LINEコインが買えない・チャージできない原因と10の解決方法

当記事にはPRが含まれています
「借入のすべて」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アイフル株式会社、アコム株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行(カードローン)、住信SBIネット銀行株式会社、AGビジネスサポート株式会社、株式会社NTTドコモから委託を受け広告収益を得て運営しております。

LINEアプリ内でスタンプを買うためには、LINEコインが必要です。若い人を中心に、LINEコインを定期的に購入しているという人も多いのではないでしょうか。

この記事ではLINEコインが買えない原因と対処法について紹介していきますが、原因を把握した上で対処法を実践することをおすすめします。LINEコインが買えない・チャージできない場合、LINEアプリのバージョンや通信状況の悪さが関係しているケースが多いです。

しかし、中には「携帯代が払えておらずキャリア決済が使えない」、さらには「クレジットカードの未納が続き、携帯が止まってしまった」という状況で、間接的にLINEコインが購入できないケースもあります。
この場合には、携帯代金やクレジットカードの未納分を早急に支払わなければいけません。

手元にお金がないときは、アルバイトの人でも審査を受けられるカードローンの利用を検討しましょう。即日融資や無利息サービスを行っているところも多く、10万円程度の少額融資であれば審査もスムーズです。

審査に通る?人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短20分
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%
即日融資
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

LINEコインが買えない・チャージできない5つの原因

本来はiTunesやGoogle Playなどで簡単に購入できるLINEコインですが、LINEコインが買えないという現象が一部の機種で報告されています。購入しようとすると、「エラーが発生しました。もう一度お試しください」という文字が表示がされて、購入できないという人が多いようです。

コインが購入できない原因としては、アプリのバージョンが古いというものが多いですが、はっきりとした原因が分からないというケースも少なくないようです。

LINEコインが買えない具体的な原因を5つ紹介していきましょう。

原因①:アプリのバージョンが古い

LINEアプリのバージョンが古いと、コイン購入時にエラー表示が出ることがあります。

LINEアプリは新しいバージョンがリリースされても気付かないことが多いので、LINEコインがエラーで買えない・チャージできない場合は、自分のLINEアプリが最新のものかをまずは確認してみましょう。

原因②:接続環境が悪い

ネットワークの接続が不安定な場合などにもエラーが発生するケースが多いです。
Wi-Fi通信でエラーが出る場合にはWi-Fiを切ってみたり、4G回線のときにエラーが出る場合にはWi-Fiにしてみたりと、通信回線の設定を変更してみましょう。

原因③:OSが古い

スマートフォン端末のOSのバージョンが古いと、購入エラーが出ることもあります。OSのバージョンが最新になっているか確認してみましょう。

もし最新になっていないときは、バックアップをしてからLINEコインを再度購入してみてください。

原因④:Facebookで認証している

LINEアカウントを作成する際にFacebook認証でLINEアカウントを作成している場合には、電話番号が登録されていないこともあります。

LINEコインを買う場合には電話番号の登録が必要なので、Facebook認証で登録したと思われる人は今一度確認してみましょう。手順は以下の通りです。

【LINEへの電話番号の登録手順】
LINE設定 → アカウント → 電話番号

原因⑤:その他の謎の不具合

「アプリのバージョンは古くない」「使えるクレジットカードを登録している」「チャージ残高もある」にもかからわらず、コインを購入できないというケースも報告されています。つまり、原因不明でLINEコインを購入できないケースもあるのです。

そのため「自分はこれまで買えないことはなかったから関係ない」と思っていても、ある日突然購入できなくなってしまう可能性があるということです。

LINEコインが買えない・チャージできないときの10の対処法

LINEコインが買えなくなってしまう可能性は誰にでもあります。購入エラーが出て突然チャージできなくなってしまった場合には、上記で解説した原因をふまえて、慌てずに以下10の方法のいずれかを試してみてください。

①LINEアプリを最新版へアップロードする

アプリのバージョンが古くて購入できない人は、アプリを最新バージョンへアップデートしましょう。iTunesやGoogle Playで簡単にアップデートできます。

②LINEアプリをいったん閉じる

エラー表示が出た場合にはアプリを一度閉じ、再度アプリを立ち上げてみましょう。再び購入操作を行えば、コインを購入できるようになる可能性があります。

アプリのバージョンが新しいのに購入できない場合には、最も簡単に試すことができるのがこの方法です。

③スマホを再起動する

アプリを閉じても購入できない場合には、スマートフォン本体の調子が悪い可能性も否めません。再起動してみましょう。

スマートフォンを再起動してから、アプリを立ち上げ、購入操作を行うことで、LINEコインをチャージできる場合があります。

④購入コイン数を変えてみる

購入コイン数を変えることで購入できるようになるケースもあります。例えば「500コインでエラー表示が出たので、200コインをタップしたら購入できた」という具合です。

ボーナスコインが少なくなってしまう点に注意が必要ですが、すぐにコインが必要な人はこの方法を試してみましょう。

⑤機能制限を解除する

スマートフォン本体の設定で、アプリでの課金が制限されてしまっている場合があります。この機能制限を解除することで、LINEアプリ内の課金ができるようになるでしょう。

以下の方法で機能制限解除が行えるので、試してみてください。

【iPhoneでの機能制限解除の設定方法の手順】
ホーム画面 → 設定 → 一般 → 機能制限 → 「Appでの購入」をオン
【Androidでの機能制限解除の設定方法の手順】
Google Playアプリ → メニュー → 設定 → 「保護者による使用制限」をオフ

⑥Apple IDからサインアウト

AppleやGoogleのIDから一度サインアウトし、再びサインインすることで購入できるようになるケースもあります。

Apple IDのアカウントを複数所持している人は「有効なApple IDでログインできているのか」を確認してみましょう。無効なApple IDでログインしていた場合にもサインアウトし、有効なApple IDで再度サインインをします。

以下はApple IDのサインアウトの手順です。

【Apple IDのサインアウト手順】 ホーム画面 → 設定 → iTunes&App Store → Apple IDをサインアウト → 再度Apple IDをサインイン

⑦Google Playの削除と再インストール

Google Playの不具合によりLINEコインの購入ができない場合があります。Android端末の場合はLINEアプリをアンインストールし、再度インストールしてみましょう。

再インストールをした後にログインが必要になるため、メールアドレスとパスワードが必須です。メールアドレスやパスワードを忘れた場合や分からない人は、LINE設定内にあるアカウントから確認をしてください。

⑧メモリー容量の確認

スマートフォン本体の容量を使い過ぎていると、空き容量が足りずにLINEコインをチャージできないエラーが発生あります。本体設定にある内部ストレージより空き容量があるか確認しましょう。

ストレージのバーに余裕がなければ、容量がいっぱいになっているということです。その場合は、使用していないアプリやファイルの削除をして空き容量を確保してください。

⑨バックグラウンドアプリを閉じる

アプリを開いたままホーム画面に戻っても、バックグラウンドでアプリが起動したままになっています。

そのままにしておくと、電池の減りが早くなる、メモリーや通信費の消費、他アプリの強制終了や再起動などのトラブルが起こる原因になります。そのため、LINEコインが買えない原因になっていることもあるのです。

使っている機種によって多少操作方法は異なりますが、画面下にあるアプリ履歴ボタンから、実行中になっているアプリをスワイプや「×」ボタンをタップして終了させましょう。

⑩キャッシュを消そう

アプリやWebサイトを利用した際にたまっていくキャッシュを削除してみましょう。キャッシュはアプリの読み込みなどを早くするために、データや履歴を一時的に保存している状態です。

アプリを利用していないときにも、バックグラウンドでアプリが作動していたり、メモリーを使用していることになるため、操作が遅くなったり、LINEコインが購入できないという不具合も起こります。

スマートフォンによって操作方法は異なりますが、スマートフォン本体の設定から下記の方法でキャッシュが削除可能です。

【キャッシュを削除する方法】 ホーム画面 → 設定 → アプリと通知 → 各アプリをタップ → ストレージ → キャッシュを削除

LINEコインが買えない不具合だけでなく、普段のスマートフォン操作が重くなるので、クリーンアプリなどを使用して定期的にキャッシュを削除することをおすすめします。

LINEコインをチャージできない現象は基本的には原因不明なので、購入できなくなった場合には、上記のいずれかの方法を試してみるしかないでしょう。

多くの人がこれらの方法で購入できるようになっているので、一つずつ試してみてください。

それでもLINEコインを購入できないときは?

これらの方法でも解決ができない場合には、LINEへ問い合わせをするしかありません。LINE問い合わせフォームから、問題発生機種、サービス、カテゴリー、詳細を入力し、解決方法を確認しましょう。

LINEコインの概要|フリーポイントの集め方は?

LINEコインとは、LINEアプリを使いこなすためには必要になるコインです。無料でもらえるLINEポイントもありますが、課金してコインを購入する人も数多くいます。

LINE内で使用できる通貨

LINEコインはLINEアプリ内で使用できる、いわば仮想通貨です。LINEアプリ内でチャージ可能です。

スタンプ購入や友達に送ったりできる

LINEコインは、LINEスタンプを購入したり、LINE画面のデザインを変更できる着せ替えショップの有料アイテムをLINE友達に送ったりできます。若いLINEユーザーには、LINEコインについては説明不要でしょう。

その他、無料で読めるLINE NEWSでは、LINEコインで有料記事「Premium Article」が買えます。

「週刊文春」では、LINEで友達になるとトークに雑誌発売前のスクープ予告が届き、事前に予約購入が可能です。雑誌発売当日に記事の全文が届くので、気になる記事をいち早く読むことができます。

LINEコインは購入しなくても、ゲームをダウンロードしたりすることで無料で付与される「フリーポイント」も存在します。LINEユーザーの中にはフリーポイントのみを集めている人も少なくないのではないでしょうか。

LINEコインの価格は、多く買えばボーナスが付与される

LINEコインは一度に多くのコインを購入すれば多くのボーナスが付与され、コイン1枚当たりの単価がお得になります。「50コイン=120円」で購入でき、1コイン当たり2.4円です。

500コイン以上の購入ではボーナスコインが付与され、購入金額が上がるにつれて還元率も高くなります。コインの価格については下記の通りです。

コイン価格
50120円
100240円
150360円
200480円
500960円
8001,400円
16002,800円
33005,700円

フリーポイントの集め方

ここからフリーポイントの集め方を見ていきましょう。フリーポイントは「2ポイント=1コイン」として利用可能です。

LINEポイントは「ウォレットタブをタップ → LINEポイントをタップ」でためることができます。

「動画サイトにお試し登録」「公式アカウントの友達登録」「銀行口座開設」などでポイントを無料でもらうことができます。

LINEコイン購入時の注意点

LINEアプリ内のスタンプショップや着せ替えショップでは、実際の価格表示ではなく必要なコインの数が表示されています。例えば、100コインと表記がある場合の実際の価格は、240円です。

ブラウザーからスタンプが購入できるLINEウェブストアでは、コインではなく実際の価格が表示されているので、勘違いしないようにしましょう。

他にも注意したいのは、LINEマンガやLINE MUSICなどのLINE関連アプリのポイントとは別物という点です。各サービスで使用できる専用のコインやポイントが異なるため、間違えて購入しないように注意しましょう。ちなみにLINEコインはゲーム課金もできません。

LINEコインの購入方法

LINEコインの購入方法は難しくありません。LINEコインのチャージ画面を開き、必要なコイン数をタップするだけで簡単に購入手続きに進むことができます

App StoreまたはGoogle Play内での支払いとなるため、キャリア決済やクレジットカードなど設定している支払い方法で購入できます。ちなみに、LINEプリペイドカードではLINEコインは購入できません。

LINEクレジットにチャージされるため、スタンプ、着せ替え、LINEゲーム内課金など、LINEコインよりもさまざまな使い方が可能です。

iPhoneはiTunesのポップアップ

購入手続きへ進むと、iTunesを通じて「App内課金を入手」というアプリ購入時と同じポップアップが表示されます。「購入する」をタップするとLINEコインを購入でき、アプリ内にコインがチャージされます。

iTunesの決済方法も複数ありますが、Apple IDにiTunesカードをチャージしておくことでもLINEコインが購入できます

AndroidはGoogle Playの購入ポップアップ

Androidの場合は、購入手続きでGoogle Playの購入ポップアップが表示され、「購入」をタップすることで買うことができます。

Google Playの場合はここの決済画面で、キャリア決済やクレジットカード、Google Playギフトカードなどの支払い方法を選択できます。

クレジットカードやキャリア決済などの後から支払いするのが嫌だな⋯⋯」という人は、先にチャージしておくことのできるGoogle Playギフトカードを利用しましょう。

【Google Playギフトカードをチャージする手順】 Playストア → お支払方法 → コードの利用 → Google Playギフトカード裏面のPINコード入力

【注意】機種変更でLINEコインが引き継げないケース

LINEコインは機種変更を行っても、基本的に新しいスマートフォンにこれまで使っていたコインを引き継ぐことができます。機種変更しただけでこれまでためていたコインが使えなくなってしまったら、それは詐欺に等しいので大問題に発展しかねません。

しかし、一つだけ引き継ぐことができないケースがあるので要注意です。それは、機種変更によってOSが変わった場合です。

つまり、iPhoneからAndroidへ、またはAndroidからiPhoneへと機種変更した場合には、コインは引き継ぐことができません。別OSのスマートフォンへと機種変更をする前には、できる限りコインを使い切ってから機種変更するようにしましょう。

覚えておかないと、コインが失われてしまう、つまりお金を失う可能性があるので注意が必要です。

LINEコインに関するQ&A

ここまでLINEコインが買えない・チャージできない場合の対処法について解説してきましたが、ここからはLINEコインに関連するQ&Aを紹介します。

LINEストアでのチャージはGoogle Playの審査が入る?
Google Playの審査は入ります。
不正利用などのセキュリティー対策のため、「頻繁にLINEコインなどの課金をしている人」や「チャージ額が大きい場合」などに「この注文は危険性が高いと判断されたため、承認されませんでした」とメッセージが表示されます。購入履歴を確認して不正利用などがなければ、3日程度でLINEコインの購入が可能になります。登録しているクレジットカードの利用停止や残高不足、フリーWi-Fi回線を利用時にも、この審査によって購入できなくなる場合があります。
LINEコインはプレゼントできる?
プレゼントはできません。
LINEコインを使い、友だちにスタンプや着せ替えをプレゼントすることなら可能です。友達にギフト券などをプレゼントするLINEギフトでは、LINEポイントは使えてもLINEコインは使えないため、贈ることのできるプレゼントは限られてきます。

まとめ

LINEコインが買えない原因についてはまだ分かっていない部分がありますが、実際にコインが買えないケースは発生しているので、その場合には今回紹介した方法を試してみてください。

機種変更時には、せっかくお金を払って購入したLINEコインをなくさないように十分に注意しましょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

1秒で融資可能か即判断!来店不要でネット完結!
アイフル
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短18分※₁
融資速度最短18分※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by アイフル㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • 初めての方は最大30日間無利息サービス
  • 誰にも知られずWEB完結!郵送物一切なし
  • 口座振替なら手数料無料で返済可能!
  • 原則、電話による在籍確認なし

※₁お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

融資残高、口座数と共に業界ナンバー1
アコム
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額1万~800万円
審査時間最短20分※₁
融資速度最短20分※₂
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by アコム㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • 融資残高、口座数と共に業界ナンバー1!
  • WEB契約可能!
    最短20分の審査と即日振込も可能!
  • HPの「3秒診断」で、
    融資の可否を事前シミュレーションできる!
  • 原則、在籍確認なし※₃

※₁夜間のお申し込みですと審査回答が翌日となる場合がございます。
※₂お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※₃原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
借入のすべてでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。

最短3分融資も可。WEB完結でバレない
プロミス
実質年率4.5%~17.8%
最高限度額1万~500万円
審査時間最短3分
融資速度最短3分
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 30日無利息サービス実施中!
  • インターネットでお申し込み後、
    最短3分で融資も可能
  • プロミスコールでオペレーターが
    疑問に答えてくれる
  • 原則、電話による在籍確認なし

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事