貧乏でiPhoneが買えない時の対処法

「無職で貧乏な状態だけどiPhoneが欲しい」
「金欠でもiPhoneを購入する方法はないのだろうか」
貧乏な人よりも安定収入のある人の方が、自分を申込人にしてローンに申し込んだり、クレジットカードを契約したりして、購入資金を用意できるでしょう。

それでは「貧乏な人がiPhoneの購入は難しいのか?」となると、そうではありません。お金がなくてもiPhoneを購入できる方法があるからです。

当記事では、iPhoneの購入価格や金欠でiPhoneが買えない時の対処法を解説します。iPhoneが高くて買えない時の注意点もまとめたので、ぜひ参考にしてください。

iPhoneの購入価格はどのくらい?

Appleの公式サイトでは、iPhoneの購入価格を以下のように設定しています。

(料金は税込み)

iPhone 13 Pro 128GB:12万2,800円
256G:13万4,800円
512GB:15万​​8,800円
1TB:18万2,800円
iPhone 13 Pro Max 128GB:13万4,800円
256G:14​​万6,800円
512GB:17万0,800円
1TB:19万4,800円
iPhone 13 mini 128GB:8万6,800円
256G:9万8,800円
512GB:12万2,800円
iPhone 13 128GB:9万8,800円
256G:11万0,800円
512GB:13万4,800円
iPhone SE 64GB:5​​万7,800円
128GB:6万3,800円
256G:7万6,800円
iPhone 12 mini 64GB:6万9,800円
128GB:7万5,800円
256G:8万7,800円
iPhone 12 64GB:8万6,800円
128GB:9万2,800円
256G:10万4,800円

最安価格のiPhone SE(64GB)モデルで5万7,800円(税込み)です。無職だったり収入が少なかったりして貧乏な人には、これだけの資金を用意するのは難しいかもしれません。

しかし、諦めるのはまだ早いです。次に紹介する対処法の中から、選択可能な方法があるかもしれません。

貧乏でiPhoneが買えない時の対処法

貧乏でiPhoneが買えない時は、以下の対処法の中から自分に合った方法を選べないかを確認してみてください。

【貧乏でiPhoneが買えない時の対処法】

  • キャリアの分割払いで購入する
  • Apple ショッピングローンに申し込む
  • ペイディあと払いプランApple専用に申し込む
  • フリマアプリで購入する
  • 無料でiPhoneが手に入るキャンペーンを利用する
  • iPhone以外の端末購入も視野に入れる
  • クレジットカードの分割払い
  • 親に購入代金を立て替えてもらう
  • 身の回りの物を売る
  • アルバイトで収入を得る

対処法のうち、審査通過が前提の方法があります。その場合、申込者となる人に返済能力や信用力がないと利用が難しいでしょう。しかし、いくつかの方法は申し込みや審査の手続きをせず、自分の行動によって購入資金の用意が可能です。

キャリアの分割払いで購入する

NTTドコモやau、ソフトバンクなどの携帯キャリアでは、iPhoneを分割払い(個別信用購入あっせん、割賦販売)で購入できる方法を用意しています。毎月の利用料金と合わせて、購入したiPhoneの代金を分割で支払う方法です。
契約に当たって審査を行いますが、他社キャリアに未納がない、金融事故を起こして信用情報機関に異動情報の履歴がある人でなければ、審査に通過できる可能性があります。

携帯キャリア 特徴
NTTドコモ ・分割手数料無料
・支払いは12・24・36回から選択
・分割支払金残額がある状態でも機種変更は可能
au ・分割手数料無料
・支払回数は24・36・48回から選択
・分割支払金残額がある状態でも機種変更は可能
ソフトバンク ・分割手数料無料
・支払回数は24・48回から選択
・分割支払金残額がある状態でも機種変更は可能

現在、使っているスマートフォンがあれば、端末の状況によって下取り価格を設定。新しいiPhoneの購入資金から下取り代金を差し引いてもらえます。

また、キャリアによって次の機種変更時にお得なプログラムを用意しています。
ソフトバンクでは、48回払いでiPhoneを購入して、25ヶ月以降のソフトバンク買い替え時に旧機種を回収。最大24回分の旧機種の分割支払金の支払いが不要になるプログラムを導入していました。

Apple ショッピングローンに申し込む

株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)が提供する「Apple ショッピングローン」なら、配偶者や親権者に安定収入があれば審査に通過する可能性があります。
ローン申し込みの手続きは、Apple ショッピングローンストア、電話、Apple Storeで購入した際に行ってください。申し込みフォームなどに配偶者や親権者の氏名、年収、現在のクレジット残高を入力するだけです。

配偶者や親権者の返済能力や信用力を確認して、オリコが審査通過可否を判断。審査に通過すればiPhoneの出荷手続きが行われます。

参考元:Apple ショッピングローンについて|かなえるのそばにオリコカード・オリコローン

ペイディあと払いプランApple専用に申し込む

「ペイディあと払いプランApple専用」を利用すれば、iPhoneを分割手数料0%の分割払いで購入できます。利用までのステップは以下の通りで、手続きも難しくありません。

【ペイディあと払いプランApple専用:利用の流れ】

  1. ペイディアプリで本人確認
  2. 「あと払いプランApple専用」に申し込む
  3. ペイディあと払いプランApple専用の利用限度額を確認
  4. Apple StoreやAppleウェブサイトで「ペイディあと払いプランApple専用」を選択してiPhoneを購入する

申し込み手続きにかかる時間は5分で、申し込み結果の連絡がメールおよびSMSに届きます(深夜25:00以降、日曜日のみ22:00以降に申し込みの場合、結果連絡は翌朝8:00以降)。
分割回数は購入する製品によって異なり、申込者自身で選べません。分割金支払方法は「コンビニ払い」「銀行振込」「口座振替」のいずれかの方法で、分割金を支払っていきます。

参考元:ペイディあと払いプランApple専用 – ペイディ よくあるご質問

フリマアプリで購入する

メルカリやラクマ、PayPayフリマなどのフリマアプリに出品されているiPhoneを購入する方法があります。中古品が多いですが、お得な価格でタイミングによっては程度の良い美品が手に入るかもしれません。
出品者によっては、値下げ交渉に応じてくれる人もいます。

ただし、写真のみで購入するかどうかを判断しなければならないとうデメリットがあります。iPhoneが到着したら、フリマアプリ出品時の説明になかった傷や汚れがあったり、思ったよりも程度が悪かったりするリスクも高いでしょう。

無料でiPhoneが手に入るキャンペーンを利用する

携帯キャリアが行うキャンペーンを利用してiPhoneを手に入れる方法があります。他社からのMNPをする人を対象に指定するiPhoneの機種が無料、または割引価格で購入できる場合があるのです。
最新機種ではなく旧型のiPhoneが対象なのが一般的ですが「とにかく今すぐiPhoneが欲しい」といった人におすすめの方法といえるでしょう。

iPhone以外の端末購入も視野に入れる

スマートフォンの中でも、iPhoneの価格設定は高めの傾向です。iPhone以外のスマートフォンでもいいと考えるのなら、支出を抑えられるでしょう。

例えば、NTTドコモで取り扱う5G対応のスマートフォン「Xperia 10 III」であれば、5万1,480円(税込み)で購入できます。その他にもさまざまな選択肢があるので、iPhoneにこだわらないのなら、携帯キャリアの公式サイトなどで価格を確認してみてください。

クレジットカードの分割払い

クレジットカードを持っている人なら、分割払いでiPhoneを購入できます。会計をするタイミングで支払回数を指定しましょう。手続きが済んだら、あとは翌月以降に分割金を支払うだけです。

注意点として、クレジットカードの分割払いは支払回数が3回以上になると手数料がかかったり、回数が長くなると支払う手数料の負担が増えたりします。できるだけ支払回数は短めに設定して、返済遅れがないように計画的に利用してください。

親に購入代金を立て替えてもらう

iPhoneの購入代金は一番高額なものでも20万円程度です。親に経済的余裕があれば、一時的に購入代金を立て替えてもらってもいいでしょう。「どのくらいの金額をどのくらいの期間で返済する」と事前に決めた上で、親に相談してみてください。

身の回りの物を売る

身の回りに換金価値のある品物があるなら、フリマアプリやリサイクルショップなどで売ってください。ほとんど使わずに自宅で眠っていた品物が、実は高い値段で売れたといったケースは意外と多くあるからです。

特にブランドバッグやジュエリー、時計、ゲーム機、ゲームソフトといった品物は高額になるケースがあります。廃盤品や数量限定品だったり入手困難な品物だったりすれば、購入時の価格と同等、または上回る金額で売れる可能性が高いです。

アルバイトで収入を得る

アルバイトをすれば、iPhoneの購入代金程度の収入を得るのは可能です。すぐに10万円を超える現金を用意するのは難しいかもしれませんが、一定期間アルバイトを継続すれば、購入代金程度の収入を得られるでしょう。
事前に「〇〇万円ためる」と決めて、それまでアルバイトをしてみてもいいかもしれません。

カードローンなら契約手続き後すぐにiPhoneを購入できる

カードローンに申し込めば、当日中にiPhoneを購入できる可能性が高いです。カードローンは銀行や消費者金融で提供していますが、そのうち消費者金融カードローンなら最短即日融資に対応しています。
審査時間が最短30分といった消費者金融カードローンも多く、審査がスムーズに進めば午前中に申し込んで午後にはiPhoneの購入が可能です。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

消費者金融カードローンの利用対象は「20歳以上の安定収入がある人」「保証会社の保証を受けられる人」の2点です。安定収入は、パートやアルバイトで得た収入でも問題ありません。また、アルバイトをしていれば学生も利用対象に該当します。

※18歳以上で申し込めるカードローンもあるが収入証明書の提出が必要

金利設定が最高18.0%と高いので高額な借り入れにはおすすめできませんが、今すぐ現金を手に入れたい人には適した方法といえるでしょう。
審査に通過したら、融資金はローンカードを使ってコンビニエンスストアや提携ATMから現金を引き出したり、指定口座に振り込んでもらったりしてください。

一部の消費者金融カードローンは「金利0円無利息サービス」を提供しています。一定期間は利息が発生しないので、早期完済が可能な人はぜひ活用してみてください。

審査通る?無利息カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

貧乏でiPhoneが高くて買えない時の注意点

金欠でiPhoneが高くて買えない時の注意点は以下の3点です。

  • ネットワーク利用制限がかかったスマホの購入
  • 「審査なし」「誰でもお金を借りられる」とうたう違法業者の利用
  • iPhoneに類似した偽造品の購入

貧乏だけれどiPhoneがどうしても欲しいだけで後先を考えない行動をするのは危険です。後悔するのを避けるためにも、解説する注意点を確認しておいてください。

ネットワーク利用制限がかかったスマホの購入

中古のiPhoneを購入する際に注意したいのは、端末にネットワーク利用制限がかかっているかどうかです。ネットワーク利用制限とは、携帯キャリアからネットワークの利用が制限された端末です。
対象になる理由は以下の通りで、通信が一切できない(Wi-Fi接続は可能)だけでなくネットワーク利用制限の解除もできません。

  • 購入代金の未払いがある、支払いの意志がないと判断された端末
  • 盗難の被害に遭った端末
  • 本人情報詐称による契約などが理由で、キャリアからネットワークの利用制限対象になった端末

ネットワーク利用制限がかかる理由に一番多いのが、端末の分割金未納です。リサイクルショップなどで販売する中古スマートフォンは、ネットワーク利用制限対象の端末を買い取らないので心配する必要はないでしょう。
しかし、ネットオークションやフリマアプリは事前に確認をしないケースが多いので、注意が必要です。

ネットワーク利用制限を確認する方法は、携帯キャリアのホームページでIMEI番号(端末の製造番号)を入力するだけです。IMEI番号はiPhoneの「設定」にある「端末情報」以外にも、電池パックを外した部分、本体裏面に刻印されています。

「審査なし」「誰でもお金を借りられる」とうたう違法業者の利用

キャリアの分割払いにApple ショッピングローン、ペイディあと払いプランApple専用などの全ての審査に落ちるケースも考えられます。しかし、「審査なし」「誰でもお金を借りられる」とうたうローンを利用するのは絶対に避けてください。

貸金業の登録を行った業者は審査なしで融資を行いません。審査を行わないとうたうローン会社は、法律を無視して営業を行う違法業者の可能性が高いです。

「誰でもお金を借りられるなら申し込んでみよう」と軽い気持ちで違法業者からお金を借りた場合、後が大変です。10日で1割などの法外な金利が発生したり、厳しい取り立てを受けたりして家族や周囲の人に迷惑をかける可能性があります。

iPhoneに類似した偽造品の購入

「iPhoneだと思って購入したスマートフォンが実は類似品だった」
「iPhoneに見せかけた偽造品を購入してしまった」
このようなケースも珍しくないので注意してください。特にインターネットやフリマアプリなど、自分で現品を確認できない方法で購入する場合には気をつける必要があります。

インターネットやフリマアプリでiPhoneを購入するのは決して悪くありません。しかし、類似品や偽造品が出回っているリスクも考慮した上で、購入するかどうかを検討してください。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事