毎月「給料日なのに金欠な人」に見られる特徴と対処法

「月に1度の給料日なのに支出だらけで金欠になっていた」
「口座に給料が入ってうれしい気持ちを感じていたのもつかの間」

そんな状況に陥った場合、次の給料日までどうやって過ごせばよいのか焦ったり不安になったりするのではないでしょうか。金欠の度合いによっては食費を確保できなかったり、友達や家族との外出が難しかったりするかもしれません。

そこで、給料日なのに金欠に陥る人は、まずその原因を把握しましょう。原因を把握できない限り、いつまでも金欠から抜け出せないからです。

当記事では、給料日に金欠になる人に共通する特徴、給料日後の金欠に効果が期待できる対処法を解説します。また、どんなに金欠でも優先すべき支払いやお金がない時の対処法についてまとめました。
給料日なのに金欠になっている、金欠とまではいかないにしても余裕のなさを感じている人は、ぜひ参考にしてください。

毎月の給料より支払いが多過ぎて生活が苦しい時は、以下の記事も参考にしてください。対処法、毎月の支出を抑えるために何が必要なのかについて解説しています。
>>> 毎月の給料より支払いが多過ぎて生活が苦しい

給料日なのに金欠になる人に見られる特徴

毎月の給料日のたびに必要な支払いをするとすぐに金欠になる、次の給料日までお金のない生活を繰り返している人は、意外と少なくないでしょう。慢性的な金欠が継続している人には、以下の特徴があると考えられます。

【給料日なのに金欠になる人の特徴】

  • 支出を把握していない
  • 分割払いやリボ払いを選びがち
  • ローンの支払いが多い
  • 生活レベル高い
  • 交際費が多い
  • もらっている給料が少ない

それぞれの特徴について詳しく解説します。

支出を把握していない

最初に挙げられるのが、日常的な食費をはじめ、家賃や水道光熱費などの固定費などの全ての支出を把握できていないケースです。毎月の収入に対する支出額を正確に把握できていない人は、無駄遣いに気付けません。
また、何にお金を使い過ぎていて、どこを減らせば金欠にならないという発見もできないでしょう。

特に、コンビニエンスストアでお菓子や飲み物を毎日のように買っている、朝はコーヒーショップで過ごしてから出かけるなどの日常的な浪費がある人は、想像以上にお金を使っている可能性が高いです。

クレジットカードの支払い方法に分割払いやリボ払いを選びがち

クレジットカードの支払額は、金欠に直結する大きな原因です。クレジットカードを利用しても、毎月の支払い負担を抑えたいがために、分割払いやリボ払いを選ぶ人も多いのではないでしょうか。

確かに分割払いやリボ払いは、1ヶ月当たりの支払額を抑えられます。しかし、分割回数に応じた利息が発生しているため、慢性的な金欠を起こしやすいです。
現在、分割払いやリボ払いを利用している人は、一度買い物の頻度を見直してください。まずは、分割払いやリボ払いを完済する、お金がなければ買い物を控えるといった考えを貫きましょう。

ローンの支払いが多い

カードローンや目的別ローンなど、複数の返済を抱えているのが理由で金欠になっている人もいるのではないでしょうか。その場合、ローンの契約内容を見直して、一本化や借り換えを検討するのも有効です。

複数のローンを抱えている場合、おまとめローンで一本化すれば、毎月の返済負担や金利負担の軽減、現在よりも返済期間の短縮が可能です。
また、おまとめローンは、貸金業法の総量規制の例外貸付に該当するため、年収の3分の1を超える借入金額でも審査に通過できる可能性があります。

住宅や車などの目的別ローンの返済負担が大きい場合、新たなローンへの借り換えを検討するのがおすすめです。現在よりも金利面などの条件が良いローンに借り換えれば、金利負担を抑えて、毎月の返済額を下げたり返済期間の短縮が実現できたりするでしょう。

新たなローン契約をするのが面倒に感じる人もいるかもしれませんが、行動しないことにはずっと金欠のままです。他社ローンの貸付条件などを積極的に確認して少しでも返済負担を抑えれば、その分お金を残せるようになります。

生活レベル高い

「給料の大半が消えて金欠になっている」という人は、自身の生活レベルの高さを一度見直してください。お金の使い方が収入に見合っていなければ、出費額と収支のバランスが取れなくなるでしょう。
毎月の支出の内訳を確認して、本当に必要な支出かどうかを確認してください。

生活レベルの高い人に見られる傾向の一例は、以下の通りです。

【生活レベルの高い人に見られる傾向の具体例】

  • 購入する食材や店舗にこだわりがある
  • 身に着ける洋服やアクセサリー、バッグなどはハイブランド一択
  • 外食の機会が多い
  • 新商品や話題の商品は早急にチェックして購入する
  • 時間ができたら国内・海外旅行へ行くのが恒例化している
  • 他人におごるのが当たり前・違和感がない
  • 自分へのご褒美や「自分磨き」を目的にした出費に糸目をつけない

生活レベルを高くするのは決して悪いことではありません。あくまでも収入に見合う範囲内に抑えるのが、金欠を回避するために重要なのです。

交際費が多い

友人や知人、勤務先の同僚たちとの食事会や飲み会は楽しいものですが、回数が多ければその分支出が増えます。もちろん、最低限の付き合いは欠かせないので、食事代の出し渋りや冠婚葬祭の費用を節約するのはよくありません。
しかし、連日のように食事会や飲み会をしていたり、頻繁に人におごったりしていれば、金欠になるのは目に見えて分かるでしょう。

交際費ゼロにするのではなく「今月の交際費は◯◯円」とあらかじめ予算を決めて、支出にメリハリをつけるようにしてください。

もらっている給料が少ない

そもそも、もらっている給料が少ないのが金欠の原因なら解決するのが難しいです。最低限の生活費や固定費を支払った後、特にぜいたくや無駄遣いをしていない人ならなおさらでしょう。
昇給や昇格を目指すにしても今すぐに給料が上がるわけではありません。別の方法で収入を増やすのが一番の解決方法になるのではないでしょうか。

なお、求人情報・転職サイトdoda(デューダ)の「平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報)【最新版】」によると、年代別の平均年収は、20代が341万円、30代が437万円、40代が502万円、50代以上が613万円とのこと。

年収分布のデータを見ると、全ての年代に共通して割合が高いのが「300万~400万円未満」とのことです。続いて割合が高いのが20代の300万円未満、30代・40代・50代以上になると400万~500万円未満なのが分かっています。

参考元:【年代別・年齢別】平均年収ランキング 最新版 |転職ならdoda(デューダ)

給料を増やしたいなら転職を考えよう

給料が少なくて生活もままならないような人は、転職を検討するタイミングかもしれません。現在と同業種への転職であれば、経験者として優遇される可能性も高いです。
まずは転職情報を掲載したアプリなどを確認して、希望条件に合った企業がないかを見つけてみてください。

自分で転職先を見つけるのは難しい、自分に合った仕事を見つけられるか不安な人は、転職エージェントを利用してみるのもおすすめです。
転職エージェントとは、転職先を探している人と人材を求める企業の間に入り、それぞれにベストなマッチングを提供するサービス。希望条件に合った求人紹介、履歴書や職務経歴書などの必要書類の添削、面接の対策や指導といった転職支援を受けられます。

なお、転職エージェントは成功報酬型のビジネスモデルを企業側へ採用しているため、求職者が登録手数料や利用手数料などの支払いは不要です。

給料日後の金欠に効果が期待できる対処法

給料日なのにすぐに金欠になる状況が続いている人は、収入と支出について考え直すのが重要です。金欠を解消するための対処法として、以下の5点が挙げられます。

【金欠を解消するための対処法】

  • 貯金専用の口座を開設して給料日に異動する
  • 支出を家計簿に記録して管理する
  • 本業に支障が出ない副業を始める
  • 嗜好(しこう)品の消費を見直す
  • 食費の節約

貯金専用の口座を開設して給料日に異動する

金欠を避けるために、目的に合わせた口座を開設して個別管理するのがおすすめです。あらかじめ使えるお金を決めて、その範囲内でやりくりをすれば金欠に陥るリスクを避けられます。
給料が入った時点で、1ヶ月当たりの食費や固定費、貯金分の金額を目的別の口座に移してください。

それぞれの費用に余りが出たら、先に備えて貯金してもいいですし、ささやかなご褒美として好きな物を購入したりしてもいいでしょう。

支出を家計簿に記録して管理する

毎月の収入と支出を家計簿に記録して管理・内容を把握するのも、給料日後の金欠回避に効果的な方法です。また、支出の内訳から節約できそうなものを見つければ、今後の収支バランスの改善につながるでしょう。

最近は、機能性が高くて簡単に利用できる家計簿アプリも多く登場しています。ノートに手書きするよりも気軽に取り組めたり、モチベーションアップができたりするかもしれません。

本業に支障が出ない副業を始める

給料を増やせそうにない、でも転職はしたくないという人は、本業に支障のない範囲内で副業をしてみてください。勤務先が副業を禁止していない、副業をできる時間や自身の健康面に問題がない人なら、比較的早い段階で収入を増やせるはずです。

副業の選択肢は豊富ですが、比較的すぐに取り組めそうなものを以下でまとめてみました。

【クラウドソーシングサイト】

クラウドソーシングを活用すれば、仕事が終わった後や休日、ちょっとした空き時間の中で副業が可能です。パソコンを使う仕事がほとんどなので、出社することなく自宅で働けます。

クラウドソーシングとは「クラウド=群衆」「ソーシング=業務委託」を意味します。2005年に提案された仕事の形態で、インターネット上のサイトから利用者登録をして、サイト上で公開・募集中の案件を探して応募・契約をする仕組みです。

クラウドソーシングの一例は以下の通りです。

【クラウドソーシングサービスの例】

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • シュフティ
  • クラウディア
  • Yahoo!クラウドソーシング

クラウドソーシングの案件内容はさまざまで、Webページに掲載する記事のライティングやプログラミング、動画編集、翻訳といった知識を求められるものから、簡単なデータ入力やモニターといった誰でも取り組みやすいものがあります。
まずは利用者登録をしてみて、自分に合う案件があったら応募してみるとよいでしょう。

ただし、専門知識を求められない案件は単価が高くない点、応募しても採用されるかどうか分からない点、報酬は15日や月末締めの翌月払いにつきお金が手に入るまでに時間がかかる点に注意してください。

【日払いや週払いのアルバイト】

今すぐお金が必要な人は、日払いや週払いなどのアルバイトを副業先に選ぶのがおすすめです。早ければ働いたその日のうちにお金が手に入ります。
体力を使う仕事や深夜帯に働く仕事は給料が高く設定されていることが多く、短期間でまとまったお金が必要な人に適しています。

日払いや週払いのアルバイトの一例は、以下を参考にしてください。

【日払い・週払いのアルバイトの例】

  • 倉庫内作業
  • 試験監督
  • 覆面調査
  • 交通量調査
  • ティッシュ配り
  • イベントスタッフ
  • 警備員
  • 建設作業員
  • デモンストレーション
  • 引っ越し作業
  • 配送助手

アルバイト情報サイトなどから、希望勤務地や職種などを指定して探してみてもよいでしょう。

嗜好品の消費を見直す

日常生活の中で、以下のような全く嗜好品を楽しんでいる人もいると思いますが、それらの頻度を見直す努力も必要です。

【嗜好品の例】

  • たばこ
  • アルコール
  • コーヒー
  • 清涼飲料水
  • 菓子

1回当たりの支払金額は少額で済んだとしても、毎日消費するとなると負担が大きいです。全て止めるのではなく、無理のない程度に消費量を抑えるのを目指してみてください。
例えば、580円のたばこを毎日2箱消費している場合、1ヶ月(30日)当たりの支出は1万7,400円です。これを1箱にするだけでも8,700円の節約ができます。

食費の節約

金欠には、食費を最小限に抑える努力をしてください。参考までに世帯人数別の1ヶ月当たりの食費の平均額は以下の通りです。

1人 3万8,257円
2人 6万6,543円
3人 7万8,155円
4人 8万7,071円
5人 9万4,673円
6人~ 10万9,387円

参考元:家計調査 家計収支編 総世帯 詳細結果表 年次 2020年 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

過度な食費の節約は健康を損なうリスクが高いのでおすすめできませんが、できる範囲内で見直してみてください。例えば、多品目・高級品を購入するのはいったん諦めて、最低限の栄養を確保できる食事をすればよいのです。

低価格で栄養価の高い食品は限られていますが、その中でも以下の低価格食品を活用してみましょう。低価格向けの食品をおいしく調理するレシピも多く存在します。

【低価格な食品の例】

  • 納豆
  • モヤシ
  • そば
  • うどん
  • レトルトカレー
  • ダイコン
  • ハクサイ
  • キャベツ
  • 鶏ささみ肉
  • 鶏むね肉
  • じゃがいも
  • コマツナ
  • 豚こま切れ肉

季節によって価格が極端に下がる食品もあるので、それらも上手に取り入れていきましょう。

昼食は自宅で作って持参

金欠状態にあるのに、昼食時に外食したり、コンビニエンスストアで購入したりするのは危険です。ランチメニューがリーズナブルだったとしても、最低でも500円程度の出費は発生します。500円もあれば、2食分の食費に充てられるかもしれません。

そこで、昼食を自宅で作って持参すれば、その分の支出を抑えられます。お弁当を作るのが難しい人は、夕食のおかずを残して弁当箱に詰めるだけにすれば手間がかかりません。

金欠でも最優先した支払い|クレジットカードやローン・固定費

どんなに金欠だったとしても、必ず優先して支払わなければならない費用があります。その中でもクレジットカードやローン・固定費を支払わないと、以下のように将来に影響したり、生活に不自由を余儀なくされたりするので必ず支払ってください。

【金欠でも最優先で払うべきもの】

  • 利用停止や遅延損害金が発生する
  • 信用情報機関に金融事故として登録される
  • 延滞が長期化すれば給料や財産を差し押さえられる
  • 家賃や光熱費を支払わなければ生活に影響する

利用停止や遅延損害金が発生する

クレジットカードやローンの支払いをしない場合、支払期日の翌日以降から遅延損害金が発生します。また、具体的なタイミングは明かされていませんが、早い段階で利用停止の措置も取られるので注意が必要です。

遅延損害金とは?

遅延損害金とは、支払期日までに債務が履行されなかった際に発生する損害賠償金のこと。返済するまで発生し、元金に対して一定の利率で計算します。

【遅延損害金の計算式】
遅延損害金=遅延元金×遅延損害金利率÷365日(うるう年は366)×延滞日数

信用情報機関に金融事故として登録される

クレジットカードやローンの支払いを忘れたり、遅れたりしても早い段階で対応すれば大きな問題にはなりません。しかし延滞が長期化した場合、信用情報機関に金融事故として登録されてしまいます。

信用情報機関に金融事故の情報が登録されると、新たにクレジットカードやローンの審査通過が不利になります。
クレジットカードやローンの審査では信用情報機関に申込者の信用情報を照会。その際に金融事故の情報登録があると、カード会社やローン会社から信用力を認められないからです。

今後、住宅ローンやマイカーローンなどの利用を検討している人は、特に延滞がないように注意しないといけません。延滞が理由で住宅ローンやマイカーローンを契約できなければ、現金で支払わざるを得なくなります。

延滞が長期化すれば給料や財産を差し押さえられる

延滞が長期化した場合、最終的に給料や財産の差し押さえに発展します。もちろん、元金と利息を含めた借金の一括請求も避けられません。差し押さえを受けた場合、家族や勤務先に借金があった事実、返済が遅れている事実が必ずバレます。

家賃や光熱費を支払わなければ生活に影響する

家賃の未払いが長期化したり、光熱費の支払いがなければ、強制退去を求められたり、利用停止となるリスクが高いです。住む場所を失ったりライフラインの制限を受けたりするようでは、快適な暮らしを手放す結果になります。

どうしてもお金がない時の対処法|借りて何とかする

どうしてもお金がない時は借りて何とかする方法を検討してください。金欠だからといって節約を強化したり、副業で働きづめになり過ぎたりした結果、病気になっては大変だからです。
金欠どころか生命に影響を与えないためにも、お金を借りて何とかする方法は決して悪いことではありません。

お金を借りる方法はいくつかありますが、その中でも比較的手続きが簡単・負担が少ない方法は「身内から借りる」「カードローンで借りる」のいずれかです。詳しく解説するので、利用しやすい方法でお金を借りてみましょう。

身内から借りる方法

給料日なのに金欠だけれど、ローンなどが利用できない場合、お金を借りる最終手段となるのが身内です。
教育方針によって考え方に違いがあるものの、返済金額や返済期間、返済日などが明確に決められるローン会社からの借り入れと比べたら、条件が緩くなるケースが多いです。

「次のボーナスが入ったら返す」「1年以内には返す」といったケースも認められるかもしれません。また、利息なしで高い金額を貸してもらえたり、審査に落ちて借りられなかったりするリスクも発生しない方法です。

カードローンで借りる方法

一時的な借り入れはもちろん、長期的な借り入れにも対応可能なカードローンは、最短即日審査・最短即日融資に対応しているものも多いです。利用限度額は審査を実施した結果、個別に設定されますが、数十万〜数百万円の借り入れができます。

ただし、即日融資を希望する場合、申し込む時間を考慮して手続きをしないといけません。審査受付時間外や終了間際の時間に申し込むと、翌日以降の融資になる可能性が高いからです。

カードローンを取り扱っている会社は多数ありますが、できるだけ金利の低い商品を選んでください。金利の高いカードローンを選んでしまうと、後々の返済が大変になるからです。

また、一部のカードローンでは、無利息期間サービスを提供しています。無利息期間サービスとは、あらかじめ設定された期限内なら金利が発生しない初回利用の人向けのサービスです。一般的な無利息期間は30日ですが、期間内に完済が可能なら支払うのは元金だけで済みます。

【無利息期間サービスを提供するおすすめカードローン】
カードローン 無利息期間と開始日 無利息期間の適用条件 金利
(実質年率)
アコム 契約日の翌日から30日間 初めて契約する方 3.0~18.0%
アイフル 契約日の翌日から30日間 初めて契約する方 3.0~18.0%
プロミス 初回借入日の翌日から30日間 初めて契約する方
※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要
4.5~17.8%
レイク 契約日の翌日から60日間・180日間から選択 ・初めて契約する方
・Web申し込み:60日間
・借入金額のうち最大5万円まで:180日間
4.5~18.0%
PayPay銀行カードローン 初回借入日から30日間 初めて契約する方 1.59~18.0%
愛媛銀行 ひめぎんクイックカードローン 契約日から30日間 ・初めて契約する方
・Web契約
4.4~14.6%
ベルーナノーティス 借入日の翌日から14日間 ・初めて借り入れをする方
・完済後、前回無利息適用の借入日から3ヶ月が経過している
4.5〜18.0%

審査通る?無利息カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事