信用金庫から配当がもらえる出資金とは?

 4.5  (4)
+ この記事を評価する
×
 4.5  (4)

この記事を評価する

決定

信用金庫は銀行よりも、地域に密着したサービスを提供しています。

そのため、近くに信用金庫がある人は、利用している場合も多いでしょう。

しかし、信用金庫に出資金をすることを、知っている人は少ないかも知れません。

信用金庫に出資金をすると配当金がもらえますが、どのように手続きをすればいいのか解説していきます。

この記事はこんな人におすすめ

今回ご紹介するのは以下の人へとても参考になる記事です。

  • 信用金庫に出資金を出したり、会員になったりする方法を知りたい人
  • 信用金庫の配当金について気になる人
  • 信用金庫の会員のメリット、デメリットが気になる人

信用金庫と銀行の違いは何?


銀行と同じように信用金庫を利用している人は多いですが、銀行とどう違うのか説明できる人は少ないでしょう。

信用金庫と銀行は業務内容的には、同じようなものです。

しかし、適用される法律や組織が違います。

信用金庫は地域密着型の経営を行っているため、地元の中小企業や地域住民のための共同組織という側面が強いです。

具体的に信用金庫と銀行で違う点について、下記にまとめました。

項 目信用金庫銀 行
法 律信用金庫法銀行法
組 織会員出資による共同組織。
非営利団体
株式会社組織の営利団体
会員資格営業エリア内に住んでいるか勤務先がある、事業者を有している人な し
預金や融資の範囲預金については制限がない。
融資は基本的に会員のみに行う。
ただし制限付きで会員以外にも貸し出しできる場合あり。
制限なし

信用金庫と銀行を比較してみると、多くの点において相違していることが分かります。

特に、信用金庫は非営利団体であるのに対し、銀行は株式会社として営んでいる営利団体だという点は大きな違いです。

また、銀行を利用する場合は会員になる必要はありませんが、信用金庫には会員制度があります。

地域に住んでいる人や勤務している人たちが会員となり、信用金庫に出資することで互いに地域に貢献することを目的としています。

信用金庫の利用には会員になる必要がある

信用金庫は会員の出資を元に経営を行っている金融機関であるため、信用金庫で金融商品を利用するためには個人も法人も信用金庫の会員になる必要があります。

ただし、信用金庫の会員にならなくても、預金業務だけは会員外でも利用できるため誰でも預金口座は作成可能です。

また、住宅ローンを除く少額の消費者ローンなども、会員にならなくても利用可能です。

良く信用金庫と間違えられやすい金融機関に信用組合がありますが、こちらは信用組合の組合員に対して金融業務を行っています。

組合員の仕組みは信用金庫の会員の制度と似ていますが、会員外へのサービスはさらに制限があり、総預金額の20%以上となる場合には組合員以外の預金も受け付けていません。

したがって、信用組合によっては、組合員以外全く利用できないケースもあるのです。

信用金庫の会員になるメリットとデメリット

信用金庫に出資することにはメリットもあれば、やはりデメリットも幾つか存在します。

どのようなメリット・デメリットがあるのか確認していきましょう。

メリットは高配当の配当金や高額の融資

信用金庫に出資して会員になるのはいいけれど、何かメリットがあるのかと考える人も多いのではないでしょうか。

信用金庫に出資するメリットは下記のとおりです。

  • 出資金の配当金が受け取れる
  • 低金利で高額融資を受けられる
  • 優遇された金利が適用される

まず、会員になって出資をすると、配当金がもらえるというのは大きな特徴です。

信用金庫によって違いますが、平均して3%~5%の配当金がもらえます。

ただし、赤字決算だった場合には、もらえないことも覚えておきましょう。

なお、上場している銀行などは株式を購入できますが、利益があったからと言って必ず配当金があるわけではありません。

しかし、信用金庫は営利を目的としていないため、よほどのことがない限り配当金はでると考えておいてください。

また信用金庫では、会員ではない人には少額の融資は可能でも、700万円以上の高額融資を受けられません。

そのため、700万円以上融資を受けるためには必然的に会員にならなければならないということです。

さらに、信用金庫によっては会員だけに金利が優遇される商品もあるため、特に高額融資を受ける場合には会員になっておく方がお得に融資が利用できます。

出資することにデメリットもあるの?

出資金を払って会員になっておくとメリットもありますが、やはりデメリットもあります。

具体的なデメリットは下記のとおりです。

  • 出資金の元本は保証されていない
  • 脱退しても返金までに時間がかかる
  • 業績次第では配当金がでないこともある
  • 出資できる信用金庫の選択肢が限られている

信用金庫に出資すると、株とは違いますがそれなりにリスクがあります。

まず、出資金は信用金庫が倒産すれば返還されません。

これは株と同様のリスクがあります。預金として資産運用をしていれば、金融機関が倒産をしたとしても1,000万円まで元本保証をしてもらえますが、出資金にはこのような制度がありません。

また、赤字決算の場合は配当金がでません。

さらに、先にも解説したように、脱退しても配当金の返還にはかなり時間がかかるため、定期預金のように解約すればすぐに引き出せるというものではありません。

他にも、出資する信用金庫は住んでいる、または働いている地域の店舗しか選択できないため、配当金が高いからと言って地域外の信用金庫の会員になれません。

そのため、自分の住んでいる地域の信用金庫が信頼できるかどうか、良く見極めてから出資を行いましょう。

信用金庫の会員になる方法

信用金庫は会員になることで金利が優遇されたり、低金利の融資を受けたりすることが可能となります。

しかし、会員になるには信用金庫に出資しなければなりません。

出資するとはどういうことなのか、具体的に確認していきましょう。

出資金が必要

信用金庫は先にも述べたように、銀行とは違って互いに貢献しあう精神を下に運営されています。

そのため、その地域に住んでいる人や仕事をしている人が会員となって、一定額の出資金を出してもらう必要があります。

その出資金などで信用金庫は運営を行っているのです。

その代わりに信用金庫から低金利で融資を受けたり、配当金をもらったりすることもできます。

出資金の金額は一口500円からで、信用金庫ごとに最低口数が決まっており、多くの信用金庫が個人の場合10~20口(5,000~10,000円)と設定されています。

この出資金は株式のように自由に売買することや、預金のようにお金を引き出すことが、すぐにはできません。

申込みできる人

申込みの条件は出資金以外にも幾つかあります。

個人で信用金庫の会員になりたい場合には、信用金庫の地区内に住居や住所を持つか勤務地があることが必要です。

また、個人事業主や法人経営者の場合には、地区内に事業所がある場合や事業所を所有していれば会員資格を得られます。

会社の営業地区の範囲内であったとしても、事業所の住所で判断されるので気を付けてください。

さらに中小企業者の場合には従業員数が300人以下、資本金が9億円以下の事業者であることも申込み条件となっています。

規模の大きい会社であると、信用金庫の会員にはなれないので注意が必要です。

出資金の配当金を受け取るには

出資金を信用金庫に支払いをしていれば、毎年3月末に会員の人を対象に配当金が支払われます。(年度末の総代会で剰余金があると認められた場合のみ)

出資から受取までの簡単な流れは以下のとおりです。

  1. 信用金庫の窓口で出資金を支払い会員になる
  2. 出資証券と言う出資を証明する証券を発行してもらう
  3. 年に1度(基本的に3月)配当金の利率が決定する
  4. 自分の所有している出資証券分の配当金が口座に振り込まれる。

基本的には毎年4月以降に配当金支払通知書という書類が送られてくるため、この書類を通じて配当金の利率や配当金の金額を確認できます。

また、配当金の受取は口座への振込で行われるため、株式のように取引店や、窓口に受取りに行かずに済みます。

出資金の増口も可能

出資金は株式と同じようにいつでも追加で増口が可能で、一口あたりから追加で再出資ができます。

また、出資金を増やした分だけ追加で配当金も受け取れるため、資産運用としても株式のように活用可能です。

ただし、年度の途中で追加出資した場合には、受取できる配当金の金額が出資した日からの日割計算で算出されるので満額の受取はできません。

出資金の上限はない

出資金の上限は決められていないため、1,000万円以上の出資を行うことも不可能ではありません。

しかし、出資金の返還は簡単には行えないため、高額の出資を行ってしまうと回収に手間取るリスクがあります。

出資を行うときには、無理のない範囲で行うことをおすすめします。

なお、信用金庫によって高額な出資金の受付を行っていないところもあり、出資をするときには信用組合の窓口に問い合わせをしてみましょう。

持分を譲渡すれば出資金は返ってくる

信用金庫の会員になるには出資金を払う必要がありますが、会員を辞めるときなどにどのようにしたら出資金が戻ってくるのか気になる人もいるでしょう。

結論から言うと、かなり時間がかかりますが、出資金は基本的に戻ってきます。

出資金を返還してもらうためには、会員の脱退が必要です。

会員を脱退する方法には2種類あり、「自由脱退」と「法定脱退」があります。ここではふたつの脱退方法の違いを解説します。

自由脱退

自由脱退とは自分の持分である全ての出資金を、他の人に譲渡して会員を辞めることです。

出資金に見合う金額を出してくれる、他の加入者があらわれるまで脱退できません。

ただし、どうしても譲り手が見つからなかった場合は、信用金庫が買い取ってくれます。

しかし、総代会(株主総会のようなもの)の承認が必要なため、換金には1年半以上かかる場合もありますので注意が必要です。

法定脱退

また法定脱退とは、その信用金庫の地区外へ引っ越した、会員が死亡した、破産したなどによって会員資格を失った場合です。

法定脱退の場合は、その事業年度末に法定脱退処理を行うことになっています。

出資金の支払は脱退した翌年度になり、この場合もお金が返ってくるまでに時間がかかります。

解約してすぐに返還してもらうのは無理

信用金庫の脱退はいつでも申請できますが、出資金の譲渡手続きがすすまなければ出資金の返還をしてもらえません。

そして、信用金庫にもよりますが出資金の譲渡手続きは、一般の人が買ってもらえないケースも多く、信用金庫に払戻しをされることがあります。

こうなると先ほども紹介したように、最長1年半程度出資金を返還してもらえないため、解約後すぐに出資金の返還はしてもらえません。

なお、買取り先は信用金庫でも探してくれますので、脱退したいときには信用金庫に相談をしてください。

信用金庫の配当利率ランキングTOP3

信用金庫の出資金には配当が付くと紹介しましたが、それぞれの信用金庫の決算状況が異なるため配当率も大きく異なります。

そこで、どの信用金庫の配当利率が高いのかを、ランキング形式でTOP3まで紹介しています。

自分の居住している町の信用金庫がランクインしていないか、是非一度確認してください。

TOP1:10%

10%の高額配当率を実現している信用金庫は、高知信用金庫です。高知信用金庫に出資を行っていれば、10年程度で出資額が全て戻ってくる計算となります。

もちろん、配当率は毎年変動をするため安定して配当金を受け取ることはできませんが、10%の高額配当は非常に魅力と言えるのではないでしょうか。

TOP2:8%

続きまして第2位の配当利率である信用金庫は以下の3つでした。

津信用金庫滋賀県
川之江信用金庫愛媛県
遠賀信用金庫福岡県

こちらの3つの信用金庫はどれも配当利率が8%で、1位と比べると少し低いですがまだまだ高配当金がもらえます。

滋賀や愛媛、福岡に在住している人は、それぞれの信用金庫の営業区内か是非確認してください。

TOP3:6%

最後にTOP3の紹介ですが、何と3位は同じ配当利率の信用金庫が8店舗もありました。

豊橋信用金庫愛知県
豊田信用金庫愛知県
西尾信用金庫愛知県
蒲郡信用金庫愛知県
但馬信用金庫兵庫県
但陽信用金庫兵庫県
観音寺信用金庫香川県

飯塚信用金庫< /th>

福岡県

ランキング結果を見てみると、愛知県や兵庫県、四国、福岡県と高利率の配当金が受け取れる地域や県が集中しています。

将来的な判断は難しいですが、これらの地域に在住していれば資産運用として信用金庫の出資金も検討できるでしょう。

その他信用金庫の配当金の利回り

信用金庫に出資すると配当金がもらえるという話をしてきましたが、具体的にどのぐらいの利回りなのか、幾つかの信用金庫で比較してみましょう。

信用金庫利回り
大阪信用金庫年4.0%
多摩信用金庫年3.0%
愛知信用金庫年4.0%
利根郡信用金庫年3.0%
永和信用金庫年4.0%

(2017年度実績)

尼崎信用金庫年4%
西武信用金庫年3%
湘南信用金庫年1%
さわやか信用金庫年3%
北海道信用金庫年4%
埼玉縣信用金庫年3%

全国の信用金庫で比較してみると、平均3.0~4.0%の利回りであることが分かります。

一口でも出資金を増やせば、定期預金で換算しても1万円以上の利息を受け取れるため非常に効果的です。

しかし、これ以下の利回りである信用金庫も多いため、自分のまわりの信用金庫はどのぐらいの利回りなのか調べてみてはいかがでしょうか。

信用金庫の出資金に関するQ&A

信用金庫の出資金について、まだまだ気になる内容が幾つかあるでしょう。

ここでは、出資金について紹介しきれなかった内容を、Q&A形式で紹介するので気になる内容がないか確認してください。

①出資金の配当は確定申告が必要?

信用金庫の配当金は源泉分離課税と呼ばれ、配当金が支給された段階で源泉徴収が行われているため課税所得には含まれません。

したがって、株式など総合課税に分類される配当金とは異なり、確定申告は必要なく額面通り受け取れます。

②なくなった父名義の出資金や配当金は相続できる?

出資金に関しては資産に含まれるため、相続人に該当すれば相続可能です。

遺産相続として出資金を正式に相続すれば、同じように配当金の受取も可能となります。

いずれにしても、遺産相続手続きが必要ですし、相続人が複数いる場合には分配しなければならないので慎重に家族で相談しましょう。

③信用金庫の出資金は差押えの対象になる?

信用金庫の出資金は資産に含まれるため、差押えの対象になります。

差押えの優先順位は不動産や車などと比較すると、後になりやすいため取立てに来たとしても、差押えされずに済むケースもあるようです。

④信用金庫からの借入金と出資金の相殺はできる?

借入金と出資金の相殺はどの、信用金庫でも行っていません。

もしも、借入金の返済に出資金をあてたい場合には、一度出資金を払戻しや譲渡を行い現金に換算してから、借入金の返済にあてるしかありません。

⑤ローンを組んだ後、営業地域から引っ越ししたらどうなる?

信用金庫でローン契約した後に、営業地域外に引越ししてしまうとどのようなローン商品でも、一括返済を請求されます。

もしも、一括返済ができないとしても、分割の支払いなどには応じてもらえないため、他の金融機関に借り換えなどしてお金を工面しなければなりません。

まとめ

信用金庫に出資するということは、信用金庫の会員になることです。

会員になることで配当金を受け取れることや、高額融資や金利の優遇などを受けられるなどのメリットがあります。

しかし、出資金の元本保証はされていないため、それなりにリスクがあると考えておきましょう。

信用金庫で口座開設すると全国規模のメリットがある

 4.5  (4)
+ この記事を評価する
×
 4.5  (4)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談