みんなの銀行「カバー」の審査はブラックでも通る?ブラックでも借りれる?

当記事にはPRが含まれています
「借入のすべて」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アイフル株式会社、アコム株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行(カードローン)、住信SBIネット銀行株式会社、AGビジネスサポート株式会社、株式会社NTTドコモから委託を受け広告収益を得て運営しております。

「ブラックリストだけど、みんなの銀行プレミアム会員向けサービスのカバーを利用できるのだろうか」
「ブラックリストでも審査に通過できる方法があれば知りたい」

みんなの銀行は、信用情報機関の加盟会員です。これまでに借金の返済トラブルを起こしていると、ブラックリストの状態になっていて審査に通過しない可能性が高いでしょう。

これは消費者金融カードローンも同じです。

こうなると、金融事故の情報(ブラックリスト)が消えるタイミング(5年〜10年程度)を待つ必要があります。

情報が消えたのを確認できれば金融商品に通過する可能性があるため、申し込みしてみるといいでしょう。

即日OK!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%
即日融資
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

当記事では、ブラックリストの詳細をはじめ、どんな人がブラックリストなのか、ブラックリストを理由にカバーの審査に通過できない時の対処法を解説します。

下記ページではみんなの銀行のカバーの審査に落ちる人の特徴や、審査時間はどのくらいかかるのかを解説しています。ぜひ合わせて参考にしてください。
>>> みんなの銀行のカバー瞬殺|審査落ちする人の特徴

みんなの銀行「カバー」はブラックリストに載った状態では利用できない

ブラックリストに載った状態では、返済能力や信用力の不足を理由にカバーの審査通過が難しいです。借金の返済トラブルは、信用情報機関に登録。他社で起こした返済トラブルだったとしても、カバーの審査を行った際にバレるのを避けられません。

みんなの銀行が加盟する信用情報機関に、返済トラブルの情報などが管理・登録されています。しかし、登録された情報の一部を国内に3つある信用情報機関がCRIN(クリン)というシステムで共有しているからです。

参考元:信用情報の交流|信用情報とは|指定信用情報機関のCIC

みんなの銀行が加盟する(加盟予定)の信用情報機関

みんなの銀行が加盟する(加盟予定)の信用情報機関は以下の通りです。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)

参考元:みんなの銀行口座利用規約|みんなの銀行|デジタル銀行で価値あるつながりを

ブラックリストとは金融事故を起こした状態を意味する

ブラックリストと耳にする機会があるかもしれませんが、ブラックリストというリスト自体が存在するわけではありません。ブラックリストとは、信用情報機関に返済トラブルの記録がある状態です。

返済トラブルは、信用情報機関で金融事故として取り扱われます。銀行や消費者金融などでお金を借りた際に、返済が遅れたり、返済不能に陥ったりすると信用情報機関に異動情報として登録されることを意味します。

異動情報となる内容は以下の通りです。

  • 延滞:返済期日までに返済が行われなかった状態。61日以上または3ヶ月以上経過すると異動情報として登録される
  • 債務整理:任意整理、個人再生、自己破産を行った状態
  • 代弁返済:契約者が返済不能になった場合、保証会社または保証人が代理返済を行った状態
  • 強制解約:規約違反などで契約者の信用が著しく低下して、強制解約になった状態

ほとんどが延滞や債務整理などに関わる内容です。そのため、毎月の返済をしっかりと行っていれば、基本的に異動情報は登録されません。

信用情報機関別!ブラックリストに載っているか確認する方法

異動情報が登録されているかどうかは、各信用情報機関で本人開示手続きをすれば確認できます。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

全国銀行個人信用情報センターは、郵送で本人開示手続きを行えます。
開示報告書が自宅に郵送(本人限定受取郵便または簡易書留)されるのは、通常1週間から10日程度です。以下の本人開示手続きに必要なものをそろえて、全国銀行個人信用情報センターへ郵送してください。

【KSC:本人開示手続きに必要なもの】

  • 登録情報開示申込書(参考PDF)
  • 本人開示手続き利用券または1,000円分の定額小為替証書(有効期限は発行日から6ヶ月)
  • 本人確認資料を2通:運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、住民基本台帳カード、個人番号カード(マイナンバーカード)、在留カードまたは特別永住者証明書、各種健康保険証、公的年金手帳(証書)、各種障がい者手帳(証書)、戸籍謄本または抄本、住民票(個人番号の記載のないもの)、印鑑登録証明書
    ※2種類のうち1種類は現住所を確認できるものを提出

参考元:本人開示の手続き | 全国銀行個人信用情報センター | 一般社団法人 全国銀行協会

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

株式会社シー・アイ・シーでは、以下の方法で本人開示手続きを行えます。

本人開示手続きの方法手数料本人開示手続きにかかる時間
インターネット1,000円画面上で開示報告書を即時に確認
郵送1,000円10日前後
窓口500円本人なら即日
【CIC:本人開示手続きに必要なもの】

  • クレジットカード(インターネットで本人開示手続きをする場合)
  • 本人確認書類(運転免許証または運転経歴証明書、マイナンバーカード(個人番号カード)、パスポート、各種健康保険証、写真付住民基本台帳カード、各種年金手帳、各種障がい者手帳、在留カードまたは特別永住者証明書、住民票、戸籍謄本または戸籍抄本、印鑑登録証明書など
  • 手数料1,000円分の定額小為替証書(郵送で本人開示手続きをする場合)
  • 現金500円(窓口で本人開示手続きをする場合)

参考元:情報開示とは|指定信用情報機関のCIC

株式会社日本信用情報機構(JICC)

株式会社日本信用情報機構では、以下の方法で本人開示手続きを行えます。

本人開示手続きの方法手数料本人開示手続きにかかる時間
スマートフォン1,000円郵送で10日前後
郵送1,000円郵送で10日前後
窓口(2022年3月現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、窓口での本人開示手続きを休止中)500円本人なら即日
【JICC:本人開示手続きに必要なもの】

  • 本人確認書類(運転免許証または運転経歴証明書、マイナンバーカード(個人番号カード)、パスポート、各種健康保険証、写真付住民基本台帳カード、各種年金手帳、各種障がい者手帳、在留カードまたは特別永住者証明書、住民票、戸籍謄本または戸籍抄本、印鑑登録証明書など
  • 開示手数料(クレジットカードや定額小為替証書、現金)

参考元:信用情報の確認 |日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関

ブラックリストに載った情報は消せない

一度ブラックリストに載った登録情報は消せません。
「身に覚えのない情報登録があった」「信用情報の登録内容が事実と異なる」といった場合は、情報の登録元会社に連絡してください。登録内容の調査を行った結果、事実と異なれば登録元会社によって信用情報の訂正が可能です

参考元:調査依頼について |日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関

ブラックリストでみんなの銀行「カバー」を利用できない場合の対処法

ブラックリストに載ってしまい、カバーの審査に通過しない時の対処法は以下の通りです

  • 信用情報機関から金融事故の情報が消えるタイミングを待つ
  • 後払い決済サービスを利用する
  • 家族が本会員のクレジットカードの家族カードを発行する
  • 公的融資を利用する
  • 債務整理を考える

それぞれについて解説します。

信用情報機関から金融事故の情報が消えるタイミングを待つ

金融事故の情報は、一定期間が経過すれば信用情報機関から削除されます。その後なら、カバーをはじめ、他の金融商品の審査に通過する可能性があります。
本人開示手続きをして、確かに信用情報機関から金融事故の情報が削除されたのを確認したら、申し込みを行ってみるとよいでしょう

ただし、信用情報機関から金融事故の情報が削除されただけでは、審査に通過できるか分かりません。継続安定した収入がないような人は、引き続き審査通過が難しいです。

金融事故の情報が保存される期間は、以下の図表を参考にしてください

【返済遅延による登録期間】

返済遅延の種類株式会社シー・アイ・シー(CIC)株式会社日本信用情報機構(JICC)全国銀行個人信用情報センター(KSC)
61日以上延滞5年1年5年
3ヶ月以上連続延滞5年5年5年

【債務整理を行ったことによる登録期間】

債務整理の種類株式会社シー・アイ・シー(CIC)株式会社日本信用情報機構(JICC)全国銀行個人信用情報センター(KSC)
自己破産5年5年10年
任意整理5年5年
個人再生5年10年

参考元:
CICが保有する信用情報|信用情報とは|指定信用情報機関のCIC
登録内容と登録期間 |日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関
センターの概要 | 全国銀行個人信用情報センター | 一般社団法人 全国銀行協会

後払い決済サービスを利用する

ネットショッピングの支払い方法に限定されますが、後払い決済サービスを利用する方法があります。後払い決済サービスは、信用情報機関に利用者の情報を照会しないケースが多いため、ブラックリストの人でも利用できる可能性が高いです

全てのネットショップで選べる支払い方法ではありませんが、利用するショップが後払い決済サービスを選べるようなら、ぜひ選択してください。

家族が本会員のクレジットカードの家族カードを発行してもらう

配偶者や親などの家族がクレジットカードを持っている人は、家族カードを発行してもらってください。家族カードなら、家族カードを持つ人に対する審査を行いません。審査対象は本会員なので、ブラックリストの人でも保有可能です。

公的融資の利用

緊急小口資金や総合支援資金といった公的融資を利用すれば、条件次第で保証人不要・利息負担なしでお金を借りられます。市区町村役所の社会福祉協議会や自立相談支援機関が受付窓口なので、相談予約をした上で手続きをしましょう。

支払遅延を解消できない場合は債務整理を考えるのも方法の一つ

カバーは他のカードローンなどと比べたら、審査通過難易度は低めの傾向です。カバーの審査に落ちたら、債務整理を考える一つのタイミングなのかもしれません。
選ぶ方法によって異なりますが、債務整理を行えば借金の減額や返済期間の調整、借金の全てを免除してもらえます。

債務整理の方法と特徴は、以下の図表を参考にしてください。

債務整理の方法特徴
任意整理 債権者と交渉して借金を無理なく返済できるようにする手続き
・将来利息をカットして、返済期間を3〜5年で完済できるようにする
・毎月の返済額の見直し
・借金を正しい金利で計算し、過払い金が発生していれば減額が可能
個人再生 ・裁判所に再生計画の認可決定を受けて、借金を大幅に減額する手続き
・原則として債務が5分の1に減額
・減額された借金を3~5年かけて返済し、残りの借金は免除してもらう
自己破産 ・多額の借金を抱えて返済が難しい場合、裁判所に申請して借金の返済義務を全額免除してもらう手続き
・一定期間は就けない職業があったり、官報という国が発行する機関紙に住所・氏名・事件番号などの情報が掲載される
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

最短3分融資も可。WEB完結でバレない
プロミス
実質年率4.5%~17.8%
最高限度額1万~500万円
審査時間最短3分
融資速度最短3分
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 30日無利息サービス実施中!
  • インターネットでお申し込み後、
    最短3分で融資も可能
  • プロミスコールでオペレーターが
    疑問に答えてくれる
  • 原則、電話による在籍確認なし

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事