イラストやデザイン、写真でお金を稼ぐ一番良い方法【実際に試してみた】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

絵が得意な人は、デザインやイラストでお金を稼げたら最高ですよね。

最近はインターネットの発達で、誰でも気軽に仕事を受注できるようになりました。

ですが、いろんなサービスがありすぎて、どれがいいのかわからない、ということはありませんか?

デザインでお金を稼ぐには、どのような方法が良いのでしょうか。

初心者や副業にはクラウドソーシング

最も手軽で、初心者におすすめなのが「クラウドソーシング」です。

「クラウドソーシング」とは、文章執筆・システム開発といった企業からの依頼をネット上で募集するサービスです。

その中に、イラスト作成の依頼もあり、経験を積みながらお金を稼ぐことができます。

有名なものでは、「Crowd Works」や「ランサーズ」といったサイトがあります。

受注に資格が必要なこともありますが、依頼数が非常に多いため、自分に合った依頼を少しづつこなしていけばよいでしょう。

副業としてもおススメで、依頼にもよりますが、本業の片手間でも月4-5万は稼ぐことができます。

ネットで稼ぐ方法でおすすめのクラウドソーシングをご紹介!

デザインでは特に「ココナラ」が有名

クラウドソーシングサイトの中でも、デザインの面で特に有名なのが「ココナラ」というサイトです。

ここでは「自分のスキル」を商品として出品し、依頼者を募ることができます。

デザインの他にも恋愛相談、占いといったものまであります。

アイコン作成・似顔絵・イラスト作成・ロゴ作成など、自分が得意な分野で攻めることができるので、楽しみながら稼ぐことができそうですね。

最初は500円からですが、依頼をこなしてユーザーから評価をもらうごとに少しづつ額が上がっていきます。

こちらでスキルと経験を磨くのもよいでしょう。

ポートフォリオを作ること

おすすめなのは、依頼をこなしながら、自分専用のポートフォリオに作品を溜めておくことです。

ポートフォリオとは、自分専用の作品集のようなもので、企業や依頼主に「自分はこういうデザインを描けますよ」というアピールに使います。

特にデザイナーの転職などでは必須といわれているものです。

ブログでもSNSでも良いですし、ポートフォリオ専用サイトもありますので、自分の作品をためておけるサイトを最低1つは持っておくべきです。

クラウドソーシングで依頼をこなしつつ、良い出来のものはポートフォリオにためておくとよいでしょう。

ポートフォリオ専用サイトは「PORTFOLIO BOX」がおすすめです。

オンラインショップもポートフォリオとして使える

BASE」というサイトをご存知でしょうか。

ネット上にショップを構えることのできる「ネットショップ」を作れるサイトです。

ここで今までの実績を公開しながら、依頼を募集するのも非常によい手段です。

イラスト自体を売るならメルカリやヤフオク

デザインの腕ではなく、自分が描きたい絵を描いて、その絵を売りたい場合は、メルカリやヤフオクで出品することができます。

メルカリやヤフオクで「手書き イラスト」と検索すると、すでに出品され、落札されているものもあることがわかります。

値段は一枚およそ500~1000円といったところでしょうか。

特にアニメやゲームに登場する可愛い女の子系のキャラクターの絵が好まれます。

イラストを売るならストックフォトサービス

自作のイラストを売りたい場合は、「イラストAC」や「PIXTA」といったストックフォトサービスを使うとよいでしょう。

「1DL〇円」といった形で報酬が発生し、一定額に至ると引き出すことができるようになります。

イラストACは、他のストックフォトサービスと異なり、イラスト専門のストックフォトサービスになります。

筆者も実際に「PIXTA」にイラストをアップして、イラストを売ってみました。

下の方でその体験談を書いています。

なお、アニメなどの著作物を模した絵を売ると、著作権に引っかかるので、こうしたストックフォトサービスでは出品できませんので、ご注意ください。

パソコンで金儲けして収入をググッとUPさせる5つの方法!

メルカリで売れるもの・売れやすいものについて調べてみました!

自信がついてきたらコンプに応募する

自分のデザインの腕に覚えが出てきたら、コンプに応募してみるとよいでしょう。

コンプで採用されるためには非常に狭き門ですが、採用されれば10~30万円の案件の受けることができますし、何より大きな実績になります。

応募することにデメリットはないので、一度応募してみるとよいでしょう。

コンプは情報サイトから応募することができます。

登竜門」というサイトが有名で、日本最大級の規模です。

また、先ほど挙げた「クラウドワークス」でもコンペの募集を行っています。

在宅で手作りしたものを販売して副業にする方法

ブログで稼ぐのは一長一短

他にデザインでお金を稼ぐ方法としては、ブログにイラストや漫画をアップしてpv数を稼ぎ、広告収入で儲ける「ブログアフィリエイト」があります。

ですがこの方法で「稼ぐ」となるととても大変です。

世の中には同じようなアフィリエイターはたくさんいて、常にしのぎを削っています。

その中の9割の人が、月5000円も稼げていないといいます。

また、まとまった報酬が手に入るまで最低半年~1年はかかります。

その間毎日更新し続けないといけないため、初期投資がとても大変だと言えるでしょう。

もちろん、「うちの三姉妹」の松本ぷりっつさんのように、ブログ漫画が大ヒットして書籍化、という可能性もなくはないです。

とはいえ、確実性に欠けると言わざるを得ません。

以上のような点から、ブログは「稼ぐ方法」としてはおすすめできません。

ブログは自分の実績の記録になる

「稼ぐ方法」としてはおすすめできませんが、ブログは先ほど挙げた「ポートフォリオ」の一つとして機能することができます。

稼ぐ方法としてではなく、自分の記録を作りたい、また何かを発信したい、という目的でやるなら十分に検討する余地はあります。

そのついでで報酬も発生したらラッキー、くらいに考えたら良いのかもしれませんね。

借金をアフィリエイト収入で返済するのは無謀!

本気で稼ぐならプロのデザイナーを目指そう

副業やアマチュアではなく、プロとして本気で稼いでみたいのなら、プロのデザイナーを目指してみましょう。

デザイナーとして企業にやとわれたり、フリーランスで企業と契約を結んで仕事をする人のことです。

デザイナーは実力が全てです。

平均年収は350~500万円くらいですが、あくまで「平均値」であって、1000万円くらい稼いでいる人もいれば、200万円に留まっている人など、ピンからキリまである世界です。

そのためにも、経験と実績を積む必要があります。

専門学校や通信教育でデザインを専門的に勉強してみるのも良いかもしれません。

プロの技術を体系的に学べますし、企業からの注目も得られます。

また、同じくデザイナーをめざず仲間や人脈といった、人とのつながりを得られることも大きなメリットの一つです。

お金を書けないといけないので手放しでおすすめはできませんが、興味のある方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

金策裏ワザで臨時収入【借りる以外の急なお金の作り方】

実際にPIXTAでイラストを投稿してみた!

ここからは、筆者が「PIXTA」というサイトで、実際にイラストをアップしてみた体験談を書いていきたいと思います。

PIXTAとは

PIXTAとは、ピクスタ株式会社が運営するストックフォトサービスです。

写真・イラスト・動画と、クリエイティブ作品関連を幅広く網羅しており、販売中のデジタル素材は3000万点(2018年1月16日現在)、クリエイター会員数は20万人以上(2016年7月8日情報より)と、国内最大級規模のストックフォトサービスです。

PIXTAにアップロードした作品の著作権は、アップロードしたクリエイターに帰属し、ファイルの削除も自分のタイミングですることができます。

PIXTAの報酬制は、1DLごとにクレジットが入る仕組みで、投稿数が多いほどクレジットがたくさんもらえる仕組みになっています。

10クレジット貯まった時点で、1クレジット=108円(現金化手数料2クレジット)で現金化できます。

イラストを登録するにはクリエイター登録

PIXTAでは、ダウンロード用の会員と、イラストを投稿できるクリエイター用の会員とが分かれています。

イラストを投稿するためには、クリエイターとして登録(無料)する必要があります。

クリエイターとしての登録は、以下のページからできます。

◆PIXTA クリエイター会員登録(無料)

「確認」を押すと、仮登録ができ、入力したメールアドレス宛に登録メールが来ます。

メールに記載されているアドレスにアクセスすると、本登録が完了です。

投稿には「本人確認登録」と「著作権クイズ」のクリア

イラストのアップロードには本人確認登録が必要なので、アクセス出来たらまず最初にそれをしましょう。

免許証や保険証、個人番号カードなどの写真をアップすると、数日後には本人確認が了承されます。

また、「著作権クイズ」をクリアする必要があります。

描いたイラストをアップする

さっそく、イラストを投稿していきましょう。

イラストが投稿完了されるには1.イラストのアップロード 2.イラストの審査申請 の二段階を経る必要があります。

1.イラストのアップロード

イラストの投稿は、「マイページ」からできます。

画面の指示にしたがって、ファイルをアップロードしていきます。

今回は、当サイトの馬たちに協力してもらい、彼らの絵をアップロードすることにしました。

アップしたイラストは、表示されている8つの絵です。

※アップロードには、縦と横のサイズの合計が1301px以上である必要があります。

画面下の質問項目に答え、利用規約に同意すれば、アップロードは完了です。

次に、審査の申請を行います。

2.イラストの審査申請

審査のために、アップしたイラストに設定を施していきます。

イラストのタイトル、タグを入力します。

なるべく検索されるようなタイトル・タグにしましょう。

「独占販売」にチェックすると、ここでアップしたイラストは他のストックフォトサービスでは売れなくなる代わりに、報酬率が上がります(著作権はクリエイターのままです)。

これで審査申請は完了です。

審査は1週間程度で完了します。

審査結果は・・・

1週間ほどして、審査結果がわかりました。

なんと、ことごとく審査に落ちてしまいました。

原因を見たところ、以下のように記載されていました。

どうやら画像が荒すぎたようです。

というのは、PIXTAは縦と横のサイズが1401px以上でないとアップロードができないのですが、元々の画像ファイルは縦と横を足しても600pxくらいにかならなかったのです。

そのため、ペイントソフトで拡大してからアップロードしたのですが、それが良くなかったようです。

そのため、PIXTAで販売することは断念。

そのため、別のサイトで試してみることに。

今度はイラストACで試してみた

次に利用したのは、PIXTAと並んで利用者の多い「イラストAC」というサイトです。

「イラストAC」はストックフォトサービスの中では珍しく、イラスト專門のストックフォトサービスです。

ACワークスという会社が運営しており、「写真AC」「年賀状AC」「AC Affiliate」など、ACの付く素材配布サイトを複数運営している会社です。

姉妹サイトである「写真AC」にもフリーの素材がたくさんあり、とても有名です。

まずはクリエイター登録

PIXTA同様、イラストACもイラストをアップロードするには、イラストレーター専用の登録が必要です。

以下のサイトから、無料で登録することができます。

指示に従って、内容を埋めていきましょう。

◆イラスト投稿(新規登録)/イラストがすべて無料 「イラストAC」

登録はすぐにできますが、本人確認をしてからでないとイラストはアップロードできません。

本人確認には1~2営業日ほど時間を要しますので、早めに済ませておきましょう。

なお、イラストレーター専用のログインダウンロード用の会員とは別です。

下のリンクから入ると、以下の画像のようなページが出てくるので、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

◆イラストAC イラストレーター ログイン

写真をアップしてみた

本人確認も了承されたので、さっそく写真をアップします。

イラストACにイラストをアップするには、JPEGファイルが必須ですので、持っていない人は変換しておきましょう。

JPEGの他にも、「AIまたはEPSデータ」と「PNGデータ」を一緒にアップロードすることができます。

今回は以下の8枚のイラストをアップロードしました。

イラストの投稿が完了すると、以下のように表示されました。

字が細かくて読めないかもしれませんが、赤字の部分は「審査中」となっています。

イラストACの審査は比較的緩く、即日~2営業日以内には公開されるようです。

審査内容が分かり次第、また更新したいと思います。

写真でお金を稼ぐにはストックフォトサービス!

写真を撮ることでお金を稼ぐには、ストックフォトサービスを利用しましょう。

インターネット上で撮影した写真を販売できるサービスです。

有名なものだと、PIXTA(ピクスタ)、Fotolia(フォトリア)、写真ACといったサービスがあります。

今まで写真を撮ってお金を稼ぐにはプロのカメラマンになるくらいしかありませんでしたが、このストックフォトサービスを使えば、アマチュアの人でも写真でお金を得ることができます。

中には脱サラして、この写真だけを専業にして生計を立てている人もいます。

一握りの人にはなりますが、そういう可能性も秘めた方法なのです。

パソコンで金儲けして収入をググッとUPさせる5つの方法!

登録から報酬発生までの手順

サービスに登録してから報酬を手にするまでの流れは、簡単に以下の手順で進行します。

1.会員登録

基本登録は無料です。

また、多くのサイトではクリエイターの本人確認が必須のため、身分証明書が必要になることが多いです。

写真を販売するクリエイターの登録と、アップされた写真を購入する利用者とは登録が別々のサイトからすることがありますので、注意してくださいね。

2.どんな写真を撮影するか考える

次に、どんな写真を取るか考えます。

「自分が好きな写真」を売ることもそうですが、本当に稼ごうと思うなら「売れる写真」がどんななのかを見つけることです。

これについては、下記で詳しく解説します。

3.写真を撮影する

写真を取るのが趣味の方は、一眼レフやデジカメといったカメラをお持ちの方が多いかもしれませんね。

もしなければ、写真ACやFotoliaはスマホの写真でもOKです(PIXTAではスマホで撮った写真はNG)。

写真を撮った後は、サービスの方にアップロードします。

4.審査

アップロードした写真は審査を経る必要があります。

審査には3~7営業日の時間を要します。

5.審査通過、報酬

無事審査が通過すると、ストックフォトサービスに掲載されるようになります。

そして買い手がつけば、晴れて報酬発生です。

関連記事をチェック!

2901view

イラストやデザイン、写真でお金を稼ぐ一番良い方法【実際に試してみた】

絵が得意な人は、デザインやイラストでお金を稼げたら最高ですよね。 最近はインターネットの発達で、誰でも気軽に仕事を受注できるようになりました。 ですが、いろんなサービスがありすぎて、どれがいいのか...

売れる写真とはどんな写真?

写真でお金を稼ぐためには、より「売れる写真」を撮らなければなりません。

つまり、「相手が求めている写真」です。

それは一体どんな写真でしょうか。

多くの人が広告用の写真を求めている

xiangtaoさんという、ストックフォトサービスで月140万円も稼いでいる方がいらっしゃいます。

その方は、「売れるための写真」しか撮らない、と言っています。

それは広告に使われる写真、と本人は述べています。

こうしたストックフォトサービスで写真を購入するユーザーの多くは、広告用の写真を求めて利用しているのでしょう。

より広告に使われやすい写真を考えて、どんな写真を撮るかを決めていったらよいでしょう。

「広告に使われる写真」とは?

では、広告に使われる写真とはなんでしょうか。

以下のような特徴が考えられると思います。

  • 季節性がある
  • ニュースや流行を反映している
  • テーマやタイトルなど、写真の特性がはっきりしている
  • コピーなど文字を入れるスペースがある
  • ターゲットがはっきりしている
  • 人物を撮る場合は、喜怒哀楽がはっきりしている

季節性は少し先の季節(例えば今が1月なら、春に使われそうなお雛様や花の写真)を撮ると良いでしょう。

ターゲットは企業向けが良いでしょう。個人は無料のフリー素材で済ませてしまうことが多いためです。

Snapmartで実際にやってみた

というわけで、実際にやってみました。

使ったサービスは「snapmart」というアプリです。

iOS版のアプリがリリースされており、アプリからとても簡単に写真を出品することができます(Android版は2018年1月現在開発中)。

筆者は京都に住んでいたことがあり、きれいな風景を見た時にスマホでパシャパシャ写真を撮っていました。

その写真を何枚か出品してみたいと思います。

まずは会員登録

 

アプリをダウンロードすると、会員登録が必要になります。

メールかFacebookのアカウントで登録します。

今回はFacebookのアカウントで登録してみました。

登録が完了すると、トップ画面に移ります。

トップ画面下の赤いカメラマーク「出品」というところをタッチします。

すると写真の一覧が表示されるので、出品したい写真をタッチしていきます。

一度に10枚まで出品することができますが、それ以上やりたいときは、何回か繰り返してやれば良いです。

今回はこの10枚を出品します。

この記事を執筆しているのは1月ですが、これからくる春に備え、春に撮ったサクラなどの風景写真を多めにアップしました。

アップロードが終わると、写真の出品管理の画面に移ります。

上野画面は設定後の画面ですが、この一つ一つの写真に人物の有無や検索ワードのタグ付けをしていきます。

そのうちの一つを選んで、自分で自由にタグやタイトルを設定していきます。

今回は下の画面のように設定してみました。

タグをつけておくと、そのワードでユーザーが検索したときに引っかかるようになるので、写真からイメージできる言葉をできるだけ多く連想してタグを付けたいところです。

今回筆者が出品した画像は全て風景写真でしたが、人物の映っている写真もよく売れるそうです。

その場合、個人が特定できてしまう場合は、きちんとその人に許可を取ることを忘れないようにしてください。

タグ付けなどの変更したい場合は、アプリの「管理画面(人形の所をタッチ)」の「出品管理」のところをタッチすると、写真一覧の画面が表示されます。

また、本人確認も必要です。

管理画面の青い枠で囲ってある部分からできます。

とても簡単にできますし、本人確認をすると信頼性が上がるので、免許証や健康保険証などで本人確認をしておきましょう。

やりかたは、「本人確認(青の囲み)」のところをタッチすると、画面が切り替わり、スマホで表面と裏面を撮影すると終了です。

ちなみに、出品するとすぐに、別のユーザーさんからいいね!をいただくことができました。

ここから購入者が現れるのか、様子を見たいと思います。

結果が分かり次第、更新したいと思います。

【趣味で金儲け】好きなことをお金に換える方法8選!

目立った成果には努力と長い辛抱が必要

さて、実際にやってみたところではありますが、現実問題として、写真で生計を立てられるくらい目立った成果が出るようになるには、それなりの辛抱が必要なようです。

まちゃーさんという月50万円を写真で副業として稼いでいる方は、元々写真を趣味としていて、pixtaに登録して稼ごうと思ったものの、登録してから11か月間は何も売れかなったそうです。

また、最初の一カ月間に至っては審査すら通らなかったのだとか。

pixtaは報酬が一定額を超えないと下せないため、初めて現金を手にしたのは、登録から2年経った後のことなのだそうです。

その間、諦めることなくひたすら写真をアップし続け、売れるために必要な工夫を取り入れ続けた結果、現在のような報酬を手にすることができたのだそうです。

お小遣い程度ならまだしも、目立った成果を出すためには、大きな努力が必要になるのでしょう。

副業で月10万本気で稼ぐ!その具体的方法と注意点を徹底解説

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • 初心者やアマチュアの方は、「Crowd Works」や「ココナラ」で経験と実績を積みつつ、ポートフォリオを整えていく。
  • 書いたイラストを「イラストAC」や「PIXTA」に投稿してみる。
  • 自信が出てきたらコンペなどに応募してみる。
  • 本気で稼ぎたいなら、プロのデザイナーを目指す。

イラストやデザインについてはこうした流れで進めていくとよいでしょう。

アマチュアでも写真で稼ぐことのできるストックフォトサービスでは、スマホ対応可能で今回実際に試してみた「snapmart」や、1DL〇円で報酬が決まっている「写真AC」、利用人数最大の「pixta」など、さまざまなサービスがあります。

より自分にあったところで出品するとよいでしょう。

結果を出すにはそれなりの道のりが必要かもしれませんが、うまくいけば写真だけで月に〇十万円稼ぐこともできます。

イラストやデザイン、写真が好きな方は、ぜひ挑戦してみてください。

皆様の健闘をお祈りします!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談