お金なさすぎてやばい奴ら全員集合!【だれか助けて】

 5.0  (5)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (5)

この記事を評価する

決定

「やばい!本当にお金がない!」
「明日からどうやって生活しようか…」

このような状況になってしまうと、短絡的に本当にヤバいところでお金を借りてしまうという人もいます。

しかし、そんな危ない橋を渡らなくとも、できることはたくさんあります。

お金が本当になくて困っているときにできることを詳しく紹介していきますので、あせらずに対処法を確認してみてください。

お金がなくてやばいときの即金対処法厳選3つ

本当にお金がなくなってしまったときにどうすればいいかというと、手っ取り早くお金を用意する方法を考えるしかありません。

お金がないときに即金で対処できる方法を3つ紹介していきます。

身の回りの物を売る

手っ取り早く即金を得る方法として一番簡単なのは、自宅にある身の回りのものを売ることです。

ただし、買い取ってもらうお店によって、売れるものと売れないものがあります。

例えば、リサイクルショップではスマホや比較的新しい家電、ゲームソフトは売りやすいですが、引き取ってもらえない、まったく値が付かないものも多いです。

一方でメルカリなどフリマアプリでは、比較的なんでも売りやすく、意外なものが高く売れる可能性もありますが、売れるまでに時間がかかってしまうことがあります。

詳しくは後ほど紹介しますが、どんなものを売りたいか、またいつまでにお金が欲しいかという現在の状況によって使い分けるようにしましょう。

不用品を売るときのコツと注意点

働いてお金を稼ぐ

まとまったお金を得るなら、働くというのが一番確実な方法でしょう。

日払い可能で1日だけでも大丈夫というアルバイトは、建設現場以外にもたくさんあります。

「具体的にはどのような仕事があるの?」

そうですね、例えば倉庫内での仕分けといった軽作業も人気があるようです。

ネットで検索をすれば、すぐにたくさんのアルバイト先を見つけることができます。

日払いバイトの探し方や支払方法については、後半で詳しく紹介しています。

日払いバイトや副業をする場合の注意点

お金を借りる

売れるものもなく、すぐに働くのも無理だという人がすぐにお金を手に入れる方法としては、やはり「お金を借りる」というものがあります。

お金を借りるといっても色々な方法があり、まずは親や兄弟から借りられる人は身内に借りておく方がいいでしょう。

親や兄弟はとても貸してくれないという場合には、銀行や消費者金融で借りるという方法があります。

ただし銀行は借りられるまでに時間がかかるので、即日か翌日に現金が欲しいという人は消費者金融がおすすめです。

お金を借りる方法については、のちほど詳しく紹介していきます。

お金がないときには借りることも検討

不用品を売るときのコツと注意点

お金がないときに不用品を売るという方法について先にも簡単に紹介していますが、ここではさらに詳しく紹介していきます。

とりあえず不用品を売ってお金にしたい人は参考にしてみてください。

すぐにお金が欲しいときはリサイクルショップがおすすめ

自宅にある不用品をすぐにお金にできるのは、リサイクルショップが最速の方法です。

ただし、リサイクルショップでは引き取れない商品もあります。

リサイクルショップで売れない物

  • 大型の家具(ベッドや応接セットなど)
  • 古い家電(10年以上経過しているもの)
  • 流行が過ぎている洋服

基本的に、大きすぎる家具についてはどこのリサイクルショップも売ることができません。

特にベッドは、どんな人が使用していたか分からないので、嫌がられるケースが多いようです。

「じゃあ、古い家電も売るのはあきらめた方がいいの?」

いえ、古い家電の中には意外と高値で売れるものもあるので、あきらめずに持ち込みしてみるのも手です。

古い家電でも人気のあるブランド製品は、引き取ってもらえることがあるようです。

洋服についても、かなり古くても高級ブランドで価値があるものに関しては、相談してみれば売れる可能性があります。

フリマアプリは時間がかかる

フリマアプリは、リサイクルショップでは引き取ってもらえないものでも売ることができます。

興味がない人にはまったく価値がないものであっても、コレクターにとっては大金を払っても欲しい場合もあります。

リサイクルショップとはまた違った売り方ができるのが魅力です。

ただし、当然ですが「買いたい」という人があらわれるまで売れない恐れがある他、購入者とのやり取り、配送の手配といった手間が発生します。

また、売れたとしても手続きに時間がかかり、早くて翌営業日に振込みになることが多いので、その日に販売をして即日に現金を手に入れられる保証はないということに注意が必要です。

高く売れるものを紹介

家にある不用品で比較的高く売れるものを参考までに確認しておきましょう。

  • 金や金の入ったアクセサリー
  • 時計
  • iPhoneやiPadなどApple製品
  • 新作ゲームソフト
  • 比較的新しいパソコン
  • 高級海外ブランド製品(ルイヴィトン、シャネル、エルメスなど)
  • ゴルフクラブ
  • 釣り具
  • 限定物のフィギュアなど

ゲームソフトやスマホ、パソコンなどは、当然ですが新しいものほど高く売れます。

iPhoneは人気が高く、3年前のものでも高く売れることがあります。

さらに、新しいものは保証書や外箱がある方が高く売れるので、付属品を事前に探しておきましょう。

また、古くても売れるのは、高級海外ブランド商品です。

エルメスやルイヴィトン、シャネルなどは古いものがかえって価値がでることもあり、ギャランティーカードが残っていると、高く買い取ってもらえるものもあります。

他にも限定のフィギュアやつり具、ゴルフクラブなどは、それぞれの専門ショップであれば高く売れる可能性が高いです。

日払いバイトや副業をする場合の注意点

先にも紹介しましたが、一日でもできる日払いバイトは、すぐにお金が必要な人におすすめの方法です。

また、自宅でできる副業をするという方法もあります。

日払いバイトや副業をする場合の注意点について詳しく紹介していきましょう。

日払いバイトの探し方を紹介

日払いで支払ってくれるアルバイト先を探す場合、下記のような方法があります。

  • 求人誌で探す
  • ネットの求人サイトで探す
  • 友達の紹介

求人誌はタウンワークであれば、コンビニや街角などにあるものを無料で手に入れることができます。

またネットの求人サイトは、スマホで「日払いバイト」と検索すれば、簡単に見つけることができるでしょう。

他にも、友達からの紹介という方法を使えれば、職場の環境を先に知っておくことができるのでおすすめの方法です。

日払いは支払い方法に気を付けよう

日払いバイトの注意点として「日払いOK」と書かれていても、お金をその日にもらえるわけではない場合があることです。

働くのは1日だけでも可能でも、実際にお金が振り込みされるのは3日後や1週間後といったことがよくあります。

日払いでしかも即日にお金を手に入れたい場合は、働く前に支払方法を事前によく確認しておきましょう。

治験モニターを行うときの注意点

日払いバイトとしてまとまったお金を稼ぎたいとき、治験モニターは非常に人気があります。

しかし、治験モニターは他の仕事よりも内容が特殊で注意点も多いため気を付けてください。

治験モニターを受ける場合のデメリットは下記のようなものです。

  • 報酬がもらえるまで時間がかかる
  • 年齢や体重など制約がある場合も多い
  • 診察の結果、できない場合がある
  • 事前に何回も診察が必要な場合がある
  • 健康被害がでる可能性がある

治験によってなんらかの体調変化が起きる可能性は十分に考えられるので、よく考えてから受けるようにしましょう。

副業収入は確定申告や税金のことも考慮しよう

副業には勤務後や休みの日のアルバイトや、在宅でのクラウドソーシングサービスといった方法があります。

副業を考えている場合は、副業での所得が年間で20万円を超える場合は確定申告が必要になることに注意が必要です。

確定申告をするのが面倒な人は、年間の副業所得を20万円以内に抑えるようにしましょう。

また、会社員の場合はそもそも副業ができないこともありますので、副業をする前に就業規則をよく確認しておくようにしましょう。

お金がないなら借りることも検討

どうしても早くまとまったお金を手に入れたいという場合には、お金を借りるという方法もあります。

金融機関やカード会社からお金を借りる方法や審査について、また家族や友人からお金を借りるときの注意点についても解説していきます。

親や友人から借りる

金融機関からお金を借りるのは便利ですが高い利息がつき、なかなか返済できないと借金の額がどんどん膨らんでいきます。

その点、親や友人から借りられるのであればそのような心配がないので、金融機関よりも先にお願いしてみましょう。

ただし、友人から借りる場合はどんなに仲が良い人でもトラブルに発展する可能性があるので、積極的には行わないほうがよいです。

少しでもトラブルを避けるためには、親しい仲であっても「借用書」を作成しておくと、友人も安心してお金を貸せます。

「借用書なんて書いたことがないけど何を書けばいいの?」

借用書に必要なのは主に下記のような内容です。

  • 「借用書」というタイトル
  • 作成日
  • 借りた金額
  • 返済方法、返済期日
  • お金を借りた人の名前、住所、印鑑
  • お金を貸す人の名前

また、1万円以上のお金を借りる場合には収入印紙が必要になるので、注意が必要です。

収入が無い場合はローン審査に通らないので注意

お金を借りる方法はたくさんありますが、主に利用されているのは下記のような方法です。

  • 銀行カードローンを利用する
  • クレジットカードのキャッシング機能を利用する
  • 消費者金融で借りる

お金を借りるときに重要なポイントは、「毎月安定した収入がある職場で働いているかどうか」です。

銀行の場合は収入がない主婦でも借りられるところがありますが、カード会社や消費者金融では収入がない人は基本的にお金を借りることができません。

また、収入があっても毎月安定しない人や、単発のアルバイトしかしていない人は審査に落ちる可能性が高いです。

消費者金融なら即日融資も可能

どうしても即日にお金を借りたいという場合は、消費者金融を利用すると即日融資も可能です。

ただし、申し込み時間が遅いと即日融資ができない可能性があるので、できるだけ早い時間に申し込みを済ませるようにしましょう。

また、審査結果をできるだけ早くだしてもらうために、必要書類はあらかじめ用意をしておくこと、入力内容に不備がないようにすることを心がけましょう。

銀行からは即日融資は受けられない

「できれば消費者金融からは借りたくない」という人は、銀行カードローンを利用するという方法もありますが、銀行では即日融資ができません。

その原因となったのは、銀行が顧客に総量規制を超える融資を行い自己破産者が増えたこと、また反社会勢力への融資が問題となったことです。

このことから、2018年より金融庁から銀行に「警察が保有する反社会勢力のデータと借入申込人の照合を行い、反社会勢力ではないことの確認」を行うよう指示が出ているため、審査に時間がかかるようになりました。

ゆうちょの貯金担保自動貸付を利用する

ゆうちょ銀行では、担保定額貯金や担保定期貯金を所有している人に限り、通常預金の残高を超える引き落としがあった場合に、不足分を自動的に貸付するという「貯金担保自動貸付」を行っています。

そのため、うっかり引き落とし日に入金を忘れていて残高不足になっていても、自動で不足分を補うことが可能です。

返済については、貸付金額と貸付利子分を通常貯金に預け入れすることで自動的に引き落としされます。

「返済の金額や回数などの指定はあるの?」

貸付期間内であれば、返済回数や1回あたりの返済額に制限がありません。

ただし、貸付期間が過ぎた場合には担保になっている定額貯金から払い戻しされるので注意が必要です。

慢性的にお金がない状態なら生活を見直そう

一時的にお金がない人の場合は、お金を借りても返済できます。

しかし、いくら借りても慢性的にお金がない状態の人は、お金を借りる以前に生活を根本から見直す必要があります。

毎月慢性的にお金が足りていない生活を送っている人が、生活を見直すポイントについて紹介していきます。

収支をしっかり把握するところから始める

毎月お金が足りないという人は、まずは収入と支出の内訳をしっかり把握することから始めましょう。

お金が足りていないということは、収入以上に支出があるということです。

毎日どのようなことにお金を使っているのか、毎月必ず出ていくお金は何なのかを知っておくことが大切です。

支出の記録をつけていると、無駄遣いもはっきりと見えてきます。

毎月の収入に合わせた生活ができるように、支出の記録を一度つけてみることをおすすめします。

固定費を見直すことで長期的な節約になる

一番大きく支出を減らせるのは、固定費を見直すことです。

固定費というと、光熱費や通信費がありますが、一番簡単に減らせるのはスマホなどの通信費です。

特に大手キャリアのスマホを使っている人は、格安SIMに変更するだけでかなり固定費を減らすことができます。

また、電気料金もプランを変更するだけで電気代の節約になることがあります。

夜多く使う人専用のプランがある電力会社もあるので、どのようなプランがあるのか確認してみてください。

生活に不要な出費を削る

支出を減らすためには、毎月の無駄な出費を把握しておくことも大切です。

コンビニで毎日買物をするという人も多いですが、コンビニはスーパーよりかなり高い値段で商品が売られています。

飲み物や日用品の購入をスーパーに変更するだけでも、かなり節約することができます。

また、できるならお茶は買わずに自宅から水筒で持参する、お弁当を作るなどすれば、さらに出費を減らすこともできるため少しずつ行ってください。

余裕が出てきたら貯蓄をする

毎月の支出を減らし、少し生活に余裕がでてきたら、少しずつでもいいので貯蓄にまわすようにしましょう。

そうすることで、少しお金が足りない月にも貯蓄からある程度対処することができるようになります。

ただし、貯蓄にまわしすぎてお金が足りなくなったということがないように、余裕がある分だけを少しずつ貯めていくようにしましょう。

キャリアアップを考えてみる

支出をある程度おさえることができても、やはり収入が増えないとなかなか生活は楽になりません。

収入を増やすには副業という手段もありますが、将来的なことを考えると、今働いている職場からのキャリアアップも考えてみましょう。

派遣社員の人は、契約社員、できれば正社員の道を目指してみるのも一つの方法です。

また、正社員でも今の職場の収入に満足していないなら、思い切って転職も検討してみましょう。

現在の収入が足りない状況が続いている人は特に、キャリアアップを真剣に考えてみる必要があるでしょう。

お金がなくてもやってはいけないこと


ここまで、お金がないときにできる対処法について見てきましたが、いくらお金がなくてもやってはいけないこともあります。

具体的には以下のような方法は手を出してはいけません。

お金がなくても決して手を出してはいけないことは何なのか、順番に紹介していきます。

闇金からお金を借りる


闇金は正規の貸金業者ではないため、とても返せないような法外な金利で貸し付けを行っていますし、返せない場合は怖い取り立てにあうことになります。

お金がなくて本当に困っている状態だと、ネットで「誰でも貸します!」「審査なし!」なんていう広告をだしている「闇金」でつい借りてしまう人も少なくありません。

しかし、闇金で借りても返せなくなった人が、振込詐欺の受け子をさせられるというケースも実際にありますので、闇金は何があっても利用しないことを強くおすすめします。

クレジットカードのショッピング枠の現金化

「クレジットカードの現金化」という言葉をネットで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

これは、現金化を行っている業者から安い商品を高額で購入し、その代わりに業者から現金をキャッシュバックしてもらうという方法です。

このクレジットカードの現金化には下記のようなリスクがあります。

  • クレジットカードが止められる可能性がある
  • 詐欺を行っている業者も多い
  • 支払が困難になる可能性がある

クレジットカードの現金化はカード会社も監視していますので、怪しい購入の仕方をしているとすぐにばれてカードを止められることがあります。

また、きちんとお金をキャッシュバックしてくれる業者だけではなく、お金をだまし取る詐欺を行う業者も少なくありません。

カード会社から商品の代金の請求が来た時に支払いできないという状況になる人も多いようです。

現金化は決して安全なものではないことを覚えておくようにしましょう。

口座売買などの犯罪に手を染める

口座売買とは、自分の銀行口座を他人に売り渡すことです。

売買された口座は振り込め詐欺などの犯罪行為に利用されることが多く、知らないうちに口座が犯罪に利用されていることがあるのです。

もし口座が警察の知るところになった場合は、口座を売った人のところにも警察が来る可能性が高いです。

いくらお金になるといっても、口座を売るようなことはやめておきましょう。

お金をギャンブルで増やそうとする

お金に困ったら、競馬で一発当ててやろう、パチンコで増やそうと安易に考える人もいますが、ギャンブルは基本的に儲かるものではなく、損をする人がほとんどです。

ただでさえお金に困っているのにさらに困窮を招く事態になりかねません。

ギャンブルは余裕があるときに遊ぶものですので、お金に困っているときに頼るのはやめておきましょう。

生活に困っているときは専門家に相談しよう


「生活費が毎月足りていない」という状態が長く続いている人は、お金を借りてその場をしのぐ前に、公的機関や専門家に相談してみましょう。

相談できる機関をいくつか紹介しておきますので、参考にしてみてください。

相談できる公的機関

c55df1f652192ef91f53b4fab80601fb_t
お金に困っている状態がずっと続いている場合は、公的機関で相談することがおすすめです。

まず市町村役場であれば、生活保護の相談もできますし、他の支援制度を利用できる場合もあります。

また、借金の相談については多重債務で悩んでいるなら「国民生活センター」や無料で弁護士に相談できる「法テラス」が利用できます。

毎月の借金の返済に困っているなら、早めに公的機関へと相談をしてください。

生活困窮者自立支援制度

「住む家もない」「働きたくても働けない」といった事情を抱えた人は、「生活困窮者自立支援制度」を受けられる可能性があります。

地域の相談窓口で一人ひとりの状況にあったプランを立ててもらえ、下記のような支援が受けられます。

  • 家賃相当額の支給
  • 家計の立て直しのアドバイス
  • 就労準備支援
  • 就労訓練
  • 宿泊場所や衣食の支援

本当に困窮している状態の人は、各地域の相談窓口に早めに相談をしてみましょう。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、お金を借りたくても金融機関では借りられないという人が利用できる公的融資制度で、条件が合えば無利子、またはとても低金利でお金を借りることができます

この制度を利用できるのは低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯のみです。

また、貸付可能な資金の種類には下記のようなものがあります。

  • 生活再建までの生活費用
  • 住居入居費用
  • ケガや病気の療養のために必要な経費
  • 一時的な生活費
  • 技能習得のための経費
  • 教育支援費

ただし、この制度を利用するためには審査があります。

公的な融資のため審査は比較的厳しく、誰でも借りられるわけではないと考えておきましょう。

弁護士や司法書士に相談して債務整理を検討

複数社からの借金がふくらんで、もう返済の目処もつかないという場合は早めに弁護士や司法書士に相談しましょう。

弁護士や司法書士に依頼すれば、借金の減額や、借金そのものを0にする債務整理の手続きをしてもらえます。

借金の金額や今後の返済能力によって任意整理や自己破産など、債務整理の種類が違ってくるので、まずは専門家に相談をしてみることをおすすめします。

日本クレジットカウンセリング協会に相談

返済に困っている場合には、日本クレジットカウンセリング協会に相談するという方法もあります。

日本クレジットカウンセリング協会は、借金に苦しむ人の話を聞き、相談に乗ってもらえる公益財団法人です。

債務整理が無料

日本クレジットカウンセリング協会では、無料で任意整理をしてもらえることもあります。

任意整理は自己破産と違って今後も返済を続ける必要があるので、ある程度返済能力がある人は、弁護士の前に日本クレジットカウンセリング協会に相談してみることをおすすめします。

まとめ

お金がないときには、今回紹介した3つの方法の中から行えるものがないか探してみてください。

「お金がない」という状況になっても、お金を用意する手段はいくつかあります。

今回の記事で紹介した方法の中で取り組めそうなものは、すぐに実践してみましょう。

また、慢性的にお金が足りない人や借金が積み重なって返済に困っている人は、支出を減らしたり、専門家に相談したりお金を手に入れる方法以外も検討してください。

 5.0  (5)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (5)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 小林修さん|2020-03-20 09:23:14

    こんにちは。
    借入のすべて、小林です。

    借金があって生活できないなら、できるなら自己破産して人生リセットすることですね。自己破産しても特別な仕事でなければ問題ないですし、自分で裁判所に申し立てることで費用も安く済みます。

  2. 〇〇剛さん|2020-03-17 18:39:30

    お金なくて生活できません❗️他に借金もあるし食べる物もないし生活するのも大変でガソリンも空の状態で凄い困ってます。

  3. 小林修さん|2019-06-10 08:44:15

    こんにちは。
    借入のすべて、小林です。

    5万円ですよね。

    大手消費者金融
    中小消費者金融
    質屋
    買取店

    もっとも簡単なのは、大手に申し込むことです。まずはやってみましょう。

  4. 福◯清美さん|2019-06-07 11:14:36

    今、すぐにでもお金が必要です。
    5万でいいので、なんとかしたいです

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談