おまとめローンでショッピングローンをまとめる方法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(36歳)
職歴:過去7年,地銀の貸付業務担当

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額30日間無利息、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

ショッピングは貸金業法の範囲外

クレジットカードのショッピング枠は貸金業法に定義されている借入金には該当しません。

消費者金融などで取り扱いのある貸金業法に基づくおまとめローンとは、貸金業者からの借入金をまとめる目的に限って年収の3分の1を超えることができるというものです。

いくらショッピングで多くの金額を使ったとしても、借入金に分類されないものを貸金業法に基づくおまとめローンで借り換えを行うことは不可能です。

クレジットカードにはお買い物に使用するためのショッピング枠と、現金を借りるキャッシング枠という2つの枠があります。

貸金業法で定義されている借入金とはキャッシング枠の方だけで、キャッシング枠は年収の3分の1を超えて使用することはできません。

ショッピング枠は年収の3分の1を超える使用も可能ですが、逆に言えば、だからこそ、借入金ではないためおまとめを行うことはできません。

関連記事をチェック!

9599view

他社借入件数とは?~クレジットカードショッピング枠は入る?~

すでにカードローンを利用している人が他社で新規に借入をする場合、審査で借入件数が影響するのではと考える人も多いでしょう。 他社借入件数に入るものとはなにか、またクレジットカードのショッピング枠...

カードローンやフリーローン

このように、クレジットカードのショッピング利用には法律上のおまとめローンは適用されません。

しかし、だからといってショッピング枠を一本化することができないというわけではありません。

カードローンやフリーローンは使用目的が自由なので、つまり他社からの借り入れを返済する目的にも使用できるということです。

まれに借金の返済には利用できないと定められている場合もありますので、各商品で認められている資金使途には注意してください。

ショッピング枠の残高が他社からの借入金との合計で年収の3分の1以内に収まるのであれば、消費者金融のような貸金業者のカードローンを使用して借入を行い、ショッピング枠を清算します。

その後、ショッピング枠の清算のために借入を行ったカードローンと他の債務を併せておまとめを行うという方法でおまとめを行うことも可能です。

カードローンでまとめる

一番簡単にショッピングをまとめることができるのはカードローンを利用する方法です。

無人契約機を使って即日での契約も可能な上、限度額の枠に余裕があればおまとめ後に追加で借入をすることもできます。

ただし、法律に基づいたおまとめローンと異なり、消費者金融の一般のカードローンでは総量規制の対象とならないため、ショッピングローンが年収の3分の1を超えている場合はまとめることができません。

さらに、消費者金融のカードローンは金利が18%程度と非常に高いため、おまとめローンの目的の一つである、金利を抑えるということができません。

ですのでカードローンを使っておまとめを行う場合は銀行カードローンの利用をおすすめします。

関連記事をチェック!

186view

低金利、安心感、審査で選ぶ優良おまとめローン

おまとめローンとは おまとめローンを取扱っている業者は多くありますが、その業者によっておまとめローンの内容は異なります。 その数あるおまとめローンの中でどこの業者のおまとめローンがいいのかと聞かれ...

関連記事をチェック!

785view

クレジットカードの返済を一つにまとめて支払う方法

クレジットカードにはリボルビング方式(通称リボ払い)という支払方法があります。 毎月いくら使っても限度額の範囲内までは使用可能で、その後は毎月1万円とか2万円ずつ定額の返済を行っていくという方法です...

フリーローンで通常申し込み

フリーローンは何に使用してもよいローンですので、

  1. 他社からの借入
  2. ショッピング枠の残高

のすべてを1つの借入にまとめることが理論上は可能です。

また、消費者金融カードローンよりも金利がかなり低いものが多いため、フリーローンでおまとめすれば毎月の利息もかなり少なくすることができます。

しかし、貸金業法に基づくおまとめローンを行う状態ということはすでに消費者金融などの貸金業者からの借入が複数本ある状態です。

そのような人は現実的に銀行のフリーローンに通過することが難しいという側面があります。

銀行審査に通らないときは

手順 
1大手の消費者金融でショッピング枠の残高分の借入を行い、ショッピング枠の支払いを行う
2使用しているクレジットカードにキャッシング枠を作成し、そこからショッピング枠の支払いを行う
3中小の消費者金融でショッピング枠相当分の借入を行い、ショッピング枠の支払いを行う
4すべての貸金業者からの借入金を貸金業法の基づくおまとめローンでまとめる

1の審査が通過できない場合は2へ、2でも通過できない場合には3という順番に申し込みを行います。その後、4にておまとめを行うことができます。

ただし、これらの方法はショッピング枠の支払いに充てるためのお金を借りる前の段階で、ショッピング枠相当額の金額が他社からの借入額との合計で年収の3分の1以内に収まっている場合に限って使用することができる方法です。

すでに年収の3分の1相当額を他社から借りてしまっている状況では、新たな借入を行うことはできないため、銀行のフリーローンへ申し込むしかなく、ここで審査に落ちてしまうとショッピング枠をまとめる方法はありません。

リボ払いもおまとめできる?

お買い物をする際に限度額の範囲内で毎月定額を支払っていくショッピングリボですが、リボ払いもおまとめは可能なのでしょうか?

そもそもリボ払いとは

リボ払いとは、お買い物をした際に、お買い物代金を毎月定額で支払っていくという契約です。例えば、3月に3万円買いものをした場合には1回払いであれば後日3万円が一括請求されます。

2回払いであれば1万5千円となり、その間他の買い物にクレジットカードを利用すれば1万5千円に他の利用代金が加算され請求されます。

しかし、リボ払いで毎月1万円というコースを選択した場合には、3月の買い物をリボ払いで3万円行ったあと、4月にリボ払いで5万円買い物を行っても毎月支払い額は1万円となり、買い物の残金がゼロになるまで毎月リボ払いで選択した金額分だけ支払っていくというクレジットカードの利用方法です

通常の分割払いが2回とか3回とか支払回数に応じて毎月の支払額が変動するのに対して、リボ払いは毎月の支払額に応じて返済回数が決定し、買い物を行うごとに期間が延びていくという方法です。

このような最小限度額だけを毎月支払うことをミニマムペイメントなどと言います。

ほとんどのクレジットカードでリボ払いの金利は15%となっており、ミニマムペイメントはお買い物代金の残高が多くなればなるほど、ただ金利を支払っているだけのような状況になることもあり、カード地獄の代名詞ともいわれます。

リボ払いはおまとめできる?

リボ払いは銀行のおまとめローンや消費者金融の貸金業法に基づくおまとめローンではまとめることができません。

これらのローンはあくまでも「現金を借りた」借入金をまとめるためのローンです。

クレジットカードにはお買い物をするためのショッピング枠とキャッシング枠に分かれていますが、これらのおまとめローンでまとめることができるのは、実際に現金を借りるおまとめローンだけとなっています。

クレジットカードのリボ払いをまとめたかったら、銀行のフリーローンやカードローンなどの何に使用しても自由というローンを活用する以外には方法がありません。

おまとめローンの審査基準

おまとめローンの審査基準は、カードローン審査にプラスαの審査が加わると考えれば分かりやすいかと思います。

カードローン審査は個人信用情報、勤務先、勤続年数、年収といった属性情報を点数化するスコアリング審査を行い、合格点に達した場合には審査通過となります。

おまとめローンの審査には、ここにまとめるローンの返済状況という要素が加わります。

まとめるローンの返済状況に恒常的に遅れがある場合には、おまとめ後も返済に遅れが生じる可能性があるため審査には通過できないでしょう。

また、返済金額が年収の何%になるか、一定額以上の年収が必要という項目が条件となることもあります。

審査通る?借り換えカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

関連記事をチェック!

902view

借金一本化の審査基準とできない理由【まとめる人必見】

おまとめローンや借金一本化の審査基準って分かりにくいですよね。金融業者の公式サイトを見ても詳しいことは書いてありません。 ネットで検索しても果たしてそれが真実なのかどうか信憑性に欠けます。もっと具体...

消費者金融と銀行どちらを選ぶといいのか

消費者金融と銀行どちらを選ぶといいのか

銀行の方が金利は低いので、銀行一択という選択肢は少し乱暴になります。

金利面で考えるとその選択は間違いではないのですが、通常のおまとめではなくショッピング枠をまとめるというイレギュラーな事案ですので、審査が厳しい銀行がそう簡単に融資するかという問題もあります。

また一番重要な金利面でも残高が大きければ大きいほど(300万円以上)、消費者金融でのおまとめの方が金利は低くなるパターンも存在しますのでよく吟味することが重要になります。

それでは具体的な数字を見ていきましょう。

東京スター銀行

東京スター銀行の「スターワンバンクローン」というおまとめローンであれば、ショッピング枠でもおまとめ可能です。

金利は5.8%~14.8%となります。

計算する場合金利は14.8%と最高金利を考えておいた方がいいので、現在の金利と比較しどちらがお得なのかを計算していくといいでしょう。

前年度の収入が200万円以上であることが申込み条件となっています。

関連記事をチェック!

186view

東京スター銀行は総量規制対象外!おまとめローンで借金をまとめる

総量規制を超えるような借金を抱えてしまっている場合は、その借金を一本化するのが難しいようなことも多々あります。 しかし、東京スター銀行のおまとめローンはその悩みを解消してくれ、必ず10年以内で返済で...

関連記事をチェック!

1055view

東京スター銀行おまとめローンに申込みたい!気になる口コミや在籍確認は?

複数の借入先がある場合には、銀行のおまとめローンを活用すると、借金をひとつにまとめられ、毎月の返済額を押さえることができます。 また、返済日もまとまるので管理がしやすいというメリットもあります。 ...

イオン銀行

イオン銀行のフリーローン「イオンアシストプラン」の金利は3.8%~13.5%の固定金利です。

金利は審査の結果決まりますが最高でも13.8%ですから低金利といえるのではないでしょうか。

使用目的を問わないフリーローンですし来店不要でネット完了できますので、忙しい人でも安心です。

関連記事をチェック!

1158view

イオン銀行カードローンで借り換え,おまとめ。口コミのおすすめは?

イオン銀行のカードローンは、上限金利が13.8%となっていますので、「借り換えにも検討したい」という方も多いのではないでしょうか? そこで、今回はこのカードローンのスペックをおさらいし、借り換えに適...

アイフル

アイフルの「おまとめMAX、かりかえMAX」も対応しています。

リボ払いOKと公式HPにハッキリと明記している金融機関はアイフルのみでした。

過去もしくは現在アイフルを利用中であればおまとめMAX、全く初めてという人であればかりかえMAXが申込先です。

この2つの違いは金利です。

おまとめMAXは金利12%~15%、かりかえMAXは金利12%~17.5%と最大で2.5%の差が生じます。

申込み条件はありませんが、源泉徴収書が必要となりますので申込みの際には手元に準備しておいた方がスムーズでしょう。

ただしアイフルの「おまとめMAX、かりかえMAX」両方ともあくまで返済専用の商品となります。

通常のアイフルのキャッシングとは異なり、返済していくのみで追加融資等は受けられませんので注意が必要となります。

関連記事をチェック!

491view

アイフルのおまとめローン、おまとめMAXとかりかえMAXとでは条件や審査はどう違う?

複数借金で悩んでいる人は、アイフルの借り換えローンである「おまとめMAX」や「かりかえMAX」を検討してみましょう。 どちらの商品も、複数ある他社借入を一本化して借金の完済を目指す金融商品です。 ...

Q&A

「借入金に分類されないものを貸金業者に基づくおまとめローンで借り換えを行うことは不可能」と記載がありますが、銀行でのおまとめローンは可能なのでしょうか。

消費者金融の「貸金業法に基づくおまとめローン」はあくまでも法律に則ったおまとめローンとなっていますので、貸金業者からの借入金に分類されない借入金(クレジットカードの利用残高や金融機関からの借入金など)をまとめることは1円たりとも不可能です。

一方、銀行のおまとめローンは法律によって詳細に商品内容が定められた商品ではなく、あくまでも銀行の自主基準によって商品が設計されています。

このため、法律によって借入金に分類されないものをまとめることはできないとはいうことはありません。しかし、現状、銀行のおまとめローンでも「現金を借りた」借入金に分類されないものをまとめることができる商品は存在しません。

やはり、銀行でクレジットカードのお買い物残高をまとめたいのであれば、使い道自由なカードローンやフリーローンでまとめるしか方法がないのが現状です。

また、ショッピング枠は借入金に分類されないため、支払状況に遅れがない限りは「借入金が多い」とか「多重債務者」といった審査のマイナス材料とならないため、審査に通過しやすいというメリットもあります。

この記事の執筆者

手塚 龍馬
1982年生まれ33歳
成蹊大学卒業後、地方銀行へ就職。
個人、法人への営業担当として8年勤務し、預金業務、融資業務を行い、住宅ローン、自動車ローン、フリーローン、カードローン、事業性ローンなどを7年行う。
保険業務、投資信託販売業務なども多数取り扱いを行う。
現在は飲食店経営の傍ら、金融関係のライター活動も行っている。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2018-10-26 09:36:52

    こんにちは。
    おまとめローンですよね。借り入れ先1社の返済が交渉して行う、とありますが金融事故になっていませんか?おまとめローンは信用と返済能力で決まりますので、金融事故情報がアウトになる可能性が高いです。弊社の記事をトップページから検索してもらえば「おまとめローン」の審査方法、審査基準がわかります。ぜひご覧ください。

  2. ヒロシさん|2018-10-23 20:32:40

    カード解約済み、返済のみ、二社、銀行カードローン二社(いれて出して)消費者金融(出し入れ)一社を一本化出来ますかね?返済のみ一社は毎月電話交渉して払う。此を一本化する?

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談