メガロスを退会するときの費用はどのくらい?やめるときの注意点

 5.0  (3)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (3)

この記事を評価する

決定

メガロスに様々な理由があり、途中で退会しなければならないことがあるでしょう。

しかし、ネットの口コミを確認すると、メガロスを退会するときには、注意しなければ費用が多めにかかってしまうというものがあります。

今回はメガロスの退会になぜ費用がかかるのか、退会費用を安くするための方法や注意点を解説します。

メガロスの退会は条件が厳しいのか

ネットの口コミを確認すると、「メガロスを退会するときに思っていたよりも費用を多く払ってしまった」や「当月中に退会する条件が厳しい」、といったものが見られました。

どのような点で、メガロスの退会の条件が厳しいと言われているのか、具体的に確認していきましょう。

10日以降の退会は翌月の支払いが必要

メガロスの退会はいつでも受付をしていますが、実は10日以降の退会の手続を行うと翌月の月会費を支払わなければならないのです。

例えば、12月10日に退会手続きを行えば、月会費の支払は12月分までで済みますが、12月11日に行うと、1月の月会費も支払わなければなりません。

しかも、退会手続きを行った時点で、基本的にはジムに通うことができないため、1ヶ月分の会費を無駄にします

もしも、ジムの会費を無駄にしたくなければ10日までに、急いで退会手続きを行う必要があるのです。

ちなみに、メガロスは毎週金曜日や夏季、年末年始などに定休日を設けていますが、10日が定休日に当たる場合、9日が会費切替えの締切日となるので気を付けてください。

電話での退会は受け付けていない

メガロスの退会の条件が厳しい理由には、もうひとつ電話での退会を受け付けていないということも関係しています。

退会を行いたい場合には、必ず店舗に行き退会の書類を届け出なければ、退会は受理されず会費を支払わなければなりません。

電話以外にも、ネットでの退会や郵送での退会にも対応していないため、遠方に引越しなどを行うときには、必ず現住所を離れる前に退会の手続きを行うようにしましょう。

スクールの場合はそもそも退会できないことも

通常の会員ではなく、メガロスのスクールに通っている場合には、途中退会が認められないケースがあります

このような場合には、途中で通うことを辞めても、スクールの最終日までの、会費の支払いが必要です。

他にもパーソナルプログラムコースなども、支払いが一括で行われるため途中退会ができないので気を付けましょう。

メガロスに休会制度は存在するのか

メガロスの退会は早めに行わなわなければ、費用が余分にかかってしまうことを説明しましたが、ケガなどが原因で1~2ヶ月休みたい場合には、休会はできるのでしょうか。

いざというときに備えて、メガロスの休会制度について詳しく確認していきましょう。

手数料を支払うことで休会可能

メガロスには休会制度が設けられているため、手数料を支払うことで休会を行うことが可能です。

例えば、交通事故にあって全治2ヶ月のケガを負ってしまった場合、メガロスに申し込みを行うことで、休会扱いにして2ヶ月分の会費の支払いを免除してもらえます。

ただし、休会制度を行うためには、コースの種類にかかわらず1ヶ月に2,000円の手数料を支払う必要があります

休会制度の締切日も退会と同じように10日までとなっているため、過ぎてしまうと翌々月からしか休会ができません。

4ヶ月以上の長期間は退会の方が得

メガロスを利用できない期間が、4ヶ月以上の長期間に及ぶ場合には、一度退会をしてしまった方が得になる可能性があります

先ほど紹介した休会制度ですが、連続して利用する場合には3ヶ月までが限度となっているため、4ヶ月目は会費の支払を行わなければなりません。

もしも、4ヶ月目の会費の支払いを行い、また休会を行うのであれば、費用面で考えると退会をしてしまった方がお得です。

メガロスには入会金が必要であるため、一度退会をしてしまうと再び入会金の支払いが必要です。このため、入会金がもったいないと思うこともありますが、退会から半年間に再入会を行えば、入会金の支払いは免除されます。

半年以上の休会の場合も、休会手数料などを考えると入会金を支払った方がお得なので、出張などで4ヶ月以上メガロスに行けないのであれば、退会をしてしまいましょう。

メガロスにキャンペーンで入ったときには退会ができないかも

メガロスは店舗ごとに、「入会金半額」「月会費2ヶ月無料」などの、期間限定キャンペーンを行っています。

しかし、このようなキャンペーンを利用する場合、利用条件によっては退会ができない可能性があるのです。

実際にメガロスのキャンペーンの特記事項を確認してみると、最初にこのような記載がありました。

キャンペーン価格終了後、6ヶ月間のご在籍が条件となります

つまり、このキャンペーンでは、月会費が2ヶ月無料であるため、実際には申し込みから8ヶ月間は退会をすることができません。

もしも、入会から3ヶ月目で辞めたいと思っても、残りの半年間は会費を払い続けなければならないのです。

キャンペーンは長期間ジムに通い続ける人にはお得ですが、短期間で辞めてしまう可能性がある人は、退会がしづらくなるため利用しない方が良いでしょう。

メガロスのクレジットカード作成は必須なのか

メガロスには提携しているクレジットカードに、ジャックスカードがありますが、入会とクレジットカードの作成は関係があるのでしょうか。

ジャックスカードとメガロスの関係性について見ていきましょう。

クレジットカードを作らなければ入会できない

メガロスの入会には原則、提携しているメガロスジャックスカードの作成が必須です。

メガロスの支払いを月ごとに行うときには、支払方法がクレジットカードからの引き落とししかできず、しかも利用できるクレジットカードはジャックスカードのみです。

もしも、クレジットカードの作成をせずに入会を行いたい場合は、月ではなく年会費を支払わなければなりません。

年会費となると、支払金額が10万円以上になることもあるため、準備することが難しいでしょう。

したがって、メガロスの入会を行いたい場合、ほとんどの人がジャックスカードの作成を行うことになります。

退会とカードの解約は別の手続が必要

ジャックスカードの作成をして入会をした場合、退会のときには自動的に解約がされないため注意が必要です。

メガロスの退会手続きでは、会員登録の解約のみでクレジットカードの解約は含まれません。

もしも、クレジットカードをあわせて解約したい場合は、メガロスの窓口で解約の書類をもらうか、自分でクレジットカード会社に解約申請を行う必要があります。

ジャックスカードは完全に利用がない場合には、年会費が必要となるため、利用をしていないときは忘れずに解約をしましょう。

メガロスの気になる会費引き落とし日とは

メガロスの会費引き落とし日は毎月27日と決められています。

もしも、27日が金融機関の休日と重なった場合には、翌営業日が会費引き落とし日です。

引き落とし日に何らかの事情で、引き落としができなかった場合には、ジャックスから振込用紙が送られてくるため、別途振り込みを行うことになります。

メガロスの料金設定とは

メガロスの料金設定は初めて利用するときは、様々なコースがあり良く理解できなかった人も多いのではないでしょうか。

そこで、メガロスの料金設定を表にまとめて詳しく解説します。

全店舗共通の場合

メガロスの料金設定は、全店舗で利用ができるプランは共通の値段となっています。メインの全店舗が利用できるプランは、以下の「メガロスゴールド24」と「メガロスゴールド」のふたつです。

メガロスゴールド241万4,500円メガロス店、メガロスクロス24店(深夜、早朝を含む)、メガロス24全店全営業時間ご利用可能
対象店舗を見る
タオルレンタル付
水素水飲み放題付
※キャンペーン対象外
※別途、セキュリティカード発行手数料2000円(税別)が必要となります。
メガロスゴールド1万3,500円メガロス店、メガロスクロス24店(深夜、早朝を除く)全店利用可能
※メガロス24利用不可
対象店舗を見る
タオルレンタル付
水素水飲み放題付
※キャンペーン対象外

ふたつの違いはメガロス24の利用ができるかと、メガロスクロス24の早朝と深夜の利用ができるかの違いです。

もしも、利用したい店舗がメガロス24である場合や、早朝や深夜の利用も考えているときにはメガロスゴールド24がおすすめです。

店舗ごとの利用料金もあり

上記のふたつ以外にも、店舗独自の料金設定も幾つかあります。

今回はメガロスクロス吉祥寺店の、料金プランを紹介します。

フルタイム1万500円
アンダー277,500円27歳以下の方が対象
アンダー225,000円22歳以下の方が対象
中学生3,500円
デイ8,300円平日・土曜の日中のみ
ウィークデー7,500円平日日中のみ
アフタヌーン5,000円平日昼のみ
ナイト&ホリデー9,500円平日夜と土日祝
ナイト7,500円平日・土曜の夜間のみ
ホリデー7,500円土日祝のみ
アクア8,300円プールのみの利用

24時間店舗であるメガロスクロス24やメガロス24と通常のメガロスでは、料金設定や利用可能時間が異なるため注意が必要です。

メガロスの店舗ごとの退会や料金について確認

メガロスは関東中心に多くの支店があります。全ての情報は書ききれませんが、代表的な店舗の退会や料金、費用の情報についてまとめて確認していきましょう。

メガロス立川店の退会や料金について

メガロス立川店の退会に関しては、他の店舗と同じように店舗でのみ受付となっています。料金設定は以下の通りです。

フルタイム1万1,000円
アンダー359,500円35歳以下の方が対象
アンダー278,500円27歳以下の方が対象
アンダー227,500円22歳以下の方が対象
中学生3,500円
デイ8,500円平日・土曜の日中のみ
マンスリー48,000円月4回利用可能
ナイト&ホリデー1万円平日夜と土日祝
アフター58,000円平日17時からのみ
ホリデー8,000円土日祝のみ
アクア8,500円プールのみの利用

メガロス立川店は24時間利用が可能なため、料金設定も幅広くあります。自分が利用する時間帯に併せてプランを設定することが大切です。

メガロス大和店の退会について

メガロス大和店も立川と同じように退会は、店舗に直接行かなければなりません。

料金設定は以下の通りです。

24フルタイム9,500円
24アンダー277,000円27歳以下の方が対象
24アンダー357,500円35歳以下の方が対象
24アンダー226,500円22歳以下の方が対象
フルタイム8,500円
アンダー356,500円35歳以下の方が対象
アンダー275,500円27歳以下の方が対象
アンダー224,500円22歳以下の方が対象
中学生3,500円
デイタイム5,500円平日・土曜の日中のみ
ナイトモーニング6,800円平日日中のみ

実際のところメガロス24の評判は?

メガロス24やメガロスの退会に関しては、少し条件が厳しいということを紹介してきましたが、利用者の評判はどのようなものが多いのでしょうか。

ここでは、ツイッターでの口コミを中心に、メガロスの評判を見ていきましょう。

退会費用が高いとの口コミが多い

メガロスの利用者の声を聞くと、サービスやトレーナーの悪い評判は多くはありませんが、退会者の評判を見ると、退会費用が高いとの声が良く見られます。

やはり、10日以降に退会を行うと、翌月分の支払をしなければいけないことがネックであるようです。

引き留めの勧誘も長いとの口コミも

その他に「退会時に引き留めの勧誘をしつこくされた」という口コミも見られます

お店の立場としても、お客さんを簡単に見逃すわけには行かないため、引き留めを熱心に行うのかも知れません。

退会を希望している人は、きっぱりと断った方が引き留めの勧誘が長引かずに済ませられそうです。

おまけ:メガロス24のアプリを使った専用コースとは

メガロス24にはスクールとは別に、短期集中型のプログラムが設けられています。この短期集中型プログラムは、専門のトレーナーとマンツーマンでトレーニングや、クラウドアプリを利用したトレーニングを行えます。

アプリを通して専属のトレーナーからアドバイスを受取ることができたり、トレーニングや体の変化、食事の情報を細かく入力ができたりします。

2ヶ月間の短期集中コースであるため、通常の月会費とは別に費用の支払いが必要です。興味がある人は是非チェックしてみてください。

ベーシックプログラム136,000円全16回のマンツーマントレーニングと栄養カウンセリングが受講可能
継続サポートプログラム96,000円全8回のマンツーマントレーニングと栄養カウンセリングが受講可能
※ベーシックプログラム受講者のみ対象

まとめ

メガロスの退会に関しては、退会の手続きを行う日程によっては、高額の費用が必要になるかもしれません。

遠方に行く場合には事前に退会を行わなければ、退会できずに会費を無駄に支払い続けるといった可能性まであります。

休会などの手続を上手に使いながら、費用がかさまないように工夫することが大切です。

 5.0  (3)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (3)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 小林修さん|2020-05-26 08:37:05

    こんにちは。
    借入のすべて、小林です。

    なんの契約でも約款や規約は隅から隅までしっかり読むことですね。

  2. 〇田〇りさん|2020-05-22 03:59:04

    メガロス綱島はボッタクリです❗気を付けて下さい❗入らない方が良いと思います❗スタッフも最低です❗

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談