ブラックでもすぐに2万円決済ができる後払いアプリ

「金融ブラックでも後払いができるアプリはない?」という疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、金融ブラックだとしても後払いアプリを使うことができます

今回はブラックでもすぐに2万円決済ができる後払いアプリや、どうしても現金が必要な場合の解決方法などについて詳しくご紹介します。

下記ページでは、信用情報に不安を抱える方向けに「審査なしの後払いアプリ」について情報をまとめています。ぜひ合わせてご覧ください。
>>>ブラックリストでもOK!審査なしの後払い アプリ

QUICPayなら利用限度額が2万円!

QUICPay(クイックペイ)とは、スマホなどの端末やカードを店頭などでかざすだけで決済ができる後払い式の電子マネー。コンビニエンスストアや飲食店などの町中の店舗でも利用することができ、クレジットカードのように後から請求がきて、支払いをする決済方法です。

QUICPayであれば、1回の支払いにつき利用限度額が2万円に設定されており、上限金額以内であれば何度でも決済に使うことができます。

しかし、QUICPayで後払い決済を利用する場合は、クレジットカードにひもづける必要があるため、そもそもクレジットカードを持っていない人は利用できません

一方でQUICPay+はApple PayやGoogle Pay支払い、デビットカードなどとひもづけることで決済が可能となり、QUICPayのように上限金額が決められていない点が特徴です。

その他すぐに使える後払いアプリ5選

QUICPay以外に、すぐに使える後払いアプリを5つご紹介します。

PaidyPaidy

PaidyPaidy(ペイディ)はクレジットカードや事前登録が不要で、メールアドレスと電話番号だけで買い物ができ、支払いはまとめて翌月10日までに支払えばOKです。

Paidyは審査はあるものの、金融ブラックの人でも利用可能。後払い決済ができるため、クレジットカードのような感覚で使うこともできます

分割払いにも対応しているため、「今現在手元に現金がないけれど、どうしても欲しいものがある」という場合にも便利なサービスです(信用情報の審査があるケースが多いので注意)。

メルペイ

メルペイは、大手フリマアプリであるメルカリのアプリを通じた決済方法です。現金をチャージするだけではなく、メルカリで得た売上金をチャージして使うことができるため、自宅にある不用品をメルカリで売れば、すぐに売上金を利用できます。

コンビニエンスストアや飲食店、ドラッグストアなどの全国のお店で使うことができ、一部のネットショップでも利用可能です。決済に必要なのはメルカリアプリだけなので、いつでもどこでも手続きができる点が特徴です。

VANDLE CARDVANDLE CARD

VANDLE CARDVANDLE CARD(バンドルカード)はVisaカードアプリとして、Visa加盟店などでも使えるプリペイドカードです。クレジットカードではないため働いていない未成年でもカードを発行することができ、アプリだけで決済が可能です。

審査も年齢制限もなく、金融ブラックの人でも利用でき、一部のクレジットカードのように入会金や年会費なども一切かかりません。若い人を中心に利用者が増えています

今手元にお金がなくてもアプリで金額を入力するだけで即座にチャージされ、翌月末にまとめて支払うことができるため、非常に便利なサービスです。

atone

atone(アトネ)は街中の店頭やネットショップなどで決済でき、カードの登録やチャージがいらず、メールアドレスとSMSの認証だけで簡単に誰でも利用できます。決済した金額はまとめて翌月に支払えば問題ないため、今現在手元に現金がない場合でも買い物ができます。

atoneで決済した分の利用金額200円で1ポイント(1円相当)がたまり、買い物をすればするほどお得です。atoneは与信審査はあるものの、信用情報を用いるわけではないので、金融ブラックの人でも利用できるおすすめの後払いアプリです

携帯キャリアでまとめて後払いもできる

後払いアプリを利用しなくても、携帯キャリアでまとめて後払いができます。毎月の携帯料金と合算して支払いができるため、今現在手元に現金がなくても、後払い決済が可能です。

携帯電話会社で、まとめて後払いできるキャリア決済をまとめました。

利用可能額 支払手数料 支払日
ドコモ(d払い) 10万円まで 無料 次回の電話料金支払日
ソフトバンク (ソフトバンクまとめて支払い) 10万円まで 無料 次回の電話料金支払日
au (auかんたん決済) 10万円まで 無料 次回の電話料金支払日

ドコモやソフトバンク、auなどの大手携帯電話キャリアでは、毎月の携帯代と合わせて毎月10万円までであれば、後払いが可能です。ドコモやソフトバンク、auなどのキャリア決済はコンビニエンスストアや飲食店、ドラッグストアなどでも利用できるため、非常に便利で使い勝手が良いでしょう。

しかし、キャリア決済で利用した請求額が支払えない場合、ただ支払いができないだけではなく、自分の使用している端末も使用できなくなり、最悪の場合強制解約となってしまう恐れがあるため、注意が必要です。

携帯電話会社だけに限ったことではありませんが、まとめて後払いできるサービスでは自分がしっかり払える額を設定して、それ以上使わないように注意してください。

後払いアプリでの現金化は要注意

今すぐ手元に現金が欲しい場合、クレジットカードの現金化をする人も多いですが、実は後払いアプリでも現金化は可能です。

ただし、「金融ブラック歓迎」「即日現金化」などの誘い文句で利用者を集客している業者の中には、ヤミ金が潜んでいる可能性が高いため、注意が必要です。

後払いアプリを現金化すること自体は法律違反にはなりませんが、金融庁からも注意喚起しています。怪しい業者にだまされないようにしてください。

違法なヤミ金融業者には、以下のような特徴があります。

  • 形式的には後払いによる商品売買だが、商品代金の支払いに先立ち、商品の購入者が金銭を受け取る。
  • 商品価値と販売価格が必ずしも見合っておらず、顧客も商品を購入することを目的としていない。
  • キャッシュバックやレビュー報酬名目や提携した買取業者が、当該商品を買い取ることにより金銭が支払われることが多い。
  • 給料日などに商品代金を支払うことになり、その商品代金と先に受け取った金銭との差額が高額。

参考元: 「今すぐ現金」「手軽に現金」に注意ください!:金融庁

どうしても現金が必要ならカードローンで即解決

今回はブラックでもすぐに2万円決済ができる後払いアプリや、どうしても現金が必要な場合の解決方法などについて詳しく紹介しました。こちらの記事を読んでいる人は、今すぐにどうしても現金が必要な人が多いでしょう。

便利な後払いアプリは、店頭やネット通販などで決済できますが、現金としてどこでも使えるわけではありません。現金でしか支払えないことも多く、その場合は便利な後払いアプリでも支払うことができないでしょう。

今すぐに現金が必要であれば、カードローンを利用することで最短即日で手に入れることができます。

後払いアプリを現金化する際は違法なヤミ金融業者などにだまされてしまう可能性がありますが、カードローンであればそんな心配はありません。カードローンの中には融資までの時間が最短30分以内のところもあり、あなたの悩みをすぐに解説できることでしょう。

 

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事