借入とローン・融資の違いとは

借入と似た言葉に「ローン」や「融資」がありますね。

しかし、これらの言葉は意味が異なります。

皆さんは「借入」「ローン」「融資」の違いを理解していますか。

借入とローンや融資との違い

この3つの言葉の違いを説明します。

借入

借入は、お金や物を借りること全般を指し、基本的には金融機関からお金を借りることを指します。

しかし、友人からお金を借りる場合にも、大金であれば借入と表現する事もありますので、一般的に使う「借金」という言葉と同じ意味と考えても問題ないでしょう。

借入はお金以外で使っても間違いではありませんが、ローンや融資はお金の受け渡しに関してしか使いません。

ローン

ローンとは特定の商品を購入するために金融機関などからお金を借りることを指します。

「住宅ローン」「自動車ローン」など、それぞれ家や自動車を購入する場合に貯金だけでは足りないことがほとんどです。

その際、先に商品を手に入れてから返済を行う仕組みのことをローンと言います。

「〇〇年ローンを組む」と言うように、「借入」はお金を借りること自体を指す一方、「ローン」は商品の購入とその後の返済も含めて指すことが多いです。

ローンは金融機関だけではなく、例えばパソコンを購入するときにメーカーや、量販店の提供するローンを利用することも可能です。

ローンはこの一連の流れで利用する商品と言うことができます。

ローンの多くは購入する商品が決められていることが多いですが、中にはカードローンやフリーローンのように使いみちが基本的に自由な場合もあります。

その場合でも申込時には何に使う予定かを伝えなければなりません。

関連記事をチェック!

借入用途と審査の関係性

カードローンで借入!用途は何でも良いの? カードローンを利用する理由には人それぞれの事情がありますよね。どうしても欲しい商品があるとき、給料前の急な出費、家族には言えないワケありのお金。国内...

借入用途と審査の関係性

融資

事業や商品購入をするための資金がない人に対して金融機関などが利息を見込んでお金を貸すことを融資と呼びます。

基本的に娯楽のための資金ではなく、会社であれば事業拡大、個人であれば住宅購入や教育費用など、利用者に利益のある使用目的の資金の場合に融資という言葉は使われることが多いです。

融資も借入やローンと似ていますが、借入はお金を受け取る側(利用者)から見て行うものに対し、融資はお金を渡す側(金融機関)が行うものとなっています。

お金の貸し借りが発生した場合、利用者からみれば借入となり、金融機関からすればそれは融資になるのです。

借入とはお金や物を借りること

「借入」という言葉を辞書で調べると、「金銭や品物を借りること。」と書かれています。つまり、借入という言葉は本来、お金だけに限らず物を借りる場合も指しているのです。

しかし、現在にて借入と言えば、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りること、いわゆる借金のことを指すことがほとんどです。

本来の借入はお金や物を借りること全般を指し、一般的には金融機関からの借金を意味します。

借入を行う場合には基本的に返済時には利息を追加し、借りた金額よりも多くを返さなければなりません。

ATMからの借入れとは

  1. 金融機関が設置する専用ATM
  2. 銀行やコンビニなど提携ATM

からお金を引き出して借りる方法があります。

ATMによっては24時間365日利用できることもあって、お金を借りる際に最も利用される方法です。

注意したいことにATMを利用してお金を借入れする場合、1日あたりに利用できる利用限度額が設定されていることです。

カードの利用限度額がたとえ300万円になっていたとしても、金融機関が設定する1日あたりの借入限度額を超えてお金を借りることできません。

またコンビニATMでは1回あたりの引き出し額が20万円までと設定されていることにも注意が必要です。セキュリティ上の観点から1回あたりの借入限度額を制限しているのです。

例えば50万円をコンビニATMで借りようとしても、1回あたりの引き出し額は20万円までですから、20万円+20万円+10万円=50万円、と3回ATMを操作しなければなりません。

ATM利用手数料がかかるカードローンやクレジットカードのキャッシングであれば、その都度手数料を支払わなければなりません。

カードローンによる借入

ww
事業融資や住宅ローンの他にも銀行の融資としてカードローンというものがあります。では、カードローンによる借入とはどのようなものなのでしょうか。

カードの限度額まで何度でも利用できる

カードローンとは最初に必ずしもお金を借りるわけではありません。カードローンは「いくらまでは審査なしで自由に借りることができる」という枠を最初に作成します。

その枠の範囲内で自由に利用者がお金を借りることができるというものです。

借入とは本来は借入の都度審査を受けなければならないものですが、カードローンで先に枠を作成しておけば限度額までの審査はすでに終わっていますのでその後は自由に枠の範囲内でお金を借りることができます。

この枠にカードを発行したものがカードローンです。カードがあるため銀行の営業時間外でも自由にATMからお金を借りることができます。

そのほかにも電話やインターネットで振込を依頼して指定した口座へ指定した金額を振り込むことで融資を受けるという方法もあります。

カードローンは何に使用しても自由ですが、唯一事業資金へだけは利用することができません。

関連記事をチェック!

カードローン借入限度額(可能額)と年収.借金できる金額

消費者金融には年収の3分の1を超える借り入れを行うことができない総量規制という、借り入れ額に対する決まりがあります。 [article link="http://hihin.net/?p=115...

カードローン借入限度額(可能額)と年収.借金できる金額

関連記事をチェック!

借入の極度額と限度額ってどういう意味?

カードローン借入する契約書には極度額が記されていますよね。でもその額を利用することはできません。不思議ですね。 キャッシングをする場合の極度額と限度額とは何がどう違うのか、カードローンを利用する...

借入の極度額と限度額ってどういう意味?

銀行借入とは

920e4c65fea95eaa0d77c7b7fcf892fe_s
銀行借入とはほとんどの場合で事業資金を借入することを指します。事業資金を銀行借入するときのポイントを説明しましょう。

銀行による借入はお金を借りることを指しますが、銀行からお金を借りるということは本来どのような意味で、どのような手続きによってお金を借りることができるのでしょうか?

銀行借入は単なる「借金」ではない

銀行からの借入は単純にお金を借りるという行為以上の意味があります。銀行は預金者から預金を集めて、その資金を融資することによって預金者の預金という資産を運用しています。

そのため、銀行から借入を行うということは預金者にとっては投資と同じです。単なる借入ではなく、預金者にとっての投資先としてふさわしいかどうかを判断するために、銀行は決算書や確定申告書の提出を要求しています。

単なる借金と考えずに自社が預金者にとって有望な投資先であるように努めようと意識をすれば、銀行からの借金は単なる借金以上の意味があるのではないでしょうか?

関連記事をチェック!

銀行借入とは

会社を営んでいる人、個人で事業を営んでいる人は銀行から事業資金という資金を借りることができます。 事業資金は個人が車や住宅を購入する時の融資とは異なり、会社の事業に対して行う融資ですので、審査、...

銀行借入とは

関連記事をチェック!

銀行融資の審査を受ける条件や必要書類

日銀のマイナス金利導入によって、事業資金の調達がしやすくなったという声が聞こえてきます。 しかしそれは大企業や中小企業でも比較的規模が大きく、長年事業しているような会社に限られ、零細企業や個人事...

銀行融資の審査を受ける条件や必要書類

住宅ローンの借入とは

銀行から借入れを行うのに広く使われるのが住宅ローンでしょう。人生の中で最も高価な買い物と言われるものです。

しかし住宅ローンの借入れには一定の条件を満たす必要があり、住宅を購入するからとからといって、申し込めば誰でも借入できるとは限りません。

住宅の購入には多額の金額が必要ですね。それも年収の5倍以上になることも珍しいことではなく、したがって住宅ローンの借入金額はカードローンの比ではありません。

当然ながら銀行による住宅ローン審査は厳しくなります。

長期間、それも20年以上にわたって返済していくことが多くなるローンですから、住宅ローン契約した後でも間違いなく返済していけるのかどうかが焦点です。

安定継続した収入があることはもちろんのこと、購入する不動産の評価額や住宅ローン契約者の勤務先、継続年数、家族構成も重要な審査の項目となります。

また銀行が住宅ローンを契約しても返済能力がある、と考える指標のひとつに「返済比率」の考えがあります。いくら年収が多くても返済比率が悪ければ審査に通ることは難しくなります。

関連記事をチェック!

住宅ローンは年収の何割まで?借入可能額

年収はどのローンの審査においても重要な審査項目です。年収はカードローンにおいてもカーローンにおいても需要ですが、個人向けローンの最難関と呼ばれる住宅ローン審査において年収はどのように影響してくるのでし...

住宅ローンは年収の何割まで?借入可能額

 無担保借入とは

31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_s
他社借入申告欄に「無担保借入を記入」と書いてあることもありますが、無担保借入とは何でしょうか。文字通り担保がない借入のことなのですが、それでは担保が何なのかわからない人には全く分かりませんよね。

借入をしたら当然返済を行わなければなりませんが、もし返済が出来なかったときにあらかじめ指定された品物を相手に渡せば返済が免除され、この品物のことを担保と呼びます。

例えば、家を担保にお金を借入したが、何らかの事情で返済が困難になったとき、家を相手に渡すことでそれ以上返済する必要がなくなるというわけです。

担保があるローンが「有担保ローン」、担保がないローンが「無担保ローン」となり、住宅ローンが有担保ローンの代表、カードローンが無担保ローンの代表です。

銀行からの借入ならば住宅ローン以外は無担保ローンの場合が多いです。一方、カーディーラーの自動車ローンでは、購入した自動車が担保になっています。

関連記事をチェック!

無担保借入残高とは

新しくクレジットカードやカードローンの申込を行うときに無担保借入残高を申請しなければなりません。 しかし、中には無担保借入残高とは何なのかが分からないという人が多いようです。 そこで今回は...

tsuruno23_TP_V

まとめ

一口に借入と言っても銀行から借りるのか、消費者金融から借りるのか、クレジットカードのキャッシング枠から借りるのかによって審査の基準や取り巻く法律が大きく異なります。

また、事業資金を借りるのであれば会社の業績や将来性を審査されますが、個人のローンを借りるのであれば個人信用情報や勤務先や年収などの属性情報を基に審査が行われることになります。

まずは、自分がどのような目的で借入を行いたいのか明確化してどの銀行にどの商品を申し込むかを検討しましょう。

関連記事をチェック!

自営業、個人事業主のカードローン審査基準

個人事業主はカードローンの審査に通りにくいという話はよく耳にします。 これって果たして本当の話なのでしょうか? カードローンの申し込み条件は消費者金融にしても銀行にしても下記の2点だけです...

自営業、個人事業主のカードローン審査基準

関連記事をチェック!

借入金とは返済計画があらかじめ決まっている借金のこと

会社経営者は借入金とは切って切れない縁があります。 会社経営には借入金はつきもので、借金自体は悪いことではありません。 借金とはうまく付き合っていくことが最も大切ですが、無計画に銀行に言わ...

借入金とは返済計画があらかじめ決まっている借金のこと

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  2. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか。 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資・・・

  3. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. matome

    「また審査に通らなかった」 「別のカードローンだったら借り入れできるかな?」 と考えているあなた。確かに保証会社の違うカードローン会社へ申し込む、というのも一つの手だと思います。 一方、なぜ借り入れ審査に落ちてしまったの・・・

  5. 1

    むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行っております。(これが借り入れの最短方法) 仕事が終わった夕食を食べた後、アコムの無人契約機「むじんくん」へいくことにしました。19時すぎです。 今回は、千葉駅前支店で・・・

  6. sinsa

    私は近年アコムに数年ほど務めておりました。 ウェブで検索してみると、むじんくんでのカードローンの申し込みなどの記事が多く見受けられますが、 審査担当者側から執筆されている【むじんくんの裏側】に関して記述されているものは皆・・・

このページの先頭へ