ケーズデンキでiPadを分割払い購入【クレカの返済シミュレーション】

「家電量販店のケーズデンキでiPadを分割で購入したい」
「学生がケーズデンキでiPadを分割購入する方法はあるのだろうか」

ケーズデンキでiPadを分割で購入する際に、利息がどのくらいかかるのか、返済や利息のシミュレーションを確認したいと考える人もいるのではないでしょうか。また、ケーズデンキでiPadを分割購入したい学生も少なくないでしょう。

ケーズデンキでiPadを分割で購入したい場合、クレジットカードやケーズデンキのローンを検討できます。それぞれの支払方法で特徴が異なるので、内容を確認して利用しやすい方法を選んでください。

当記事では、ケーズデンキでiPadを分割で購入する方法、返済・利息のシミュレーションや利用時の注意点を解説します。

クレジットカードならケーズデンキでiPadを分割払いで購入できる

ケーズデンキでiPadを分割払いで購入する方法の一つが、現在持っているクレジットカードの利用です。会計のタイミングで支払回数を指定する際に、一括払いではなく分割払いを希望してください。

なお、ケーズデンキオンラインにおけるiPadのWeb価格一例は以下の通りです。

商品 Web価格(税込み)
iPad Air(第5世代)MM9M3J/A Wi-Fiモデル 256GB 9万2,800円
iPad Air(第5世代)MM9C3J/A Wi-Fiモデル 64GB 7万4,800円
11インチ iPad Pro Wi-Fi 1TB MHR03J/A(税込み) 17万8,800円
11インチ iPad Pro Wi-Fi 2TB MHR33J/A 22万6,800円
11インチ iPad Pro Wi-Fi 512GB MHQX3J/A 13万0,800円
11インチ iPad Pro Wi-Fi 256GB MHQU3J/A 10万6,800円
11インチ iPad Pro Wi-Fi 128GB MHQR3J/A 9万4,800円
12.9インチ iPad Pro 1TB Wi-Fi MHNM3J/A 21万3,800円

支払回数や手数料はカードによって異なる

利用するクレジットカードによって、指定できる支払回数や発生する手数料が異なります。詳細は利用規約などを確認してください。

後から支払回数やリボ払いへの変更が可能

ケーズデンキ店頭やオンラインでiPadを購入したものの「支払回数を一括払いにしてしまった」といったケースもあるかもしれません。特に店頭では周りの目を気にして、会計時に分割で購入したいと伝えにくい人も多いでしょう。

そのような時は、一括払いで購入して後から分割払いやリボ払いに変更しましょう。一定の期間内なら、支払方法の変更が可能です。
クレジットカードの会員サイトにアクセスしたり、クレジットカード裏面に記載されているコールセンターに電話をかけたりして変更手続きを行ってください。

ボーナス一括払いも利用できる

「複数回の分割で購入するのは毎月の支払管理が面倒」
「ある程度の時期が過ぎたらまとまったお金を用意できるのに」
「ボーナスの時期に購入代金を支払いたいけれど、それまでiPadの購入を待てない」
このような場合、ボーナス一括払いを選択しましょう。夏のボーナスなら7月か8月、冬のボーナスなら12月か1月の支払いになります。手数料がかからないクレジットカードも多いので、支払いを先延ばしにして購入代金を計画的に確保できるでしょう

学生でもクレジットカードを契約できる

高校生を除く18歳以上の学生なら申し込み資格をクリアできるクレジットカードが多いです。中には学生を対象にしたクレジットカードもあり、ポイント還元率の高さや旅行保険の付帯といった特典が付帯するカードもあります。

ただし20歳未満の人は、契約するに当たって親権者の同意が必要です。同意を得られない場合はクレジットカードの作成ができないので注意してください。

クレジットカードなら利用金額分のポイント還元を受けられる

クレジットカードは現金での購入とは異なり、ポイント還元を受けられるといったことがメリットです。購入金額に対して付与されるポイントは、商品と交換したり、他社ポイントやマイルに移行したりするなどさまざまな目的に使えます。

クレジットカード選びの際に重要なのがポイント還元率で、高いカードを利用すればその分だけ付与されるポイントが増えます。一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%ですが、高いものになると1.0%、または入会時や一定の期間限定などの条件でポイントアップするカードもあります。

ポイント還元率が高いクレジットカードの中でも、特におすすめなのが以下のカードです。

【ポイント還元率が高いクレジットカード】

  • ライフカード
  • オリコカード THE POINT

それぞれのクレジットカードの特徴を解説します。

おすすめクレジットカード①:ライフカード

ライフカードは初年度だけでなく、次年度以降も年会費無料、入会後1年間ポイント1.5倍、誕生月の利用は基本ポイント3倍といった効率的にポイントがたまるクレジットカードです。

利用対象は「日本国内に住む高校生を除く18歳以上、電話連絡が可能な方」で、カード発行までにかかる時間は最短3営業日です。

ライフカード
年会費 永年無料
利用対象 日本国内に住む高校生を除く18歳以上、電話連絡が可能な方
支払方法 1回払い
2回払い
分割払い(3・5・6・10・12・15・20回)
ボーナス併用分割払い
ボーナス一括払い
リボルビング払い
分割手数料の料率
(実質年率)
2回:10.0%
3回:12.2%
5回:13.5%
6回:13.8%
10回:14.5%
12回:14.7%
15回:14.8%
18回:14.9%
20回:14.9%

おすすめクレジットカード②:オリコカード THE POINT

オリコカード THE POINTは、年会費無料、ポイント還元率は常に1.0%以上です。さらに入会後6ヶ月間は還元率が2.0%にアップ。この期間内にカード決済を積極的に行えば、たくさんのポイントがたまります。

オリコカード THE POINT
年会費 永年無料
利用対象 日本国内に住む高校生を除く18歳以上、電話連絡が可能な方
支払方法 1回払い
分割払い(回数指定分割払い)
ボーナス一括・二括払い
リボルビング払い
分割手数料の料率
(実質年率)
3回:12.2%
6回:13.9%
10回:14.6%
12回:14.8%
15回:14.9%
18回:15.0%
20回:15.0%
24回:15.0%

クレジットカードでiPadを分割払いで購入した時の返済・利息のシミュレーション

クレジットカードでiPadを分割払いで購入した時の返済・利息のシミュレーション
金額一例を紹介します。

【10万円を10回の分割払い(手数料:実質年率14.5%)で購入した場合】

  • 利用金額:10万円
  • 分割払い手数料:6,800円(利用金額10万円÷100円×6.8円)
    ※6.8円=現金価格100円当たりの手数料額
  • 支払総額:10万6,800円(10万円+手数料6,800円)
  • 分割支払金の目安:毎月1万​​0,680円=(支払総額10万6,800円÷10回)
  • 初回分割支払金:1万1,400円=1万0,600円+800円※
    ※分割支払金は毎月100円単位。100円未満の端数合計(80円×10回分=800円)を初回の支払いに加算して計算
  • 2回目以降の分割支払金:1万0,600円

クレジットカードを持つためには審査通過が条件

クレジットカードは申し込めば誰でも持てるわけではありません。カード会社の行う審査に通過しないと作成できない点を把握しておいてください。

クレジットカードの審査に落ちる人の特徴

クレジットカードの審査に落ちる人に共通する特徴は、以下の3点です。

【クレジットカードに審査落ちする人の特徴】

  • 過去に金融事故を起こした
  • クレジットカードの申し込み条件に該当しない
  • 申し込み情報に事実と異なる内容を申告した

いずれか一つでも該当すると、審査通過は厳しいと解釈しておくといいでしょう。

過去に金融事故を起こした

クレジットカードやカードローンなどを利用した際に、以下のような返済トラブルを起こしていると金融事故として5~10年間、信用情報機関に登録されます。

【金融事故の例】

  • 延滞(3ヶ月以上の滞納)
  • クレジットカードやカードローンなどの強制解約や代位弁済
  • 自己破産や個人再生、任意整理などの債務整理
  • クレジットカードのショッピング枠の現金化
  • 携帯電話料金や奨学金の滞納
  • 返済途中段階における過払い金請求

金融事故を起こした人を「ブラックリストに載っている人」「ブラックの状態」と言います。金融事故を起こしていると、クレジットカードや各種ローン、携帯電話の分割払いの契約をするのは難しいでしょう。

クレジットカードの申し込みを受けたカード会社は、審査の際に加盟する信用情報機関から申込者の個人情報を取得。審査通過可否やどのくらいの利用限度額を設定すればよいかを判断します。
過去に金融事故を起こしていると審査に大きく影響して、年収や社会的地位がどんなに高い人でも審査に落ちるのが一般的です。

クレジットカードの申し込み対象に該当しない

クレジットカードそれぞれに申し込み対象が定められています。例えばJCBが取り扱うクレジットカードの場合、以下のように申し込み対象を定めていて、該当しない場合はクレジットカードへの申し込みができません。

  • JCB一般カード:18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方。高校生を除く18歳以上の学生
  • JCBカードW:18歳以上39歳以下で本人または配偶者に安定継続収入のある方。高校生を除く18歳以上39歳以下で学生
  • JCBゴールドカード:20歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方
  • JCBプラチナカード:25歳以上で本人に安定継続収入のある方(学生不可)

クレジットカードを検討する段階で自分が申し込み対象に該当するかどうかを確認しましょう。該当しない場合、他のクレジットカードを検討する、申し込み対象に該当するように自分自身の状況を変えるようにしてください

申し込み情報に事実と異なる内容を申告した

クレジットカードの申し込み情報の内容は間違いのないように申告してください。その中でも、勤務先の情報や勤務形態、年収などの返済能力に直結する情報を間違えると審査に落ちる可能性が高いです。
故意に申し込み情報を偽ったのがカード会社にバレた場合、審査に落ちるだけでなく、そのカード会社独自のブラックリストに追加。半永久的に審査通過できないといったリスクもあります。

クレジットカード以外にケーズデンキでiPadを購入する方法

クレジットカード以外に、ケーズデンキのローンを利用すればケーズデンキでiPadを購入できます。また、ケーズデンキオンラインにはクレジットカード以外にもさまざまな支払方法を用意。自分の都合に合わせて選べます。

ケーズデンキオンラインの支払方法

ケーズデンキオンラインではクレジットカード以外に以下の支払方法を利用できます。いずれも、分割で支払えたり、後払いできたりする方法ではありません。

これらの方法は現金を用意して支払う方法です。この後に紹介するカードローンなどで現金を用意できる場合、これらの方法を検討するとよいでしょう。

支払方法 手数料 出荷日の目安
代金引換決済 550円(税込み) 商品在庫がある場合は最短日時
コンビニ決済(ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、ヤマザキデイリーストアー、デイリーヤマザキ、セイコーマート) 無料 入金確認後
ペイジー決済 無料 入金確認後

参考元:お支払い方法・領収書について|[通販]ケーズデンキ

ケーズデンキ店舗での支払方法

ケーズデンキの実店舗では、ショッピングローンを用意しています。ローン会社が間に入って、申込者の代わりにケーズデンキへ代金を立替えてくれるローンです。ローン契約時に決めた金額を分割する方法ですが、回数に応じて手数料が発生します。

ケーズデンキのローンについて、以下の記事で審査情報や利用方法などを詳しく紹介しています。iPad購入時にケーズデンキのローン利用を検討する人はぜひ参考にしてみてください。

>>> ケーズデンキのローンで家電を分割購入するための知識

カードローンでiPadを購入する選択肢もある

銀行や消費者金融が提供するカードローンを契約して、iPadを購入する方法です。審査に通過してカードローン会社が設定した利用限度額の範囲内で現金を引き出せます。使い道は事業性資金以外なら自由なので、iPadの購入にも利用可能です

多くのカードローン会社は20歳以上の安定収入がある人を利用対象にしていますが、学生でもアルバイトをしていれば申し込めます。
申し込み手続きも簡単で、借入額が50万円を超えなければ本人確認書類を用意するだけ。申込条件もハードルが高いわけではないため、返済能力を認められる安定収入があれば、安心して申し込みましょう。

カードローンの審査に通過したら契約手続きを行い、その後に融資金を自由に使えます。ローンカードを発行したり、振込融資にしてもらったりして、現金の引き出しが可能です。
カードローンによっては「金利0円無利息サービス」を提供しているため、早期完済のめどがあれば利息の負担を抑えられます

審査通る?無利息カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事