借入とは~ローン・融資との違い~

一口に「借入」といいますが、借入の本来の意味は一般社会で通常使われる意味とは多少異なるようです。借入という言葉は金銭や品物を借りることを言います。

通常「借入」というと、あたかもお金を借りることのように感じますが、本来はもっと広義の意味で使われることが多いようです。

借入とはお金や物を借りること

062f5acaf954f91c7a6cb8b9d388248e_s

「借入」という言葉を辞書で調べると、「金銭や品物を借りること。」と書かれています。つまり、借入という言葉は本来、お金だけに限らず物を借りる場合も指しているのです。

ですので、友人からゲームを借りることを借入と表現しても間違いではありません。しかし、それを借入と言うことには違和感を感じますね。

現在では借入と言えば、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りること、いわゆる借金のことを指すことがほとんどです。本来の借入はお金や物を借りること全般を指し、一般的には金融機関からの借金を意味します。

借入を行う場合には基本的に返済時には利息を追加し、借りた金額よりも多くを返さなければなりません。

借入とローンや融資との違い

借入と似た言葉に「ローン」や「融資」がありますね。しかし、これらの言葉は意味が異なります。皆さんは「借入」、「ローン」、「融資」の違いをちゃんと理解して使っているでしょうか。

違いが分からず、同じような意味で使っている人がいるかもしれませんので、この3つの言葉の違いを説明します。

借入

借入は先ほども説明した通り、お金や物を借りること全般を指し、基本的には金融機関からお金を借りることを指します。

しかし、友人からお金を借りる場合にも、大金であれば借入と表現する事もありますので、一般的に使う「借金」という言葉と同じ意味と考えても問題ないでしょう。

借入はお金以外で使っても間違いではありませんが、ローンや融資はお金の受け渡しに関してしか使いません。

ローン

ローンとは特定の商品を購入するために金融機関などからお金を借りることを指します。

「住宅ローン」、「自動車ローン」というように、それぞれ家や自動車を購入する場合に貯金だけでは足りないことがほとんどですので、先に商品を手に入れてから返済を行うという仕組みです。

「〇〇年ローンを組む」と言うように、「借入」はお金を借りること自体を指す一方、「ローン」は商品の購入とその後の返済も含めて指すことが多いです。

ローンは金融機関だけではなく、例えばパソコンを購入するときにメーカーや、量販店の提供するローンを利用することも可能です。

ローンはこの一連の流れで利用する商品と言うことができます。ローンの多くは購入する商品が決められていることが多いですが、中にはカードローンやフリーローンのように使いみちが基本的に自由な場合もあります。

その場合でも申込時には何に使う予定かを伝えなければなりません。

関連記事をチェック!

借入用途と審査の関係性

カードローンで借入!用途は何でも良いの? カードローンを利用する理由には人それぞれの事情がありますよね。どうしても欲しい商品があるとき、給料前の急な出費、家族には言えないワケありのお金。国内...

借入用途と審査の関係性

融資

事業や商品購入をするための資金がない人に対して金融機関などが利息を見込んでお金を貸すことを融資と呼びます。

基本的に娯楽のための資金ではなく、会社であれば事業拡大、個人であれば住宅購入や教育費用など、利用者に利益のある使用目的の資金の場合に融資という言葉は使われることが多いです。

融資も借入やローンと似ていますが、借入はお金を受け取る側(利用者)から見て行うものに対し、融資はお金を渡す側(金融機関)が行うものとなっています。

お金の貸し借りが発生した場合、利用者からみれば借入となり、金融機関からすればそれは融資になるのです。

申込時の他社借入

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s
ローン申込時には他社借入を記入する欄がありますが、ここでは何を申告すればよいのでしょうか。一般的に言われる借入と申込時に申告する他社借入では含まれるものが違いますのでこちらの表をご覧下さい。

他社借入に記入するもの 他社借入に記入しないもの
カードローン 住宅ローン
フリーローン クレジットカードショッピング枠
自動車ローン 奨学金
教育ローン 事業性ローン
クレジットカードキャッシング枠 携帯電話や家電の分割払い
ブライダルローン 親族や知人からの個人的な借入

特別な注意書きがなければ左の列の物を他社借入として申告するようにしましょう。

消費者金融に申込むときは「銀行からの借入は除く」と書かれていることもありますので、その場合は銀行のカードローンやフリーローンでの借入は記入する必要ありません。

「奨学金や」と「クレジットカードのショッピング枠」は他社借入に含むのかどうか迷う人が多いようです。

奨学金は日本学生支援機構やあしなが育英会などからの借入ですが、銀行や消費者金融のような営利目的の金融機関ではありませんので奨学金は他社借入として申告しなくて構いません。

ただし、銀行から借入している教育ローンは特に指示がなければ申告してください。クレジットカードのショッピング枠に関しても、他社借入に含める必要はなく、もしリボ払いでの利用であったとしても同様です。

関連記事をチェック!

他社での借入状況が審査に与える影響

カードローンで借り入れを行っているけど、もう少しお金が必要・・・ そんな人は他社からの借入を検討しているのではないでしょうか。 しかし、追加で借入を行う場合は、借入状況が審査に影響を及ぼし...

他社での借入状況が審査に与える影響

関連記事をチェック!

他社借り入れによる住宅ローン審査への影響

住宅ローンは一般的な個人が借りるローンとしては最も審査が厳しいローンであると言われていますが、カードローンの借入があると住宅ローン審査に影響が出ることがあります。 他社からの借入が住宅ローンにど...

他社借り入れによる住宅ローン審査への影響

借入の手続き、流れ

TSUCH160130520I9A6560_TP_V
続いては実際に借入をするために必要な手続きや申込からの流れを説明します。

申込はネットから可能

借入の申込はパソコンやスマートフォンを使って、インターネットから行うことが可能です。

借入の中でも利用額が最も高い住宅ローンであっても申し込みはインターネットからでき、カードローンであれば契約までインターネットだけでもできるのです。

審査

申込が完了すれば金融機関による審査が行われます。
この時重要になるのは、

  • 年収
  • 勤務先情報
  • 信用情報
  • 他社借入状況

です。
年収は金額だけではなく、どれだけ安定しているかという部分も重視されます。大企業であればいきなり職を失う恐れも低いため、勤務先の情報も審査に影響を与えるのです。

また、金融機関では利用者の借入状況や返済履歴を共有しており、これを信用情報と呼びます。申込を行った時には必ず信用情報が照会されているのです。

関連記事をチェック!

【馬三郎が】個人信用情報について調べてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。 [article link="http://...

契約

在籍確認

審査が完了し、融資を行っても問題ないと判断された後には、申込者の職場へ在籍確認の電話がかかってきます。

本当に申込者が申告している会社で勤務しているのかを確かめなければならないため、在籍確認を行わない金融機関は存在しません。

在籍確認の電話には必ずしも本人が対応する必要はなく、「〇〇様はいらっしゃいますか」「ただいま席を外しております」というやり取りでも、在籍が確認できれば問題ありません。

消費者金融の場合には会社名を名乗ることはないので、同僚に利用を知られる心配も不要です。

関連記事をチェック!

在籍確認とは

在籍確認の内容を知ろう 在籍確認とは 融資やキャッシング(以下、融資)の商品を申し込む際には、氏名や住所に加え、勤務先の申告も必要となります。 勤務先の申告内容は、勤務先の企業名・住所(郵便...

在籍確認とは

関連記事をチェック!

なぜ在籍確認なしは存在し得ないのか?【カードローン業者が語る】

ネット上では「在籍確認なしのカードローン」「在籍確認なく借りることができます!」などの文字が躍っておりますが、 大手消費者金融に十数年貸付業務に従事していた身からすると、在籍確認をしない、という...

250513001

借入・返済方法

審査と契約が完了すれば後は借入をするだけです。借入金は指定した銀行の口座に振り込まれますので、わざわざ窓口まで行って現金を受け取るということはありません。

返済も口座から自動的に引き落としされる所がほとんどです。カードローンの場合は発行されるカードを使ってお金が必要な時にATMから引き出すという方法になります。

関連記事をチェック!

カードローンの借入方法

初めてカードローンを使うときは、いったいどうすればよいのかわからないと思います。 そこで、カードローンでの借入方法を説明しましょう。 申込は無人契約機・ネット・電話 カードロ...

3 (1)

借入先は目的に合わせて選ぶ

YUKA150701598457_TP_V
では、実際に借入を行いたいと思った時、どこを利用すればよいのでしょうか。借入先とそれぞれの特徴を紹介します。

銀行

借入の代表格はもちろん銀行です。「住宅ローン」「自動車ローン」「教育ローン」「結婚ローン」「フリーローン」「カードローン」など、様々なローンを取り扱っています。

目的別ローンの数も多いですし、フリーローンやカードローンといった使い道が自由なローンもありますので、迷ったらとりあえず銀行を利用しておけば間違いないでしょう。

また、銀行であれば事業資金の借入を行うこともできます。

関連記事をチェック!

借入融資を受けられるかの判断は3つの数字

金融機関から借入を検討している企業は「自分の会社はお金を借りることができるの?」という疑問をよくもつと思います。 何も考えずに、銀行に申し込んでから断られるのは、気分が悪いものです。 そん...

借入融資を受けられるかの判断は3つの数字

信用金庫・信用組合

信用金庫や信用組合でも、銀行と同様に色々な借入を利用することが可能です。

個人向けのローンは銀行より低金利で利用することができる場合もありますし、事業資金の借入を行うときには銀行よりもこまめに会社へ訪問してくれるなど、銀行よりも親身になってくれるところが多いです。

ただし、その分審査に時間がかかる傾向もあります。

関連記事をチェック!

信用金庫とは

執筆者の情報 名前:山本馬元 年齢:30歳 性別:男性 職歴:平成21年3月より信用金庫勤務 そもそも信用金庫とは何? 信用金庫は何をしているところ? 金融機関といえ...

信用金庫とは

関連記事をチェック!

信用金庫カードローンで借りる

信用金庫カードローンとは 信用金庫で取り扱うカードローンの種類とは カードローンは信用金庫に限らず、銀行や消費者金融など様々な金融機関で取り扱われています。 カードローンには保証会社が必ず付...

信用金庫カードローンで借りる

消費者金融

CMでよく目にする消費者金融はカードローンの発行を中心としています。カードローンは申込から借入までが早く、消費者金融であれば即日で借り入れできるところがほとんどです。

消費者金融の中には学生だけが利用できる学生ローンや、ブライダルローンのみを取り扱っている業者もあります。消費者金融からは年収の3分の1までしか借入できないように総量規制によって決められています。

関連記事をチェック!

消費者金融会社一覧

このページでは日本中の消費者金融会社をまとめて一覧として紹介しています。あなたが求める条件にピッタリな消費者金融会社を見つけてください。 審査が甘い消費者金融 一般的には大手消費者金融よりも中小消...

消費者金融会社一覧

社会福祉協議会

社会福祉協議会からは生活費を借入することができます。低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯のいずれかで、安定して収入を得られない場合は、生活再建までの間、生活福祉資金貸付制度が利用可能です。

社会福祉協議会からの借入は他の機関よりも低く設定されており、保証人が付けば金利なしで利用することもできます。

関連記事をチェック!

生活が苦しい人は社会福祉協議会の貸付が利用可能

国からお金を借りられる 厚生労働省が行っている支援 皆さんのイメージとしては、お金を借りるのは銀行や消費者金融で、というイメージが強いのではないでしょうか。 しかし、国もお金を貸し付けるよう...

生活が苦しい人は社会福祉協議会の貸付が利用可能

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は政府が出資している公的な機関です。ここでは主に事業資金の融資を受けることができ、銀行では審査に通らなかった中小企業に対するセーフティーネット的役割を担っています。

融資制度も開業資金や再建資金など、目的に応じて数多く準備されていますので、事業資金の借入を希望する人は適した制度を見つけることができるでしょう。また、日本政策金融公庫では教育ローンを利用することも可能です。

借入はどこからしても同じというわけではなく、利用目的によって適した借入先となる金融機関は異なりますので目的によって借入先を選ぶようにしましょう。

関連記事をチェック!

日本政策金融公庫の融資審査基準

日本政策金融公庫とは 日本政策金融公庫とは、中小企業や個人事業主の資金繰りを助けるために、国が設置した財務省所管の特殊会社です。 国の所管ですので、銀行などから融資を受けられなくなった中小事業...

日本政策金融公庫の融資審査基準

ATMからの借入れとは

ATMからの借入れとは2つの方法があります。

・カードローン
・クレジットカードのキャッシング

それぞれのカードをATMに挿入し操作によってお金を借りる方法です。

金融機関が設置する専用のATMを利用する方法と、銀行やコンビニなど提携ATMからお金を引き出して借りる方法があります。

ATMによっては24時間365日利用できることもあって、お金を借りる際に最も利用される方法です。

しかし金融機関が設置する専用ATMは数が限られているため、広く使われているのはコンビニATMとなるでしょう。

カードローンやクレジットカードのキャッシングについての詳細は順を追ってご説明をしていきますが、注意したいことにATMを利用してお金を借入れする場合、1日あたりに利用できる利用限度額が設定されていることです。

カードの利用限度額がたとえ300万円になっていたとしても、金融機関が設定する1日あたりの借入限度額を超えてお金を借りることできません。

またコンビニATMでは1回あたりの引き出し額が20万円までと設定されていることにも注意が必要です。セキュリティ上の観点から1回あたりの借入限度額を制限しているのです。

例えば50万円をコンビニATMで借りようとしても、1回あたりの引き出し額は20万円までですから、20万円+20万円+10万円=50万円、と3回ATMを操作しなければなりません。

ATM利用手数料がかかるカードローンやクレジットカードのキャッシングであれば、その都度手数料を支払わなければなりません。

1万円超の借入をする場合は1回あたり216円が手数料となることが多いですから、3回行えば648円の手数料を支払うということになります。

借入額が20万円を超えるようなら、金融機関が設置してある専用ATMを利用するのが手数料もかかりませんし、1回あたりの引き出し額を100万円まで行うこともできます。

たとえわずかな手数料とはいっても、無駄にお金を支払うのはもったいないですね。

近くに専用ATMがなければやむを得ないとしても、借入金額によってどこのATM利用するのか選択することも必要です。

カードローンによる借入

ww
事業融資や住宅ローンの他にも銀行の融資としてカードローンというものがあります。では、カードローンによる借入とはどのようなものなのでしょうか。

カードの限度額まで何度でも利用できる

カードローンとは最初に必ずしもお金を借りるわけではありません。カードローンは「いくらまでは審査なしで自由に借りることができる」という枠を最初に作成します。

その枠の範囲内で自由に利用者がお金を借りることができるというものです。

借入とは本来は借入の都度審査を受けなければならないものですが、カードローンで先に枠を作成しておけば限度額までの審査はすでに終わっていますのでその後は自由に枠の範囲内でお金を借りることができます。

この枠にカードを発行したものがカードローンです。カードがあるため銀行の営業時間外でも自由にATMからお金を借りることができます。

そのほかにも電話やインターネットで振込を依頼して指定した口座へ指定した金額を振り込むことで融資を受けるという方法もあります。カードローンは何に使用しても自由ですが、唯一事業資金へだけは利用することができません。

最短30分で借入が可能

カードローンの最大のメリットは借入が早いという点です。申込から借入まで早ければ30分で借り入れできるというのは他の借入方法と比べても群を抜いています。

とにかく借入を急いでいるときには、まずインターネットで申込を行い、仮審査に通過したことを確認した後で無人契約機に行きましょう。

わざわざ時間をかけて無人契約機に行ったのに仮審査に審査に通過できなければ無駄足になってしまいます。無人契約機は書類の提出やカードの発行ができますので、郵送にかかる時間を省略することができます。

関連記事をチェック!

来店不要!最短で即日融資キャッシングする方法

最短借入ならカードローンが速い カードローンなら最短30分審査もある 消費者金融であれば30分で審査完了する事も珍しくありません。10年前と比べて審査スピードは確実に速くなっています。 銀行...

来店不要!最短で即日融資キャッシングする方法

銀行カードローン

d2b1900a91486177b62647d6168cbe4f_s
銀行のカードローンは基本的にカードによるATMからの借入か、インターネットバンキングからの借入か、のどちらかの方法しか行いません。

そのため、消費者金融のように融資までのスピードはそれほど追及できないというデメリットがあります。最高金利は14.5%前後と消費者金融のカードローンよりもだいぶ低い金利となっています。

また、融資金額に関する法律的な縛りも消費者金融のようにはありません。

さらに収入確認を必要とする融資金額も各銀行によって異なり、多くのネット銀行では300万円超の借入から、地方銀行の中にはそもそも全く収入の確認を行わない銀行すら存在します。

銀行の中には専業主婦への貸付を行っているカードローンもあります。

また、カードローンを借りようと思っている銀行に全く取引がなくても、審査に影響はないですし、口座を持たないままでも借りることができるカードローンも数多くあります。

関連記事をチェック!

個人が銀行から借入する方法

銀行と言えばドラマなどの影響で、会社が資金を借入するところと言うイメージがありますが、住宅ローンやカードローンなど、個人での借入も受け付けています。 今回は銀行から個人で借り入れする方法を紹介し...

個人が銀行から借入する方法

関連記事をチェック!

専業主婦は銀行系カードローンのみキャッシング可能

銀行ローンは総量規制の対象外 キャッシングの商品を取り扱っている機関は、銀行・信用金庫・消費者金融などがあります。金融機関によって商品内容も様々であるため、目的や希望に合った商品を利用することが重要...

専業主婦は銀行系カードローンのみキャッシング可能

消費者金融のカードローン

PASONAZ160306260I9A1855_TP_V
消費者金融のカードローンは融資金額について総量規制という法律的な縛りがあります。

総量規制とは他社からの借入との合計で年収の3分の1を超えてはならないという決まりで、例えば年収300万円の人はすべての消費者金融からの、借入額の合計が100万円を超えることはできません。

関連記事をチェック!

総量規制とは

貸金業法における総量規制とは 総量規制についてご存知でしょうか。まあなんとなく知っている、だいたい知っているという方が多いと思います。 総量規制について知っておくことはカードローンの契約、クレ...

総量規制とは

さらに専業主婦が消費者金融から借入を行うには夫の同意と収入確認が必要なことに加え、借りることができる金額は夫婦合わせて夫の年収の3分の1以内と決まっていますので、大手消費者金融では専業主婦への貸付を行っていません。

また、1度の借入が50万円を超える場合または他社からの借入額の合計が100万円を超える場合には源泉徴収票などの収入確認資料の提出が義務付けられています。

このような理由から消費者金融のカードローンは少額融資に特化しており、多くの消費者金融の金利は18%程度です。

ただし、申し込みから融資まで2時間以内で終わる場合も珍しくないほど融資までのスピードの長けているという点が銀行系カードローンと比較して大きなメリットであると言えます。

関連記事をチェック!

総量規制とは

貸金業法における総量規制とは 総量規制についてご存知でしょうか。まあなんとなく知っている、だいたい知っているという方が多いと思います。 総量規制について知っておくことはカードローンの契約、クレ...

総量規制とは

クレジットカードでキャッシング

e593d0108972c8afca2146c1f240ae33_s
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という2つの枠があります。

通常皆さんがお買い物の際に使用しているのがショッピング枠、カードローンと同じように一定の範囲内でお金を借りることができる枠をキャッシング枠と言います。

キャッシング枠の使い方はカードローンとほとんど同じですので、現在お持ちのクレジットカードについているキャッシング枠で十分ならばわざわざカードローンを発行する必要はありません。

クレジットカードを申し込むとキャッシング枠をつけるかどうかの選択肢がありますが、この際にキャッシング枠の申し込みを希望すると、ショッピング枠の審査とは別にキャッシング枠の審査も行われます。

実際に現金を借りるキャッシング枠の審査は対価となるものを購入するショッピング枠の審査より厳しいと言われており、消費者金融のカードローンと同じような審査の基準で審査が行われ、総量規制、収入確認の提出基準なども消費者金融からの借入と同じです。

このためショッピング枠の審査には通過したものの、キャッシング枠の審査には通過できないというケースもよくあります。

関連記事をチェック!

消費者金融会社一覧

このページでは日本中の消費者金融会社をまとめて一覧として紹介しています。あなたが求める条件にピッタリな消費者金融会社を見つけてください。 審査が甘い消費者金融 一般的には大手消費者金融よりも中小消...

消費者金融会社一覧

無担保借入とは

31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_s
他社借入申告欄に「無担保借入を記入」と書いてあることもありますが、無担保借入とは何でしょうか。文字通り担保がない借入のことなのですが、それでは担保が何なのかわからない人には全く分かりませんよね。

借入をしたら当然返済を行わなければなりませんが、もし返済が出来なかったときにあらかじめ指定された品物を相手に渡せば返済が免除され、この品物のことを担保と呼びます。

例えば、家を担保にお金を借入したが、何らかの事情で返済が困難になったとき、家を相手に渡すことでそれ以上返済する必要がなくなるというわけです。

担保があるローンが「有担保ローン」、担保がないローンが「無担保ローン」となり、住宅ローンが有担保ローンの代表、カードローンが無担保ローンの代表です。

銀行からの借入ならば住宅ローン以外は無担保ローンの場合が多いです。一方、カーディーラーの自動車ローンでは、購入した自動車が担保になっています。

関連記事をチェック!

無担保ローンとは担保必要なしのローン

無担保借入とは 無担保借入=担保が要らないローン 担保は、万が一お金が返せなくなってしまった場合、お金を返さない代わりに、その物を引き換えにされるものです。不動産や車などが多いです。 つまり...

無担保ローンとは担保必要なしのローン

銀行借入とは

920e4c65fea95eaa0d77c7b7fcf892fe_s
銀行借入とはほとんどの場合で事業資金を借入することを指します。事業資金を銀行借入するときのポイントを説明しましょう。

銀行による借入はお金を借りることを指しますが、銀行からお金を借りるということは本来どのような意味で、どのような手続きによってお金を借りることができるのでしょうか?

銀行借入は単なる「借金」ではない

銀行からの借入は単純にお金を借りるという行為以上の意味があります。銀行は預金者から預金を集めて、その資金を融資することによって預金者の預金という資産を運用しています。

そのため、銀行から借入を行うということは預金者にとっては投資と同じです。単なる借入ではなく、預金者にとっての投資先としてふさわしいかどうかを判断するために、銀行は決算書や確定申告書の提出を要求しています。

単なる借金と考えずに自社が預金者にとって有望な投資先であるように努めようと意識をすれば、銀行からの借金は単なる借金以上の意味があるのではないでしょうか?

取引を行う銀行を探す

取引を行う銀行をどうやって探すかと言えば、自社にあった銀行を探すということです。銀行によっては、中小企業の融資に強い銀行、創業への融資を積極的に行っている銀行、製造業に強い銀行、IT産業に強い銀行など様々です。

地方の銀行で、ITベンチャーの話をしてもなかなか事業の有望性を理解してくれないかもしれませんし、農業への融資の理解は地方銀行や農協の方が強いでしょう。

このように自社の長所や強みを適切に評価してくれる銀行を探しましょう。

関連記事をチェック!

銀行借入とは

会社を営んでいる人、個人で事業を営んでいる人は銀行から事業資金という資金を借りることができます。 事業資金は個人が車や住宅を購入する時の融資とは異なり、会社の事業に対して行う融資ですので、審査、...

銀行借入とは

1年以内に返済する短期借入

銀行からの事業資金は大きく分けて借入期間が1年以内の物と1年以上の物の2種類があり、1年以内に返済するものを短期借入、返済が1年後以降のものを長期借入と言います。

短期借入は主に手形貸付という融資方法で、借入金は特定の日に一括で返済することになります。短期借入を利用するのは、土地の購入などで借入金を一括で利用し、それによって得られる利益が一括で手に入る場合です。

入金はすぐに行われるが、そのために必要な初期費用が不足している場合などに短期借入は利用します。

関連記事をチェック!

短期借入金とは~短期借入金と長期借入金の違い~

短期借入金とは 短期借入金利とは、1年以内で返済期日が到来する借入金です。原則として返済は一括で、利息は融資を受ける際に前払いします。 1年以内の借入金の融資方法は手形貸付という貸付方法で行い...

短期借入金とは~短期借入金と長期借入金の違い~

長期間借入する証書借入

逆に、長期借入は借入から返済まで1年以上かかり、返済も一括ではなく少しずつ行う借入方法です。返済が長期なので、短期借入では利用できないような多額の借入を行うことができます。

長期借入は証書借入という方法が代表的で、創業資金や設備の投資費用などを証書借入で手に入れ、長期間かけて少しずつ返済していくことになります。

関連記事をチェック!

長期借入金とは

借入金には長期借入金と短期借入金の2種類がある 借入金には長期借入金と短期借入金の2種類があります。この2つの借入金の違いはどのようなものなのでしょうか? 短期借入金とは 短期借入金とは1年以内...

長期借入金とは

関連記事をチェック!

銀行から借入:手形貸付、証書貸付、割引手形、当座貸越

銀行から借入を受ける!融資科目による違い 一口に「銀行からお金を借りる」と言っても融資の方法は、実は様々な方法があります。 特に企業が銀行から融資を受ける際には、業態によってお金が必要なタイミ...

銀行から借入:手形貸付、証書貸付、割引手形、当座貸越

創業資金の融資を受けるポイント

00_PP42_PP_TP_V
銀行に借入を申し込むには、すでに事業を営んでいる場合には決算書を最低3期分、創業の場合には創業計画書や事業計画書を持参して銀行へ相談に行くのが第一歩です。

この際に自社の事業内容を適切に判断してくれるか、適切に事業の将来性を理解してくれている担当者かどうかが銀行選びのポイントです。

普通預金口座があるだけであっても何らなの取引がある銀行に相談に行った方が、話が早いですし、取引先の会社などに銀行を紹介してもらえば、対応が全く異なり、銀行は取引先の社長の顔をつぶすわけにはいきませんのでかなり積極的に話をしてくれます。

申し込みの際には、決算書などの数字から分かる部分の他、会社の状況についての様々なヒアリングを行いますが、その際には変に自社の状況を良く見せようとせずに、良いことも悪いこともありのままの状況を申告しましょう。

すべてよいことばかりであったら銀行から融資を受ける必要はありません。自社のウィークポイントを経営者としてしっかりと把握しているかどうかも経営者として問われ資質です。

また、創業資金の融資を受ける場合には自分の夢を恥ずかしがらずに大いに語りましょう。創業資金は銀行に「この人を応援したい!」と思わせることが実はかなり重要ですので、創業にかける夢をありのままに語りましょう。

関連記事をチェック!

開業資金の融資を受けるなら公的融資がオススメ

近年は終身雇用制の崩壊にともない、公務員でもなければ「雇用社員=食いはぐれがない」という絶対の安心感が持てる業種は本当に少なくなってきました。 そして、それの呼応するように多くなってきたのが開業...

bea4fb52c46bddb704ffd154e6338b27_t

関連記事をチェック!

借り入れ審査が通るポイント【銀行融資審査員が語る】

銀行カードローンの借入審査に通るためのポイント 属性によって審査の見方は大きく変わる 融資を申し込む際、様々な個人情報が必要となります。 性別や年齢、年収や雇用形態などです。 融資審査...

借り入れ審査が通るポイント【銀行融資審査員が語る】

住宅ローンの借入とは

銀行から借入れを行うのに広く使われるのが住宅ローンでしょう。人生の中で最も高価な買い物と言われるものです。

しかし住宅ローンの借入れには一定の条件を満たす必要があり、住宅を購入するからとからといって、申し込めば誰でも借入できるとは限りません。

住宅の購入には多額の金額が必要ですね。それも年収の5倍以上になることも珍しいことではなく、したがって住宅ローンの借入金額はカードローンの比ではありません。

当然ながら銀行による住宅ローン審査は厳しくなります。

長期間、それも20年以上にわたって返済していくことが多くなるローンですから、住宅ローン契約した後でも間違いなく返済していけるのかどうかが焦点です。

安定継続した収入があることはもちろんのこと、購入する不動産の評価額や住宅ローン契約者の勤務先、継続年数、家族構成も重要な審査の項目となります。

また銀行が住宅ローンを契約しても返済能力がある、と考える指標のひとつに「返済比率」の考えがあります。いくら年収が多くても返済比率が悪ければ審査に通ることは難しくなります。

返済比率とは

返済比率とは1年間に支払う借金の総額を年収で割った数値のことを言います。

1年間に支払う借金の中には自動車ローンやカードローン、クレジットカードの利用料金など負債と呼べる返済しなければならない金額を全て含みます。

一般的に銀行では返済比率が40%未満であることを一定の基準としていることが多く、年収によっては30%程度を返済能力があるかどうかの境目としています。

なぜなら返済比率が同じ40%でも、年収が低ければ手元に残る生活資金が少なくなってしまいます。年収が多ければ返済比率が40%だとしても、生活していくための資金を確保することができるからです。

返済比率の計算式は簡単で、次のようになります。

・返済比率=1年間の返済総額/年収x100

あなたの年収が500万円と仮定し、住宅ローンを除いて自動車ローンやクレジットカード、カードローンの返済額が年間に180万円あるとしてみましょう。

そうすると返済比率は上記の計算式により36%となります。36%の返済比率では残り4%しか余裕がありません。

金額に換算すれば年間の返済額は20万円です。

20万円の返済額で例え35年ローンを組んだとしても借入総額は700万円です。金利の分を考えれば300万円から350万円程度の借入契約しかできないとなります。これではとても住宅を購入することは無理ですね。

住宅ローンで借入する場合は他社返済額を減らしておく

継続安定して返済していくには可能な限り借金を減らしておくことです。

返済率を40%と設定している銀行であれば200万円まで1年間に支払うことができますので、住宅ローン返済期間を30年、利息を含めた借入総額は6,000万円までとすることができます。

利息負担分を差し引くと3,500万円から4,000万円程度の住宅ローンを組むことができますね。

しかし返済比率を30%や35%程度に基準を置いてある銀行であれば、1年間に返済可能な金額は150万円から175万円となります。

借り入れすることができる金額は30年ローンで、2,000万円から3,000万円の範囲内となります。 住宅購入資金に住宅ローンで間に合わなければ頭金を多く入れなければなりません。

4,000万円程度の物件であれば1,000万円の頭金を用意しなければなりません。

また夫婦共稼ぎでなんとか住宅ローンを返済していくことができる状況では、ローンを契約する年齢によっては老後の資金も足りなくなってしまうでしょう。

子供の教育資金や親の介護が必要となることも考え、返済比率をできるだけ少なくしておくことが大切ですね。

40%ギリギリではなく、30%未満、できれば20%程度を目安にしておくことが無理のない返済計画と言えるでしょう。

関連記事をチェック!

住宅ローンは年収の何割まで?借入可能額

年収はどのローンの審査においても重要な審査項目です。年収はカードローンにおいてもカーローンにおいても需要ですが、個人向けローンの最難関と呼ばれる住宅ローン審査において年収はどのように影響してくるのでし...

住宅ローンは年収の何割まで?借入可能額

まとめ

一口に借入と言っても銀行から借りるのか、消費者金融から借りるのか、クレジットカードのキャッシング枠から借りるのかによって審査の基準や取り巻く法律が大きく異なります。

また、事業資金を借りるのであれば会社の業績や将来性を審査されますが、個人のローンを借りるのであれば個人信用情報や勤務先や年収などの属性情報を基に審査が行われることになります。

まずは、自分がどのような目的で借入を行いたいのか明確化してどの銀行にどの商品を申し込むかを検討しましょう。

関連記事をチェック!

自営業、個人事業主のカードローン審査基準

個人事業主はカードローンの審査に通りにくいという話はよく耳にします。 これって果たして本当の話なのでしょうか? カードローンの申し込み条件は消費者金融にしても銀行にしても下記の2点だけです...

自営業、個人事業主のカードローン審査基準

関連記事をチェック!

借入金とは返済計画があらかじめ決まっている借金のこと

会社経営者は借入金とは切って切れない縁があります。 会社経営には借入金はつきもので、借金自体は悪いことではありません。 借金とはうまく付き合っていくことが最も大切ですが、無計画に銀行に言わ...

借入金とは返済計画があらかじめ決まっている借金のこと

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 複数・・・

このページの先頭へ