【Appleローン】連帯保証人に連絡がいくケース

「Appleショッピングローンは連帯保証人が必要なの?」
「Appleショッピングローンに連帯保証人が必要になるのはどんな人?」
Appleショッピングローンを利用したいけれど、連帯保証人が必要かどうかを気にする人も多いでしょう。
連帯保証人は、申込者である自分が返済不能に陥った場合、代わりに借入金額を支払う必要があります。親族はもちろん、友人や知人に絶対にお願いしたくないと考える人も多いはずです。

Appleショッピングローンでは全ての人が連帯保証人を必要とするわけではありません。しかし、申込者の返済能力や信用力などを考慮して連帯保証人を必要とする場合があります。
連帯保証人に連絡が入るケースとして「申込確認の電話」「返済を滞納した時」が主なので、気になる人は注意しましょう。

当記事では、最初に連帯保証人にはどんな義務があるのかを解説します。さらにAppleショッピングローンの連帯保証人が必要になるケースをはじめ、どんな時に連帯保証人へ連絡が入るのかをまとめました。
最後には、連帯保証人なしでAppleショッピングローンを契約する方法もお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

連帯保証人にはどんな義務がある?

保証人とは「お金を借りた人が返済できなくなった場合、代わりに返済の義務を負う人」を意味します。中でも連帯保証人とは、「債務者と同じ義務を負う保証人」という点が特徴です。

連帯保証人と保証人は、他人の借金を保証する点で同じ立場であると考える人も多いでしょう。しかし、連帯保証人の方が通常の保証人よりも重い責任があり、銀行や貸金業者などが保証人を立てる時は必ず連帯保証人を必要とします。

単なる保証人であれば、催告の抗弁権と検索の抗弁権を行使できます。債務者の返済が滞り、保証人に返済を迫られた場合、以下のように主張が可能です。

【保証人ができる主張の例】

  • 催告の抗弁権:債務者に催告してください
  • 検索の抗弁権:先に債務者の保有財産を差し押さえてください

しかし連帯保証人になると、上記のような主張が通用しません。債務者に財産があっても、いきなり連帯保証人の財産が差し押さえられる可能性があるのです。

Appleローンの連帯保証人が必要になるケース

Appleショッピングローンを取り扱うオリコでは「この状況の人が連帯保証人が必要になります」といった具体的なケースを公表していません。申し込み手続き後にオリコが必要と判断すれば、連帯保証人についての連絡があるでしょう。

Appleショッピングローンの連帯保証人に関する口コミは、以下の通りです。

【Appleローンの連帯保証人に関する口コミ】

  • Appleのローンは学生の場合は連帯保証人がいると聞いた
  • Appleの金利手数料無料のショッピングローン。弱小フリーランスでも審査に通りました。月1万の24回払いの申し込みで連帯保証人が必要と言われたらどうしようかと思いましたが良かったです。
  • Appleのローン審査は厳しいです。無職だから仕方ないけれど連帯保証人が必要と言われました。
  • Appleローンの審査結果、連帯保証人が必要だそうです。PC買うのにそこまでしたくないので注文キャンセルにしました。
  • ショッピングローンの金利0%が魅力です。検索したら学生は連帯保証人が必要と知ったので申し込めずにいます。
  • パソコンを新調しようとしたけど、フリーランスになってAppleの分割払いを選んだら連帯保証人が必要になっていた。
  • Appleローン、21歳学生ですが連帯保証人をつけて再審査になりました。

学生や無職の場合、連帯保証人が必要です。フリーランスの場合は、連帯保証人が必要なケースと不要なケースが見られました。口コミを確認すると、フリーランスになったばかりの人は、収入面などを考慮して連帯保証人が必要になる可能性が高いようです。

連帯保証人に連絡が入るケース

Appleショッピングローンで連帯保証人が必要になった場合、連絡が入るタイミングは以下の通りです。

【Appleローン:連帯保証人に連絡が入るケース】

  • 申込確認の電話
  • 返済を滞納した時

それぞれのタイミングについて解説します。

申込確認の電話が入る可能性がある

Appleショッピングローンの申し込み手続き完了後、連帯保証人に確認の電話連絡が入ります。連帯保証人はローン契約の保証をしてくれる立場なので、意思確認は必須です。

審査を行うオリコが連帯保証人に連絡をして「連帯保証人になる話は聞いていない」「連帯保証人になった覚えはない」となれば、その時点で審査は終了。もちろん、Appleショッピングローンの審査は否決されるでしょう。

相手の意思確認をせず、勝手に連帯保証人を立てるのは避けてください。審査に落ちるだけでなく、相手との関係性も悪くなります。

返済を滞納した時は電話連絡が入る

Appleショッピングローンの返済が遅れれば、ローン会社であるオリコから支払いをお願いする電話が入るでしょう。その後は、支払いが確認できるまで連絡が続く可能性が高いです。

債務者と同じ義務を負う保証人である連帯保証人ですが、返済が遅れなければ、ローン会社であるオリコから頻繁に連絡は入りません。連帯保証人に連絡が入らないようにするには、期日通りに返済をするのが大前提です。

連帯保証人なしでAppleローンを契約する方法

連帯保証人なしでAppleショッピングローンを契約したい人は、以下の2つの方法のいずれかを検討してください。

【連帯保証人なしでAppleローンを契約する方法】

  • 安定収入を得てから申し込む
  • 安定収入のある親に申し込んでもらう

Appleショッピングローンの契約に当たり、オリコが「連帯保証人が必要」と判断したら、連帯保証人を必ず立てなければなりません。自分にとって都合の良い方法を選んで、Appleショッピングローンに申し込みましょう。

安定収入を得てから申し込む

連帯保証人を立てたくないのなら、安定収入が得られるようになってからAppleショッピングローンに申し込んでください。Appleショッピングローンの利用条件の一つに「安定収入のある人」という項目があるからです。

会社員だけでなく、パートやアルバイトでも問題ありません。一定の収入を継続して得られるようになれば「安定収入のある人」に該当します。まずは安定した職に就いて給与をもらう状態を継続してみましょう。

安定収入ということなので、短期アルバイトや投資で得た収入などは対象となりません。長期的な雇用が見込まれる場合でないと、安定収入とは見なされない点を把握しておきましょう。

安定収入のある親に申し込んでもらう

親や配偶者に安定収入があれば、代わりにAppleショッピングローンに申し込んでもらう方法があります。
「返済能力に不安要素のない収入を得ている」「他社借入残高や件数が多くない」「信用情報機関に異動情報の履歴が残るような返済トラブルを起こしていない」という状態ならば、審査通過の可能性は高いでしょう。

親がAppleショッピングローンの審査に通過して契約手続きが完了、無事に商品が出荷されたら支払いが開始します。契約時に定められた毎月の返済金額を忘れないように支払ってください。
自分に代わって「Appleショッピングローンに申し込んでほしい」と伝えるタイミングで、返済計画について親と話し合うのがおすすめです。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事