一人暮らししたいけどお金がない時の対処法!物件の選び方・引っ越すタイミング

貯金があってそれらの費用を払えれば特に問題はありませんが、お金がない場合は借りたり、支出を抑える方法を取り入れたりするしかありません。
そこで当記事では、一人暮らしをしたいけどお金がない方に向けて、一人暮らしを実現するための方法、一人暮らしにかかる平均費用、一人暮らしを始める時に用意する物を解説します。

また、一人暮らしにかかる初期費用を支払えたとしても、後に家賃の支払いや借金をした場合は返済が始まります。家賃の支払いや返済に困らないためにも、紹介する一人暮らしの節約術を参考にお金を残す努力をしてみてください。

「手っ取り早く家を出たい」「お金を借りてでも引っ越したい」という人はカードローンが最適です。
10万円を30日間借りた場合の利息はおよそ1500円以下(借入額10万円、金利年18.0%、借入日数30日間でシミュレーション)。これを日数換算すると1日50円以下です。
さらに、30日間無利息サービスを行っているカードローンであれば利息はかかりません。

以下から公式サイトをチェックして、事前借入診断を行ってから申し込むことをおすすめします。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

お金がなくても大丈夫?一人暮らしを実現するための方法

手元にお金がなかったり、まとまった預金がなかったりするからといって、一人暮らしを諦めるのは早いです。以下の方法で、一人暮らしにかかるお金を用意できたり、負担を軽減して貯金の範囲内で抑えられたりできます。

【一人暮らしを実現するための方法】

  • 引っ越しや家具購入費用などを一時的にカードローンで借りる
  • 家賃が安い部屋を選ぶ
  • 家賃相場が低いエリアで探す
  • 敷金・礼金が0円の物件を選ぶ
  • 仲介手数料が格安・無料の物件を選ぶ
  • 引っ越し料金が安いタイミングを狙って費用を抑える
  • フリーレント付きで前家賃をなくす
  • 保証会社を利用しない物件を選ぶ
  • 荷物を減らす
  • 家具・家電は手持ちの物を活用する

複数の方法を同時に取り入れられるなら、一人暮らしをするためにかかる費用をさらに抑えられるでしょう。それぞれの方法について解説するので、しっかりとチェックして一人暮らしの実現につなげてください。

引っ越しや家具購入費用などを一時的にカードローンで借りる

アパートやマンションへの入居費用、引っ越しや家具購入費用などを用意するのが難しい場合、カードローンで一時的に借りるのも方法の一つです。審査に通過するのが前提ですが、返済能力や信用力が認められれば、まとまった金額を借りられます。

「カードローン」とは、ローン専用のカードを使ったり、振込融資を利用したりして、契約時に決定した利用限度額の範囲内で繰り返して融資を受けられること。急に発生するイレギュラーな資金ニーズへの対応や、近いうちに発生が予想できる一時的な費用補填などに充当できるのが特徴のローンサービスです。

カードローンは、銀行カードローンと消費者金融カードローンの2種類に分類されます。そのうち、すぐにお金が必要、借入期間が短期間で済みそうという人なら、最短即日融資に対応・無利息期間サービスを利用可能な消費者金融カードローンを選んでください。
すぐに返済するのが難しい人、お金を用意するまでに時間の余裕があるなら、金利設定の低い銀行カードローンを選ぶとよいでしょう。

それぞれのカードローンのメリット・デメリットを以下でまとめたので、参考にしてください。

メリット デメリット
銀行
カードローン
・金利設定が低い
・銀行との取引内容によっては金利優遇あり
・貸金業法の総量規制の対象外(借り入れを年収の3分の1までに制限されない))
・審査通過難易度が高め
・最短即日融資に対応していない
・申し込み手続き~融資開始までに1週間以上かかるケースもある
・無利息期間サービスを提供する会社が限定される
消費者金融
カードローン
・最短即日融資に対応
・審査時間は最短30分程度
・一部の会社は無利息期間サービスを提供
・Web完結申込など、電話連絡なし・郵送物発送なしといった対応が可能
・金利設定が高い
・金利優遇制度が基本的にない
・貸金業法の総量規制によって年収の3分の1を超える融資を受けられない

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

家賃が安い部屋を選ぶ

お金がない人はとにかく家賃の安い部屋を選んで住むしかありません。一般的に家賃の目安とされるのが、給料の手取り30%以内です。
「手取り」とは、支給された給与から厚生年金保険料や健康保険料、雇用保険料、所得税の源泉徴収額、住民税などを天引きした金額を意味します。細かい金額は異なりますが、額面の80~85%程度と考えればよいでしょう。

家賃の目安として、手取りの30%を計算すると以下の通りです。

【家賃の目安:手取り額30%のイメージ】

  • 手取り15万円の場合=4万5,000円
  • 手取り20万円の場合=6万円
  • 手取り25万円の場合=7万5,000円

上記はあくまでも目安であり、可能なら30%以内に抑えるのがベストです。家賃は生活費の大部分を占める費用なので、節約できれば生活は安定します。

家賃相場が低いエリアで探す

一人暮らしにかかる初期費用を抑えたい、そもそも給料の手取り金額が少ない、家賃の支払い負担をできるだけ抑えたい人は、家賃相場が低いエリアに絞って部屋探しをするのがおすすめです。

また、アパートやマンションを借りる場合、家主や不動産会社に支払う敷金・礼金は家賃を基準にした額を支払います。
「敷金・礼金は1ヶ月分」などの案内を見たことがある人も多いのではないでしょうか。その際に、敷金・礼金の〇ヶ月分に家賃を掛けた金額が実際に支払うべき額です。家賃が低ければ、敷金・礼金の負担をその分抑えられます。

家賃を1万円下げるだけでも、数万円単位の初期費用軽減が可能です。敷金・礼金ともに家賃の1ヶ月分の場合、8万円の部屋と6万円の部屋に住むのでは、金額に4万円もの差が出ます。

「公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会」が公開する東京都の平均家賃相場は、都心部の港区でワンルーム10.92万円、1K・1DKで11.31万円、中央区になるとワンルーム11.21万円、1K・1DKで10.77万円です。
それに対し、郊外である葛飾区はワンルームで5.38万円、1K・1DKで6.16万円となっています。これがさらに23区外になると、ワンルームで3万円以下の場合も。半額以下の相場になる場合があります。

参考元:賃貸アパート・マンション、不動産情報検索サイト – ハトマークサイト|賃料相場:東京都

敷金・礼金が0円の物件を選ぶ

敷金は物件を退去する際の原状回復費用の預り金、礼金は家主に対する謝礼として支払う費用です。家賃のように支払い必須の費用ではないので、初期費用を抑えたいなら、敷金・礼金が0円の物件に絞って部屋探しをしてみましょう。

仲介手数料が格安・無料の物件を選ぶ

仲介手数料は、不動産会社との交渉次第で割引してもらえたり、無料にしてもらえたりするケースがあります。ただし、不動産の繁忙期に該当する2~4月ではなく、閑散期の6~9月頃を狙って交渉してみてください。物件に動きのない時期は応じてくれるかもしれません。

交渉する際は「仲介手数料を値引きしてくれたら契約します」という意思をしっかりと伝えましょう。曖昧な申し出の場合、断られる可能性を高めるだけです。

大手不動産会社の「エイブル」では、負担する仲介手数料を「55%」と定める物件を取り扱っています。費用を抑えたい人は、ぜひチェックしてみてください。

参考元:【エイブル】仲介手数料が家賃の55%以下賃貸物件(マンション・アパート)・部屋探し情報

引っ越し料金が安いタイミングを狙って費用を抑える

引っ越し業者を利用する場合、作業をする時期や移動する距離によって料金に差が出ます。引っ越し先が遠距離だと、一人暮らしでも10万円以上かかるケースも珍しくありません。また、繁忙期となる2~4月は、5~1月の閑散期よりも料金設定が高額になりやすいです。
「この時期に絶対に引っ越したい」というこだわりがないなら、繁忙期を避けた閑散期に引っ越しをした方がよいでしょう。

費用負担を抑えたいなら月の上旬から中旬の平日がおすすめ

家賃の日割り計算などの問題で、賃貸物件への入居は月末に集中しやすい傾向です。引っ越しが多いのも月末になるため、月末を避けた月の上旬から中旬、さらに平日の作業を提案してみてください。値引き交渉がスムーズに進む可能性が高いです。

ただし、3~4月になると引っ越しの超繁忙期で、曜日関係なく引っ越し料金が上がります。値引き交渉も成功しにくくなるため、可能であればこの期間は避けた方がよいでしょう。

日時お任せコースも料金が安くなりやすい

多くの引っ越し業者では「日時お任せコース」というプランを導入しています。その名の通り引っ越し業者が指定する日時で引っ越し作業をすることで、引っ越しをする側の自由が利かない代わり、大幅な値引き交渉に応じてくれる可能性が高いです。

フリーレント付きで前家賃をなくす

「フリーレント」とは、家主が決めた一定期間の家賃が無料になる契約です。具体的な無料期間は契約によって異なりますが、2週間~2ヶ月分の家賃が無料になるケースが多いでしょう。
なお、フリーレント付きではない物件でも、家主や物件を仲介する不動産会社との交渉次第で無料にしてもらえる場合があります。「付けてくれたら契約したい」と申し出てみるのが効果的です。

注意点として、フリーレント付き物件を途中解約した場合は違約金がかかるのが一般的です。後でトラブルにならないためにも、契約手続きの際に違約金が発生する条件を確認してください。

保証会社を利用しない物件を選ぶ

最近の賃貸契約の約8割は保証会社を利用するのが必須です。借主側から保証会社を利用したくないという希望は基本的に通用しません。しかしごくわずかではあるものの、保証会社を利用せず、連帯保証人を立てれば済む物件があります。
保証人なしの物件なら保証料が発生しないので、家賃を1ヶ月分安くできます。

荷物を減らす

引っ越し料金が確定するための大きな要素となるのが、引っ越し先までの距離と荷物の量の2点です。引っ越し先までの距離は変更できませんが、荷物の量なら調節できます。

そこで、おすすめなのが引っ越しの際に業者に運んでもらう荷物の量を減らすことです。引っ越し作業に必要なトラックの台数を減らせたり、作業スタッフの人数も最小限にできたりして、支払う料金を抑えられます。

その他に、引っ越し準備をする段階で不要なものは処分するようにしてください。換金価値のありそうな品物なら、フリマアプリやリサイクルショップに売れば現金が手に入るので一石二鳥です。

家具・家電は手持ちの物を活用する

家具や家電、身の回りの雑貨など、手持ちの物を使えそうなら一人暮らしの部屋でも活用してみてください。
部屋に合わせてブランドやデザインを重視した新品を購入したいのは分かります。しかし、支出を最低限の範囲内に抑えるためにも、こだわりのアイテムを購入するのは金銭的に余裕ができてからにしましょう。

「売るものもないし貯金もない」「どうしても初期費用をまかなえない」など、引っ越し費用をどうしても用意できない場合はローンの利用がおすすめです。以下の記事では引っ越しに利用できるローンについて解説しています。引っ越し前にぜひ参考にしてみてください。

>>>引っ越しローンならコレ!審査は甘い?低金利?

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

一人暮らしにかかる費用はどのくらい?|平均費用を紹介

一人暮らしの生活にかかる費用は、家賃を除いて約13万7,200円程度という結果が出ています。
お金の使い方には個人差があるものの、初めて一人暮らしをする人は生活費の目安を知っておいてください。部屋探しをするに当たって、無理のない予算内で物件選びをするための目安になるからです。

一人暮らしの生活にかかる費用内訳の目安は、以下を参考にしてください。

食費 約4万4,000円
水道光熱費 約7,200円
生活用品費 約3,600円
被服費 約8,200円
保健医療費 約4,500円
交通費 約2万円
通信費 約6,700円
娯楽費 約2万円
その他 約2万3,000円
合計 約13万7,200円

参考元:統計局ホームページ/家計調査|総務省統計局

一人暮らしを始める時に用意する物

一人暮らしを始める時に新たに用意する物がいくつかあるので、それらの予算も考慮しないといけません。用意する物を目的別にまとめたので、必要に応じて購入してください。

日用品

日用品は初日から必要なので、入居するタイミングに合わせて購入してください。実家暮らしなどが長い人は、普段の生活の中で無意識に利用している物が多いです。そういった物は忘れがちになるので注意しましょう。

  • トイレットペーパー
  • ハンドタオル
  • バスタオル
  • カーテン
  • ハンドソープ
  • 居室内の照明
  • 布団などの寝具 など

家具・家電

家具・家電は、生活を快適にするために必要です。ただし、選ぶ物によっては高額になりやすいので予算を決めた上で購入してください。家具・家電のうち最低限必要な物を以下でピックアップしたので、参考にしてください。

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • エアコンや扇風機
  • 電子レンジ
  • テレビ
  • ドライヤー
  • テーブル・椅子 など

小物・雑貨

生活するには、調理器具や洗濯に使用する生活雑貨などが必要です。家具・家電と同様に使用頻度が高い物なので、必要性の高いものや持っていない物を中心に購入しましょう。

  • 調理器具(鍋やフライパンなど)
  • 衣類用・食器用の洗剤
  • 洗面用具
  • 物干しざお
  • 衣類用ハンガー
  • 掃除用具 など

あると便利な物

利用頻度は決して高くないけれど、あれば便利という物も少なくありません。金銭的に余裕があれば、以下の物も買いそろえてみてください。

  • 収納ケース
  • 壁掛け時計
  • 全身が映せる鏡(姿見) など

一人暮らししたいけどお金がない人向け|先取り貯金をしよう

これまでに解説したように、一人暮らしにはお金がかかります。「すぐにまとまったお金を用意できない」「返済できるか不安だから借金はしたくない」という人は、一人暮らしのために先取り貯金を始めましょう。

「先取り貯金」とは、給料が支給されたら先に決まった金額を貯金する方法です。定期預金の口座を作って、自動引き落としにすると管理の手間もかかりません。
普通預金のように気軽に引き出しができないため、貯金が苦手な人やなかなか継続できない人がまとまったお金をためるのに効果的です。

目標金額を設定する

先取り貯金をするに当たって、まずは目標金額を決めましょう。その後、毎月の給与から支出を差し引いて、手元に残る金額を先取り貯金に回すようにしてください。
「毎月3万円なら貯金に回せそう」「余裕を持って毎月2万円にしよう」など、無理のない範囲内で貯金額を設定するのが重要です。

貯金額を設定する際に最初から大きい額で始めると、生活費が捻出できなくなったり、貯金そのものが継続できなくなったりします。最初は少額から始めてみて、様子を見ながら貯金額を増額するのも有効です。

家計簿をつけて抑えられる出費がないかチェックする

お金をためるには、家計簿をつけるなどして毎月の収支管理を確実に行うのが重要です。
収支が分かれば、無駄な支出や抑えられたはずの支出が見えてきます。「今月は外食費が多かったから来月は控えよう」「電気代が高いから節電に気を付けよう」というように、節約への意識が高まるはずです。

一人暮らししたら終わりではない|その後の節約術

アパート・マンションの契約が完了して、引っ越しが終われば一人暮らしの始まりですが、それで終わりではありません。家賃の支払い、一人暮らしのためにローンを利用していたら返済が始まるからです。
給料の中から、家賃の支払いやローンの返済を行うのは決して楽ではないので、日頃から節約を心がける習慣をつけるとよいでしょう。

ここでは、一人暮らしを始めた後の節約術を紹介します。

固定費を徹底的にカットする

少ないお金で生活するには、固定費を徹底的にカットするのが重要です。固定費は金額が高額になりがちなので、節約は手元に残せるお金を増やすのに効果的でしょう。

固定費をカットするために取り入れたい行動は、以下の通りです。

【固定費をカットするために取り入れたい行動】

  • スマートフォンは格安SIMを利用する
  • 照明をLEDにする
  • 浴槽にお湯を張るのをできるだけ避ける
  • 自動車は持たない
  • 保険料の契約内容の見直し(保障の重複など)
  • サブスクリプションサービスへの加入が適しているのかを見直す

自炊を心がける

「一人だから外食した方が手間はかからない」となりやすいですが、節約効果を求めるのなら自炊を心がけてください。自炊で購入する食材を工夫すれば、1ヶ月当たりの食費を最低限に抑えられるからです。

例えば、1日当たりの外食代(3食分)を1,500円とした場合、1ヶ月(30日)当たり4万5,000円の支出を確保しないといけません。
そこで、以下のような使い勝手の良い安くてお得な食材を使って自炊すれば、食費を2〜3万円台に抑えるのも可能でしょう。

【価格が安いお得な食材】

  • もやし:1袋10~20円
  • 豆腐:1パック40~60円
  • パスタ:1袋100~200円
  • 納豆:3パックセット50~150円
  • 鶏胸肉:100グラム60~100円
  • ひき肉:100グラム100~120円
  • キャベツ:200円
  • じゃがいも:1個30~40円
  • 人参:1本50~80円
  • たまご:1パック100~200円
  • 小松菜:1袋80円

その他にスーパーの見切り品、大容量パックを買って冷凍保存しておけば、さらに節約効果が期待できます。

付き合いは最低限の範囲内で行う

会社の上司や同僚、友人から誘われる飲み会や食事会は、あらかじめ回数を決めるなどしておくとよいでしょう。
誘われるたびに飲み会や食事会に参加しているようでは、すぐに使えるお金が底を尽きます。社会人として働く上で交際費は必要な出費の一つですが、必要最低限の範囲内にしないといけません。

例えば1回の飲み会や食事会で5,000円使ったとして、それを週に2回続けたら毎月の交際費は4万円にもなるのです。飲み会や食事会を月に1~2回に抑えられないなら、せめて週に1回に抑えてください。そうすれば毎月の交際費を2万円にまで抑えられます。

お金がなくても分割払いやリボ払いは利用しない

お金がない時にクレジットカードを使うのは有効ですが、その際に分割払いやリボ払いを利用するのは避けてください。分割払いやリボ払いには必ず利息が付くからです。
例えば、10万円の買い物で毎月1万円を10回で支払った場合、それだけで7,000円ぐらいの利息が発生します。

さらに借り入れが増えれば、その分利息も増えて、返済のために借り入れをする多重債務の状態に陥る可能性が高いです。
手元に現金がなくて、クレジットカードに頼らなくてはいけない生活が続くのなら、早い段階で一人暮らしを諦めて実家に戻る、または副業をするなどして収入を増やす努力をしましょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事