お金がないのに車が欲しい人必見!5つの対処法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

車は欲しいけどお金がないときは、どうすれば良いのでしょうか。

予算が潤沢になくても車を買える5つの方法を解説します。

ローンの選び方や自動車税を減らす方法も紹介しますので、お得に車を購入したい方はぜひご覧ください。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

対策1:マイカーローンを利用する

対策1:マイカーローンを利用する

お金を貯めてから車を購入するのも良いのですが、数年間お金を貯めてから車を購入するより、車を購入してから数年間お金を返済する方が、車を長期間楽しむことができますよね。

ディーラーや金融機関のマイカーローンを利用して、カーライフを楽しんでいきましょう。

返済額が年収の3割以下が理想的

年間返済額が年収の3割以下だと審査にも通リやすく、返済が家計を圧迫しにくいとされています。

例えば、返済期間は2年間、金利3.5%で150万円のローンを組むとしましょう。

月々の返済額は64,804円、年間返済額は777,648円となります。

年収260万円以上ある方なら審査も通過しやすく、しかも、家計への負担も厳しくなりにくいと予想されます。

毎月の支払額が安いローンを選ぶ

ローンの返済期間が短いと、利息は少なくなるため、お得に自動車を購入できます。

しかし、毎月の返済額が多すぎて延滞してしまうなら、遅延損害金が発生したり信用情報が傷ついたりと、返って損をしてしまいます。

たとえ利息が高くなってしまっても、月々の返済額は無理なく返済できる金額に設定するようにしてください。

車のローンはどこで組むのが良いのか?

車のローンというと、通常は2つの選択肢があります。

1つはディーラーローン

車を購入する店舗で紹介してくれるローンです。

もう1つは、銀行などの金融機関が提供しているマイカーローン

マイカーローンは車を購入する店舗では斡旋してくれませんので、利用者各自が金融機関で契約しなくてはいけません。

一般的には、銀行ローンよりは車の販売店が実施しているディーラーローンの方が審査に通りやすいとされています。

これは、ディーラーローンの場合は、ローン返済中の車の所有権はディーラーが持つことになりますので、万が一、返済滞納となってもディーラー側の損害はほとんどないので融資をしやすいということも関係があります。

ディーラー側の提案はなるべく受け入れよう

ディーラーは車を販売することが仕事です。

そのため、少しでも多くの人に審査に通ってほしいと考えています。

  • 車のグレードを下げませんか?
  • 頭金をもう少し出せませんか?
  • 連帯保証人をつけることはできませんか?

このような提案をディーラー側から出されたときは、今の条件では審査に通りにくいということでもありますので、素直に提案を受け入れるようにしましょう。

ディーラーローンが銀行ローンに勝っている点

ディーラーローンが銀行のカーローンに勝っている点として、次の3つのポイントを挙げることができます。

  • 審査が早い(1時間ほどで審査結果が分かることもある)
  • ローンへの申し込みや契約手続きをディーラーが手伝ってくれる
  • キャンペーン等を併用すると、値引きや金利の引き下げを実施してもらえることもある

銀行ローンがディーラーローンに勝っている点

銀行のカーローンがディーラーローンに勝っている点として、次の3つのポイントを挙げることができます。

  • 低金利であることが多い(2~4%未満に設定されていることが多い
    一方、ディーラーローンは4~10%程度のことが多い)
  • 返済期間が長く設定されていることが多い
    (10年前後。一方、ディーラーローンは5~7年のことが多い)
  • ローン返済中も車購入者に車の所有権がある

ローンが組めない時にはどうする?

銀行のマイカーローンも自動車販売店のディーラーローンも、いずれのローン審査にも通らないときでも、自動車を購入できないというわけではありません。

両方のローン審査に落ちたときは、次の2つの方法も検討してみてください。

家族名義でローンを組む

ローンを契約したい人に問題があるときは、家族名義でローンを組むことも検討してみてはいかがでしょうか。

例えば、転職したばかりのときや年収が低いとき、あるいは、今までに返済滞納や支払い滞納などのトラブルを起こしたことがあるときは、ローン審査に通りにくくなってしまいます。

家族の中でローン申込に適した人がいるのなら、代わりにローンを組んでもらえるように頼んでみましょう。

購入先で相談をしてみる

購入先によっては、ディーラーローン以外のローンを紹介してくれることもあります。

ディーラーローンよりも高金利になっていることが多いですが、どうしても車を購入したいときは、購入先にローン会社の紹介を頼んでみましょう。

関連記事をチェック!

9236view

マイカーローンの仮審査で信用情報は影響してくるのか

車の購入は高額な買物なので、現金支払ではなくカーローンを組む人も珍しくはありません。 しかしカーローンでも審査があるため、気になってくるのは個人信用情報機関での情報です。 他社での延滞や借入が多い...

できれば頭金だけでも貯めておく

全額一括で支払えるだけのお金を貯めることが難しそうなときは、頭金だけ貯めるというのも良いですね。

頭金の目安は、車両本体の価格の2~3割が一般的とされていますので、200万円ほどの車を購入する予定なら、40万円~60万円を目安にお金を貯めましょう。

関連記事をチェック!

7253view

【月40,50万稼ぐには】バイト・副業・学生でも実現可能!

1ヶ月に40万円や50万円稼げると、ゆとりのある生活ができるかと思います。 しかし、同じ額を稼ぐとしても、社会的立場によって労力が変わるため、いきなり40~50万円を稼ぐことは難しいかもしれません。...

対策2:キャッシングを利用するのも一つの手

ディーラーローンもマイカーローンも、いずれも高額かつ低金利の融資ですから、どうしても審査が厳しくなってしまいます。

そのため、すでに他社でローンを組んでいる人などは、審査落ちの可能性が高いと言わざるを得ません。

ディーラーローンやマイカーローンに通らないときは、クレジットカードのキャッシング枠銀行・消費者金融のカードローンを使ってキャッシングするという方法もあります。

キャッシングを利用するときの注意点

キャッシングの審査は、ディーラーローンやマイカーローンと比べると難易度も低く、多くの人が利用できるというメリットがあります。

しかし、簡単に利用できる分、適用金利が高く、ディーラーローンやマイカーローンが年2~10%程度であるのに対し、年14~18%と倍以上の高金利となっています。

「利息が予想以上に膨れ上がって返済できない」といった事態を回避するためにも、次の2つのポイントに注意するようにしてください。

①借入額を最小限に抑える

キャッシングは高金利ですので、できるだけ借入額を少なくしておきたいものです。

頭金を支払うとディーラーローンやマイカーローンに通りやすくなりますので、できれば頭金だけをキャッシングで借り、残りはディーラーローン等を利用するようにしましょう。

②毎月できるだけ多額を返済する

頭金を支払ってもディーラーローンやマイカーローンに通らないときは、キャッシングで多額を借りざるを得なくなってしまいます。

返済期間を少しでも短くすれば、その分、総利息額を減らせますので、毎月できるだけ多くの金額を返済して早期完済を目指しましょう。

おすすめの消費者金融

キャッシングを利用するなら、できれば審査スピードが速く、融資上限額が高い業者が良いですよね。

また、業者によっては初回30日間無利息サービスを実施していることがありますので、タイミングよく活用すれば、少しでも利息を減らすことが可能になります。

次の3つの消費者金融は、いずれも審査スピード・融資上限額・30日間無利息サービスの3つの条件を兼ね備えた業者です。

どこでキャッシングをしようか迷ったときは、ぜひ利用を検討してください。

プロミス

最大500万円まで融資可能なプロミスは、年利4.5~17.8%と、消費者金融として平均的な金利でカードローンを提供している業者です。

初回利用時は常に30日間無利息サービスが適用されますので、どのタイミングで利用しても30日間無利息で利用できるというメリットもあります。

アコム

最大融資額800万円と、高額融資が可能なアコム。

金利は年3.0~18.0%と一般的な水準になっています。

アコムでも30日間無利息サービスを実施していますが、契約日の翌日から30日間無利息になりますので、利用日を決めてからアコムに申し込むようにしましょう。

レイクALSA

最大融資枠は500万円、適用金利は年4.5~18.0%と、消費者金融として一般的な融資限度額と金利に設定されているレイクALSA。

60日間無利息サービスだけでなく、上限5万円ですが180日間無利息サービスも実施していますので、少額を長期間借りたい人にも適した業者です。※

関連記事をチェック!

399view

レイクALSAで20、30万円を借りた場合の利息と返済方法、最低返済金額

レイクで借入した場合、最も気になる内容は利息と返済方法といえるでしょう。 ここではレイクで20万円借入した場合について、利息がいくらになるか、また返済方法にはどのようなものがあるかについて解説します...

対策3:中古車を購入する

車種にもよりますが、一般的には中古車よりも新車の方が価格が高く設定されています。

多額のローンを抱えたくないなら、中古車を購入することも検討してはいかがでしょうか。

ただし、ディーラーローンを利用するときは、新車の金利よりも中古車の金利の方が高く設定されていることが多いですのでご注意ください。

査定額で一括購入できる可能性がある

今乗っている車を買取業者などで査定してもらったことはありますか?

人気の車種なら意外な高値で買い取ってもらえることがありますので、一度、ネット査定などでチェックしてみてください。

高値がつくなら、買い取ってもらう金額で中古車が購入できることもありますよ。

金利0%は実在した!?中古車ローン

中古車のディーラーローンは高いのが相場ですが、ディーラーによっては銀行のカーローンよりも低金利で提供していることもあります。

稀に金利0%で利用できる中古車ローンもありますので、「中古車を買いたいけれども手元にお金がない」という人は利用してみるのも良いですね。

関連記事をチェック!

2512view

ラビット「自社ローン」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はラビット「自社ローン」について説明したいと思います。 ラビット「自社ローン」について ※株式会社テンレインボー公式WEBサイトより引用 株式会社テ...

対策4:カーシェアリングを利用する

対策4:カーシェアリングを利用する

月々何万円ものカーローンを返済し終わると、車はすでに5~10年経っていますので、「そろそろ新しい車を購入しないと・・・」となりますよね。

そのように常に新車を追い求めていると、人生の大半をカーローンの支払いと共に過ごしてしまうことになります。

カーローンの支払いに追われる生活に空しさを感じる人は、カーシェアリングを利用してみるのはいかがでしょうか。

人気のカーシェアリングサービスをいくつか紹介いたします。

タイムズカープラス

ネットで予約をすれば、営業所などに鍵を受け取りに行かなくても車が借りられるタイムズカープラス。

月額基本料金は税込み1,030円。

しかも、学生なら4年間は基本料金無料で利用が可能です。

15分206円から利用できますので、家具などの大きな物をちょっと運びたいときなども便利に使えますね。

タイムズカープラス

アースカー

オープンカーや外車、エコカーと車種の豊富さが特徴のアースカー。

会員カードだけでなく交通系ICカードやおサイフケータイなどでも解錠できますので、登録したその日からカーシェアリングサービスを楽しめます。

月額基本料金0円のプランや月額料金を利用料金として振り替えできるプランなど、お得な料金プランの多さも特徴です。

アースカー

対策5:新古車を狙う

販売店のディスプレイ用の車や型落ちした車等、新車であるにも関わらず何らかの事情で中古車として販売しなければいけない車を「新古車」と呼ぶことがあります。

中古には抵抗があるけれどもお金はないという人は、検討してみてくださいね。

新古車は中古車販売所や新車販売所、インターネットの新古車サイト等で見つけることができますよ。

年間コストを下げて車を選ぶ

欲しい車が、あなたに合う車とは限りません。

現に今、車を買えないと感じているのなら、その車はあなたにとっては分不相応なものと言えるでしょう。

排気量やグレードを下げ、オプションを減らし、車自体の値段を下げてみてはいかがでしょうか。

排気量を減らせばガソリン代や自動車税の節約にもつながりますし、車にかかる年間コストも大きく下げることができますよ。

軽自動車を選ぶという選択肢

中古車や新古車はイヤ、どうしても新車が欲しい。

しかし、お金がない・・・。

そんなわがままなあなたには、軽自動車をおすすめします。

燃費が良くガソリン代が安くなるだけでなく、税金も安い軽自動車なら、お金がなくても新車を購入できる可能性が高まります。

「軽自動車はちょっと・・・」と不平不満が多すぎるあなたには、リースの検討をおすすめします。

次の記事でリースとローンを徹底比較していますので、ぜひチェックしてみてください。

ちょっとお得に車を購入するために

ちょっとお得に車を購入するために

せっかくローンを組んで車を買うなら、少しでもお得に買いたいですよね。

次の3つのポイントを押さえて、少しでもお得に車を購入してください。

①軽自動車は4月2日以降に購入する

自動車を購入すると自動車税を支払わなくてはいけません。

軽自動車の自動車税は、4月1日の時点で車を保有しているかどうかで支払い義務が発生しますので、4月2日以降に購入すれば、1年間分の自動車税を節約することができます。

3月末に購入しようかどうか悩んでいる人は、なるべく4月2日以降に購入時期を遅らせるようにしてくださいね。

軽以外の自動車は月初めに購入する

軽自動車以外の自動車税は、1年分ではなく1ヶ月分で計算します。

そのため、購入した翌月から自動車税が発生することになり、どの月に購入しても大きな差は生じません。

しかし、1ヶ月分でも税金を節約したいと考えているのなら、できるだけ月初めに購入してください。

自動車税はその月の1日に自動車を所有しているかどうかで算出されますので、月末に購入すると1ヶ月分余計に支払わなくてはいけないことになります。

月末に欲しい車との運命的な出会いを果たしたとしても、翌月の1日まで待って、自動車税を1ヶ月分節約しましょう。

安易に下取りを任せない

車を買い替えるときは、カーディーラーが現在乗っている車の下取りをしてくれることが多いです。

ですが、安易にすべてをカーディーラーに任せてしまうと、相場より安値で買いたたかれてしまうこともあります。

かならず、中古車業者などで査定額を出してもらってから、少しでも高額で売却するようにしてください。

ただし、下取りすることで新車価格を値引いてくれる等のお得なオファーをディーラーがしてくれるときは、トータルでどちらの方がお得なのか検討してから買取業者を決めてくださいね。

家族に購入を反対されている場合

欲しい車が見つかった。

しかも、ローンにも通りそうだ。

こんな好条件がそろっているのに、家族から反対されて購入できないとお嘆きの方も多いのではないでしょうか。

家族が反対するときは、かならずと言っていいほど誰もが納得するような理由があります。

「子供の教育費がかさむのに、どうして今、車を買わなくてはいけないの?」「まだ1万キロも走っていないでしょ?もったいないんじゃないの」

そうなんです。

車を欲しいと考えるあなたが100%間違っているのです。

家族の反対が正論であることが分かっていても車が欲しいという気持ちを抑えられないときは、次の2つの方法を試してください。

実際に計画を立てて仮審査を受けてみる

家族に返済計画について詳しく話してみましょう。

「ローンの月々の返済額を家計から出したい」と言うなら家族に反対されても、「お小遣いの範囲からローンの返済をする」と主張すれば、家族の承認も得やすくなりますね。

具体的な金額を提示してからローンの仮審査を受け、家族に「無理なく返済できるよ」というところをアピールしてください。

購入する車を一緒に考えてみる

お金の問題ではなく、あなた一人で車を決めたことに対して家族が怒っている可能性もありますよね。

一緒に販売店に行って、家族の意見も取り入れながら車を選んでみてはいかがでしょうか。

車欲しいなー、って思うみんなの意見

週末に車に乗る程度なら、本当はカーシェアリングがベストの選択です。

駐車場代や自動車税、車検代もかかりませんし、車にかかる年間費用を劇的に抑える効果があります。

しかし、「車を所有したい」という気持ちは、理屈では抑えることができないものですよね。

お金があれば、車を買いたいと思っている人も多いのです。

必要に迫られて「車を買いたい」と願う方もいらっしゃいます。

バイク通勤やバイク通学は危険ですので、天候が悪いときはできるだけ公共交通機関を利用してくださいね。

お金がないのに車を買う旦那のことどう思う?

お金がないのに車にお金をかける夫も少なくありません。

家計が破綻すると、家庭も破綻する可能性が高まります。

何でもローンに頼るのではなく、堅実なライフプランを立てて欲しいですね。

いつまでも一人暮らしのスタイルが抜けない旦那さんもいます。

「自分で稼いだお金は自分の好きに使う」なんて考えている人間は、一生、結婚せずに家庭を作らないでいただきたいですね!

車を買えない若者についてどう思う?

若者の車離れが指摘されていますが、本当に現在の若者は車に興味がないのでしょうか。

もちろん車に興味がない若者もいるでしょうが、お金がないから車を買えない、車に興味を持てないという若者もたくさんいます。

ただ、少し前の若者は、お金がないから車が買えないときは「働いてお金を稼いで車を買おう」と発奮したのに対し、現在の若者は「お金がないから買わないでおこう」と諦めてしまうケースが多いようです。

車以外に興味を持てることが増えたと現在の若者の心理を分析することができますが、がむしゃらに頑張ることを美徳として考えられなくなったということも大きいのかもしれませんね。

お金がないのに車が欲しいでよくある質問

ここで、お金がないのに車が欲しいことについて、皆さんが疑問に思っていることにお答えしていきたいと思います。

Q.子供がいる場合夫の車にかけるお金は生活費の何割くらいが妥当ですか?

A.各家庭によって異なりますので、一概に何割と言うことはできません

各家庭によって収入や支出は違います。

また、一言で「子供がいる」といっても、幼稚園児の子供がいるご家庭と、高校生・大学生がいるご家庭もあります。

夫の車にかけるお金は、各家庭における収入と支出のバランスから考えるのが大事です。

車にかける生活費の割合が同じ場合でも、一方の家庭では十分に維持できても、もう一方の家庭では借金の返済や子供に教育費にかかる金額が多ければ、車を維持していくことはできません。

車にかかる費用を生活費の何割まで大丈夫なのかは、「ガソリン代・車検費用・自動車税・自動車保険」をある程度計算し、ご自身や家族の支出から維持できるのかを考えましょう。

さらに、車を持つと修理することもありますので、生活費にある程度余裕が持てる状態の車を購入するようにしましょう。

Q.貯金もなく住宅ローンの支払いも大変な場合は旦那の車は軽でも十分ですか?

A.十分だと思います

最近の軽自動車は性能も良く、昔の軽自動車と違って走りも良いです。

税金やガソリン代のことを考えると、やはり乗用車よりも軽自動車の方が維持しやすいです。

住宅ローンを返済しているために貯金もない場合、維持費の安い軽自動車にするのは、当然といえば当然です。

もし、こだわりを捨てることができずに維持費の高い乗用車に乗っていれば、今度は住宅ローンを返済できなくなる可能性だってあります。

そうなると、せっかく建てた家を手放さなければならなくなります。

ただし、最近の軽自動車は性能が良くて人気も高いため、新車・中古車に関わらず金額は高いです。

もし、軽自動車を購入するために高額なマイカーローンを組む必要があるのであれば、それは1度考え直す必要があります。

マイカーローンを借りてしまうと、それに対しても利息を支払っていかなければなりません。

中古の乗用車であれば、新車にこだわらなければ安く購入できるのがたくさんあります。

もちろん、新車よりも修理にお金がかかるかもしれませんが、それでも上手に向き合っていけば軽自動車よりも費用を抑えることはできます。

車を単なる移動手段と割り切れば、安い車でも十分に生活していくことができますので、「お金がないから軽自動車を買う」という固定概念は捨て、総合的に見て費用が安くなるような車を購入しましょう。

Q.夫たちの車のローンは収入の何割くらいが妥当ですか?

A.各ご家庭の収支によって異なります

マイカーローンで借りられる金額の一般的な目安は「年収の100%」となっています。

例えば、年収300万円の人が300万円の車を購入し、マイカーローンで5年返済すると、毎月の返済額はおよそ52,000円です。

しかし、家族がいるご家庭の場合、マイカーローンだけに毎月5万円を返済し、さらに使用・維持にかかる費用を負担することは無理があります。

これを年収の3割の100万円で車を購入すると、同じ5年間の返済でも毎月の返済額はおよそ17,000円となります。

これを、毎月返済していきながら維持していくとなると、月の負担は4万円程度に収まると思います。

月に4万円程度であればやりくりできる人もいるでしょうし、もっと安くなければ維持できないという人もいます。

重要なのは、現在の生活環境から考えて車を維持していくことができるのかであり、一概に収入の何割までが妥当ということは言うことができません。

Q.車の修理費を夫の小遣いで賄ってもらうのはおかしいですか?

A.生活費に余裕がなければ仕方がないと思います

生活費に余裕がない場合、どこから車の修理を捻出するのかといえば、やはり自分たちのお小遣いでしょう。

特に、夫の車を修理するのであれば、夫のお小遣いから賄ってもらうのは仕方のないことです。

ですが、誰でもお小遣いは減らされたくありませんので、最初から夫に賄っても貰おうとすると喧嘩になってしまいます。

そのため、家庭の収支をきちんと洗い出しし、少しでも修理費に回せるようにやりくりしてみましょう。

それでも修理費が足りない場合は、やりくりした結果も見せて夫を説得しましょう。

妻が家計と車のことを考えて、それでも苦渋の決断としてお小遣いで賄うことになったとなれば、渋々でも夫は納得してくれるはずです。

Q.ローン会社名義の車を売る場合に売却価格が低い状態でカードローンは使える?

A.使うことはできます

ディーラーローンとカードローンは全く異なる融資商品です。

そのため、ローン会社名義となっている車を売却する場合でも、カードローンを利用することは可能です。

カードローンはディーラーローンのように車を担保とするわけではなく、個人の信用に対して融資を行います。

個人の信用に車の価値は関係ありませんので、信用さえあれば借りることはできるのです。

また、ローン会社名義となっている車を売却し、新たに車を購入するという場合も、車の価値が低くてもディーラーローンを利用することは可能です。

この場合、売却する車の残債と新たに購入する車の購入代金を1つにして借りることもできます。

これはディーラーローンだけでなく、銀行のマイカーローンでも、「借り換え+購入資金」として借りることが可能です。

Q.自分たちの家族のための車を友達から購入するのとローンで購入するのとどっちがお得?

A.友達から購入し、一括で支払ったほうがお得です

友達から車を購入する場合と、ディーラーや中古車販売店から車を購入する場合とでは、圧倒的に友達から車を購入するほうが安くなります。

また、ディーラーなどから購入してローンを組むと、さらに利息も負担しなければなりません。

特に、中古車の購入のためにディーラーローンを借りると、金利は10%前後になってしまいますので、その利息負担は重くのしかかります。

友達から購入して代金を一括で払うと、その後の利息負担はなく、単純に車の維持費だけの負担となります。

購入価格だけでなく、購入後の負担についても、友達から購入するほうがお得です。

ただし、個人売買であれば登録などは自分たちでやらなければなりません。

お得になる分、最初の手間はかかりますので、そのことも十分に考えてどっちがお得かを考えるようにしましょう。

まとめ

ローンや中古車などを利用すれば、お金がある程度なくても車を所有することはできます。

ですが、車を所有するとなると、自動車税や保険料、車検代などの維持費がかかってきます。

住宅のスペースによっては駐車場代もかかりますし、少し動かせばガソリン代や高速料金も必要になるでしょう。

ローンを支払うことができても、それらの維持費・経費で生活を圧迫してしまうという可能性もありますので、本当に維持できるのか、どうしても車が必要なのか、しっかりと検討してから購入を決定するようにしてくださいね。

※レイクALSAの60日間無利息は、初めてお申し込み頂いた方、Webで申込いただきご契約額が1~200万円の方限定。30日間無利息、180日間無利息と併用不可。無利息期間経過後は通常金利適用。

※レイクALSA借入条件●極度額/1万円~500万円●貸付利率(実質年率)/4.5%~18.0%●遅延損害金(年率)/20.0%●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式●返済期間・回数/最長8年・最大96回●担保・保証人/不要●要審査

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談