ペルソナカードの審査に落ちたらどうする?

ペルソナカードは大阪の阪急百貨店や、阪神百貨店をよく利用する人にとってはなじみのあるクレジットカードです。

しかし、ペルソナカードの申込みをしても、審査に落ちてしまったという人も少なくありません。

ペルソナカードで審査落ちする原因は何か、再申込みをすることはできるのか解説していきます。

ペルソナカードってどんなカード?

ペルソナカードは株式会社ペルソナが発行するクレジットカードで、大阪では昔から阪急百貨店ユーザーに欠かせないカードとして利用されてきました。

2007年に阪急百貨店と阪神百貨店が経営統合したことから、現在では阪急百貨店と阪神百貨店どちらでも優待を受けることができます。

そんな歴史あるペルソナカードの特徴を見ていきましょう。

ペルソナカードの特徴

ペルソナカードの代表的なものが下記の3種類のカードです。

3種類のカードを比較してみましょう。

カードの種類 年会費 カード発行会社 特 典
ペルソナSTACIA PiTaPaカード 2,000円 株式会社ペルソナ
  • 阪急百貨店・阪神百貨店で利用料金によって最大ポイント10%たまる
  • 阪急電車や阪神電車、阪急バスなどに利用できるPiTaPa付き
  • 阪急電車などの乗車や、定期券購入でポイントがたまる
ペルソナSTACIAカード(iD) 2,000円 株式会社ペルソナ
  • 阪急百貨店・阪神百貨店で最大ポイント10%たまる
  • iDマークのお店で利用でき、加盟店でポイントがたまる
ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレス・カード 14,000円 アメリカン・エキスプレスカード
  • 阪急百貨店や阪神百貨店で当初から10%ポイントがたまる
  • アメックス加盟店でも1%たまる
  • アメックスのリターンプロテクションやショッピングプロテクションなどが利用できる

ペルソナカードを持つ人にとって最大の目的は、阪急百貨店や阪神百貨店の利用でポイントを獲得することです。

それにプラスして、ペルソナSTACIA PiTaPaカードでは阪急電車や阪神電車、阪急バスなどの乗車でもポイントがたまったり、定期券購入でもポイントがたまったりするため、阪急・阪神電車沿線に住む人にとってはかなりお得に利用できるカードです。

ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードだけは他の2種類とは別物となっていますが、共通する点はやはり阪急百貨店と阪神百貨店の優待です。

当初から10%ポイントがたまるのはペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレス・カードだけの特典です。

その分年会費もかなり高くなっていますが、阪急百貨店の優待をもらいつつアメリカン・エキスプレス・カードの特典も利用したいという人にはおすすめのカードです。

ペルソナカードでポイントがたまるのは阪急百貨店だけじゃない!

ペルソナカードSTACIA PiTaPaカードとペルソナSTACIAカード( iD)の2種類は、特に梅田や阪急沿線で買物をよくする人にとってはかなりお得に利用できるカードです。

ポイントが獲得できる店舗詳細を見ていきましょう。

優待店舗 ポイント獲得率
阪急百貨店・阪神百貨店・阪急メンズ大阪 5%~最大10%
グランフロント大阪 4%相当
阪急西宮ガーデンズ、HIP FIVE、阪急三番街、ディアモール大阪、E-ma、NU chayamachiなど 2~3%相当
阪急OASIS、阪急タクシー、阪急交通社、Izumiya 1%相当
阪急阪神第一ホテルグループ 3%相当
全国のVISA加盟店 0.5%相当

大阪梅田近辺のお店を中心に、阪急阪神グループ関連の会社でポイントがたまります。

たまったポイントは1ポイント1円で利用できます。

また、阪急阪神クーポンに交換したり、景品に交換したりすることもできます。

ペルソナカードの審査に落ちた原因は何?

阪急百貨店をよく利用する人は、ペルソナカードの申込みをしたいと考える人も多いでしょう。

しかし、なぜかペルソナカードの審査に落ちてしまったという人は、なぜ審査に落ちたのか不安になる人もいませんか。

そこで、ペルソナカードの審査に落ちてしまった原因は何か、確認していきましょう。

他社カードやローンの返済を延滞している

クレジットカードの審査で重要視されるのは、申込者が信用できる人物なのかどうかという点です。

特に金銭面でルーズな人は信用度が大きく下がります。

例えば、他社のクレジットカードの支払を期日にできずに延滞してしまっている人や、カードローンの支払を滞納している人などは審査に落ちる可能性があります。

期日に支払をするということは金融機関との約束ごとです。

約束を守れない人を信用できるはずもないため、延滞をしている事実が分かった時点で審査落ちする可能性が高くなります。

他社での借入が多い

クレジットカードのキャッシング枠はカードローンと同じように総量規制の対象となります。

そのため、ペルソナカードでキャッシング枠を付けて申込みをした場合、カードローンや他社カードのキャッシング利用分の合計金額が年収の3分の1以内でなければなりません。

また、キャッシング枠を付けずにショッピング枠だけで申込みをしたとしても、他社借入が多い人はきちんと毎月支払ができるのか疑問視されます。

できるだけ他社借入は減らしてから申込みをするようにしましょう。

関連記事をチェック!

8615view

クレジットカードは総量規制対象で年収3分の1まで?停止解除する方法は?

借り入れは年収の3分の1までしかできないということを聞いたことがあるかもしれません。 確かにカードローンやフリーローンなどのローン商品には、借入金額が年収の3分の1に制限されるものがたくさんあります...

他社でのリボ払い残高が多い

審査に影響があるのは、他社のカードローンやキャッシング枠利用だけでなく、他社クレジットカードでリボ払いをしている場合の未払残高も影響します。

リボ払いは毎月カードを利用していても毎月の請求額は一定金額のため、請求書を毎月きちんと確認していなければ、リボ払いの残高が幾らあるのか分からなくなってしまうことがあります。

支払は毎月少ないのに、それ以上の金額をさらにカード払いで増やしてしまうと、未払残高だけがどんどん増えていってしまいます。

クレジットカードのリボ払いを利用している人は、自分の未払残高が幾らあるのか確認しておきましょう。

本人確認書類と申込書の内容が違う

ペルソナカードの申込時には本人確認書類を提出しますが、申込書に記入した内容と本人確認書類の住所や電話番号が違っていると審査に落ちる可能性が高くなります。

恐らく申込者もわざと間違えたわけではない人がほとんどだと思いますが、審査ではわざわざ申込者に確認することもなく審査に落とされる可能性が高いです。

申込書に記入するときには、何度も間違いがないか確認をすること、また本人確認書類の住所が引っ越し前の住所になっていないかどうかもチェックしてから申込みをしましょう。

過去に金融事故を起こしたことがある

ペルソナカードに限った話ではないですが、クレジットカードの審査時に高確率で審査に落ちる条件があります。

それは過去に金融事故を起こした場合です。

金融事故とは、61日以上の長期滞納や債務整理、代位弁済、強制解約などです。

これらの情報は個人信用情報機関で保管され、その記録はすべて個人信用情報として残されていきます。

永久に残るわけではなく、一定期間が経過すると記録は消えます。

しかし、カード会社が審査で個人信用情報を確認したときに金融事故の記録が残っていると、審査に落ちる可能性が高くなります。

記録が残る期間は、長期滞納、代位弁済、強制解約で5年、債務整理で5年から10年となっていて、かなりの長期間残ってしまいます。

もし過去に金融事故を起こしたという人は、それが審査に落ちる原因となっている可能性があることを覚えておきましょう。

関連記事をチェック!

19746view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

短期間に連続してカード申込をしてしまった

クレジットカードの申込みは、それほど頻繁にするものではないでしょう。

しかし、思い立ったときにまとめて申し込んでしまう人もいるかもしれません。

しかし、まとめて複数社のカードに同時期に申し込むという行為は、個人信用情報で一時的に「ブラック」扱いとなる場合があります。

ブラック扱いとなってしまうと、どのカード会社に申し込んでも審査に通らなくなります。

もし複数社のカードを持ちたいという場合は、ひとつずつ確実に手続きを行うこと、また期間を半年以上あけてから申し込むことをおすすめします。

ペルソナカードの審査は厳しい?

ペルソナカードの審査基準は公表されていません。そのため、審査が厳しいのかどうかということは、申込み条件などからある程度予想することは可能です。

ペルソナカードの審査基準について確認していきましょう。

ペルソナSTACIA PiTaPaカード、ペルソナSTACIAカード( iD)

ペルソナカードは誰でも審査に通るわけではありません。

まずは最低でも申し込み条件をクリアしなければ、審査に通る可能性は少なくなるでしょう。

ペルソナカードの申込み条件は下記の通りです。

  • ペルソナSTACIA PiTaPaカード、ペルソナSTACIAカード( iD)
    18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある人
    18歳以上の学生の人(高校生を除く)
  • ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレス・カード
    20歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある人

ペルソナSTACIA PiTaPaカード、ペルソナSTACIAカード( iD)は、18歳以上から所持可能で、学生や専業主婦でも申込み可能ということが分かります。

そのため、審査が甘いということはないですが、とても審査が厳しいカードでもないと考えられます。

しかし、ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレス・カードは少し事情が違っています。

申込み条件だけを見るとそれほど厳しいものではないと感じますが、年会費が14,000円という時点で新社会人には少し条件が厳しいカードだと言えます。

また、アメリカン・エキスプレス・カードは海外でも有名なステータスカードであるため、安定してそれなりに年収がある人、個人信用情報に全く問題がない人でなければ、審査通過は難しいでしょう。

阪急阪神グループが発行していると審査が甘い?

ペルソナSTACIA PaTaPaカードとペルソナSTACIAカード(iD)は、カード発行は株式会社ペルソナが行っています。

この会社は阪急百貨店や阪神百貨店など阪急阪神グループをまとめる、エイチツーオーリテイリングの子会社であるため、ペルソナカードの発行には、阪急阪神グループでの顧客囲い込みを大きな目的としていると言えるでしょう。

特に阪急百貨店や阪神百貨店で使えば使うほどポイントがたまるため、百貨店を積極的に利用する女性が主なターゲットであると考えられます。

そのため、収入がない専業主婦でも審査通過が可能ですし、収入が安定していて個人信用情報に問題がなければ、多少年収が少なくても審査通過できる可能性があるカードではないでしょうか。

ペルソナカードの審査に落ちたらどう対応すべきか?

ペルソナカードに申し込んだけれど審査に落ちたという人の中には、審査落ちにショックを受ける人もいるのではないでしょうか。

しかし落ち込んでいるだけではなく、今後の対策を考えなければなりません。

ペルソナカードで審査に落ちた場合にすべき対策を確認していきましょう。

審査落ちした原因を考えて改善する

ペルソナカードの審査に落ちたら、当たり前かもしれませんが審査に落ちた原因を改めて考えてみましょう。

大体予想が付けているという人も多いでしょうが、中には全く落ちた原因が分からないという人もいませんか。

審査落ちの原因はカード会社によってそれほど違いはないため、先にも書いている審査落ちの原因をよく確認して、心当たりがある場合は原因となる要素を改善しておくようにしてください。

どうしても原因が分からないときは個人信用情報の開示請求をする

どう考えても審査落ちの原因が思いつかないという場合は、自分の個人信用情報の確認がおすすめです。

個人信用情報機関で管理されている個人信用情報は、開示請求手続きをすることで自分の目で中身を確認することができます。

手数料はかかりますが、審査落ちの原因がはっきりすることも多いため、カードの審査に落ち続けているという人は一度確認してみましょう。

関連記事をチェック!

34145view

自分の信用情報を調べる方法~ブラックかどうか確認~

カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調べてみましょう。 今回は信用情報を取扱っているCIC,JICC,KSCでの、信用情報を調べる方法を説明します。 この記事はこんな人にお...

ペルソナカードを再申込みすることはできる?

ペルソナカードの審査に落ちたものの、どうしてもペルソナカードを所持したいという人は再申込みをすることも可能です。

しかし、再申込みするときには注意点があります。

どのような点に気を付けなければならないのか、確認していきましょう。

再申込みには半年以上間をあけること

ペルソナカードの審査に落ちた場合、すぐにでも再申込みをすることができます。

しかし、すぐに再申込みをしたところで再び審査に落ちる可能性が高いでしょう。

それは、ペルソナカードの審査に落ちたことは個人信用情報を見れば分かってしまうからです。

クレジットカードの申込みをしたという記録は半年残ります。

そのため、最低半年以上は次回の申込みを控える必要があります。

半年間と言うと長く感じますが、半年の間に審査に落ちた原因について考えてみて、改善する時間にあてることをおすすめします。

審査落ちの原因によっては申し込むカードを変更する

ペルソナカードの審査に落ちた原因が、他社での延滞などであればすぐに解消することができます。

しかし、年収が安定しない、他社借入が多すぎるなどといったことは、再申込みできる半年で改善するのは難しい場合もあります。

また、過去にペルソナカードで金融事故を起こしている場合も、社内データに記録が残っていて審査通過が難しい場合も考えられます。

そのような改善するのが難しい場合には、カード発行会社が違うクレジットカードに申し込むようにしましょう。

カード発行会社が違うと審査基準も違う可能性があるため、審査に通過する可能性が少しでも上がります。

まとめ

ペルソナカードは、大阪の梅田近辺でよく買物をする人、また阪急電車や阪神電車をよく利用する人にはとてもお得なクレジットカードです。

しかし、審査に落ちてしまうとペルソナカードの特典を利用できないという大きなデメリットが発生します。

ペルソナカードの審査落ちの原因は何かを把握し、次回の申込みまでには半年以上間をあけて原因の改善をしてから再申込みをすることをおすすめします。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事