Revolut・楽天銀行デビットカード・au PAYプリペイドカードのチャージフロー

当記事にはPRが含まれています
「借入のすべて」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アイフル株式会社、アコム株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行(カードローン)、住信SBIネット銀行株式会社から委託を受け広告収益を得て運営しております。

Revolutは組み合わせ次第で、ポイントを多重取りできるカードとして有名です。クレジットカードのみならず、デビットカードでももちろんOK。デビットカードを日常的に使っている人にとって、上手に使えばポイントを最大限まで獲得できるのがRevolutなのです。

しかし、デビットカードは無数に存在します。どのように組み合わせればお得なのでしょう。

楽天銀行デビットカード(Mastercard)→au PAYプリペイドカード→Revolut

数ある中でも、この組み合わせをおすすめします。その理由はもちろん、それぞれのカードが持つ特性(メリット・デメリット・注意点)や、ポイントを最大限獲得するコツもあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

即日OK!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%
即日融資
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短20分
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

楽天銀行デビットカードからRevolutへのお得なフロー手順

楽天銀行デビットカード(Mastercard限定)→au PAYプリペイドカード→Revolut

これで、楽天銀行デビットカードに1%、 au PAYプリペイドカードに0.5%のポイントが付与されます。Revolutにはポイントが還元されません。なぜなら、Revolut自体にポイント還元システムが存在しないからです。

このようなチャージ手順を行うと、それぞれのカードが持つメリットを最大限に生かし、デメリットを最小限できるでしょう。

楽天銀行デビットカードをフローの最初に持ってくる理由

楽天銀行デビットカードはカードとしての汎用性が高く、ポイントが獲得しやすい。

楽天銀行デビットカードのメリット・デメリット・注意点は、以下の通りです。

メリット カードとしての汎用性が高い (使いやすい)
無条件に高い還元率でポイントがつく
デメリット特になし
注意点Mastercardブランドであること

楽天銀行デビットカードは、無条件で1%のポイントが還元されるのが大きなメリットです。デビットカードとしては、1%の還元率は高い方に分類されるでしょう。特段目立ったデメリットがないのも、大きな特徴の一つです。

つまり、「とても使える」デビットカードのため、フローの最初に持ってくるのです。

ただし注意点があります。楽天銀行デビットカードのブランドは、Mastercardでなければなりません。なぜなら次に、Pontaポイントをためられる「au PAYプリペイドカード」へチャージしたいからです。

au PAYプリペイドカードへは、Mastercardからしかチャージができません。

au PAYプリペイドカードをフローの間に挟む理由

au PAYプリペイドカードでチャージすれば、Pontaポイントが獲得できる。

au PAYプリペイドカードのメリット・デメリット・注意点は、以下の通りです。

メリットPontaポイントを獲得できる
デメリット Mastercardからしかチャージできない
3dsecure未対応
ICチップ未搭載
注意点Mastercardからしかチャージできない

au PAYプリペイドカードは、他のカードへチャージするたびにPontaポイントが0.5%還元されます。Pontaは使える店が多いのでポイントとして使い勝手がよく、ほぼ現金のような使い方ができるので、ぜひとも獲得しておきたい共通ポイントです。

つまり、Pontaポイントを獲得するために、au PAYプリペイドカードをフローの間に挟むのです。

ただし、au PAYプリペイドカードへはMastercardからしかチャージできないのが、デメリットでもあり注意点でもあります。「au PAYプリペイドカードには独特のクセがある」といわれるゆえんかもしれません。

この特性を踏まえた上で、前段階で楽天銀行デビットカードはMastercardブランドにしておかなければならないのです。

au PAYプリペイドカードはセキュリティーに若干の不安が残る上、タッチ決済できないのもデメリット。このデメリットを、Revolutで解消しましょう。

Revolutをフローの最後に持ってくる理由

Revolutはカードとしての汎用性が高く、セキュリティーシステムが強固。

ポイントの多重取りを行う際、フローの最後(決済の最終局面)には、汎用性とセキュリティーシステムに優れたカードを持っている方が望ましいはずです。
なぜ、そのように言えるのか。逆のシチュエーションをイメージすると、分かりやすいかもしれません。

ポイントをチャージした先のカードが、一部の店舗でしか使えなければ、チャージしても不便で仕方がありません。日常的に使用するカードのセキュリティーに穴があれば、安心して使えないでしょう。

Revolutは実質的にはプリペイドカードですが、実際にはデビットカードとして扱われるため、VISA加盟店ならほぼ使えます。VISAタッチもOK。
コンビニエンスストアで買い物したりガソリンを入れたりといった、日常的な場面で手軽に使えるので、使い勝手がよいのです。

Revolutのセキュリティーシステムは非常に固く、3Dセキュア(※1)に対応しているのはもちろん、GPSによる不正使用防止機能も付いています。

つまり、Revolutは汎用性と安全性を同時に満たす、最終決済に向いているカードなのです。

最終決済に向いているRevolutの前に、楽天銀行デビットカードとau PAYプリペイドカードを使用し、その過程で取れるポイントは全て取ってしまう。これこそが、このチャージフローの目的(真意)です。

カードを複数所有するなら、全てのカードを効果的に連携させて、無駄なく活用した方がお得でしょう。

※1. : 4大ブランドが推奨する本人認証サービスの総称。「VISA(VISAVisa Secure)」「Mastercard(SecureCode)」「JCB(J/Secure)」「AMEX(American Express SafeKey)」

ポイントを最大限まで獲得するコツとは?

ポイントを最大限まで獲得するためには、au PAYプリペイドカードを上手に使いこなすことが重要です。au PAYプリペイドカードが持つ、独特のクセを理解し上手に活用すれば、ポイントをより効果的に獲得できるでしょう。

チャージする時に取りこぼさない

au PAYプリペイドカードからRevolutへは、2,000円以上から200円の倍数でチャージする。

au PAYプリペイドカードは、200円で1ポイント還元されます。200円の倍数でRevolutにチャージすれば、ポイントの取りこぼしを防げるでしょう。Revolut側の仕様により、Revolutへのチャージは2,000円以上から1円単位で可能です。

つまりau PAYプリペイドカードからRevolutへは、2,200円、2,400円、2,600円……といった具合にチャージすると、取りこぼしを防げるでしょう。

キャンペーン期間を狙い打ちする

au PAYプリペイドカードのキャンペーン期間中に、大きな金額をチャージする。

au PAYプリペイドカードは、ポイント還元率が大幅に上昇するキャンペーンを、年に数回実施します。普段は200円の倍数で、必要な分だけこまめにチャージしながら、キャンペーン期間中に大きな金額をチャージするのが、現実的かつ効果的なチャージ方法でしょう。

普段は1万円ずつチャージして、キャンペーン期間中に5万円チャージすると、効果的で管理しやすいかもしれません。しかしあくまで一例なので、懐具合と相談して無理のない範囲で、2,000円以上かつ200円の倍数になるようチャージしてください。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

事前審査結果が最短10秒
SMBCモビット
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短30分※₁
融資速度即日融資※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by 三井住友カード株式会社
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • SMBCグループの
    SMBCモビットなので安心感抜群
  • 事前審査結果が最短10秒!
    自動契約機で土日も融資可能
  • パート、アルバイトでも
    安定した収入があればOK
  • WEB完結申込みなら、電話連絡なし・郵送物なし

※₁申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※融資限度額に関わらずSMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

最短3分融資も可。WEB完結でバレない
プロミス
実質年率4.5%~17.8%
最高限度額1万~500万円
審査時間最短3分
融資速度最短3分
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 30日無利息サービス実施中!
  • インターネットでお申し込み後、
    最短3分で融資も可能
  • プロミスコールでオペレーターが
    疑問に答えてくれる
  • 原則、電話による在籍確認なし

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

融資残高、口座数と共に業界ナンバー1
アコム
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額1万~800万円
審査時間最短20分※₁
融資速度最短20分※₂
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by アコム㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • 融資残高、口座数と共に業界ナンバー1!
  • WEB契約可能!
    最短20分の審査と即日振込も可能!
  • HPの「3秒診断」で、
    融資の可否を事前シミュレーションできる!
  • 原則、電話による在籍確認なし

※₁夜間のお申し込みですと審査回答が翌日となる場合がございます。
※₂お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
借入のすべてでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事