ダイレクトワンは審査甘い?ブラックでも借りれるの?

 1.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 1.0  (1)

この記事を評価する

決定

ダイレクトワンはブラックでも借りれるとか審査が甘いとか口コミや某巨大掲示板などで盛んに噂されていますが、ブラックでも借りれるなんてあり得るのでしょうか。

もしブラックでも借りれるとしたらそれこそお客さんが殺到するでしょうね。金融事故を起こした理由はともかく、ブラックになってワケありでも借りれるのかご説明します。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

ダイレクトワンはブラックOK?

DI_IMG_5783_TP_V1

中堅消費者金融や中小消費者金融のなかにはブラックでも内容によっては借り入れできる可能性を持っている金融業者も存在しています。

とくに零細企業の街金になるほどブラック属性でもお金を借りることができるようですね。

しかしダイレクトワンはスルガ銀行グループに属している、言ってみれば銀行系消費者金融です。

規模こそ違えども、アコムやプロミスとダイレクトワンは立ち位置的には同じです。

大手消費者金融であるアコムやプロミス、アイフル、SMBCモビットの審査基準はほぼ銀行カードローンと違いはありません。

銀行系の大手消費者金融の審査が厳しいのに、同じ銀行系であるダイレクトワンの審査が甘いわけがありません。

しかもダイレクトワンはスルガ銀行カードローンリザーブドプランの保証会社も引き受けています。

保証会社の役割は銀行カードローンの審査と、カードローン会員が返済不能になった場合に借金の肩代わりをすることです。

銀行カードローンの審査を任せられているダイレクトワンがブラックでも借りれる、審査が甘いという口コミや評判は過信してしまうと、審査に落ちてしまったなどしっぺ返しが来ることがありますよ。

銀行系消費者金融は銀行の顔であり、イメージキャラクター企業としての役割を持っています。

ブラックでも借りることができるかのような、評判は決してスルガ銀行のイメージアップには繋がりません。

ますブラック属性の人はダイレクトワンの審査は通らないと覚悟した方が良いですね。

ダイレクトワンはブラック不可

TC160130090I9A6530_TP_V1 (1)

実際問題としてブラック属性にお金を貸している消費者金融はかなり珍しい存在です。

ブラックとは何かご存じですか?

ブラックとは金融機関とお金に関する契約を結びながら、返済を長期に滞納することや、返済ができないといって債務整理をするなど金融機関に債務不履行をした人です。

金融機関に債務不履行をした人は、信用情報機関に金融事故を起こしたとして登録されます。

登録されたデータはお金を貸し出す金融機関が借入申し込みを受けるなどした場合に、審査に利用され、契約するかしないか、契約するとしたらいくらまでお金を貸しても大丈夫なのか、を調査するのに欠かせません。

信用情報機関はお金を貸している金融機関の業態によって3つに分かれています。

基本的に銀行は全国銀行個人信用情報センターに加盟し、信販会社やクレジットカード会社は株式会社シー・アイ・シーに加盟しています。

消費者金融は日本信用情報機構に加盟することがほとんどで、消費者金融のなかでも大手消費者金融となるとシー・アイ・シー にも加盟しています。

同じようにクレジットカード会社もカードローンを発行することや、クレジットカードでキャッシングさせることもあって日本信用情報機構に加盟することが多いです。

3つある信用情報機関はデータ共有を行っており、金融事故情報については重要事項として相互にデータ交流を行っています。

つまりどこか一箇所の信用情報機関に、金融事故情報が登録されれば他の2機関に対して速やかにデータ共有され、消費者金融や銀行カードローンなどの審査に利用されます。

ちなみにダイレクトワンが加入している信用情報機関は日本信用情報機構とシー・アイー・シーです。

2つの信用情報機関に加盟しているのは大手消費者金融だと前述した通り、ダイレクトワンは営業規模こそ大手消費者金融にはかないません。

しかし日本信用情報機構にしか加盟していない消費者金融よりは、より深いところまで調べることができるわけです。

関連記事をチェック!

58642view

ブラックでも借りれる消費者金融!極甘審査ファイナンスとは?

「ブラックの自分でも借してくれる消費者金融はどこかにないかな」そんな風にお困りの皆さん、ようこそ。 「中小消費者金融が借りやすいらしいけど、数が多すぎてどこ借りればいいのかよくわからない…」...

ダイレクトワンは詳細な審査を行う

834d4e14d6bf8fbaa28d01ae8b95c60f_t (3)

単に金融事故情報だけではなく、クレジットカードのショッピング利用状況や、自動車ローンやショッピングローンなど各種ローンの情報も得ることができます。

日本信用情報機構にしか加入していないと、クレジットカードのキャッシング利用状況は把握できても、ショッピングに関する各種ローンの情報まではつかむことはできません。

しかしダイレクトワンは他の消費者金融が取得できない情報まで取得できることを考えてみても、カードローンの借入件数や金額、及び返済状況だけでなく、ショッピング関係ローンの契約金額や返済状況も見ることができます。

ダイレクトワンはブラックでも借りることができるなど噂は絶えません。しかしそれを信用するには根拠がありませんね。

もちろん現在進行形で他社借入を滞納している人や、債務整理を行っている人はもちろんダイレクトワンの審査に通るわけがありません。

これは何もダイレクトワンに限ったことではなく、多くの消費者金融にも当てはまることです。

ブラックに貸してもメリットがない

565d1549a3d89ca88bc80e3dc4a69b8a_t

ダイレクトワンがブラックにお金を貸さないのは、それだけ借入申込者に信用がないからです。

信用がない人にお金を貸しても期日通りに返済されることはまずないでしょう。

信用がないからこそブラックになったわけですから、期日通りに返済していればブラックにはなりませんよね。

消費者金融はお金を貸して利息を得ることで初めて収益を上げることができるのです。貸した元金を回収しても利益にはなりません。

信用のない人にお金を貸しても返してくれないなら、ダイレクトワンは何もメリットがありませんね。

返済期日に遅れる、滞納処理をしなければならない、時には裁判もしなければならないなど手数ばかりかかってしまいます。

挙句の果てには債務整理をされてしまい、自己破産されたらそれこそ借金を回収することが全くできなくなってしまいますね。

ブラック属性の人はそれだけ信用度がなく、お金に対してルーズな人と烙印を押された人なのです。

銀行系消費者金融の審査が厳しいように、ダイレクトワンの審査も当然ながら厳しいと考えるべきでしょう。

どういう人が融資してもらえるの?

審査に通るためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 収入が安定していること

例えば、「いくら年収が良くても、月によっては収入がいいときもあれば悪いときもある。」といったように、月々の収入が安定していないと審査に通るのは難しいです。

パート・アルバイトといったように、収入がそれほど良くなくても、毎月確実に安定した収入があると審査は通りやすいのです。

  • 他社借入が少ない

ダイレクトワンは消費者金融系ですので、総量規制対象となります。

したがって、年収の3分の1以上の借入はできません。

審査の重要なポイントとなるのは、返済できるのかどうか信用も大事になるので、他社借入が多いと審査に通るのが難しくなります。

  • 同時に複数の借入申込みをしない

絶対に融資してほしいからと言って、同時に複数の会社に審査申込みをすることは、どの審査も通らない原因となります。

これは、各種金融会社に申込みをした時点で、信用情報機関に申込情報が登録されますので、同時に複数の借入申込みをした事実が確認できます。

審査担当者としては、同時に複数の借入申込みをすることに対して、よほどお金に困っているのではないか、返済できるのだろうかと考え印象が良くありません。

同時に申込みさえしなければ審査が通ったなんてこともありますので、同時に複数の申込みはやめましょう。

  • 金融事故歴がない

金融機関は、申込み受付時に個人信用機関に問合せをしてから審査をします。

したがって、過去において返済の延滞や滞納、債務整理など金融事故を起こしている人は審査に通りません。

個人信用情報は、短くても5年間は履歴が残りますので、期間内に金融事故を起こしてしまった人は借り入れが難しいです。

ただし、上記条件を満たしている場合であっても、融資条件のボーダーラインすれすれになるほど、別途書類を提出依頼されることもあり審査が遅れる場合もあります。

融資を受けられない人は、やはり上記条件を満たしていないことになるでしょう。

ブラックがダイレクトワンの審査に通るには

57f11fcfad14636377af1d17b13d8d31_t

ブラックの人がダイレクトワンの審査に通るには、金融事故情報が信用情報機関から削除されるのを待つよりほかありません。

長期滞納や任意整理、自己破産などの金融事故情報はデータが削除されるまで5年から10年かかります。

その期間は現金主義で生活することに専念し、お金を借りる場合には計画性を立てることや、返済においても計画的に行うことをしっかり勉強することですね。

関連記事をチェック!

16010view

信用情報のブラックリストを回復する方法

ブラックリストに入った人は、借入やクレジットカードの利用が難しくなります。 それでもどうにか利用したい人はブラックリストを回復させなければなりません。 そんな皆さんのために、このページでは信用情報...

ブラックにならない方法を考える

S20170330153415_TP_V1

ダイレクトワンの審査に落ちてしまった人はなぜ審査に落ちたのか原因を考えましょう。

もちろん総量規制以上のお金は借りることはできませんし、継続安定した収入がなければ審査に通ることはありません。

それ以外で審査に落ちるとすれば、やはり信用情報に問題があったとしか言えません。他社への返済が延滞しているとか、過去に金融事故を起こしたことがある人です。

ブラックにならないためにもお金は計画的に使い、収入の範囲内で生活していくことができるように生活の見直しをすることも大切ですね。

毎月きちんと貯金しておけば急にお金が必要になってもお金を借りる必要はありません。

関連記事をチェック!

8881view

カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます...

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

 1.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 1.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)