ジャックス家賃引き落としができなかった原因は?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

賃貸物件の家賃は毎月の支出の中でも、大きなウエイトを占めています。

そのため現金払ではなくポイント還元狙いで、クレジットカードを活用する人も増えています。

特にジャックスは家賃保証も行っているので、活用する人も多いのですが、家賃が引き落としできないと連絡が入ることがあります。

何が原因か見ていきましょう。

ジャックスの家賃引き落としとは

以前は、賃貸物件を借りるときに、保証人を立てて契約をして、毎月オーナーに家賃を支払うという流れが一般的でした。

しかし家賃滞納などのトラブルを考えると、オーナーの負担は非常に大きいものです。

そこでジャックスがオーナーの代わりに、家賃を集金するという代行業務を行うようになりました。

ジャックスは周知のとおりカード会社ですので、保証審査や集金業務も慣れています。

また万が一家賃支払いが滞ったとしても、プラン内容によってはジャックスが家賃を立て替えますので、オーナーのリスクも回避できます。

また、店子(たなこ)としてもジャックスを利用することでポイントが貯まる、ジャックスとしても会員が増えるなど、お互いの利害関係が一致します。

そのため最近はジャックスを始め、各カード会社が保証業務から家賃回収業務を担うようになってきたという背景があるのです。

ジャックスで家賃を払う方法は2種類

ジャックスで家賃を支払うためには、2種類方法があります。

まずは「JACCS CARD ADVANCE(ジャックスカードアドバンス)」という、ジャックスが発行したカードで登録した銀行振替、もうひとつは指定口座への振り込みです。

しかし指定口座の振り込みに関しては、飽くまでイレギュラーだと思っておきましょう。

基本的には指定口座からの振替になります。

もし口座残高不足などで引き落としができない、といった場合のみ、ジャックスが指定した口座への振り込みとなります。

ジャックスの集金代行サービスで引き落としされない原因は?

契約している物件がジャックスの集金代行サービスを活用している場合には、先に話したように毎月指定した銀行口座から家賃分引き落としが発生します。

しかし今まで問題なく引き落としができていたのに、突然引き落としができなくなり、結果的にジャックスから「今月分のお家賃が…」と連絡が入ることがあります。

一体どのようなことで引き落としができなかったのか、原因を見てみましょう。

引き落とし口座の残高不足

最も可能性が高いのは、銀行口座の残高不足です。

家賃分を支払えるだけの残高がなければ、引き落としができません。

また「JACCS CARD ADVANCE(ジャックスカードアドバンス)」は、家賃以外のショッピングでも利用可能です。

ショッピングでもカードを活用した場合には、家賃プラスアルファの金額が引き落としされますので、それを見越した銀行残高である必要が出てきます。

集金代行サービス利用時の注意点

利用するものとしての注意点は、利用申込時に指定銀行口座番号や銀行印を間違えない、という程度です。

なおショッピングでの使えるクレジットカードを付与されますから、集金代行うんぬん以前の問題でクレジットカードの取扱いにも注意しておきましょう。

当たり前ですが、使った分の請求は発生します。

先に話したようにショッピングで使用した分は、毎月の家賃金額と合算で請求が入りますので、口座残高の確認はしっかり行うといいでしょう。

引き落としされなかった場合の支払方法

ジャックスでの家賃引き落としは、毎月27日と設定されています。

何らかの事情で引き落としができなかった場合には、ジャックスから連絡が入りますので、指示に従って指定銀行口座へ振り込みを行いましょう。

再振替ですが、これはオーナー(もしくは仲介の不動産業者)が、再振替のサービスに加盟しているかどうかで変わってきます。

再振替サービスを適用しているのであれば、翌月12日に再引き落としができますので、それまでに口座へ入金をしておくといいでしょう。

ともあれ、引き落としができなかった場合には必ずジャックスからその旨の連絡が入るので、まずは指示に従うということが大前提です。

ジャックスカードで支払っている家賃が払えなかった

ジャックスカードのみならず、クレジットカードを利用して家賃を毎月支払っている人は、メリット以上にデメリットも発生するものだと認識しておきましょう。

確かに利用すれば毎月ポイントが付与されますし、ショッピングで活用しても支払先が同じなので返済管理もしやすくなります。

しかし遅れればそのままブラックリスト入りしてしまう可能性が出てきてしまうのです。

クレジットカードの支払いを滞納するのは危険

クレジットカード支払いにしている以上、たとえ遅れた内容が家賃であっても信用情報機関に支払い遅れと登録されてしまいます。

そうなれば今後新しくクレジットカード作成やキャッシングを行うときの、審査に影響を及ぼします。

「何も借りたお金をそのまま滞納していたわけじゃない」「たかが家賃」と思ってしまいますが、クレジットカード払いにしている以上は、自動的に返済遅れは登録されてしまいます。

また「家賃のためだけに、ジャックスカードを作った」という人も要注意です。

元々所有していたのであれば問題ありませんが、信用情報機関での登録内容は、新たにクレジットカードを1枚増やしたという認識になります。

審査が厳しい金融機関ですと、カード保有枚数も審査対象ですから、将来的に何かしら金融機関の審査を受けるときに、不利になってしまう可能性は出てきます。

支払いを滞納したときのデメリット

家賃であってもカード支払い分を滞納したのですから、まず信用情報機関にその事実が記載されてしまいます。

そうなると他カード会社に新しく申込みをしても、審査にとおらない可能性が出てきます。

また家賃滞納が続けば、家賃とは別に遅延損害金という利息も発生してしまいます。

長く放置すれば裁判所に訴えられ、給与などの財産を差し押さえられることも珍しい話ではありません。

そのためカード払いにするのであれば、強い自己管理能力が問われるのです。

使い方次第では便利なものですが、一歩間違えると大惨事になるので注意しておきましょう。

支払口座や住所を変更したい!手続き方法は?

「当初登録していた支払口座では少し使い勝手が悪い」ということで、支払口座を変更したい場合も出てきます。

また引っ越しなどで、住所変更を行う場合もあるでしょう。

通常のジャックスカードであれば、インターネットもしくは書面で手続きができますが、「JACCS CARD ADVANCE(ジャックスカードアドバンス)」の場合はどのような手続きになるのか見てみましょう。

集金代行サービスの場合

「JACCS CARD ADVANCE(ジャックスカードアドバンス)」での支払先口座変更や、住所変更もインターネットもしくは電話で手続きが可能です。

会員専用サイト「インターコムクラブ」からログインを行い、「カードお届け内容の照会・変更」を選択し新たな情報を入力すれば完了です。

電話であれば、ジャックスカスタマーセンターに連絡をします。

登録していた住所あてに変更届の用紙が後日届きますので、必要事項を記載して返信を行いましょう。

ジャックスカードの引き落とし口座を変更する場合

「JACCS CARD ADVANCE(ジャックスカードアドバンス)」ではなく、通常のジャックスカードでの引き落とし先を変更する場合にも基本的動作は同じです。

インターネットもしくは、電話での受付対応となります。

電話の場合はカード契約者本人でないと受付できませんので、その点だけは注意しておきましょう。

また新たな引き落とし先の金融機関や契約内容によっては、インターコムで手続きができない場合もあります。

その場合には書面での手続きになるので同じくログイン後、「口座振替依頼書」を選択するといいでしょう。

引き落としではなく入金にしたい場合

基本的に支払い方法は、すべて口座引き落としです。

しかし「どうしても引き落としではなく入金にしたい」ということであれば、一度ジャックスへその旨を相談してみるといいでしょう。

ジャックスカスタマーセンターへ連絡をして、オペレーターの人に振込先銀行口座を聴きます。

しかし相談内容によっては「振込不可」となることも想定されますし、そもそも先に話したように基本的には引き落としです。

手間や振込手数料を発生させてまで、引き落としにしたくない事情を確認されるかと予想されるので、前もって考えをまとめておくといいでしょう。

住所を変更したい場合

住所変更を行うには、先に話した口座変更の手続きと同じです。

インターネットもしくは、電話からの受付となっています。

インターコムにログインした後に、「カードお届け内容の照会・変更」を選択して、新たな情報を入力すれば完了です。

お金がない!そんなときはどうすればいい?

毎月発生する支出は、何も家賃だけではありません。

そのほかの支払いなどでどうしてもお金がない!ということもあるでしょう。

しかし社会人として「お金がないから払えません」とは、なかなか言い出しにくいものです。

そのまま支払いの目途が立つまで、放置しておいても問題ないのでしょうか。

まずはジャックスに電話しよう

最初にすることはジャックスに、電話相談を行うことです。

言い出しにくいということは十分に分かりますが、ジャックスとしても「今支払えないなら、いつなら可能なのか」という点を確認したいだけです。

怒られたりしないので、まずは支払いが困難であるという事実、そしていつなら支払いができるのかをキチンと伝えることが重要になってきます。

もしそのまま言い出せず、かつ、支払いもしなかった場合には、ジャックスが裁判所に訴え給与などの財産を差し押さえられてしまいます。

そのような事態になれば勤務先の人にも、未払の事実がバレてしまいます。

支払いが難しい場合には、なるべく早い段階で相談をしておきましょう。

料金滞納で裁判にはなりたくない!無視できない催告書とは

生活苦で家賃払えない!滞納はいつまで大丈夫?法的措置や強制退去は?

まとめ

ジャックスで家賃引き落としができない原因の多くは、残高不足です。ジャックスから必ず電話連絡が入ります。

連絡があったらしっかりと対応し、振込先を確認しておきましょう。

そのまま放置を続ければ、信用情報機関にも影響が出ますし、裁判沙汰にまで発展してしまいます。

言い出しにくいことではありますが早急に対応する、もしくは相談を行うことをおすすめします。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談