、審査に通りやすいとされる公務員がローンに申...

マイカーローンの審査に落ちたらフリーローン

ここまで紹介した対策をしてもマイカーローンの審査に通らないということはあります。

勤続年数や信用情報の改善には時間がかかりますので、すぐにお金を借りたいという人もいるでしょう。

そんな人は銀行のフリーローンをを検討しましょう。

フリーローンは使用目的が自由ですし、借り入れ金額も最高500万円程度に設定されていますので車を購入することも可能です。

フリーローンの金利はマイカーローンよりも高い

ただし、フリーローンはマイカーローンよりも金利が高いです。

マイカーローンの年率は3%程度ですが、フリーローンでは6%前後の商品が多くなっています。

しかし、銀行マイカーローンとディーラーローンの比較でも説明したように、金利が高いということはその分借りやすくなるということでもあります。

金利のことを考えると、あまり高い金額は借りたくありませんが、100万円程度であればフリーローンをマイカーローンとして利用することも有効な方法です。

関連記事をチェック!

8358view

審査甘いフリーローンをランキングで紹介

カードローンと同様に何にお金を使っても自由なローンと言えばフリーローンです。 銀行系のフリーローンはカードローンとは微妙に商品性を審査も異なります。 場合によってはフリーローンのほうが得になること...

銀行カードローンや消費者金融は最後の手段

銀行のフリーローン以外に、カードローンや消費者金融のマイカーローンという方法もあります。

しかし、以下のように金利が非常に高く設定されていますので、あまりおすすめは出来ません。

  • 銀行カードローン:14.5%
  • 消費者金融カードローン:18.0%
  • 消費者金融マイカーローン:17.0%

もちろん金利が高い分、比較的審査には通りやすいと言えるかもしれませんが、100万円を借りた場合、単純に計算すると年間で20万円近い利息が発生することになります。

このように、カードローンや消費者金融などで借り入れを行うとかなりの利息が必要なので、これらの方法は最後の手段として考えてください。

「銀行マイカーローンやディーラーローンに追加でもう少しだけ借りたい」というときに利用するのがおすすめです。

審査が不安ならまずは仮審査

マイカーローンの審査が通るか不安といった人は仮審査(事前審査)を行ってみることをおすすめします。

仮審査を受ければ「審査に通る見込みはあるか」、「いくら借り入れできそうか」といったことを判断してもらえます。

仮審査なら信用情報への照会も行われませんので、多重申込みが原因で審査落ちする心配もありません。

また、複数の業者に仮審査を行ってもらい、その中から一番有利な条件で利用できるローンの本審査を選択できます。

ただし、申込者が申告した内容と信用情報に登録されている内容が大きく違う場合は、本審査で落ちる場合があるため注意が必要です。

審査が甘いマイカーローンには注意!

インターネット上で「誰でも借りられる」「審査が甘い」とうたっているマイカーローンを見かけることがありますが、こういった広告には注意してください。

審査に通りやすいマイカーローンを探している人にピッタリのように見えますよね。

しかし、まともな審査もせずに誰でも借りられるローンは、破格の金利が設定されている闇金や、闇金に近い金融業者の可能性が非常に高いです。

闇金の場合は少しでも返済が遅れると昼夜問わず督促の電話がかかってきたり、自宅や職場まで取り立てに来ることもあります。

返済が滞って別の消費者金融や闇金に借りるといった悪循環に陥る可能性もある上に、場合によっては詐欺などの犯罪に巻き込まれることも考えられます。

「誰でも借りられる」といった甘い言葉には充分注意しましょう。

まとめ

今回は、審査の通りやすいマイカーローンを知りたい人のために解説しました。

ディーラーローンなら「金利が高い」「ディーラーにマージンが入る」「車が担保になる」といった理由で審査に通りやすくなります

また、審査に通りやすくするためにはこういった部分に注意すると良いでしょう。

  • 頭金を用意する
  • 既存の借入金を減らす
  • 審査に通りやすい時期に申し込む
  • 他のローンと同時申し込みをしない
  • 信用情報を確認して改善する
  • 年収に見合った借入額にする
  • 勤続年数を長くする

すでに一度マイカーローンの審査に落ちた人も、これらのポイントを改善して再申し込みすれば、審査に通過できるかもしれません

もしも、車が故障してすぐに購入しなければならない場合等はフリーローンやカードローン、消費者金融といったところから借りることを検討するようにしましょう。

ただし、これらのローンは金利が高いので、できるだけ早く完済できるように、しっかりとした返済計画を立てたうえで最終手段として利用してください。

関連記事をチェック!

9114view

自動車ローンの審査と年収の関係

初めて自動車を購入する時、自動車ローンはどうやって決めたらいいのか、自分の年収で組めるローンはあるのか、決して安くはない買物だからこそ、悩むことがたくさんありますね。 そんな自動車を購入する時に重要...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)