お借入希望枠ってなに?クレジットカードとカードローンの場合

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

クレジットカードやカードローンに申し込む際に記入する「お借入希望枠」は高い金額を選んでおいた方が良いのか、それとも低い金額を選んでおいた方が良いのか迷う場合がありますね。

お借入、というくらいですからキャッシングに関係している項目だとは思いますが 、希望枠を高くしてしまうと審査が通りにくくなるのではないかという心配も出てきます。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額30日間無利息、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

お借入希望枠とは

0c73543dd700697f02b8dd9590805e0f_t

クレジットカードやカードローン申し込む際に「お借入希望枠」を選ぶことができることがあります。

金融機関によって名称は若干異なります。

・ご利用希望額
・お借入希望額
・キャッシング利用枠
・キャッシング希望額

お借入希望枠をチェックする項目があり、0円、10万円、30万円、50万円、100万円の中から選ぶ場合や、マスの中に数字を自分で記入する場合もあります。

クレジットカードやカードローンを作るのに「お借入希望枠」の意味を知らずに、どれをチェックしたら良いのか、またはいくらの金額をマスの中に記入すれば良いのか悩む場合も少なくありません。

お借入希望枠とは簡単に言ってしまえば、クレジットカードやカードローンでいくらの金額まで借り入れしたいのか、つまりいくらまで借金したいのかの金額のことです。

クレジットカードはとくにショッピング利用目的で申し込むこともありますよね。

しかしクレジットカードにはショッピング機能以外にキャッシング機能をつけることができます。

クレジットカードにしてもカードローンにしても、申込者に対していくらまでお金を借りたいのか金融機関側が希望を尋ねているわけです。

しかしお借入希望額はあくまでも申込者の希望ですから、希望した金額通りに決まらないこともよくあります。

金融機関側としては申込者がキャッシングしたいのか、いくらまでお金を借りたいのかを念のために聞いておきたい、ということですね。

関連記事をチェック!

513view

クレジットカードのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

ショッピングの際に1枚あれば何かと助かるクレジットカードですが、クレジットカードが利用できるのはショッピングのときだけではありません。 実はクレカには、ショッピング時に利用できるショッピング枠の他に...

関連記事をチェック!

5634view

お借り入れとは

クレジットカードやカードローンを申し込もうとすると、入力画面の最後に「他社借入額」や「他社からのお借入金額」という欄が出てきます。 このページに来た方は「他の項目はわかるけど、お借り入れだけは何なの...

お借入希望枠を記入すると

398c0ddbb986b5cb849422e7731a3024_t

お借入希望枠を例えば30万円をチェックしたとしましょう。カードローンならお借入希望枠を30万円と記入したとしましょう。

クレジットカードやカードローンを申し込みそのまま審査に通ってしまえば、申し込み時にチェックした30万円を限度額としてキャッシングすることができます。

キャッシングとはカードを銀行やコンビニATMに入れて、現金を引き出すことを言います。現金を引き出すのはあくまでも借金です。

クレジットカードでキャッシングしたのであれば、クレジット利用料金の引き落し日に銀行口座から借金した金額と利息の合計が自動振替されます。

カードローンでキャッシングした場合でも支払期日に自動振替されるか、またはATMから返済する、およびインターネットバンキングで返済することになります。

カードローンを申し込んだ人はお金を借りることを目的としていますから、お金を借りれば利息をつけて返済しなければならないことを知っていますよね。

しかしクレジットカードを申し込んだ人はキャッシングしてもショッピングと同様に一回払いにすれば金利手数料はかからないと考えている人もいるようです。

でもクレジットカードでキャッシングするのは、カードローンでお金を借りるのと何も変わりはありません。

キャッシングした翌日からクレジットカードの支払日までの日数分だけ利息がかかります。

関連記事をチェック!

1926view

借入返済シミュレーション

カードローンを利用する際、一番最初に考えなければならないことは何でしょうか。 「審査に通るのかどうか」、「いくら借りられるのか」と考える人もいると思いますが、それよりも「ちゃんと返済できるのか」を真...

関連記事をチェック!

213view

カードローン借入金利と利息の計算方法

お金を借り入れすれば利息が掛かる、知ってはいても計算方法となるとあやふやになる人は多いです。 金利と利息の関係です。 知らなくても言われた通りに支払っていれば問題はありませんが、お金を借りる前にい...

キャッシング利用枠0円にする選択

fb5c559865640b944efdd682734ec896_t

カードローンでお借入希望枠を0円とすることはできません。しかしクレジットカードはお借入希望枠を0円にすることができます。

お借入希望枠を0円にすればクレジットカードはショッピングにしか使うことができません。

キャッシングすることを希望しないのであれば、最初からお借入希望枠を0円を選択するのも良い方法です。

とくにキャッシングをする必要も予定もないのに、お借入希望枠を30万円にしてしまうと、ついお金の誘惑に負けてしまい借金をしてしまうことが心配になるのなら、お借入希望枠を0円にしておけば安心ですね。

またクレジットカードの審査に多少不安を持っているなら、お借入希望枠を0円にして申し込むと比較的審査に通りやすくなります。

学生はお借入希望枠を少なくする

9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_t

カードローンは年齢が20歳以上でないと申し込むことができません。

しかしクレジットカードは高校卒業した18歳以上であれば学生でも申し込むことができますね。

クレジットカードがあるとネットショッピング決済がラクになる、オークションでの支払いもクレジットカード決済できる、などなかなか便利なカードですよね。

学生がお借入希望枠を選択する場合、クレジットカード会社によって金額は異なりますが0円、5万円、10万円から希望することができます。

初めて申し込むクレジットカード。

迂闊にお借入希望枠を10万円としてしまうと、サークル活動や友達との飲み会などお金が足りないときに、ついキャッシングしてしまう可能性も出てきます。

もちろん未成年者がお借入希望枠を0円以外にする場合は、必ず親権者の同意が必要です。社会人にならないうちから借金をするなどとんでもない、と親は考えることでしょう。

しかし念のために5万円のお借入希望枠なら良いか、と同意してしまう場合もありますね。

しかしキャッシングは既にご説明のように借金です。借金は利息をつけて返済しなければならないことに学生は注意しなければなりません。

お借入希望枠は後からでもクレジットカードにつけることができます。

借金するのは社会人になって給料もらってから、と考えるのであればお借入希望枠は0円にするか、最低限の5万円を選んでおくようにしましょう。

関連記事をチェック!

450view

お金を借りることができるのは何歳から?

お金を借りることができるのは何歳からなのでしょうか? 18歳から就職している人は、決して少なくありません。 就職したら、自動車の購入などの様々な用途でお金を借りたいと思う人も多いものです。...

カードローンのお借入希望枠は?

34fc8580fc3c00fbc15c8ff7001ef57a_t

カードローンに申し込むときのお借入希望枠はいくらにしておいた方が良いのか、これもやはり悩みますよね。

返済能力が十分にある人がカードローンに申し込む場合、お借入希望枠をいくらにするのかによって金利が違ってくることがあります。

カードローンでもとくに銀行カードローンになると、お借入希望枠を50万円にするのと100万円にするのでは金利が大きく変わってくる場合が多いのです。

なぜなら銀行カードローンは利用限度額によって金利が設定されているからです。

たとえお借入希望額を100万円にしても必ず100万円を借りなければならないということはありません。

100万円を希望したとしても10万円しか借りなくても問題はありません。

しかし適用される金利が違います。

例えば50万円を希望した場合の金利は年14.5%、100万円を希望した場合の金利は年12.0%という具合に変わってくることがあるのです。

それぞれ10万円を借りた場合の金利は、お借入希望額の金利に設定されるため100万円を希望した場合の方が利息負担は少なくて済みます。

ただしカードローンの場合は審査に通らなければ希望通りのお借入希望枠をつけることができません。

また返済能力によりお借入希望枠が年収の1/3を超える場合、減額されてしまうこともあります。

他にも収入証明書が必要になることや審査の厳しさも違ってきますので、カードローンでキャッシングを考えている人はお借入希望額を必要最低限にしておくのも審査に通るためには必要なことですね。

審査に不安を持っている人もお借入希望枠を少なくしておくと、比較的審査に通りやすいメリットがあります。

関連記事をチェック!

61view

カードローンの金利は借入限度額によって違う

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借入限度額で金利は大きく違う カードローンを借りるときには少しでも金利が低い方がいいものであり...

関連記事をチェック!

182view

消費者金融の総量規制は年収の3分の1まで?【抜け道あり】

消費者金融は貸金業法によって年収の1/3以上は借りることができません。しかし抜け道がないわけでもありません。抜け道と聞くと違法性があるのではないかと考えてしまいますが、合法的な抜け道も用意されています...

消費者金融の総量規制は年収の3分の1まで?【抜け道あり】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談