在籍確認をするタイミングは?連絡あれば審査通過は確実?

これからカードローンへ申し込むに当たって「会社への在籍確認のタイミングはいつだろう」と気にする方もいるのではないでしょうか。

カードローン申し込み後に行う申込者の信用情報の照会で、内容に問題がなければ在籍確認を実施します。信用情報の内容に問題があった場合、在籍確認を実施せず審査に落ちた旨の通知が届くだけです。

在籍確認が実施された場合、審査通過の可能性は高いものの、確実ではありません。「この申込者となら契約してもいい」「融資契約の前に在籍確認を通して申込者の勤務実態を確認したい」といった状態です。在籍確認を実施した結果、審査に落ちる可能性もあります。

今回は、在籍確認を実施する理由をはじめ、どのタイミングで実施するのかについて解説します。その他に、在籍確認の電話がかかってこないケースとその理由、在籍確認で審査に落ちる原因をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

「会社や家族に内緒でお金を借りたい」という方は、以下のカードローンがおすすめです。まずは公式サイトを確認してみてください。

会社や家族に内緒で借りたい人向け

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

申込者の返済能力を確認するために在籍確認を実施

申込時に登録した勤務先情報が正しいかどうかを確認するために、在籍確認を実施します。働いて給料(収入)を得ていれば、借りたお金を返せる(返済能力がある)と判断できるからです。

働いていない相手にお金を貸したり、申込時に登録した勤務先情報が間違っていたりしたら、返済が滞って踏み倒されるリスクが高まります。要するに、お金を貸した側が貸し倒れを発生させないために、在籍確認を通して申込者の勤務実態を確認しているのです。

審査を進める際に在籍確認を避けられない

カードローンの審査を進めるなかで、在籍確認を避けられません。在籍確認をしなければ、カードローンの利用条件である「安定した収入のある人」かどうかを判断できないのです。

在籍確認は、一般的に申込者の勤務先へ審査担当者が電話をかけて行います。電話に出た申込者本人、または勤務先の同僚などから、申込者の勤務実態を確認できれば在籍確認は完了し、所要時間は1~2分程度です。

在籍確認の電話は「申込者本人が電話に出た場合」「申込者に電話を取り次いでもらう場合」「申込者本人不在の場合」の3つのパターンのいずれかで進行します。

【申込者本人が電話に出た場合】

申込者「◯◯株式会社でございます」
審査担当者「◯◯(審査担当者の個人名)と申しますが、◯◯様(申込者)はいらっしゃいますか?」
申込者「私が◯◯です」
審査担当者「失礼いたしました。あらためて株式会社◯◯(カードローン会社)の〇〇と申します。これで在籍確認は終了です。今後の手続きについては別途連絡いたしますので、もう少々お待ちください」
―完了―

【申込者に電話を取り次いでもらう場合】

勤務先の同僚「◯◯株式会社でございます」
審査担当者「山田と申しますが〇〇様はいらっしゃいますでしょうか」
勤務先の同僚「少々お待ちください」
―取次―
申込者「お電話代わりました。〇〇です」
審査担当者「株式会社◯◯の〇〇と申します。申し込みいただきましたカードローン契約の手続きの件で連絡させていただきました。これで在籍確認は終了です。今後の手続きについては別途連絡いたしますので、もう少々お待ちください」
―完了―

【申込者本人不在の場合】

勤務先の同僚「◯◯株式会社でございます」
審査担当者「〇〇と申しますが、〇〇様はいらっしゃいますか?」
勤務先の同僚「申し訳ございません、〇〇は席を外しています。折り返すよう伝えましょうか?」
担当者「いえ、本人に伝えるので結構です。失礼しました」
―完了―

このように、申込者本人が不在で電話に出られなくても、在籍確認は完了します。

在籍確認の電話内容そのものはシンプルです。それでも「勤務先に電話がかかってくるのは困る」という方もいるのではないでしょうか。在籍確認そのものを避けられませんが、電話連絡ではなく必要書類の提出で対応してもらえる可能性はあります

電話連絡以外の方法で対応できるかどうか、どんな書類が必要なのかは、カードローン会社によって異なります。在籍確認の実施方法を確認した上で、実際に申し込むカードローンを決めてください。

会社や家族に内緒で借りたい人向け

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

在籍確認の他に重要な連絡として、申込者への本人確認の電話連絡をすることも珍しくありません。下記ページではその電話に出られなかった時の対処法を解説しています。ぜひ参考にしてください。
>>>ローン審査で本人確認の電話に出れなかったらどうすればいいのか

在籍確認を実施するタイミングは審査の最終段階

審査の最終段階に入ると、在籍確認を実施します。その時点で、申込内容の確認や申込者の信用情報の照会は完了した状態です。

申込手続きから在籍確認、借り入れ開始までの流れは、以下を参考にしてください。

  1. 申込手続き:申し込みフォームへの入力、自動契約機や店舗、電話で手続き
  2. 申込意思の確認:電話やメールで申込の確認の連絡
  3. 申込者の信用情報の確認
  4. 本人確認書類など必要書類の提出
  5. 在籍確認
  6. 融資契約手続き
  7. 借り入れ開始

※カードローン会社によって流れが前後する場合あり

在籍確認の連絡があれば審査通過の可能性は高い

勤務先に在籍確認の電話がかかってきたら「審査通過の可能性が高い」と判断していいでしょう。審査に落ちた場合、融資契約が成立しない=返済義務が発生しません。そのため、申込者の返済能力や勤務実態を確認する必要がないのです。

在籍確認を実施するタイミングは、本人確認書類などの必要書類を提出した後です。ただし、在籍確認の連絡があっても、確実に審査通過したわけではありません。在籍確認で申込者の勤務実態を確認できなければ、審査に落ちるケースもあるため注意しましょう。

在籍確認を実施する時間帯

どのカードローン会社も「在籍確認を何時に行う」といった確実な情報を公開していません。ただし「最短即日融資に対応」「審査時間30分」といった消費者金融カードローンは、申込手続き後すぐに在籍確認を実施する可能性が高いです。

在籍確認をいつ実施するか気になる場合は事前に確認

在籍確認をいつ実施するか気になる場合、事前に実施時間の目安を確認してください。カードローン会社のお客さま専用ダイヤル(フリーダイヤル)に問い合わせて確認できます。
または、在籍確認の電話をかけてほしい時間を指定してもいいでしょう。申込者の希望に沿った対応をしてもらえる可能性が高いです。

一部の消費者金融カードローンは必要書類の提出で対応

一部の消費者金融カードローンは、電話ではなく必要書類の提出で在籍確認を行っています。そのなかでも、SMBCモビットのWeb完結は「電話連絡なし・郵送物の発送なし」が大きな特徴です。
以下の条件さえクリアできれば、申込者の勤務実態を確認するための電話連絡を実施しません

【SMBCモビットのWeb完結の利用条件】

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに本人名義の口座がある
  • 社名入りの全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)か組合保険証を持っている

SMBCモビット以外にも、以下のように電話による在籍確認を実施しない消費者金融カードローンはあります。

  • アイフル:原則として、申込時に自宅や勤務先へ電話連絡をしない
  • レイクALSA:電話連絡が難しい場合、書類提出で代替の確認とする相談を承っている

在籍確認の電話連絡を避けたいなら、必要書類の提出で在籍確認を行ってくれる消費者金融カードローンに絞って申し込むのがおすすめです。

在籍確認の電話がかかってこないケースと理由

原則として在籍確認の方法は申込者の勤務先への電話連絡です。しかし、在籍確認の電話がかかってこないケースも一定数存在します。

在籍確認の電話がかかってこないケースと理由は、以下の通りです。

  • 会社の方針で電話をかけない場合がある
  • 利用限度額の増額審査だった
  • 信用情報機関の登録情報で在籍を確認できた

それぞれの内容について、確認しておきましょう。

会社の方針で電話をかけない場合がある

カードローン会社の方針によって、在籍確認の電話をかけない場合があります。消費者金融カードローンのSMBCモビットやアイフルが該当し、公式サイトでも電話連絡をしない旨を明言。在籍確認も同様に電話連絡をせずに、別の方法で実施します。

利用限度額の増額審査だった

同じカードローン会社の利用限度額の増額で、これまでに返済が遅れたり、支払っていない借金がなかったりすれば在籍確認不要と判断。利用実績を考慮して、在籍確認を省略する可能性が高いです

信用情報機関の登録情報で在籍を確認できた

カードローンを契約したり、クレジットカードを作成したりすると、信用情報機関に利用履歴として登録されます。その他に、契約者の氏名や勤務先、勤務先電話番号なども信用情報機関に登録される情報です。

そこで、信用情報機関の登録された勤務先情報と、申込時の勤務先情報が同一な場合、勤務実態の証明となって在籍確認が完了するケースがあります。必ずしもそうなるわけではありませんが、可能性の一つとして考えてください。

在籍確認で審査に落ちる4つの原因

在籍確認が完了しなければ、審査に落ちる可能性を高めるだけです。以下に該当する場合、在籍確認が完了しないため注意してください。

  • 申込者の在籍を把握していない人が電話に出た
  • 勤務先に電話をかけても誰も出なかった
  • 勤務先の方針で在籍確認が完了しなかった
  • 勤務先情報に虚偽や間違いがあった

在籍確認を実施するのは審査通過が間近な状態です。せっかくの審査通過の可能性を逃さないように、内容をチェックしておきましょう

申込者の在籍を把握していない人が電話に出た

電話に出た人が申込者の名前を把握していない場合、勤務実態を確認できず在籍確認が完了しません。特に大企業や派遣会社で多く見られるケースといえるでしょう。

この場合「申込時に自分の所属部署などのつながりやすい電話番号を申告する」「派遣会社なら派遣元に相談しておく」などの方法で対処してください

勤務先に電話をかけても誰も出なかった

「勤務先や所属部署に電話を受ける人がいない」「勤務先が休日で人がいない」といった電話がつながらない状態では、在籍確認ができません。
「誰かしらが電話に出られる番号を申告する」「電話のつながりやすい時間帯にかけてもらう」「勤務先の休業日がある場合は伝えておく」などの対応をしておきましょう。

携帯電話へ転送された場合は在籍確認と見なされない

従業員が少ない会社では、不在電話を代表者個人の携帯電話に転送するケースがあります。
しかし、勤務先への電話が携帯電話に転送されたとしても、在籍確認として認められません。個人の携帯電話では、申込者が申告した勤務先で働いているかどうかの確認にならないからです。

勤務先の方針で在籍確認が完了しなかった

在籍確認の電話は、カードローン会社名ではなく「審査担当者の個人名」でかかってくるのが一般的。そのため会社などでは、個人情報保護の観点から電話を取り次がないケースも少なくありません。

しかしカードローン会社は、申込者のプライバシー対策にも力を入れています。申込者の勤務先に電話をかける際にカードローン会社名を名乗ったり、借り入れの審査の件を伝えたりしないので安心してください。

勤務先が個人情報の管理に厳しい場合、事前に電話を受けそうな同僚に自分宛ての電話がかかってくる旨を伝えておくといいでしょう

私用電話や営業の電話と判断されやすい

聞いたことがないような名前、知らない相手からの電話は、私用電話や営業の電話だと判断される場合があります。特に従業員数が少なかったり、電話をかけてくる相手が限定的だったりする場合は注意が必要です。

「知らない相手からの電話を受けたら、その後も営業の電話がかかってきた」といった話はよくあります。私用電話や営業の電話を避けるために「明らかに仕事が目的ではない相手からの電話は取り次がない」といった対策を取る会社も存在します。

勤務先情報に虚偽や間違いがあった

申込手続きの際に申告した電話番号が間違っている場合、在籍確認が完了しません。このような場合、審査担当者から申込者に連絡が入って再度在籍確認を実施します。確実に在籍確認が可能な電話番号を正しく伝えてください

なお、虚偽の電話番号を伝えると、そのまま審査に落ちます
勤務先などの重要情報の虚偽申告が発覚すると、カードローン会社のデータベースに「虚偽報告者」として登録される可能性が大きいでしょう。そうなった場合、社内ブラック扱いとなって今後の審査通過が難しいです。

休職中の勤務先は認められない可能性がある

休職中にカードローンへ申し込んだ場合、申込者は勤務先に出勤していない状態です。
審査担当者が在籍確認の電話をかけた際に、勤務先の同僚が「〇〇(申込者)は休職中です」と答えた場合、審査に落ちる可能性があります。休職中=収入を得ていない状態、と判断される可能性が少なからずあるからです。

休職を知らない人が電話に出る、電話に出た人が勘違いをして「そのような人はいません」と答えてしまうケースもあるでしょう。そうなると、審査通過は難しいと言わざるを得ません。

復帰予定がある休職中の人がカードローンに申し込んだら、勤務先へ連絡をして「在籍確認の電話が入るので対応をお願いします」と正直に伝えてください

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事