キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

奨学金は誰でも借りれる?借りれなかった場合どうすればいい?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

奨学金には審査がある

奨学金には審査がある

大学などへ進学する際の教育費は決して少ないものではなく、多くの人が借入によって賄っています。

この場合に、多くの人が利用を考えるのが奨学金です。

では、奨学金は誰でも借りれるものなのでしょうか。

そもそも奨学金とは、教育の機会均等の理念のもと、意欲と能力のある学生等が、自らの意志と責任において大学等で学ぶことができるよう、給付や貸与するものです。

奨学金を利用するためには、一定の基準を満たしたうえで申し込み、審査を受けて通ることができなければ給付または貸与を受けることができません。

ですので、誰でも借りれるというわけではなく、中には審査に通ることができない人もいます。

この記事では、多くの学生が利用する日本学生支援機構の奨学金を借りることができる基準や、借りれなかった場合の対処法を解説していきます。

給付は学校の推薦が必要

返済義務の無い奨学金の給付を受けるためには、「在学状況の要件」「家計等の要件」を満たしたうえで、在学している高校等から推薦を貰わなくてはなりません。

まず、在学状況の要件は、以下のいずれかに該当する人でなければなりません。

  • 大学・短期大学・専修学校の専門課程に進学を予定している高等学校等の最高学年、または高等学校等を卒業後2年以内の人
  • 高等専門学校第4学年に進級を予定している高等専門学校第3学年または、第3学年終了後2年以内の人
  • 高等学校卒業程度認定試験の合格者(合格後2年以内の人)または出願者

次に、家計等の要件は以下のいずれかに該当する人でなければなりません。

  • 住民税非課税世帯(家計支持者の市区町村民税所得割額が0円の人)
  • 生活保護世帯の人
  • 社会的養護を必要とする人

推薦については、各学校がガイドラインに基づいて策定した推薦基準で審査し、定められた推薦枠の範囲内で採用候補者を推薦します。

第一種の採用基準

第一種の採用基準

奨学金の貸与には、「第一種」と「第二種」があり、第一種は無利息で貸与し、第二種は有利子での貸与となります。

まずは第一種の基準を紹介しますが、ここでは進学前に奨学金の予約をする「予約採用」の場合で、大学で受ける奨学金を予約する際のものを解説していきます。

なお、以下の申込資格は、第一種と第二種共通の要件となります。

  • 高等学校または専修学校(高等課程)を卒業する予定の人
  • 高等学校または専修学校(高等課程)を卒業後、2年以内の人で、大学・短期大学・専修学校に入学したことのない人
  • 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定に合格した人(大学等へ入学したことがある人は除く)、科目合格者で機構の定める基準に該当する人、または出願者

学力基準と家計基準

奨学金第一種の学力基準は以下のようになっております。

  • 1年生から申込時までの成績の平均値が3.5以上
  • 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定に合格した人、または科目合格者で機構の定める基準に該当する人
  • 家計支援者の住民税が非課税であって、特定の分野において特に優れた資質能力がある、または進学先の学校における学修に意欲があり、特に優れた学習成績を修める見込みがある人で学校長の推薦を得られる人

家計基準は、家計支持者(父母など)の収入金額が先行の対象となり、世帯人数や収入・所得で異なる上限額目安が定められています。

世帯人数給与所得者給与所得者以外
3人657万円286万円
4人747万円349万円
5人922万円514万円

第二種の採用基準

第二種の採用基準

有利子で貸与する第二種の基準は、第一種の基準よりも甘くなっており、学力基準と家計基準は以下のようになっております。

学力基準
  • 学業成績が平均水準以上と認められる者
  • 特定の分野において特に優れた資質能力を有すると認められる者
  • 大学における学修に意欲があり、学業を確実に終了できる見込みがあると認められる者
  • 高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定)に合格した者、または科目合格者で機構の定める基準に該当する人
家計基準
世帯人数給与所得者給与所得以外
3人1,009万円601万円
4人1,100万円692万円
5人1,300万円892万円

このように、第二種であれば平均水準以上の成績で基準を満たしますので、多くの学生が利用することができます。

第一種と第二種の併用

奨学金の第一種と第二種は、それぞれ異なる基準ですが、併用して利用することもできます。

第一種と第二種を併用する場合の学力基準は、第一種と同じ基準であり家計基準に違いがあります。

世帯人数給与所得者給与所得以外
3人599万円245万円
4人686万円306万円
5人884万円476万円

関連記事をチェック!

33view

奨学金の借入れ条件とは

子供の教育費用は多額で大学まで行かせるとなれば、1,000万円以上かかることも珍しくありません。 そんなときに、検討したいのが国の奨学金制度です。 奨学金は低金利であり、無利子のタイプや返...

親がブラックだと借りれない

奨学金を利用する場合には、基本的に親が連帯保証人となり、別生計の親族を保証人とします。

しかし、親や親族に信用がなければ連帯保証人や保証人となることはできず、それが原因で奨学金を借りることができないこともあります。

連帯保証人や保証人の審査は、加盟する個人信用情報機関に登録されている信用情報を基に行われ、日本学生支援機構は「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」に情報を照会します。

ここで親や親族がブラックリストに持っていることが判明すると、審査に通ることはできず、奨学金を借りることができません。

KSCでは、任意整理や個人再生、代位弁済は完済後5年を超えない期間、自己破産は官報に載ってから10年を超えない期間登録されます。

ですので、この期間中は連帯保証人や保証人となることができません。

保証機関の保証を受けて奨学金を借りる

親や親族がブラックリストに載っているなどの理由から、連帯保証人や保証人となることができない場合には、保証機関の保証を受けて奨学金を借りることができます。

奨学金を保証してくれる機関は、「(公財)日本国際教育支援協会」です。

保証機関を利用すると、毎月の奨学金から保証料が差し引かれますので、毎月保証料を支払う手間や手数料がかかりません。

連帯保証人や保証人の問題で奨学金を利用できないと思っている人でも、保証機関を利用することで借りることができるようになります。

審査基準を満たしていても通らないことも!

審査基準を満たしていても通らないことも!

審査通過に重要なのは「世帯主の年収」と「対象者の成績」ですが、この2点に問題がなく審査基準を満たしている場合でも審査に通らないこともあります。

その原因として考えられるのは下記の2点です。

  • 申請枠の問題
  • 保証人の有無

それではこれら2つが同審査に影響してくるのかを見ていきましょう。

申請枠の問題

日本学生支援機構の奨学金は進学後にも申し込むことができますが、進学前時とは審査に至るまでの選考方法が違ってきます。

進学前の場合には採用基準を満たしていればすべて審査に回され、予算内に応じて優先順位に応じて上位者から審査通過となりますが、進学後の申し込みの場合には学校ごとに採用枠が決められており、申込者が採用枠を超えれば校内選考が行われそれを通過した申込者だけが日本学生支援機構の審査に回されることになるのです。

またこれは確かな情報ではありませんが進学前の高校でも同様に校内先行が行われ、日本学生支援機構の審査に回されなかったという口コミも時折見かけます。

基本的には進学前であれば採用基準をクリアしていればすべて審査に回されるのですが、進学前の募集は高校等で行われるのが一般的ですから、もしかしたら学校枠が設けられる年があるのかもしれません。

この点は学校の担当者に聞くなどして確認するようにしましょう。

保証人の有無

利用対象者の親御さんがいわゆるブラックリストと呼ばれる状態の場合、日本学生支援機構の初学金を受けることはできないのではと心配する声は多く見られます。

ですが日本学生支援機構の奨学金の返済義務は対象利用者となってきます。

よって、返済義務が親御さんにある金融機関の教育ローンとは違い、親御さんの返済能力が原因となって審査落ちすることはありません。

しかし、全く影響しないというわけではありません。

申込時には保証人と連帯保証人が必要になり、これには下記のような人物の保証を付けるのが一般的です。

  • 保証人   別居している親族等
  • 連帯保証人 親御さんのいずれか(基本的には世帯主)

よって、連帯保証人にブラックリストの親御さんを付けてしまうと、審査落ちとなる原因になります。

この各保証人は対象利用者が返済できなくなった時の保証をする意味合いを持つので、返済能力がないと判断されるブラックリストの方では審査に通ることはないのです。

この点は十分に気をつけるようにしましょう。

奨学金が借りれなかった場合の対処法

奨学金が借りれなかった場合の対処法

奨学金を借りることができなかった場合や、奨学金では対応できない入学前に必要な資金を借りるために最もおすすめなのは、日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫では、子供がいる家庭に支援することを目的として、「国の教育ローン」を融資しています。

支援を目的としている国の教育ローンは、銀行などの民間金融機関よりも審査は甘く、パートなどの信用が低い人でも借りることができます。

また、金利も1.76%と低く、完済まで金利が変動しない固定金利で借りることができますので、返済額が変わる心配もありません。

しかし、日本政策金融公庫もKSCなどの個人信用情報機関に加盟していますので、ブラックリストに載っている人は借りることができません。

まとめ

多くの人が利用する奨学金にも、申し込みの基準や審査がありますので、誰でも借りれるというわけではありません。

しかし、奨学金を有利子で貸与する第二種であれば、基準が甘いですので、多くの人が利用することができます。

最近では、奨学金を返済できなくなったことでブラックとなる人も多いですので、奨学金を借りる際には卒業後の返済計画をしっかりと立てるようにしましょう。

また、一般の教育ローンを親に借りてもらうなどをして、奨学金の貸与額を少なくすることも必要なことですので、入学前に親と相談するようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2019-05-17 08:08:31

    こんにちは。
    借入のすべての飛雄馬です。

    親や親戚などを保証人として立てることができない場合、公益財団法人日本国際教育支援協会が保証機関になります。

    ですから例えば、親が信用ブラックになっているという人の場合には有効ですね。

    ただし保証料を支払ったからといって、奨学金の返済を免れることはできません。奨学金の返済滞納をした場合は保証機関から法的措置によって債権回収されることもあります。

    保証料はいくらになるのかについては、奨学金の金額、奨学金の貸与期間によって変わるため、一概にいくら定められてるわけでもありません。

  2. りんさん|2019-05-16 14:21:18

    保証料を払えば保証人や連帯保証人はいらないですよね。ほんとに保証人や連帯保証人をしなくても借りれますか?

  3. 飛雄馬先生さん|2019-05-13 08:15:22

    こんにちは。
    借入のすべての飛雄馬です。

    奨学金の審査に悪影響を与える可能性が高いです。しかし連帯保証人を立てることで審査落ちを回避出来るでしょう。

    ちなみに、3年前の携帯電話料金の滞納は長期間の滞納だったのでしょうか。もし一か月未満の支払い滞納なら、すでに返済履歴から消えています。

    しかし問題なのがクレジットカードの解約ですね。解約される状況を考えると、クレジットカードの長期返済滞納があったのだと思います。

    そうなると信用情報に、異動情報が登録されてしまいます。消えるまでには5年かかります。

  4. 飛雄馬先生さん|2019-05-13 08:04:33

    こんにちは。
    借入のすべての飛雄馬です。

    難しいですね。卒業することが前提条件ですからね。だって卒業できなかった進学できないじゃないですか。

    補修でもなんでも受けて卒業できるように単位を取得しましょう。

  5. たかさん|2019-05-11 10:26:56

    社会人経験からの進学で奨学金申請中ですが、3年ほど前に携帯電話料金を滞納して、クレジットカード解約や携帯などが止められたことがありますが、この場合は奨学金借入は審査上厳しくなりそうでしょうか??
    それ以降は滞納などは1度もありませんが。

  6. 工藤さん|2019-05-10 19:30:07

    単位が足りないと言われ審査が通らないと言われたんですがどうしても借りる事はできないのでしょうか。

  7. 飛雄馬先生さん|2019-04-22 08:19:49

    こんにちは。飛雄馬です。

    自己破産すると民間の教育ローンの審査に通りませんが、奨学金は連帯保証人を立てますので、連帯保証人の信用情報に問題がなければ審査に通ります。

    国の教育ローンについても、あなた本人が借りるのではなく、親が借りるローンですから、あなたの自己破産は関係ありません。

    もしあなたが親で、子供さんの教育資金を考えているなら、奨学金に申し込ませて、あなた以外が連帯保証人になれば良いです。

  8. アタマターニさん|2019-04-19 17:40:02

    今年自己破産を申請したのですが、
    専門学校への進学を検討している所でした。
    もちろん奨学金も教育ローンも借りられ
    ないですよね?
    その場合どんなふうにしたらよろしいですか?

  9. 飛雄馬先生さん|2019-04-17 08:29:08

    こんにちは。
    奨学金の借り入れですね。
    奨学金を運営しているJASSOが加盟している信用情報機関は、銀行などが利用している全国銀行個人信用情報センターのみです。よってクレジットカード会社が加盟している CIC の情報を見ることはできません。しかも返済滞納をしているということでもなさそうですから、金融事故情報は共有されません。
    よって奨学金を借りる基準を満たしていれば、クレジットカードの借り入れは関係ありません。

  10. マルサンカクシカクさん|2019-04-16 19:39:57

    自分のクレジットカードで80万分をリボ払いにして毎月お支払いをしているのですが、それでも奨学金を借りることは可能ですか?
    分割しにしている分は毎月決まった額をしっかり返しています。

  11. 飛雄馬先生さん|2019-04-12 08:22:24

    こんにちは。
    お兄さんの奨学金が止まっても返済義務は残りますよ。借金完済するまでにきちんと支払ってくださいね。妹さんが奨学金を希望しているということですが、お兄さんの件は全く関係ありません。

  12. よゐこさん|2019-04-11 19:18:17

    聞きたいのですが、兄が大学を中退しましたから、奨学金は止まりました。3年後妹が進学しますが奨学金は借りれますか?

  13. 飛雄馬先生さん|2018-11-02 12:15:21

    こんにちは。
    第一種は無利息ですね。成績がかなり重要になりますが、学校内の審査は通っているのでしょうか?審査に落ちた原因が親の信用情報ではないか、とのことですが親と相談したんですかね?ブラックかどうかあやふやならCICに情報開示請求するとはっきりします。万が一ブラックだった、のであれば奨学金に関係なく国の教育ローン、銀行の教育ローンの審査にも通らないでしょう。解決方法として親戚に保証人になってもらう方法もありますね。

  14. 渡辺良子さん|2018-11-02 08:31:32

    専門学校に行く為 第1種奨学金を申し込みましたが審査が通りませんでした。親がブラックリストに乗ってる可能性があります。どうしたらいいですか?借りる事は出来ませんか?