ビアイジの取り立ては厳しい?返済が苦しい時の豆知識

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

ビアイジは審査に柔軟性がある街金です。

しかし、借入れがカンタンな分、計画的に利用しないと、返済が滞ってしまう可能性があります。

この記事では、ビアイジで返済できなくなった場合の取り立てについて解説します。

このようなかたに参考になる記事です

この記事は以下のような方に参考になる記事です。

・ビアイジで借入れを検討している人
・ビアイジでの借金返済が苦しい人
・街金の取り立てを知りたい人

ぜひ参考にして下さい。

ビアイジから取り立てされる流れ

ビアイジから取り立てされる流れを紹介します。

中小規模の消費者金融であるビアイジを利用すると、親切かつ迅速な対応で融資の相談に乗ってくれますので、金策をしやすくなるでしょう。

特に、銀行カードローンや大手消費者金融で断られ、借入先に悩んでいた人でも、融資してくれる場合がありますので、とても頼りになる存在です。

しかし、借入がしやすい分だけ、借金苦に陥りやすいリスクが出てきます。

借りたお金は返さなければなりませんので、しっかりと返済計画を立てて、返せる分だけ借りましょう。

もしも返せなければ、20.0%の遅延損害金が発生するだけでなく、取り立てが入ります。

では、ビアイジの取り立てがどのようなものか、その流れを見て行きましょう。

ビアイジと言う消費者金融は取り立て厳しいですか?怒鳴ったり会社、家まで来ますか?(ヤフー知恵袋より引用)

まずは電話にて取り立て

返済日が来ているのに、ビアイジに対して何の連絡もせずに遅延を起こしてしまうと、ビアイジから取り立てが入ります。

まずは申込時に記載した携帯電話に連絡がかかってきます。

ビアイジとは名乗らずにかけてきて、本人確認ができてからビアイジと名乗るため、万が一、間違い電話や他の人が電話に取っても、周りの人に借金がバレる心配がありません。

携帯電話を持っていない場合や、携帯電話に連絡がつかない場合には、自宅に連絡が入る可能性もありますので、想定しておきましょう。

どうしても返済できないのであれば、今後の支払いについて相談に乗ってくれることもありますが、いずれにせよ、連絡をせずに放置しているのは心証を害しますので、遅れそうな時には必ず自分から早めに連絡しましょう。

督促ハガキで取り立て

もしもビアイジからの督促電話を無視していると、督促ハガキが送られてきます。

事前に担当者と相談している場合には、督促状は送られてきませんが、その場合でも約束の支払日を無視してしまうと、督促ハガキが自宅に届きます。

プライバシーに配慮した送り方はしてくれますが、万が一家族が勝手に内容を見てしまった場合には、借金の事実がバレる可能性があります。

中身を見られなくても、不審なハガキだと家族内でのいざこざに発展する可能性もありますので、十分気をつけなければなりません。

一括請求の予告通知

督促ハガキも無視していると、滞納してから61日以上経った段階で、一括請求の予告通知が送られてきます。

これは「一括請求をさせていただきますよ」という予告です。予告通知は自宅に送られてきますので、督促ハガキと同様に、家族に見られてしまうと、家族内でのトラブルとなりかねません。

一括請求の予告通知は、法的拘束力がないため、単なる案内に近いものがありますが、この段階で個人信用情報に記録されています。

個人信用情報とは、個人の金融取引が信用情報機関に記録されている内容で、 延滞情報は金融事故情報として掲載されます。

各種ローンやクレジットカード審査で著しく不利となりますので、この段階まで進まないように気をつけましょう。

裁判所から一括請求

一括請求の予告通知すら無視をし続けると、いよいよ裁判所から請求が行われます。

ビアイジからではなく裁判所から支払督促が行われ、支払督促にも応じなければ、一括請求の通知が届きます。

裁判所からの通知ですから、支払いに応じなければならず、2週間以内に対処しなければなりません。

借入をする時には、その場しのぎで利用したとしても、後々このような大きな事態に発展するケースがあります。

街金を利用する場合には、審査難易度をチェックするなど、借り方を重視する人が多いですが、返し方もとても大切です。

差し押さえ

裁判所から一括請求されても、対応しなかった場合には差し押さえが行われます。

差し押さえは財産とみなされるものに対して行われ、具体的には給料の4分の1、不動産、 動産、債券が差し押さえされます。

もしもここまで、借金の実は家族にバレていなかったとしても、財産を差し押さえられてしまうと家族に隠し続けることはできません。

給料を差し押さえられた場合には、勤務先に連絡が入りますので、職場に借金がバレます。

経理担当者や経営者に知られてしまう上、職場で噂になってしまう可能性もあります。

ビアイジの取り立ては怖い?法律の基礎

ビアイジの取り立ては法律に則った方法ですので、怖い思いをすることはありません。

取り立てには法律上の厳正なルールが定められていますので、そのルールを破った取り立ては出来ないのです。

ビアイジは正規業者ですので、このルールを守った取り立てですから、過剰な心配は不要です。

ここでは、取り立てに関する法律の基礎として、「早朝や深夜に取り立てできない」「自宅以外への取り立てはできない」「退去要求に応じなければならない」「借金の事実を周知してはいけない」「他社からの借金で返済を求めてはいけない」「債務整理開始通知後に督促してはいけない」ということについて解説します。

早朝や深夜に取り立てできない

正当な理由がなく、早朝や深夜に取り立ては出来ません。

具体的には21時から8時の間は、電話の取り立てだけでなく、FAXや訪問も禁止です。

21時から8時の間のような、一般的に就寝していることが多い時間に取り立てをされてしまうと、債務者の日常生活が破壊されてしまう可能性がありますが、このように法律上で禁止されているため、早朝や深夜は静かに過ごすことができます。

自宅以外への取り立てはできない

自宅以外に取り立てを行うことも禁止されています。

たとえば正当な理由なく債務者が働いている会社や、自宅以外の場所に連絡できません。

債務者以外への迷惑行為や、借金の事実を周知する行動は全面的に禁止となっています。

ただし、債務者に連絡をしても全く連絡がつかない場合や、自宅に訪問しても会えない場合など、正当な理由がある場合には、職場への連絡は可能です。

ただし、正当な理由の定義は法律上現物ではないようです。

退去要求に応じなければならない

取り立てをしている人に対して、債務者が「帰ってほしい」と要求した場合には、その要求に応じなければなりません。

もしも退去要求に応じなければ、違法な取り立てとなってしまいます。

よく、テレビドラマなどでは、取り立てが自宅に入り、何度も帰ってほしいと伝えても、しつこく取り立てが行われるシーンがあります。

そのため、取り立てというのはしつこく自宅に居座るものだと思っている人も多いようですが、実は退去要求には応じなければならないのです。

借金の事実を周知してはいけない

上記でも触れましたが、借金の実を周知してはいけないことになっています。

取り立てによって周知することも禁止ですし、看板や立て札を含む、そのほかの方法で借金をバラすことはできません。

もちろん、借金の事実だけでなく債務者の個人情報やプライバシー、プライベートの内容を周知することも全て禁止されていますので、これらを破ると違法となります。

こちらもテレビドラマなどでは、嫌がらせ交じりの取り立てとして描かれることがありますが、実は違法なのです。

他社からの借金で返済を求めてはいけない

さらに、テレビドラマの例を挙げると、借金の返済が出来なければ、他の人から借りて返させたり、他の金融業者から借りて返させるなど、さまざまな取り立てが描かれることがあります。

しかし実際のところは、債務者本人以外の人や業者から借入を迫る行為は違法です。

ビアイジはそのようなことはしませんが、万一返済資金調達の要求があれば、違法という認識を持ちましょう。

また、債務者以外の人に借金の肩代わりを迫ることも禁止されています。

親兄弟、配偶者などの身内だったとしても、借金の督促はできません。

債務整理開始通知後に督促してはいけない

保証債務者が債務整理をした場合には、一定のタイミング以降、督促ができなくなります。

債務整理を弁護士や司法書士などの専門家に依頼し、その通知がなされた後には、金融業者は債務者に督促ができないのです。

そのため、今まで取り立てに苦しんでいた人は、債務整理をしたことによって、静かな生活を取り戻すことになります。

このように、借金の取り立ては、厳正な法律上のルールに基づいて行われるため、一般的にドラマなのでイメージされるような、恐ろしいものではありません。

万一違法な取り立てをされた場合の対処法

ビアイジは法律に則った取り立てをする業者ですが、取り立てを受ける側からすると、万が一違法な取り立てをされた場合の対処法を知らないのは不安ですよね。

そこで、違法な取り立てを受けた場合にどう対処すれば良いのかを解説します。

具体的には「警察に連絡する」「弁護士などに相談する」「公的窓口に通報する」ことについて紹介し、証拠は押さえるべきであることや、ヤミ金以外は違法な取り立てはしないことにも言及します。

警察に連絡する

警察は民事不介入であるため、借金問題に関して相談しても対応してくれません。

しかし、違法行為があれば通報により対応してくれます。

借金の取り立てでよくある違法行為は、勝手に住居に入られる「住居侵入罪」、退去に応じない「不退去罪」、大声で怒鳴って恐怖を与えたり脅迫するなどの「恐喝罪」、無理難題を強要する「強要罪」などが挙げられます。

ほかにも、債務者を監禁する「監禁罪」や、仕事の邪魔をする「業務妨害罪」、落書きや破損などの「器物損壊罪 物」なども該当します。

これらの被害に遭った場合には、すぐに通報しましょう。

弁護士などに相談する

債務整理をしている場合には、弁護士や司法書士などに相談しているかと思います。

先述したように債務整理の通知を業者が受領した場合には、取り立てをしてはいけないというルールですので、本来であればこれにて取り立てがストップすることになります。

万が一、それでも取り立てがストップしなければ、担当している弁護士や司法書士に相談しましょう。

ちなみに、司法書士よりも弁護士の方が手続き費用が割高である反面、司法書士は1件あたりの債務額に制限があります(140万円以下)。

これらを踏まえてどちらに相談するのが良いか、各事務所の比較検討をしましょう。

公的窓口に通報する

警察や弁護士以外にも相談窓口はあります。いかに公的な相談窓口を記載しますので、ぜひ参考にして下さい。

対応窓口概要URL
国民生活センター相談窓口電話にて無料相談可能http://www.kokusen.go.jp/
役所の窓口役所の法律相談窓口は無料で利用可能。電話の場合や対面の場合あり。相談日が限定的なので注意が必要。また、自治体によっても異なる 
法テラス電話にて無料相談が可能。弁護士や司法書士の紹介対応ありhttps://www.houterasu.or.jp/index.html

証拠は押さえよう

違法な取り立てが行われている場合には、証拠を押さえておくことをおすすめします。

違法業者や担当者によっては、証拠がなければ誤魔化すことも考えられます。

たとえば、スマホで録音や録画をしておいたり、違法な取り立ての日時や内容をメモしておいたり、張り紙などを写メで撮ったり現物を保管するなど、状況に合った対応をしましょう。

ほかにも、電話の録音や留守電の保存などにも留意すると良いでしょう。

証拠があると、違法な取り立てを受けたという主張がスムーズに行えます。

ヤミ金以外は違法な取り立てはしない

ここまで違法な取り立てについて、その対処法を紹介しましたが、ヤミ金以外は違法な取り立てはしませんので安心です。

ヤミ金とは正規の街金に見せかけて、法外な金利を貪る違法業者で、取り立ても法律を守りません。

取り立て可能な時間外でも、気にせずに取り立てたり、脅迫や借金の周知、周りの人への取り立て、返済原資の借入れ要求など、嫌がらせなども含めてあらゆる手段を講じて来ます。

そのため一度闇金に捕まると、借金地獄に陥ってしまうのです。必ず、正規業者から借入れしましょう。

ビアイジは安心して借りれる正規業者

ビアイジは安心して借りれる正規業者です。

その証拠として、「近畿財務局長(12)第00546号」や、「日本貸金業協会会員番号 第002674号」の登録があります。

ここでは、そんなビアイジの基本情報として、「ビアイジの会社や支店情報」「ビアイジの借入情報」「ビアイジの必要書類」「ビアイジの申し込み手順」について見て行きましょう。

ビアイジの会社や支店情報

ビアイジ株式会社は、京都市右京区に本社がある正規の街金業者で、ほかにも札幌支店、旭川支店、帯広支店、弘前支店、八戸支店、秋田支店、広島支店、福岡支店があります。

ただし、京都本社での借入れ受付はしていませんので注意が必要です。

ビアイジの借入情報

ビアイジは、12.0%~18.0%の金利で、最大200万円までの借入れが可能です。

借入れは20歳以上で安定した収入があれば利用でき、審査に自信がない人でも気軽に相談に乗ってくれます。

最短30分のスピード審査だけでなく、最短即日融資にも対応していますので、急いで金策が必要な人にも向いています。

インターネット申し込みでは24時間365日対応ですし、店頭窓口では親切丁寧な対応をしてくれますので、安心かつ便利な申し込みができるでしょう。

ビアイジの必要書類

ビアイジを利用するためには、運転免許証などの本人確認書類が必要となります。

万一免許証を持っていない場合には、健康保険証などが求められます。

また、50万円を超える希望額の場合や、他社借入れを合わせて100万円を超える借入れの場合には、源泉徴収票などの収入証明書するものが必要です。

ただし、50万円以下でも、収入証明書が求められることもありますので、あらかじめ想定しておきましょう。

ビアイジの申し込み手順

ビアイジの申し込みは、インターネットや来店申し込みができ、来店の場合は、平日9時から18時の間に受付しています。

申し込み後、確認電話が入り、審査が行われます。

審査結果の電話が入ったあとは、来店か郵送にて契約手続きをします。

郵送の場合は手続き完了まで1週間近く時間がかかるため、注意が必要です。

契約が完了次第、指定口座に入金されます。

店頭窓口では現金で受け取ることも可能ですが、審査次第では振込のみとなる場合もあります。

ビアイジで返済に困った時の3つの手段

ビアイジを利用した場合に、どうしても返済に困った場合には、対応を放置するのではなく、債務整理を行いましょう。

最後に債務整理について、「任意整理」「個人再生」「自己破産」を簡単に触れておきます。

任意整理をする

任意整理は、話し合いで借金を整理する方法で、将来利息や遅延損害金がゼロになり、元本のみの返済となります。そのため、借金の負担が軽くなる方法です。

比較的、借金の額が少ない場合に行われる手続きで、弁護士や司法書士に依頼すれば、本人に代わって進めてくれます。

個人再生をする

個人再生は、再生計画案が裁判所に認められれば、借金を5分の1程度に減らすことが可能です。

借金を大幅に削減できる上、家や車などの資産を失わずに済むため、債務者にとってメリットが大きな方法です。

ただし、収入がない人や、5,000万円を超える借金がある人は手続きできません。

自己破産をする

自己破産は、財産を失う代わりに、借金が帳消しになる方法ですので、支払不能状態の場合に有効です。

財産も借金もなくなるので、ゼロから再スタートする方法です。

まとめ

ビアイジは正規の街金業者であるため、取り立ては合法的です。

ヤミ金が行うような違法な取り立てはしませんので、不安になる必要はありません。

ただし、取り立てを放置していると、信用情報ブラックとなったり、差し押さえなどのリスクがありますので、きっちりと返済しなければなりません。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談