ブラックで50万円借りることはできない

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

ブラックで50万円借りることはできません。

もし借りることができたら、ブラックの意味がありませんよね。

闇金でもさすがに50万円は借りれないでしょうね。

ブラックでもお金が必要な状況になることはありますが、ブラックになってしまったのは自己責任ですよね。

なんとかして50万円を借りる方法はないのでしょうか。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • ブラックでも50万円を借りれる方法があるのか知りたい人
  • 50万円借りるために必要な条件を知りたい人
執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

ブラックでも50万借りれる?

IMGL8654171031_TP_V1

ブラックってどのような状態なのかおわかりでしょうか?

ブラックとは銀行や消費者金融、クレジットカード会社などからお金を借りて、契約通りにお金を返済しなかった人のことですね。

契約通りにお金を返済しないと、金融機関は加盟している信用情報機関に金融事故情報を登録します。

借り入れ申し込みがあると、金融機関は必ず信用情報機関から個人信用情報を取得します。

個人信用情報にはお金に関する契約一切の履歴が保存されており、金融機関は個人信用情報に基づいて借入申込者と契約するか、それとも契約しないかを判断します。

そして、契約するとしたらいくらまでお金を貸して良いのか、審査の材料とするのです。

個人信用情報には金融事故情報についても登録されていますから、大手消費者金融などの他の金融機関からお金を借りてきちんと返済しなかったことも、当然ながらわかるわけです。

カードローンやクレジットカードは、お互いの信頼関係がなければ契約できませんよね。

きちんとお金を返済しない人と、果たして信頼関係を結べるでしょうか。

答えはNOですね。

したがって、ブラックの状態ではお金を借りられません。

また、きちんとした収入がありブラックでない人でもカードローンで最初から50万円借りるのは難しいのに、ブラックの人が50万円のお金を借りることなどできるはずがありませんよ。

関連記事をチェック!

9311view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

ブラックでどうしても50万円必要

dollar-2091723__340

ブラックだけどどうしても50万円必要という人もいますよね。

「自分は確かにブラックだけど今回はお金を貸してくれたら絶対に返す」と主張するブラックの人も、いるかもしれません。

しかし、そんな言葉が金融機関側に届くはずもありません。

金融機関は情けや義理人情で融資を行っているのではなく、あくまでも「返済能力」や「回収可能性」といったことを判断基準にして、シビアに融資を行っているからです。

闇金や融資詐欺には要注意

ブラックの人は真っ当な金融機関からは融資を受けられませんが、どうしても50万円必要なら何とかして手段を探すしかありません。

そんなとき、以下のようなキャッチコピーや広告を見かけるかもしれません。

  • ブラックでも即日100万円OK
  • 他社の審査に落ちた人でも借りれます
  • 100%完全融資・即日振込

正常な判断ができる精神状態であれば、「さすがにこんなうまい話があるわけない」と疑えるのですが、お金が必要で仕方がないときだと、藁にもすがりたいものです。

しかしブラックでも借りれますとか、他社の審査に落ちた人でも借りれますのような断定的な広告を出すのは、闇金か融資詐欺です。

上述したようなキャッチコピー・広告にだまされないように、十分注意しておかなければなりません。

金融詐欺の典型例

闇金の怖さはニュースなどでも取り上げられることが多いため、知っている人も多いかもしれませんね。

ところが、融資詐欺となるとわかっているようでわかっていない人もいるのではないでしょうか。

融資詐欺の典型例をご紹介しましょう。

①雑誌の広告を見て50万円借りたいと電話をする
②審査するからといって10分後に電話をかけさせる
③審査の結果当店では無理と伝える
④借り入れ希望者の住んでいる地域を聞き出す
⑤どこそこの金融機関に行けば借りれると言われる
⑥話は既に付いているので、当店の名前は出さないようにしてほしい
⑦喜んで金融機関に行って借り入れを申し込むが、実は闇金
⑧結局10万円しか借りれない
⑨再度広告にあった業者に苦情の電話をする
⑩業者はテスト融資だったことを伝える
⑪本融資をするにはコンビニで雑誌を買って5万円を挟んで郵送してほしいと言う
⑫実際郵送するがその後音沙汰なし
⑬まんまと5万円騙し取られる
⑭闇金へ支払いが始まる

まぁだいたい以上のような手順で闇金からお金を借りさせ、そのうち5万円を騙し取るわけです。

闇金から10万円を借り、結局手元に残ったのは5万円だけですから、まんまと融資詐欺に遭ったわけですね。

雑誌の広告に載っていた業者と、実際に融資を受けた闇金の間には何の関係性もありませんから、闇金に情状酌量を訴えたとしても何の意味もありません。

後は闇金の容赦ない取り立てに追われて、身も心もボロボロになってしまうだけです。

関連記事をチェック!

2829view

誰でも100%絶対借りれるヤミ金は危険!ソフト闇金なら安全?

絶対借りれるとか誰でも借りれるという、キャッチコピーで集客しているのはヤミ金です。 後で悔やまないためにも、ヤミ金だけは利用しちゃ行けません。 金利が凄く高いだけでなく、1日でも返済に遅れたら平穏...

ブラックで50万円貸してくれる人

e1574bf1767d4b0a03d950d083422aa3_t

Yahoo!知恵袋に、以下のような質問が投稿されていました。

ブラックでも借りれる金融てありますか!? 

今ちょっとお金が必要なんです

安心して借りれる所を探してます

先ほど触れたように、ブラックの人に融資を行ってくれる金融機関はほぼ存在しません。

では、ブラックで50万円が必要な場合はどうすればいいのでしょうか。

個人間融資掲示板などは多くある

ブラックでどうしてもお金を借りたい場合、個人間融資掲示板やお金を貸します掲示板を利用しますね。

インターネットで検索すれば、そういった類の掲示板がいくらでも出てきます。

ブラックの人に融資を行わないというのはあくまでも金融機関の話であり、個人間での融資であれば債務者でもブラックでもOKという人はいるかもしれません。

お金の貸し借りをする掲示板の仕組み

掲示板を利用してお金を借りたい場合、掲示板に借りたい金額といつまでに借りたいのかを書き込みます。

たとえば「月末までに50万円貸してください」と書くわけです。

すると、掲示板に書いてある情報を見て、条件次第ではお金を貸してもいいなと思ってくれた人が、掲示板上で返信してきてくれます。

金利等の交渉を行ったうえで、双方が同意に至れば無事融資を受けられる、という仕組みです。

実際には会ったことのない人同士が債権者と債務者になるわけですから、融資の手段としては銀行振込が用いられるケースが多いようです。

相手がヤミ金の場合もある

こういった掲示板には管理人がいることはいますが、掲示板の管理人は金銭の貸借について交渉条件などは関知しません。

あくまでも、お金を借りたい人とお金を貸しても良いという人をマッチングさせるだけの掲示板です。

そのため、「お金を貸しますよ」と連絡をしてきてくれた人が闇金であるという可能性も、十分あり得ます。

世の中には善良な人もいるのだなとか、投資運用目的でお金を貸してくれる人なのかな、など良い方向に考えがちですが、残念ながらそんなに甘くはありません。

関連記事をチェック!

17560view

個人間融資掲示板はやっぱり闇金だったw【悲報..】

最近巷で耳にすることも多い、「個人間融資」を御存じでしょうか。 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金...

詐欺にあうこともある

先ほど少し触れたように、まったく無関係な闇金からお金を借りさせて、そのお金をだまし取るというような詐欺を行う相手も、こういった掲示板を利用しています。

また、口座確認のためにとりあえず1万円振り込んで下さい、振込が確認できたらすぐに返金します、のように騙してくる方法もあります。

お金を借りる前に先にお金を振り込ませるやりかたは、融資詐欺がよく使う手口です。

個人情報を盗まれるだけの場合もある

また、「融資を行うにあたってしっかりとした情報が必要なので」といったような理屈で、氏名・住所・電話番号はもちろん、家族構成や勤務先などの情報を聞いてくる相手もいます。

お金を借りるためにはしかたないと思って、そういった個人情報を洗いざらい提供したとしても、「審査の結果融資ができませんでした」などと言われ、ただ個人情報を抜かれるだけになってしまうこともあります。

もちろんこういった相手がまともに融資を行うつもりはなく、ただ個人情報だけを抜き取って、闇金などとつながっている裏の業者に流しているんですね。

金銭の返済意外のことを求められることもある

女性の場合だと、融資をする代わりにわいせつな画像や動画の提供を求められることも多いですね。

実際に会わなければ融資ができないなどと言って相手をおびきだし、乱暴するような人もいるようです。

個人間融資掲示板やお金を貸します掲示板は、金融機関からお金を借りられない人にとっては最後の頼みの綱のように思われますが、善良な人はほぼいないということを、肝に銘じておかなければなりません。

50万円即日融資してくれるところ

非常に低い確率ではありますが、個人間融資掲示板で50万円を借りられる可能性はゼロではありません(危険な目にあったり騙される可能性のほうがはるかに高いのでおすすめはしませんが)。

ただ、50万円を「即日で貸してほしい」となると、さすがにそんな善良な相手はいないでしょう。

どうしても50万円の即日融資を受けたい場合は、どうすればいいのでしょうか。

親や友人に金融機関から借りてもらう

親や友人ならすぐにお金を貸してくれるかもしれませんが、5万円程度ならまだしも50万円となると、さすがに貸してくれる人はいないでしょう。

ただ、親や友達に金融機関から代わりにお金を借りてもらい、必ず返済はするからと約束すれば、あるいは貸してくれるかもしれません。

いわゆる名義貸しに近いお金の借りかたですが、親や友人が納得してお金を貸してくれるなら名義貸しとはなりません。

金融機関からお金を借りたら、そのお金を何に使うかは基本的に自由ですので、誰かに貸しても文句を言われることはありませんね。

ただし、金融機関から借りたお金は実際にはあなたのところに流れているわけですが、契約をしてくれているのは親や友人です。

返済を滞納したら、間違いなく親や友人に迷惑をかけることになりますので、相手との間で借用書を取り交わしておくなどしたほうがいいでしょう。

お金の問題は、容易に人間関係を壊せる力を持っていますので、返済を滞らせてしまうことのないようにしてくださいね。

自動車担保金融

自動車を担保にすることで融資を行う自動車担保金融を行っている金融業者からなら、50万円借りられるかもしれません。

ただし、ローン返済中の自動車では担保にはできません。

乗っている車の中古相場価格の50%から60%の範囲内で、融資してもらえるでしょう。

自動車担保金融にも闇金がいますから、貸金業者並びに古物営業の登録を行っていることを確認してくださいね。

インターネットで口コミや情報を集めると良いでしょう。

もちろん車は乗ったままでも借りることはできます。

事前に自動車担保金融会社に連絡をしておけば、必要書類を持って行くだけで30分程度で即日融資も可能です。

関連記事をチェック!

3137view

車を担保にお金を借りる

あまり知られていない方法ですが、車やバイクを担保にしてお金を借りる方法があります。 総量規制の除外貸付となるため、年収の1/3を超えて借りることが可能です。 信用情報がブラックの人、または総量規制...

50万円融資の審査に通るための5つの条件

ブラックの人が50万円の融資を受けることがいかに難しいか、お分かりいただけたと思いますが、そもそもブラックでなくても、50万円の融資を受けるのはそれなりにハードルが高いことです。

50万円の融資の審査に通過するためには、おおむね以下のような条件をクリアしなければなりません。

正社員か公務員

50万円の融資を受けるにあたっては、融資を受けた後の「継続的な返済能力」が重要です。

返済能力は収入や雇用形態に大きく左右されるので、「継続的に一定の収入を得られ続ける職業」が、審査では高い評価を得ることになります。

そういった条件にもっとも当てはまるのは正社員や公務員なので、正社員・公務員であれば、融資の審査には通過しやすいでしょう。

上掲したツイートにもあるように、もっとも「信用」を得やすい職業であるとも言えますね。

勤続年数が1年以上あること

継続的な返済能力があることを示すためには、同じ勤務先でずっと働いていることを示すのが手っ取り早いです。

勤続期間が短いと、「この先も同じ職場で働いているのか?」「もしかすると転職するのでは?」などと疑われてしまい、継続的な返済能力に疑問を持たれてしまいますからね。

どれくらいの勤続期間があればOKかについて、金融機関が明らかにしていることはほとんどありませんが、一般的には勤続年数1年以上が望ましいと言われています。

もちろん長くなればなるほど高評価であることは、言うまでもありません。

安定した毎月定期的な収入があること

正社員や公務員は毎月安定的な収入が見込めるため、審査では高い評価を得られますが、毎月安定した収入が得られる職業・雇用形態は、それ以外にもあります。

正社員・公務員がもっともイメージしやすいため、先ほど取り上げましたが、もちろん他の職業であっても問題ありません。

たとえば勤続年数の長い契約社員のような人でも、今後も毎月安定した収入があるであろうことは想像しやすいですよね。

逆に、月々の収入に波があるような職業・雇用形態の人(出来高制の営業職など)は、審査では少し低い評価となります。

他社借り入れ件数や借り入れ総額が少ないこと

継続的な返済能力に影響するのは、収入や雇用形態だけではありません。

たとえ収入が多かろうが、他社からの借り入れが多いとそちらに返済能力を割かなければならないため、返済能力に疑問符が付くことになってしまいます。

そのため、融資の申し込みをする場合は、他社借り入れ件数・他社借り入れ総額をできる限り減らしておくことが望ましいです。

なお、借り入れ総額が同じなのであれば、借り入れ件数は少ないほど高評価となります。

既存の借り入れの返済を行う場合は、借り入れ件数を少しでも減らせるような形で返済するといいでしょう。

信用情報に傷がないこと

審査では、信用情報機関で管理されている信用情報もチェックされます。

信用情報には、過去の金融取引に関するデータが記録されているため、返済を延滞したり滞納したりしたことがあれば、すぐにバレてしまいます。

こういったマイナスの情報が登録されていることを、「信用情報に傷がある」というような言い方をしますが、信用情報の傷は審査においてはもちろんマイナス要因です。

信用情報の傷は、年数経過によって信用情報上から消え去りますが、つい最近返済を延滞したばかりのような人は、50万円の融資を受けるのは厳しいかもしれません。

50万円の即日融資を実現させるには

50万円の融資を受けるためには、上述したような条件をクリアする必要がありますが、加えてその融資を「即日で」受けたい場合は、以下のような点に注意しておく必要があります。

申し込み時に収入証明書類を準備する

即日で融資を受けるためには、審査をできる限りスムーズに終わらせることが重要です。

申し込みをした後は、基本的に金融機関側で審査が行われるため、申し込み者がしなければならないことはほとんどありませんが、途中で収入証明書類を提出しなければなりません。

収入証明書類の提出に手間取ると、その分審査の進行を妨げることになってしまうので、あらかじめ収入証明書類を準備した状態で申し込みを行うようにしましょう。

なお、収入証明書類として利用できる書類は金融機関ごとに異なりますが、おおむね源泉徴収票・確定申告書・給与明細書などが利用可能です。

在籍確認が問題なく行われるようにする

審査の最終段階では、勤務先に電話をかけての在籍確認が行われることが多いです。

在籍確認は、申し込み者が確かに申告した通りの職場で働いていることを確認するためのもので、返済能力の担保のために非常に重要です。

そのため、在籍確認が完了できなければ審査もそこでストップしてしまいます。

在籍確認の電話には、申し込み者が自分で対応できるのが一番ですが、必ずしも申し込み者自身で対応しなければならないわけではありません。

自分で対応するのが難しそうな場合は、同僚に自分あての電話がかかってくる旨を伝えておいて、在籍確認を滞りなく終わらせるための根回しをしておくようにしましょう。

まとめ

ブラックの人は、真っ当な金融機関では50万円の融資は受けられません。

ブラックの人に対しても融資をしてくれる金融機関もないわけではありませんが、それは十中八九闇金ですし、闇金を利用したとしてもせいぜい10万円程度の融資になるのが関の山でしょう。

個人間融資掲示板のようなシステムもあるにはありますが、実際に善良な個人から融資を受けられる可能性は、万に一つもないでしょう。

ブラックである以上、50万円の融資を受けられる可能性などないと割り切って、別の方法を考えたほうがいいかもしれませんね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2018-10-26 09:44:24

    こんにちは。
    自転車操業のようですね。文面からすると金融機関からの借入も無理な感じです。順序を間違えると「詐欺」になる可能性もありますね。とりあえず購入者には発送遅延のお詫びを出して、金目のモノは全部売る、クルマも何もかも現金化して仕入れに回す、ことが今できることだと思います。もし完全に無理ならば会社更生法の申請をするか、会社はつぶれても仕方ないなら破産手続きです。法テラスに電話し、今後の対応を相談しましょう。

  2. Leoponnさん|2018-10-24 11:15:06

    親も友達も無理 それでも50万どうしても借りたい 借りなければ会社がつぶれて仕入れ先に迷惑がかかる 取引先にも商品が出せない 買ってくれた人にも商品を送れない どうすればいいのでしょう?自己責任はわかっています。

  3. 飛雄馬先生さん|2018-10-06 11:34:11

    こんにちは。
    残念ながら信用ブラックで60万円は厳しいですね。なんのお金なのか理由はわかりませんが、借金返済で苦しんでいるなら債務整理をおすすめします。ブラックなら債務整理してもこれ以上信用を落とすことはないですし。もし自己破産だと前回しているなら7年期間を開けなければなりませんが、任意整理は法的整理ではありませんので何回でもできますよ。

  4. ミヤシタアキさん|2018-10-06 02:07:25

    10日までに60万が手元に欲しいです

  5. 飛雄馬先生さん|2018-10-01 07:49:42

    こんにちは。
    自己破産してよく銀行カードローンの審査に通りましたね。年収がどのくらいなのか不明ですが、年齢を勘案すると新規借入は難しいです。中小消費者金融でも最初から30-50万円は厳しいでしょう。おすすめは銀行カードローンの増額ですね。または生命保険の契約者貸し付けは利用できませんか?

  6. 岡山太郎(仮名)さん|2018-09-30 19:51:17

    平成21年に自己破産免責決定。現状、給料振込み口座のある銀行カードローン50万円利用中。至急30〜50万円が必要でも、どこも審査が通らず困っている。フルタイムのパート男性で59歳。