オリコのブライダルローンの審査に落ちてしまった場合に考えられる理由は?

オリコではクレジットカードを発行するほかに、いろいろなローンも取り扱っていますが、その中の1つにブライダル関係の費用として利用できるローンがあります。

結婚式の費用を調達するのに非常に便利ですが、万が一審査落ちになってしまったら死活問題になりかねませんよね。

そこで今回は、オリコのブライダルローンの審査に落ちてしまった場合に考えられる理由について、説明を行っていきたいと思います。

オリコのブライダルローンの商品概要

オリコでブライダル関連の費用として利用できるローンは、「マイティエール」というローンの中の「ブライダルプラン」であり、結婚に関するさまざまな費用として利用することができます。

マイティエールのブライダルプランの詳細は、以下のようになっています。

利用できる人 満20歳以上で安定した収入のあるかた
その他オリコが利用資格ありと認めるかた
利用限度額 10万円~300万円
(1万円単位)
借入利率 融資金額10万円以上~100万円未満
:8.4%~13.2%
融資金額100万円以上~300万円以下
:6.0%~13.2%
遅延損害金利率 18.0%
返済方法 元利均等返済方式
(ボーナス併用返済も可)
借入期間 最長7年
担保・保証人 担保:不要
保証人:申し込みの内容によっては連帯保証人が必要

利用資格は非常に緩いので、多くの人が利用を検討できるローンとなっています。

申し込みの内容次第では連帯保証人が必要となる点には、注意しておいたほうがいいかもしれません。

特徴やメリット・デメリット

では、マイティエールの特徴やメリット・デメリットについて簡単に触れておきましょう。

なおマイティエールにはたくさんのプランがあるため、これまでは「ブライダルプラン」と補足をしてきましたが、以降ではブライダルプランのみのことを説明しているとお考え下さい。

結婚に伴う費用であれば利用可能

マイティエールの資金使途は、「挙式や新婚旅行、家具購入など結婚にともなう費用」となっています。

ブライダルローンの中には、挙式や披露宴など「結婚式」に関する費用としてしか利用できないローンもたくさんありますが、マイティエールでは結婚に関係することであれば幅広く利用することが可能です。

そのため、マイティエールで借り入れたお金を利用して、新婚旅行の日数を少し伸ばすといったようなことも可能かもしれませんね。

融資スピードが比較的早い

ブライダルローンは審査に時間がかかることも多いため、申し込んでから実際に融資を受けるまでにかなり待たなければならないものもありますが、マイティエールではそのような心配はありません。

契約内容を確認した後、原則として2営業日以内に利用者が指定した金融機関の口座に振り込みで融資を行ってくれるので、非常にスムーズに融資を受けることができます。

ただし契約書類に不備があるような場合には、書類の確認等のために振込日が遅くなってしまう可能性があるので、書類は正確に記入して提出することを心がけましょう。

金利は少々高めか

マイティエールの適用金利は融資金額10万円以上~100万円未満で8.4%~13.2%、融資金額100万円以上~300万円以下で6.0%~13.2%ですが、これはブライダルローンの金利としては少々高めです。

銀行や信用金庫などが取り扱っているブライダルローンの場合には、5%前後の固定金利で融資を受けられることも少なくないので、返済負担のことを考えるとマイティエールは見劣りしてしまいますね。

ただしお伝えしたように、申し込み後比較的すぐに融資を受けることができるなど、他のブライダルローンにはないメリットも有しているため、ブライダルローンを選ぶときに何を優先するかによってマイティエールを利用するべきかどうかを決定するといいでしょう。

審査落ちになってしまう理由は?

マイティエールの特徴等についてはお分かりいただけたと思いますが、そんなマイティエールに申し込んで審査落ちになってしまう場合、どのような理由が考えられるでしょうか。

属性がオリコが求める水準にない

マイティエールはローンの一種ですから、審査は当然申し込み者の属性に基づいて行われます。

そのため、年収や勤続年数・雇用形態といった点で、申し込み者の属性がオリコの求める水準に達していなかった場合には、審査落ちになってしまう可能性も十分あります。

属性を構成する要素は一朝一夕には変更したり改善したりすることが難しいものばかりなので、属性が原因で審査落ちになってしまったと考えられる場合には、マイティエール以外のローンを利用することを検討したほうがいいかもしれません。

信用情報にキズがある

審査を受けるうえで重要な要素としては、属性以外に信用情報が挙げられます。

信用情報は「過去に行った金融取引に関する情報」なので、以前利用していたカードローンで返済を遅延したことがあったりすると、信用情報上にその事実が登録されているかもしれません。

このような信用情報上の「キズ」は審査において大きなマイナス要因になるので、属性的には何の問題がなくとも信用情報にキズがあるだけで、審査落ちになることは十分考えられます。

こういったキズは、月日が経過することでしか信用情報から消え去ることはないので、信用情報が原因で審査落ちになったであろう場合には、キズが消え去るときまで待つのが賢明ですね。

過去にオリコのローンで返済遅延の経験

信用情報というと、信用情報機関に登録されている情報のことを指すのが一般的ですが、ローンを取り扱っていたりクレジットカードを発行していたりする企業は、自社で独自に信用情報を管理しています。

そういった企業独自の信用情報は、信用情報機関に登録されている信用情報とは異なり、時間経過によって「キズ」が消えることがありません。

そのため、過去にオリコが取り扱っている何かしらのローンで返済を遅延してしまったことがあるような場合には、その情報はずっとオリコ内部で保管される続けることになります。

こうなってしまうと信用情報機関上のキズとは違って、月日が経過してキズがなくなることを期待することもできないため、マイティエールを利用することは諦めるしかなくなってしまいます。

オリコが直接取り扱っているローンだけではなく、オリコが保証会社になっているローンで返済を遅延してしまった場合にも同じようなことが言えるので、気になる人は過去に利用したことがあるローンの詳細を調べておくといいでしょう。

まとめ

以上、オリコのブライダルローンの審査に落ちてしまった場合に考えられる理由についての説明を行ってきました。

「ブライダル」という冠が付いているとは言え、そもそもはローンなわけですから、審査落ちの際に考えられる理由も一般的なローンの場合とさして変わりはありません。

ただブライダルローンを利用できるかどうかということは、結婚式を順風満帆に行うことができるかどうかにかかってくることなので、ブライダルローンの審査に落ちかねない理由を抱えている人は、できるだけ審査が緩そうなところを選んで申し込んだほうがいいかもしれませんね。

関連記事をチェック!

8277view

ブライダルローンの金利を徹底比較!安い・無利子はどこ?

ブライダルローンを取り扱っている金融機関は、あまり多くありません。 そこで今回は、代表的なブライダルローンを一部紹介していきたいと思います。 この記事はこんなひとにおすすめ 今回ご紹介する記事は...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事