ケーズデンキのローンで家電を分割購入するための知識

高額家電の購入を検討している時に利用を考えるのが「ローン」ですよね。

では、「ケーズデンキ」ではローンを利用することは可能なのでしょうか?

今回はそんなケーズデンキのローンについて解説してみましたので、「ケーズデンキのローンを詳しく知りたい!」という時の参考にしてください。

ケーズデンキで分割購入するためには、

という方法があります。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

ケーズデンキはクレカの分割払いやボーナス払いに対応

ケーズデンキではクレジットカードの分割払いやボーナス払いに対応しています。

ケーズデンキに限らず、家電製品は商品によって小額のものから高額なものまでさまざまです。

これらをすべて現金のみ対応としてしまうと、購入意欲をなくしてしまう人もいるでしょうし、クレカなどに対応しているライバル店に顧客が流れてしまうかもしれません。

顧客の利便性を考慮しているためとも考えられますが、いずれにしてもクレジットカードで支払うことができますし、ボーナス払いにも対応してくれます。

分割できる回数や手数料はカードによって異なる

ケーズデンキではさまざまなクレジットカードのブランドに対応しており、多くの人がカード決済でき、分割で購入することもできます。

しかし、分割可能な回数や手数料はカードの種類によって異なります。

使用しているカードの公式サイトを見れば、分割払いの条件が説明されています。

クレジットカードで分割する場合は購入前に分割可能な回数や手数料を再確認するようにしましょう。

支払いはクレジットカードが最もお得

ケーズデンキは、現金やクレジットカード以外に、デビットカードや電子マネーなど、多種多様な決済方法に対応しています。

これら多種多様な決済方法のうち、最もお得だと言えるのがクレジットカードです。

クレジットカードでの決済は、手持ちのお金がなくても商品を購入できることが最大のメリットであり、とくに高額な商品を購入する際に重宝します。

また、それ以外にもクレジットカードで決済することのメリットがありますので、これから紹介していきたいと思います。

現金値引きの商品にも利用できる

ケーズデンキといえば、ポイント還元ではなく、現金での値引きが魅力的なお店です。

ポイント還元を行っている店は次回以降にポイントを使用して購入金額を抑えられますが、家電はそこまで頻繁に購入するものではなく、ポイント還元されていたこと自体忘れてしまっていることもあります。

現金値引きは購入するその場で安くしてくれますので、ポイント還元よりもお得度が高く、クレジットカードで決済する場合も現金値引き後の金額で購入できます。

すると、クレジットカードにおけるポイント還元も相まって、さらにお得に商品を購入できるようになるのです。

決済金額が少なくなる分、クレジットカードへのポイント付与は少なくなりますが、クレジットカードにポイントが付いたほうが別の店でも利用できため便利です。

これも、クレジットカードで決済することのメリットだと言えます。

分割払いにも対応している

先ほどもお話しましたが、ケーズデンキでクレジットカード決済をする際、分割にも対応してくれます。

ケーズデンキで利用できるクレカのブランドは以下のとおりです。

  • MUFG
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • VISA
  • Master
  • JCB

分割払い時に指定できる支払回数は、JCB以外ですと「2回~34回」、JCBは「3回~24回」となっています。

また、すべてのブランドで「リボ払い」も選択可能です。

その他、JCB以外は「ボーナス一括払い」も可能となっています。

高額な商品になるほど、翌月以降にそのままの金額が請求されてしまうと支払いにくくなってしまいます。

もしもクレジットカードの支払いを遅れてしまうと、信用情報に傷がついてしまうことになりますので、これは避けなければなりません。

クレジットカードにはリボ払いという支払い方法もあるのですが、計画的で確実に支払えるのは分割払いが適しています。

利用残高に応じて毎月の支払い額が変わるのではなく、分割回数に応じた支払額となり、その金額は一定になります。

また、ボーナス払いにも対応していますので、翌月ではまだお金が用意できないという場合に半年程度支払いを遅らせることもでき、高額商品が購入しやすくなります。

あとから分割やリボでもOK!

多くのクレジットカードでは、あとからでも分割払いやリボ払いができるようになっています。

そのため、ケーズデンキでは一括払いにしておき、その後クレジット会社側で分割払いやリボ払いにするという手もあります。

店頭では金利や手数料を確認するのが面倒な場合もありますので、後から支払方法を変更できるのであれば、こちらを利用するのもおすすめです。

おすすめのクレジットカード3選

クレジットカードにはさまざまなブランドや発行元がありますが、その中でもおすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。

①オリコカード THE POINT

「オリコカード THE POINT」は、高い還元率を誇るカードです。

国際ブランドはマスターカードまたはJCBであり、「iD」や「QUIC Pay」2つの電子マネーにも対応(同時搭載で使用すると1.5%還元されます)しています。

ポイント還元率は1.0%~3.0%であり、入会後6ヶ月間はポイントが2倍となりますので、高額商品を購入予定の方は入会後すぐに利用するとポイントを多く獲得できます。

また、ポイントはリアルタイムで還元されることも魅力であり、獲得したポイントをすぐに使用することもできます。

②P-oneカード〈Standard〉

「P-oneカード〈Standard〉」は、ポケットカードが発行するカードであり、国際ブランドはVISA・マスターカード・JCBの3つです。

このカードのポイント還元率は1.0%と高くも低くもありませんが、年会費無料で利用できる点がメリットです。

また、還元されたポイントは自動的に請求金額の割引に使われるため、面倒なポイント利用の手続きがないこともメリットだと言えます。

③楽天カード

「楽天カード」は顧客満足度ナンバー1のクレジットカードであり、国際ブランドはVISA/マスターカード/JCB/アメリカンエキスプレスと4つあります。

通常の買い物に対するポイント還元率は1.0%なのですが、楽天市場を利用した場合はポイントが3倍になります。

また、新規発行の際にポイントが付与されるキャンペーンも行われており、年会費もかからないため非常にお得です。

楽天スーパーポイントは加盟店で利用可能であり、最近ではポイントが使えるお店も増えてきていますので、普段使いのカードとしても魅力的なカードです。

ケーズデンキのショッピングローン

ケーズデンキの実店舗では、ショッピングローンを利用できます。

ショッピングローンとは、お店と購入者の間にローン会社が入り、ローン会社が購入者に代わって代金を立替えてくれるというローンです。

そして、立替えてもらった代金は分割で支払をしていきます。

ケーズデンキのローンもこうした部分は同様となります。

関連記事をチェック!

15464view

ショッピングローンとは?審査基準と通らない理由を徹底解説

クレジットカード全盛の時代にあって、ショッピングローンとはどのような金融商品であるのかご存知の方は、決して多くはありません。 しかし、家電量販店などに行くと「ショッピングローン利用可能」と説明されて...

ケーズデンキのローン金利

ケーズデンキのローン金利は、支払回数によって違ってきます。

ケーズデンキの横浜鶴見店に問い合わせたところ、支払回数は「3回~36回」までであり、分割手数料は「年2.0%~26.0%」の間で設定されるとのことです。

この金利はどうなのかを確かめるために、他の家電量販店の金利と比較してみましょう。

家電量販店 分割手数料
ビックカメラ 24回まで0%
30回~60回 年8.52~26.01%
ヨドバシカメラ 3回~60回 年12.0%
ヤマダ電機 1回~60回 年1.58~25.55%
エディオン 3回~36回 年9.0%~12.0%

上記4つの家電量販店の分割手数料と比較した場合、ケーズデンキの金利は下限金利が優れていると言えそうです。

ケーズデンキの分割手数料の下限は2.0%であるため、上記4つの家電量販店の中では低めになっています。

ショッピングローンの分割手数料は支払回数が少ないほど低くなる傾向にあるため、少なめの支払回数を検討している場合であれば、ケーズデンキのローンは低金利で利用できる可能性が高くなります。

無金利キャンペーンのあるショッピングローンの方がお得

家電量販店の中には、ビックカメラのように「24回まで金利0%」などの無金利キャンペーンをしていることがあります。

金利が0%なので、購入する商品の代金しか支払う必要がありません。

支払回数が少なめならケーズデンキのローンが良いかと言われれば、それはちょっと微妙なところですね。

ケーズデンキのローン審査

ここからは、ケーズデンキのローン審査について解説していきます。

ケーズデンキのローン審査では、通常のローンとおなじく申込者の「返済能力」と「信用」が重要になってきます。

具体的に言えば、「この先も問題なく毎月支払をしていけるのか?」、「この人はお金に関して信用できるのか?」といった部分を確認されます。

そのため、審査に通るには以下のような項目が大切です。

  • 職に就いており毎月収入がある
  • クレカやローンの返済を延滞していない
  • 他社借入金額と件数が少ない

職に就いており毎月収入がある

審査に通るには「職に就いていて毎月収入がある」ことが必須条件です。

ローンは毎月返済をしていく支払方法ですので、申込者が途中で返済不能になってしまわないように「毎月安定して収入を得ているか」という部分が非常に重視されます。

このため、アルバイトでもパートでも良いので職についており、毎月安定して収入を得ていることが必要になります。

クレカやローンの返済を延滞していない

クレカやローンの返済を期日通りにしているというのも大事です。

返済期日を守らない人は信用ができませんので、ローン会社側も警戒して審査に通りづらくなります。

また、「返済期日を守らない=返済できない=返済能力に問題がある」と判断され、審査上かなり不利になるケースが多いです。

他社借入金額と件数が少ない

他社借入金額と件数は、できる限り少ないほうが審査上有利です。

これらが多いと毎月の返済負担が増えますので、ローン会社側に返済の余力を少なく見られてしまう可能性が高くなります。

よって、他社借入金額と件数はできれば減らしてから審査に申し込むのがおすすめです。

関連記事をチェック!

18454view

家電ローンの審査を受ける前に知っておけば良かったこと

家電を買うとき、家電ローンを利用してみようかなと思った事はありませんか? 家電量販店でよく見かける家電ローン。 安い買い物でない事も多いですから、魅力的に感じますよね。 そのローンを組む時の「審...

家電ローンの審査を受ける前に知っておけば良かったこと

審査を行うのはオリコとジャックス

ケーズデンキのローン審査を担当するのは「保証会社」です。

ここで言う保証会社とは、いわゆる「クレジット会社」や「ローン会社」、「信販会社」などと呼ばれるものです。

ケーズデンキのローンは、この保証会社のローンであるため、審査はケーズデンキでなく、保証会社がするんですね。

その保証会社はどこかと言いますと、店舗によって異なるケースがありますが、「オリコ」と「ジャックス」となっています。

このため、ケーズデンキのローン審査はオリコかジャックスが担当すると思っておきましょう。

ケーズデンキで利用できる支払い方法

ケーズデンキでは、現金やクレジットカード以外での支払いも多種多様な方法で行えるとご紹介しました。

具体的には以下の支払い方法があります。

  • デビットカード
  • 商品券
  • 電子マネー
  • 株主優待

しかし、クレジットカードに使用できるブランドがあるように、各種支払い方法にも対応できるものとできないものがあります。

そこで、各支払い方法においてケーズデンキで利用できるものを紹介していきたいと思います。

1.利用できるデビットカード一覧

利用するとリアルタイムで指定の口座から決済されるデビットカードでは、以下のようなものが利用可能となっています。

  • VISA、JCBなど国際ブランド付きのもの
  • J-Debit

大抵のデビットカードは国際ブランドがついていますし、J-Debitを利用している人も多いと思います。

高額な商品を購入する予定があるからといって、多額の現金を持ち歩くのは嫌だという場合や、翌月以降に支払うのは嫌だという人はデビットカードで決済するとよいでしょう。

2.利用できる商品券一覧

ケーズデンキで利用可能な商品券は、以下のとおりです。

  • JCBギフトカード
  • VISAギフトカード
  • JTBナイスギフト
  • UCギフトカード
  • 三菱UFJニコスギフトカード

お祝いやイベントの景品などでもらえる商品券ですが、ケーズデンキでは上記のように各種商品券に対応していますので、商品券だけで購入したり、購入代金の一部として利用するとよいでしょう。

3.利用できる電子マネー一覧

チャージしたお金を使用して決済する電子マネーは、手元に現金がなくても支払えますし、利用代金に対して数%還元されるものもあります。

そんな電子マネーも今では数多くの種類があり、ケーズデンキでは以下のものが利用可能となっています。

  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • LINE Pay
  • d払い
  • au PAY
  • メルペイ
  • Alipay
  • WeChatPay
  • Origami Pay

上記のように、多くの電子マネーが利用可能となっていますので、現金や口座の残高管理を計画的に行いたい人はこの方法で支払うとよいでしょう。

4.株主優待もお得

ケーズデンキの株式を購入して株主になることで、株主優待を受けられます。

ケーズデンキの株主優待は、ケーズホールディングスで利用できる商品券となっています。

商品券の額面は保有する株数によって異なり、以下のように最低1,000円、最高で30,000円がもらえます。

100株 500株 1,000株 3,000株 6,000株 10,000株
1,000円 3,000円 5,000円 10,000円 20,000円 30,000円

これを1年に2回もらえますので、最大で年間60,000円の商品券を手にできることになります。

株式で資産形成しながらお得にケーズデンキで買い物をしたい人は、ケーズデンキの株式を購入してみてもよいかもしれません。

5.ポイント払いには対応していない

ケーズデンキ最大の特徴は、現金値引きを行う点です。

そのため、ケーズデンキで使えるポイントはなく、当然ですがポイント払いなんてものはありません。

また、クレジットカードなどで貯めたポイントをケーズデンキでポイント払いすることもできません。

ケーズデンキで商品購入する場合、他のお店では考えるポイントについては一旦忘れた方がいいと言えます。

ただ、クレジットカードで決済し、貯まっているポイントをクレジットカードの請求に充てるようにすると、実質的にケーズデンキで購入した商品をポイント払いにすることができます。

ポイントのキャッシュバックはクレジット会社に対して行う必要があり手間はかかりますが、貯まっているポイントを使って購入したい場合はこの方法にするとよいでしょう。

支払いをする際の注意点

ケーズデンキでの購入代金を現金以外で決済する場合、それぞれの決済方法によって注意しなければならないことがあります。

まずクレジットカードで支払う場合、ショッピング枠に決済できるだけの枠が残っているかを確認しましょう。

とくに高額商品を購入する場合は、ショッピング枠を少額でしか契約していなければ決済できませんし、普段使いしているカードの場合はある程度の枠を契約していても足りない可能性もあります。

また、分割払いをする際は分割手数料がかかるのか、かかる場合は何%なのかを確認しましょう。

ボーナス一括払いにする場合は、請求される月(ボーナス月)を確認し、忘れずに支払いできるようにしておきましょう。

デビットカードで支払う場合は、口座に残高があることを確認したうえで利用するようにしましょう。

最近では銀行公式アプリですぐに残高を見ることもできますので、デビットカードを利用するようになった際はそちらもあわせて利用することをおすすめします。

電子マネーの場合も、残高には注意する必要があります。

また、電子マネーはチャージできる金額や決済できる金額に上限が設定されていることもありますので、そちらの確認も忘れてはいけません。

決済方法は人によって、購入金額によっても異なると思いますので、それぞれの方法での注意点はしっかりと把握しておきましょう。

オンライン決済では手数料や事前決済に注意

ケーズデンキは実店舗での販売だけでなく、オンラインストアでも販売しています。

オンラインストアで購入する際の決済方法は実店舗とは異なり、手数料や事前決済しなければ商品が届かないものもあります。

また、商品によっては決済方法が限定されているものもあり、そのような商品の決済方法は「クレジットカード決済」または「代金引換決済」のいずれかとなります。

オンラインショップで利用できる支払い方法

インターネット上で商品を購入するオンラインショップでは、当然ですが実店舗のように現金で直接ケーズデンキに支払うことはできません。

オンラインショップで利用できるのは以下の4つの方法であり、あわせてそれぞれの注意点も確認しておくようにましょう。

決済方法 手数料 商品出荷のタイミング
クレジットカード決済 無料 在庫ありの場合は最短日時、ない場合は入荷次第
代金引換決済 税別500円
コンビニ決済 無料 事前決済後に手配
ペイジー決済 無料

それぞれの決済方法と手数料、商品出荷のタイミングはこのようになっており、コンビニやペイジーでも決済が可能なのは便利ですね。

ただ、クレジットカード決済はケーズデンキへの手数料はないものの、分割払いにした場合はクレジット会社所定の手数料が発生することになります。

代金引換の場合は現金のみとなり、商品到着時にクレジットカードやデビットカードで支払いたいとなっても対応できません。

コンビニ決済とペイジー決済は事前の決済が必要であり、対応しているコンビニは以下のとおりです。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ヤマザキデイリーストアー
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート

以外にもセブンイレブンは対応していませんので、コンビニならどこでも大丈夫というわけではありません。

ケーズデンキの値引き制度の特徴

繰り返しになりますが、ケーズデンキにはポイント還元がありません。

その代わりとして、現金で値引きするのがケーズデンキの割引き制度です。

そこで重要となるのがケーズデンキの「あんしんパスポート」です。

「あんしんパスポート」とは、ケーズデンキが無料で発行している会員専用のカードであり、今はアプリもありますのでカードを持ち歩かなくても特典が受けられます。

この「あんしんパスポート」を持っていることで、会員限定の現金割引が受けられるというわけです。

また、現金値引き以外にもお得で便利なカードとなっていますので、ケーズデンキを利用の際は「あんしんパスポート」は必需品とも言えます。

なお、アプリには会員限定のクーポンもありますので、まだアプリを利用していない人やこれから「あんしんパスポート」に加入する人は、是非アプリをダウンロードしてください。

あんしんパスポートの概要

ケーズデンキの「あんしんパスポート」では、以下のサービスが受けられます。

  • 現金値引き
  • 長期無料保証への加入
  • 購入データの保存

「あんしんパスポート」を提示すると、店頭価格から現金値引きされます。

ケーズデンキの店頭価格というのは、すでに現金値引きが行われていますので、そのままでもお得に購入できますが、それをさらに安く購入できます。

また、会計時に提示するだけで「3年」「5年」「10年」の無料保証に自動加入できます。

購入時のデータを保存しておくことで、もしもリコールが発生した場合にはケーズデンキから速やかに連絡が来るようになっており、購入した商品の消耗品などについても調べてくれます。

家電製品は長く使うものがほとんどですので、これらのサービスが受けられるのは利用者にとってメリットしかありません。

オンラインショップでも「あんしんパスポート」を利用できますので、実店舗で購入した時と同じサービスが受けられるのもいいですね。

カードローンという選択肢もアリ!

「ケーズデンキのローン審査に落ちた!」や「年収が低いので審査に自身がない・・・」といった場合、「カードローン」という選択肢も良い手です。

カードローンとは、おもに銀行や消費者金融が提供する、現金の借入ができる無担保ローンのことです。

このカードローンは使い道が自由であるため、家電の購入にも利用可能です。

申込手続も非常に簡単であり、借入額50万円までなら、必要なものは基本「本人確認書類」のみです。

審査もそれほど厳しくないため、年収が低い人でも返済能力があれば、問題なく審査に通ります。

また、カードローン会社によっては「無利息サービス」を提供しているところもありますので、使い方によってはケーズデンキのローンよりも手数料を抑えられる場合もあります。

このように状況によっては、カードローンの方が最適なケースもありますので、選択肢のひとつに入れておくのも良い手です。

30日間無利息カードローンで借りる

まとめ

ケーズデンキでは実店舗のみでローンを扱っています。

そんなケーズデンキのローンは、支払回数が「3回~36回」、金利は「年2.0%~26.0%」となっています。

この他に、クレジットカードを利用して「分割払い」や「リボ払い」を選択すれば、分割購入が可能です。

家電製品はいつ壊れるかわからず、いざ購入しようとしても製品によっては高額になってしまうこともあります。

いつでも現金で購入できれば良いのですが、それができないことも多々あります。

それでも生活に必要なものであれば購入しなくてはなりませんので、現金一括で購入できない場合はケーズデンキのローンやクレジットカードでの分割を検討してみてください。

また、カードローンも使い方によってはお得に借りられますので、こちらについても選択肢の1つとして頭に入れておくことをおすすめします。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事