車欲しいけど買えない人必見!お金がないときに所有する方法

 5.0  (2)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (2)

この記事を評価する

決定

車が欲しいけれど、ローンを組んでも毎月の支払いがきつくてとても買えないという人も多いでしょう。

しかし、小さい子供がいる家庭や、都心部ではなく地方に住んでいる人は、車がなければとても不便に感じることもあるのではないでしょうか。

今回は、車が欲しいけれどお金に余裕がないという人が車を購入する方法を詳しく紹介します。

ただし、新車の普通自動車を購入するとかなり費用が高くつくため、今回は下記の車の購入方法について解説していきます。

また、どうしても購入は無理だという人のためにカーリースや、カーシェアリングについても解説していますので、気になる人は記事の後半を参考にしてみてください。

軽自動車を購入する

お金に余裕はないけれど、どうしても新車が欲しいという人は軽自動車の購入を検討しましょう。

普通自動車は本体価格だけでなく、毎月の維持費も軽自動車より高くなってしまうため、お金に余裕がないという人には軽自動車がおすすめです。

参考までに、軽自動車と普通乗用車の本体価格を比較してみましょう。

普通乗用車は、1,000ccで特に低価格で買える車種の価格を参考にしています。

【軽自動車】
車種名参考価格
アルト863,500円~
ミライース858,000円~
エブリイ968,000円~
【普通乗用車(1,000cc)】
車種名参考価格
パッソ1,199,000円~
ヤリス(旧ヴィッツ)1,455,000円~

軽自動車であれば安いものでは90万円程度で購入可能ですが、普通乗用車では特に安い価格のパッソでも120万円ほどかかります。

軽自動車は維持費も安い

また、普通自動車と軽自動車の自動車税も比較してみましょう。

自動車区分総排気量該当する車種名税額
軽自動車一律10,800円
乗用車1,000cc以下パッソなど25,000円
1,000cc超1,500cc以下アクア、フィット、ノートなど30,500円
1,500cc超2,000cc以下プリウス、ステップワゴン、セレナなど36,000円

軽自動車の自動車税は、車種に関係なく一律で10,800円です。

しかし、普通乗用車は一番排気量が少ない1,000cc以下のものでも、軽自動車の倍以上の25,000円もの税金がかかります。

他にも、軽自動車では高速料金も安くなるというメリットがあります。

NEXCO東日本・中日本・西日本では、軽自動車の高速料金は、普通自動車の0.8倍に設定されています。

このように、軽自動車は年間の維持費も普通自動車より低く抑えることができるので、車にかける費用を最小限に抑えたい人にはおすすめです。

新古車を購入する

新車は無理だけど中古車を買うのは避けたいという人は、新古車を購入するという方法もあります。

新古車とは、ディーラーなどに展示されていて試乗車として利用されている車のことです。

新古車は市場に余り出回らないので、価格比較が行いにくいですが、代表的な車種を比較した情報は以下の通りです。

車種名新古車の価格新車の価格
アルトL 2020年式
走行距離4km
70万円前後91万円~
ミライースL 2020年式
走行距離4km
70万円前後90万円~
パッソX 2020年式
走行距離10km
100万円前後120万円~

このように新古車は新車より安い値段で購入できる上に、限りなく新車に近いきれいな状態で乗ることができるというメリットがあります。

ただし、新古車はそれほど多く出回らないため、人気の車種はあっという間に売れてしまいます。

具体的に新古車を探す方法としては、中古車販売店やネットの中古車検索サイトを利用する方法があります。

ネットで探す場合の注意点としては、一般的に新古車は「未使用車」と呼ばれているため、「新古車」で検索してもヒットしないことが多いです。

このため、検索のときには新古車だけではなく「未使用車」も試してみるようにしましょう。

中古車を購入する

車に特にこだわりがなく、購入費用をとにかく節約したいという人は、中古車を検討してみましょう。

中古車を購入するメリットは、新車よりかなり安く買えるということでしょう。

具体的には、以下のような金額で中古車を入手することができます。

車種名中古車の価格新車の価格
アルトL 2019年式
走行距離0.2万km
60万円前後91万円~
ミライースL 2019年式
走行距離0.3万km
60万円前後90万円~
パッソX 2018年式
走行距離0.9万km
90万円前後120万円~

このように、新車では予算に合わないクラスの車種でも中古車なら買える可能性があります。

また、新しい車種から古い車種までとにかく選択肢が多いため、予算や希望にあわせて色々な車の中から選ぶことができます。

ただし、デメリットとして走行距離やメンテナンスの回数などによってコンディションに大きな差がでる点があります。

中には修復歴がある車も売られているため、新車と同じコンディションで乗ることは望めません。

デメリットも数々ありますが、できるだけ少ない予算で車を買いたいという人には、中古車の購入がおすすめです。

中古車のメリット・デメリットをまとめました。

メリットデメリット
  • とにかく安く車が買える
  • 高いグレードの車も買える可能性がある
  • 新車よりも車種の選択肢がかなり多い
  • 納車が早い
  • 修復歴のある車も売られている
  • カスタマイズに限界がある
  • 保証期間が短い

人気の車種やボディーカラーは諦める

車に予算をかけられないなら、軽自動車や中古車など、できるだけ低価格で買えるものを選択するしかありません。

特に中古車は、当然ですが今販売されている車の中から選ぶしかないので、好きな車種や希望の色が手に入るとは限りません。

また、中古車の場合、人気のない車種や色を選択することで、購入価格を低くできます。

例えば、フィット1300ccで走行距離がほぼ同じ中古車を比較してみると、以下のように20万円も価格が違ってきます。

  • 青色 走行距離2.5万km:約100万円前後
  • パールホワイト・黒 走行距離2.7万km:約120万円前後

「この車種がいい」「この色の車がいい」など、選択肢をせばめなければ、金額を大きく減らせるので検討してみてください。

マイカーローンを利用する

車を購入するときにはローンを組む人がほとんどですが、マイカーローンは中古車を購入する場合にも利用可能です。

ここでは、マイカーローンの特徴について詳しく解説していきます。

新車購入時の頭金は無くてもいい

マイカーローンを組むときには、頭金を用意しておくことで返済期間を短くでき、総返済額も減らすことができます。

一般的には頭金は借入金額に対して、2~3割程度の金額であることが多いです。

しかしマイカーローンは、頭金を用意しなくても組むことができます。

お金に余裕がないという人は、頭金をいれずにローンを組むことがおすすめです。

銀行のカーローンは金利が低い

マイカーローンを利用する場合は、銀行のマイカーローンを利用するほかに、自動車販売店で組めるディーラーローンを利用するという方法もあります。

しかし、ディーラーローンは金利が高めに設定されているため、少しでも低い金利でローンを組みたい人は、銀行のマイカーローンがおすすめです。

いくつかの銀行マイカーローンの金利や各種条件を比較してみましょう。

金融機関名金利限度額返済期間
りそな銀行「マイカーローン」変動金利
年1.9%~年4.475%
(1.9%は住宅ローン利用者に適用)
10万円以上500万円以内(1万円単位)1年以上10年以内(1年単位)
三井住友銀行「マイカーローン」変動金利
年 4.475%
10万円以上300万円以内(1万円単位)1年以上10年以内(1ヵ月単位)
三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」変動金利
年2.975%
50万円以上1,000万円以内(1万円単位)6ヵ月以上10年以内(1ヵ月単位)
住信SBIネット銀行「自動車ローン」変動金利
年1.775%~3.975%
10万円以上1,000万円以下(1万円単位)1年以上10年以内(1ヵ月単位)
ホンダファイナンス3.5%車両価格による3ヵ月以上7年以内(1ヵ月単位)
ニッサンオートクレジット4.9%車両価格による3ヵ月以上6年以内(1ヵ月単位)

銀行カードローンでは1~4%で借入ができるので、返済期間が長期間になったとしても、利息の負担は少ないです。

対して、ディーラーローンは、銀行のマイカーローンより審査基準が甘めというメリットがある一方で、金利が銀行よりも高めに設定されているので総返済額が増えてしまうというデメリットがあります。

例えば、100万円の車を60回払いで購入する場合、住信SBI銀行の下限金利では毎月の返済は17,430円ですが、ニッサンオートクレジットでは18,825円です。

毎月の返済額が1500円近くも変わっており、借入金額や借入期間によってはさらに差が大きくなる可能性もあります。

銀行のマイカーローン審査に通るか不安だという人は、ディーラーローンを利用したいところですが、銀行より返済負担が大きくなることを認識した上で契約するようにしましょう。

残価設定型ローンのデメリットとは?

ディーラーローンでは、残価設定型のローンを選択できる場合がありますが、通常のディーラーローンと比較すると、毎月の走行距離が制限されることや、自由にカスタマイズができないというデメリットがあります。

また、車に修復歴がつくと査定額が減り、数年後に返却か新車乗り換えを選択した場合に追加支払いが発生することがあります。

残価設定型ローンを組む場合は、このようなデメリットも納得した上で契約することをおすすめします。

カーシェアリング

車を購入しても毎月の返済負担が厳しいという人には、カーシェアリングもおすすめです。

カーシェアリングとは、Timesなどが提供しているレンタルサービスの一種です。

カーシェアリングの会員に登録しておくと事前にスマホなどで予約しておいた時間中は、自由に車を使うことができるというサービスです。

Timesは駐車場に数台カーシェアリング用の車が用意されているため、スマホなどで事前に予約しておくと、店員に会うことなく手軽に車を借りることができます。

ガソリン代や保険料も一切不要で、15分単位で手軽に借りられるため、比較的近距離で頻繁に借りたいという人にはおすすめです。

時間料金220円/15分(ベーシックプラン)
月額料金880円 (個人プラン・家族プラン)
最大時間料金6時間まで4,290円
12時間まで6,490円
24時間まで8,690円
36時間まで11,990円
48時間まで14,190円
72時間まで20,240円
距離料金6時間を超えると走行距離に対して課金 16円/km

上記はタイムズのカーシェアリング料金表ですが、長時間利用時の割引はそこまでないので、長期間の利用はレンタカーよりも高額になる可能性があります。

以下の表は200km走行したと仮定したときの利用料金ですので、参考にしてみてください。(月額料金を除く)

利用時間利用料金
6時間まで4,290円
12時間まで9,690円
24時間まで11,890円
36時間まで15,190円
48時間まで17,390円

レンタカーやカーリースと違いガソリン代が必要ないので、1か月で何度も短期間利用を考えている人はカーシェアリングがおすすめです。

後ほどレンタカーやカーリースなどとの比較を紹介しますので、そちらも参考にしてください。

週に1回程度の利用でもローンがお得

カーリースは初期費用無しで車に乗れる

カーリースとは、自分が選択した新車をカーリース会社が購入し、利用者は毎月の決められた使用料金をカーリース会社に払ってその車を利用するというものです。

カーシェアリングとは違い、自分の駐車場で管理して自分が好きな時に乗ることができます。

また、頭金などの初期費用も不要で、毎月の支払額には自賠責保険や税金、手数料なども含まれているので、お金の管理がしやすいというメリットもあります。

例えば、コスモ MYカーリースでミライースLを60か月で契約した場合、月額は26,070円となっています。

平日は毎日乗る予定があったり、毎週末必ず車に乗ったりする場合は、カーリースで車を借りた方がカーシェアリングよりも費用を抑えられます。

しかし、カーリースの金利はカーローンより高めに設定されているので、総返済額は購入するよりも高くなりがちです。

また、走行距離に制限があり、傷やへこみ、汚れなどがあると返却時に追加支払いが発生する場合もあります。

カーリースを契約する場合は、これらの注意点を事前によく確認しておいてください。

レンタカーを利用する

車をそれほど使わないという人は、レンタカーサービスがおすすめです。

カーシェアリングとは違って保険に入る必要があるなど費用は高くつきますが、長距離移動する場合はカーシェアリングよりも安く借りられる場合が多いです。

例えば、ニッポンレンタカーで5時間SSクラス(フィット、デミオ等)の借入をした場合、一般料金が6,050円ですが、12時間では6,600円とかなり割安です。

走行距離が増えてもガソリン代以外の負担がないので、定期的に利用せずに1回あたりの利用期間が長い人はレンタカーがおすすめと言えます。

旅行やレジャーに行くときだけ車を使うという人は、カーシェアリングやカーリースよりもレンタカーサービスを利用するようにしましょう。

週に1回程度の利用でもローンがお得

これまでに、マイカーローンやカーシェアリング、カーリース、レンタカーを紹介してきましたが、基本的には継続して利用するのであればマイカーローンを組むことをおすすめします。

仮に週に200km程度の利用を1回すると、仮定するとそれぞれの利用料金は以下のようになります。

利用するサービス利用料金(月額)
三菱UFJ銀行マイカーローン5年返済(維持費込)
※ニッサンミライース(90万円)購入
22,362円
カーシェアリング (1回12時間利用)38,760円
カーリース (ガソリン代含む)27,370円
レンタカー (1回12時間利用でガソリン代含む)31,600円

(ガソリン代は単価130円、燃費20km/lで計算)

マイカーローンと次にお得なカーリースを比較しても、月に5,000円程度差が出ているので、滅多に車を利用しない人以外はマイカーローンがおすすめと言えます。

週に1回以上車に乗るような人は、思い切ってマイカーローンを検討してみてください。

購入後の車維持費も考慮しよう

車を購入するときには毎月のローンの返済額ばかりに目が行きがちですが、毎月や毎年一定の維持費が発生します。

軽自動車の維持費としてかかる金額を表にまとめました。

軽自動車の維持費(年間換算)

費用目安
ガソリン代28,800円
(走行距離6000km、燃費27km/L、ガソリン1ℓ/130円で計算)
駐車場代0円~600,000円
(地域差が大きい)
洗車代6,000~24,000円 
自動車税10,800円
保険代15,600円~70,000円前後
(自賠責+任意保険加入)
メンテナンス代(年間)数万円程度
(交換する箇所による)
自動車重量税3,300円~
(支払いは車検のタイミングに複数年分まとめて行う)
車検代(2年に1度)1万円~ 
(依頼先によって差が大きい)

このように、車を維持するためにはローンにプラスして上記の費用もかかります。

例えば、1年間車を継続して利用した場合、上記の維持費の合計は74,500円です。(駐車場代とメンテナンス代を除き、自動車重量税と車検代は1年分で換算)

車を購入する前に、ローンにこれらの費用をプラスして、毎月の出費をシミュレーションしてみることをおすすめします。

まとめ

車がどうしても欲しいけれどお金に余裕がない人は、軽自動車や新古車、中古車等できるだけ毎月の返済負担が少ない金額の車を購入するようにしましょう。

さらに、ローンを組むときには銀行ローンに申込をして、利息を減らすことも大切です。

また、車を購入すると毎月のローン返済のほかに維持費もかかります。

車を購入する前に、ローンと維持費を毎月払う余裕があるのか、十分に検討することをおすすめします。

 5.0  (2)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (2)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談