オリックスとはどんな会社?金貸しもしているの?

 5.0  (2)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (2)

この記事を評価する

決定

オリックスは何の会社かわかります?とヤフー知恵袋に書き込まれるほど、オリックスとはどんな会社なのか、いろいろ疑問に感じている人も多いのですね。知恵袋に書き込まれた回答を見ると、サラ金、金貸し、金融屋がベストアンサーになっています。

プロ野球ファンならバファローズを所有している会社、とすぐにわかるでしょうし、金融関係に詳しい人ならオリックス銀行をイメージすることでしょう。さてオリックスは金貸しもしているのか簡単にご説明します。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

オリックスとはどんな会社?

ある掲示板では、オリックスって何の会社だよ、とスレが立つほどです。

ヤフー知恵袋ではサラ金、金貸し、金融屋のイメージになっていますが、掲示板だとガチでわからん、いろいろやりすぎてわからん、グループ会社が多すぎなどオリックスってどんな会社なのかひと言で説明するのは難しいのかもしれません。

確かにオリックスは多角的金融サービスを提供しているため、オリックスを代表するような企業をイメージするのは無理があるのかもしれませんね。

そもそもオリックス株式会社とは本社を大阪においている大手総合リース企業です。

オリックス株式会社が行っている事業は、リース会社を始めとして銀行、クレジット、不動産、保険、そしてプロ野球球団であるオリックスバファローズの親会社です。

社名が現在のオリックス株式会社となったのは1989年のことで、それ以前はオリエントリース株式会社として存在していました。

オリエントリースの設立は1964年で、その後企業買収によって事業の多角化を行うようになり1988年には当時の阪急ブレーブスを買収してプロ野球の球団オーナーとなっています。

オリエントリースとオリエントファイナンス(現オリエントコーポレーション)を混同してしまうケースが多かったのか、1989年になってオリックス株式会社と社名を変更しています。

オリックス株式会社はグループ企業の筆頭として存在し、グループ企業は書ききれないほど存在しています。

なかでも主要子会社にはオリックス銀行、オリックス生命保険、オリックス不動産などがあり、金融関係に詳しい人ならオリックスクレジットのカードローンを思い浮かべることでしょう。

いずれにしてもオリックス株式会社は大企業であり、オリックスの事業を支えるのが金融関連事業です。

金貸しとしてのオリックス株式会社

オリックス株式会社はネット銀行としてオリックス銀行を展開しています。

銀行はそもそも「金貸し業」と言われるくらいですから、確かにオリックス株式会社は金貸しを行なっている会社と考えることもできますね。

オリックス銀行カードローンは頼られる人の必需品として、融資限度額は800万円まで、金利は年1.7%から年17.8%、来店不要でインターネットから申し込みができます。

またオリックス株式会社の子会社としてオリックスクレジット株式会社があり、オリックスクレジットはまさに消費者金融そのものです。

名称にクレジットとついていることからクレジットカード会社とのイメージを持つ人も多いですが、オリックスクレジット株式会社はクレジットカード会社ではありません。

かといって住宅ローンも金融商品として販売していることから、完全なる消費者金融とも言えない部分もあり説明に困りますね。

オリックスクレジット株式会社のカードローンは「VIPローンカード」として個人に、「オリックスVIPローンカードBUSINESS」は個人事業主や経営者に提供しています。

個人が利用できるVIPローンカードは、オリックス銀行のカードローンよりも金利が安く、年1.7%から年16.8%です。

融資限度額は800万円まで、これは同じですが来店不要で契約ができ、最短60分で審査回答するなど、やはり消費者金融の売りである即日融資を意識しているようですね。

ただし銀行カードローンであるオリックス銀行カードローンよりも上限金利が低い分だけ、消費者金融とはいっても審査は厳しくなっています。

ほぼ銀行カードローンの審査に通る基準でないとVIPローンカードの審査通過は難しく、パート収入やアルバイト収入ではまず審査に通りません。

VIPとカードローンに名前がつくだけのことはあって、充実した会員サービスによってオリックスグループのレンタカーやホテル、ゴルフのプレー料金や球場の入場料などが優待価格で利用できる嬉しい特典もあります。

オリックスクレジットは消費者金融

最初に結論から申し上げてしまいますが、オリックスクレジットは消費者金融です。

名前に「クレジット」が含まれているためクレジットカード会社や信販会社をイメージしがちですが、消費者金融業を営んでいます。

なおオリックスつながりでもう1つ触れておくと、オリックスグループにはオリックス銀行という銀行もあり、そちらではオリックス銀行カードローンという銀行カードローンを取り扱っています。

つまりオリックスの名を冠してカードローンを扱う企業が2つあり、1つは消費者金融でもう1つは銀行と非常に混同しやすいのですが、ごっちゃになってしまわないようにしましょう。

では、オリックスクレジットのカードローンの商品詳細について簡単に触れておきましょう。

なお、オリックスクレジットのカードローンは「VIPローンカード」という商品名のため、以降はこの商品名を用いて説明を行っていきます。

VIPローンカードの利用限度額や融資利率などは、以下の表のようになっています。

利用限度額 30万円~800万円
借入利率 1.7%~16.8%
返済方法 リボルビング払い
最長返済期間・回数 最長20年・240回
遅延損害金利率 19.9%
担保・保証人 原則不要
(審査結果によって保証会社の保証を利用する場合あり)

詳しくは後述しますが、消費者金融でありながら銀行カードローン並みのスペックの高さが特徴のカードローンとなっています。

最長返済期間が20年というのも、他のカードローンではなかなかお目にかかれません。

カードローン以外にも様々な商品が

なお、オリックスクレジットではVIPローンカード以外にも様々な融資商品を取り扱っています。

事業資金としても利用できる「VIPローンカードBUSINESS」、カードレスで周囲にバレることなく便利に利用できる「カードレスVIP」、借り換えに利用できる「VIPフリーローン」など、バリエーションに富んだラインナップは消費者金融随一と言えるでしょう。

用途に応じて最適なローン商品を選んで利用できるのも、オリックスクレジットの魅力の1つです。

オリックス銀行カードローンとVIPローンカードの違いは?

オリックス銀行カードローンとオリックスクレジットのVIPローンカードの違いは、銀行カードローンと消費者金融の違いと同じです。

オリックスクレジットのVIPローンカードは総量規制の対象であり、年収の1/3までが借入上限です。

また銀行カードローンの申し込み条件にある保証会社がVIPローンカードにはありません。審査内容によっては新生フィナンシャルの保証会社がつく場合もありますが、原則的には保証会社は必要ありません。

ここで面白いことにオリックス銀行カードローンの保証会社がオリックスクレジットも加わっていることです。

これはたまたまグループ企業ということで、会社名に「オリックス」の商号がついているだけで、三菱UFJ銀行カードローンの保証会社がアコムになっているのと同じです。

オリックス銀行とオリックスクレジット株式会社はグループ企業とはいっても、それぞれが独立した企業ですので、メガバンクグループ企業に消費者金融を持っている銀行の保証会社を行っているのと違いはありません。

ではお金を借りる場合オリックス銀行カードローンとオリックスVIPローンカードのどちらを選んだ方がお得なのか、となりますね。

提携コンビニATM手数料が無料になることを優先させるなら、オリックス銀行カードローンがお得です。

上限金利を優先させるならオリックスVIPローンカードがお得ですね。

どちらのカードローンも初回利用限度額は年収の10%前後となることが多いですので、年収が300万円でも30万円が初回与えられる利用限度額になるでしょう。

一般的に借入金額が少ない場合は上限金利が適用されると言われていることからも、普通のサラリーマンなら年率で1.0%安いオリックスVIPローンカードがおすすめですね。

なお参考までにオリックスVIPローンカードの最低融資金額は30万円以上ですので、やはりパートやアルバイトでは審査には通りません。

銀行カードローンの審査にも通るくらいの信用力と返済能力があれば、銀行カードローンの特徴である借入限度額が多くなるに従って金利が下がるオリックス銀行カードローンの方が、長い目で見ればお得と見る向きもありますね。

オリックスサポートという金貸しは闇金

金貸し業を営んでいるオリックスサポートという業者があります。しかしオリックスサポートという業者はオリックス株式会社と全く関連がありません。

オリックス株式会社の公式サイトでも注意しているように、無断で「オリックス」の名称を使った無登録貸金業者がオリックスサポートです。

業者名にオリックスの名前がついていることから、ついうっかりして借入申込みをしてしまうと闇金被害にあってしまい、契約を解除するために弁護士や司法書士と相談するなど、大変なことになってしまいます。

オリックスサポートはインターネットで簡単に検索できてしまいますので、オリックス株式会社の子会社だろうと安易に申し込まないようにしましょう。

最近のヤミ金は大手企業の関連会社であるかのように、巧妙な手口で集客しています。

いくらホームページが爽やかで、大手企業のロゴを使っていたとしても、確かに関連会社なのか調べてから申し込むようにしましょう。

VIPローンカードのメリット

では、実際にVIPローンカードを利用することを想定したうえで、メリットやデメリットについて考えていきましょう。

まずはメリットからです。

余裕のある利用限度額設定

上述した表でも記載した通り、VIPローンカードの利用限度額は最大で800万円と、銀行カードローンにも負けない余裕のある設定となっています。

大手と呼ばれる消費者金融の中で800万円もの利用限度額を設定しているのは他にはアコムとアイフルで、プロミスの最大利用限度額は500万円止まりです。

まとまった金額の借り入れを行いたいときは、この限度額設定は非常に頼りになること間違いありません。

銀行カードローン並みの低金利

VIPローンカードが銀行カードローンに負けていないのは利用限度額だけではなく、金利設定も銀行カードローン並みに低いものとなっています。

VIPローンカードの借入利率は1.7%~16.8%ですが、これは三菱UFJ銀行のカードローンであるバンクイック(金利:1.8%~14.6%)や三井住友銀行カードローン(金利:年1.5%~14.5%)と比較しても、遜色ないものとなっています。

最低金利がこれら2つの銀行カードローンよりも低く設定されていることを考えると、借り入れ金額が大きいときに真価を発揮するカードローンと言えるのかもしれません。

グループのサービスを割引価格で

VIPローンカード独自のメリットとしては、オリックスグループのサービスを割引価格で利用できることが挙げられます。

オリックスグループでは金融業以外に、不動産・レジャー・レンタカーなど様々な事業を行っています。

その関係で、VIPローンカードを利用することでホテルに優待価格で宿泊できたり、ゴルフ場やレンタカーを優待価格で利用したりすることが可能です。

こういったサービスはクレジットカードの付帯サービスとしてよく見られるものではありますが、カードローンを利用することで享受できるのは非常に珍しいと言えます。

融資を受ける先を迷っているのであれば、こういったサービスに着目してみるのも悪くないかもしれませんね。

VIPローンカードのデメリット

では続いて、VIPローンカードのデメリットとして挙げられることを考えていきましょう。

総量規制の対象である

VIPローンカードは消費者金融であるオリックスクレジットのローン商品なので、総量規制の対象となってしまいます。

そのため自身の年収が壁となって、考えていたほどの金額を借り入れられないというようなことも起こりうるでしょう。

人によってはせっかく高く設定されている利用限度額を生かし切ることができない可能性があるというのは、デメリットと考えられます。

関連記事をチェック!

56770view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法や個人事業主の場合も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

最低限度額が少し高めである

また、VIPローンカードの最低限度額は一般的なカードローンと比べると少し高めに設定されています。

最高限度額が高めに設定されている分には「最高であれぐらい借り入れることができる」と好意的にとらえられるのですが、最低限度額が高い場合は「少なくともこれだけは借り入れなければならない」ということを意味します。

その結果、「10万円前後借り入れられればOK」と思っている人でも、最低限度額が30万円となっているために、本来であれば不要な分の枠まで契約しなければならないことになってしまいます。

カードローンの限度額はあくまでも「最大でこれだけ借り入れられる」ということなので、30万円の限度額で契約したからといって30万円借り入れる必要はどこにもないのですが、あればついつい使ってしまうのが人間の性ですよね。

不要な借り入れは不要な返済につながり、不要な返済は不要な苦しみにつながります。

普段あまり意識することはありませんが、借り入れたい分だけ借り入れられるというのは、カードローンにおいては重要な要素なのかもしれませんね。

 5.0  (2)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (2)

この記事を評価する

決定
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談