残価設定ローンの審査は甘い?それとも厳しい?

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

審査基準は通常のローンと同じ

ディーラーで利用できるローンには、銀行のマイカーローンのように購入に係る金額をすべて借りる(頭金があれば足りない分)ものもありますが、審査の基準は残価設定ローンと変わりありません。

したがって、年収や勤続年数などの属性情報、他社からの借入やクレジットカードの信用情報によって審査されます。

また、残価設定ローンであっても、借入の契約上は通常のディーラーローンと同じように、すべての金額を借入していることになっています。

残価設定ローンは、飽くまでも返済方法が通常のものと違うだけであり、契約上の借入金額や審査は同じということです。

しかし、銀行のマイカーローンと比べると審査は甘い傾向にあり、銀行では融資を受けられなかった人でも借りられる可能性が高いです。

ここでは、残価設定ローンの審査の難易度について、確認していきましょう。

残価設定ローンの審査は甘い?それとも厳しい?

残価設定ローンの審査について、よく厳しいと言われています。

審査基準が通常のディーラーローンと同じはずの残価設定ローンが、なぜ厳しいと言われているのかと言うと、それは申込人の特徴に違いがあるからです。

通常のローンよりも、毎月の返済額が少なく済む、残価設定ローンを申し込む人は、年収が低い、他社からの借入が多いといった信用力が低い人が多いです。

残価設定ローンができた目的も、このような信用力が低い人でも新車を購入できるようにするためなのですが、それでも融資にはリスクが伴います。

したがって、信用が審査基準ぎりぎりな人が申し込んだとしても、審査に通らないこともあります。

申込人の中には、そのような人がいるのが、残価設定ローンだということです。

審査基準が厳しいというのではなく、飽くまでも信用の低い人が多く申し込みしているため、必然的に審査落ちしている件数も多くなり、厳しいと言われています。

マイカーローンの審査に通るようであれば、残価設定ローンの審査も問題なく通ることが多いので、マイカーローンと同じような対策を採りましょう。

残価設定ローン審査に落ちる人の特徴

残価設定ローンの審査に落ちる人は信用が低い人だと説明しましたが、具体的にどのような人が該当するのでしょうか。

残価設定ローンの審査に落ちる人の特徴は、以下の通りです。

  • 年収が低い
  • 他社からの借入を申し込み時点で延滞している、または度々延滞している
  • クレジットカードの利用代金を申し込み時点で延滞している、または度々延滞している
  • 携帯端末代金の分割を申し込み時点で滞納している、または度々滞納している(携帯電話の料金を滞納している)
  • 過去に債務整理などをしている(ブラックになっている)

どれも残価設定ローンの審査に大きく影響を与えるものであるため、事前に自分が当てはまらないかを確認しておきたいところです。

では、それぞれについて詳しく解説していきます。

年収が低い

年収が低いと言っても、単に年収が少ない人というわけではありません。

マイカーローンの一般的な借入の目安は、年収と同額と言われています。

年収が低いというのは、購入する金額が年収に対して、余りにも高過ぎることを指し、審査に通ることが難しくなります。

しかし、残価設定ローンは毎月の返済額が少なくなりますので、一般的な目安よりは少し多めに借りる可能性があるのです。

例えば、年収200万円の人が、300万円の車を購入するということであれば審査に通る可能性はあります。

これが400万円の車を購入するという場合には、年収の2倍となりますので、審査に通ることは難しくなります。

借入れ前に自分の年収に対して、どのくらいの金額が適正な価格であるかをディーラーに相談してみるのもよいでしょう。

他の借入、クレジットカードを延滞・滞納している

他社からの借入やクレジットカードの代金を、残価設定ローンの申し込み時点で延滞・滞納している場合には、ほぼ審査に通ることはありません。

また、度々延滞や滞納を繰り返している人は、既に返済能力に欠けるということを証明しているようなものです。

したがって、新たな借入で毎月の支払が増えると、延滞する恐れがあります。

いくら車を担保にするからと言っても、融資をする以上は延滞されたくないので、慎重に審査が行われます。

なお、携帯端末の代金の分割は、クレジットカードの分割払いと同様に割賦販売法に基づいて支払うものですので、これを滞納した場合も信用に傷が付いてしまいます。

ブラックになっている

過去に債務整理などをした情報(異動情報)は、個人信用情報機関に5年~10年間登録されます。

この期間は、全く信用がない状態であり、残価設定ローンでも個人信用情報機関に信用情報を照会して審査をしますので、審査に通ることはありません。

ブラックでも借りられるのは、審査をしないヤミ金などの違法業者しかありませんので、このようなところから借りることはしないようにしましょう。

ただし、先ほどのローン返済の延滞情報や金融ブラックの情報は、延滞など解消後一定期間空けることで情報を消すことが可能です。

情報が消えるまでの期間は内容によって変わりますが、1~10年で消すことができるので、一生ローンが組めないといったことにはならないため安心してください。

残価設定ローンとは

残価設定ローンとは、ディーラーで車を購入する際に、利用するマイカーローンのことです。

銀行などのマイカーローンでは、購入に係る金額すべてを毎月返済していき、返済額を少なくするためには頭金を準備して、足りない分をローンで返済していきます。

例えば、300万円の車を購入するために、頭金を100万円準備し、200万円をローンで返済していきます。

残価設定ローンでは、頭金となる100万円を最後に返済、または売却して別の車に乗り換えることとし、200万円をローンで返済していくという特徴があります。

本来であれば頭金が必要なところを、なくても少ない返済額でローンを組めますので、非常に人気があります。

残価設定ローンのメリット・デメリット

残価設定ローンのメリットは、毎月少ない返済額で新車を購入することができることです。

また、返済期間が完了したら次の車を選択できるため、新しい車を常に乗り換え続けることが可能です。

しかし、返済金額を抑えることや新しい車を、常に買い替えができるなどメリットばかりに見えますが、デメリットもあります。

残価設定ローンのデメリットは、主に売却価格にかかわるものであり、場合によっては売却時(乗り換え時)に追加で請求されてしまいます。

追加で請求されてしまうケースとして、以下の点が挙げられます。

  • 走行距離の規定(一般的に月1,000㎞)を超える場合
  • 傷などで修理が必要となる場合(タバコやペットのニオイ・汚れも含む)
  • 改造をして初期の状態に戻す必要があるとき

イメージとしては、中古車として高く売れるかどうかと捉えてもらうと分かりやすいかも知れません。

中古車として高く売れないときには、売却価格も低いため追加で代金を請求されるケースがあります。

そもそも残価設定ローンというのは、3年や5年後に車の価値が、一定金額が残っているという前提に基づいています。

したがって、走行距離が多くなり過ぎる、傷があるなどの場合には車の価値が低くなってしまいます。

追加の請求は、設定された残価よりも低くなってしまった場合に、その超えた分を支払わなければなりません。

残価設定ローンを完済時に追加で代金を請求されてもよいように、事前に一定額の貯蓄の準備が必要です。

メーカーごとに残価設定ローンの内容は違うの?

残価設定ローンの金利などの設定内容は、実はメーカーごとに大きく異なります。

メーカーが決算期前などで車の販売に力を入れているときには金利が低くなったり、人気車や不人気者によって残価が変動したりするのです。

また、人気車、不人気車はメーカーだけではなく、車の車種やボディーカラー、グレードによっても変わります。

同じ車を選択したとしても、ボディーカラーやグレードを高くすることで残価を高額にすることは可能です。

現在では軽自動車の人気が高く、ダイハツのタントやスズキのワゴンR、ホンダのN-BOXなどは人気車として残価が高い状態で返却がしやすいです。

ただし、人気車種は毎年変化があるため、購入したときにはブームで人気があったものの、返却時にはブームが過ぎて残価が低い、ということも考えられます。

人気車を選ぶ際にはくれぐれも気を付けてください。

残価設定ローン中に事故した場合はどうすればいい?

残価設定ローンの申込中に万が一事故を起こしてしまった場合、ローンの支払にどのような影響がでるか気になるところです。

残価設定ローンの場合、車の所有権はディーラーにありますが、事故をしたとしても賠償を求められることはほとんどありません。

ただし、事故をしたときの取決めはローン契約時に行うので、事故後にはディーラーまで連絡を行う必要があります。

支払い方法も契約によって変わりますが、返却時の査定までは支払は必要ありません。

しかし、事故の程度によって最後の返却時に高額の支払があるかも知れませんので、注意が必要です。

審査に落ちた場合の対処法

残価設定ローンの審査に落ちてしまった場合、延滞や滞納が原因であればそれを解消し、最低でも1年は延滞や滞納なく支払っていくようにしましょう。

年収が低いという場合には、すぐに収入を多くすることはできませんので、保証人を付けることや購入する車の金額を低くするなどをしてもう一度申し込みをしてみましょう。

延滞や滞納などによって信用に傷が付いていなければ、借りる金額が少なくなればそれだけ審査に通りやすくなります。

残価設定ローンの審査に落ちた人が、銀行や信用金庫のマイカーローン審査に通ることは余りありませんが、ディーラーローンであれば審査に通る可能性があります。

ディーラーローンは申込時に頭金の設定ができます。

この頭金の金額を多めに用意することで信用度が上がるため、残価設定ローンに一度落ちたとしてもチャンスが残っているのです。

ディーラーローンによっては、保証人や連帯保証人を付けて審査に通りやすくすることも可能なため、担当者によく相談して審査に通るように条件を整えましょう。

関連記事をチェック!

12883view

お金がないのに車が欲しい人必見!5つの対処法

車は欲しいけどお金がないときは、どうすれば良いのでしょうか。 予算が潤沢になくても車を買える5つの方法を解説します。 ローンの選び方や自動車税を減らす方法も紹介しますので、お得に車を購入したい方は...

残価設定ローンをお得に利用する方法

残価設定ローンは、ローン完済時に購入した車を返却する必要があるため、通常のマイカーローンと比較すると異なる点が幾つかあります。中には、知っておかないと残価設定ローンを利用して損をする情報も多いです。

そこで、残価設定ローンをお得に利用するための情報を確認していきましょう。

人気車種の場合損することもある

残価設定ローンの残価に当たる部分の料金設定は、ディーラーごとに設定を行うことが多いです。

したがって、人気車種や今後需要が増える期待がある車種の場合、実際の市場の評価額と残価の料金に違いがでるケースがあります。

人気車種を丁寧に乗る自信がある場合には、残価設定ローンを設定せずに市場価格が上昇したタイミングで、車を売りに出すとよい場合もあります。

人気車種の場合には特に、残価として設定されている金額を確認して、場合によっては中古車専門店に相談してもよいでしょう。

ディーラーローンと比べてお得なのはどっち?

残価設定ローンの他にも、ディーラー独自に用意してある、ディーラーローンと呼ばれるものがあります。

ディーラーローンは残価設定ローンよりも、マイカーローンに近いローンのため、車の代金を全額返済する必要があります。

また、ディーラーローンの特徴として、ローンが完済するまで購入した車を担保に預けなければなりません。

しかし、ディーラーに交渉することで金利などの、借入条件をよくすることが可能です。

ローンの契約に融通が利きやすいことが利点と言えます。

残価設定ローンの場合、もし途中で車を買い取りたくなったら借金を返済するように変更できますが、金利が高くなってしまい損をすることがあります。

返却したくない人はディーラーローンを利用することがおすすめです。

比較項目ディーラーローン残価設定ローン
返却の有無
金利やや高い低い
条件の融通よく効く普通

銀行ローンと比べてお得なのはどっち?

銀行ローンと残価設定ローンを比較した場合、銀行の方が無担保で利用できることが多く、金利も残価設定ローンと同じかそれ以上に低いことが多いです。

しかし、銀行ローンは無担保であるため、残価設定ローンと比較してかなり審査が厳しくなっています。

残価設定ローンのように、自分の年収よりも高額な車を購入することはとても厳しいため、借入金額と申込者の信用情報や属性と併せて選択することが重要です。

銀行ローンを選択する場合には、居住地の地方銀行や給与振り込みなどの口座として利用している銀行は、親身になって相談に乗ってくれることが多いです。

まずは、マイカーローンの条件を確認するついでに銀行に相談に行ってみましょう。

まとめ

残価設定ローンの審査は、通常のディーラーローンと同等の審査基準で行われています。

したがって、銀行などの審査よりは甘いものの、年収や借入金額などによっては審査に通らない可能性があります。

申し込みをする場合には、自身の信用状況を確認し、少なくとも延滞や滞納がない状態で申し込みするようにしましょう。

また、残価設定ローンには注意しなければならないこともありますので、そのことも十分に理解したうえで利用するようにしましょう。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)