【超危険】無償の融資掲示板・お金助けて掲示板

「無償でお金を貸してくれる人や会社を探している」
「審査なしで簡単にお金を借りたい」

どこからもお金を借りられなくて困っている人は、このように考えやすいのではないでしょうか。
SNSやインターネットの掲示板を介してお金の貸し借りを行う「個人間融資」も存在するため、「数万円くらいなら借りても問題ない」「個人間の貸し借りなら融通がききそう」と期待する人もいるかもしれません。

結論から言えば、無償でお金を貸してくれる個人や会社が存在する可能性は低いです。借りられたとしても、犯罪に巻き込まれたりトラブルが発生したりするリスクが高いでしょう。

当記事では、無償で融資可能とうたう掲示板の危険性について解説します。また、お金が必要なときに検討したい安全な借り入れ方法、借り入れのための審査に通過できない人におすすめの対処法をまとめました。

「無償で融資可能」をうたう掲示板は危険性が高い

SNSやインターネットの掲示板に限らず、無償でお金を貸してくれる人や会社は基本的に居ないと考えてよいでしょう。親族や友人・知人でもない相手に融資をしてもメリットは何一つとしてないからです。

また、貸金業者や銀行は利用者が支払う利子で利益を得ています。無担保・保証人なしで融資可能なカードローンやフリーローンは、金利を高めに設定し、万が一の貸し倒れに備えたリスクヘッジを行っています。

面識のない個人や会社から「無償でお金を貸します」という話があれば、何らかの裏がある可能性が高いです。犯罪に巻き込まれた、個人情報の流出といったトラブルにつながってからでは取り返しがつきません。
無償だからという理由だけで融資を受けないようにしてください

>>>【無償でお金を貸してくれる人】ネットで誰かお金を下さいor貸してと言ってみたらどうなる?

SNSやインターネットの掲示板を介して行う融資は違法の可能性が高い

SNSやインターネットの掲示板を介して貸し出しを行うのは、違法である可能性が高いので注意してください。反復継続の意思を持って融資を行うことは、個人間におけるお金の貸付だったとしても貸金業法の貸金業に該当。国や都道府県で貸金業の登録が必要です。

しかし、SNSやインターネットの掲示板などを介して行う貸し手の多くが貸金業の登録を行っていません。
貸金業法では、お金を貸すに当たって金利や取り立てに関する一定のルールを定めています。貸金業法に登録しない相手からお金を借りる=貸金業法に守られた融資を受けられない状態です。

その結果、法外の高い金利が発生したり、厳しい取り立てに苦しんだりする可能性があります。

無償をうたう掲示板からお金を借りたときに発生するトラブル

無償をうたうSNSやインターネットの掲示板(貸金業登録を行わない相手)からお金を借りた場合、具体的にどんなトラブルが発生するのでしょうか。一例をまとめたので参考にしてください。

【無償融資掲示板で発生する可能性があるトラブル例】
法外な金利を課せられる ・10日で1割の利息を課す「トイチ(年利365%)」10日で41割の利息を課す「トヨン(年利1460%)」といった金利を設定
※利息制限法、貸金業法、出資法によって設定する金利は、年利15.0~20.0%
厳しく取り立てを受ける ・20~9時の間の自宅への訪問・電話による取り立て
・1日に複数回以上の電話がかかってくる
・自宅に誹謗(ひぼう)中傷の貼り紙をされる
・暴力的な発言や態度による取り立て
※貸金業法では、夜間や朝方の訪問、威圧的な取り立てといった借手にダメージを与えるような取り立てを禁じている
個人情報の悪用・提出した本人確認書類、個人情報などをインターネット上にさらされる
犯罪行為への加担を強要・返済が遅れたのを理由に「振り込め詐欺などの犯罪行為への加担」「銀行口座や携帯電話の譲渡」を強要される
融資契約内容の相違 ・当初の約束と違う金額の返済を求める
・保証金詐欺にだまされる

国民生活センターの公式サイトでは、SNSやインターネットの掲示板を介した融資における相談事例を記載しています。

【事例1】
生活費が不足し、他からの借入れができなかったため、個人間融資の掲示板サイトにお金を貸してほしいと書き込み、返事をしてきた人と直接会って計15万円を借りた。これまでに50万円以上返済したが、さらに400万円を支払うよう連絡がきた。相手は自分の住所を知っている。どうしたらよいか。

【事例2】
SNSで「個人で融資します」という書き込みを見て相手に連絡を取り、60万円の融資を申し込んだ。すると、相手から「まず2万円を銀行口座に振り込むので、そのままこちらへ振り込んで返してほしい。そこで審査をする」と言われ、銀行口座などの個人情報を伝えてしまった。しかし、心配になりやめたいと伝えたら、「すでに1万円を振り込んだので、1週間後に3万円を返すように」と言われた。まだ、振り込まれているかどうかの確認はできていないがどうしたらよいか。

引用元:SNSなどを通じた「個人間融資」で見知らぬ相手から借入れをするのはやめましょう!(発表情報)_国民生活センター

事例2は「保証金詐欺」と呼ばれるトラブルで、返済実績を作るのを理由に「先振り込み」を求められます。相手の指示通りに振り込んだものの、その後に一切の連絡が取れなくなる詐欺です。

SNSやインターネットの掲示板は、気軽に利用できる方法がゆえに安全だと錯覚する人も少なくないでしょう。しかし、詐欺事件や犯罪の温床になっているケースも珍しくないので、相手をうかつに信用するのは避けてください。

金融庁も「SNSなどを利用した個人間融資にご注意ください!」と注意喚起。以下のようにポイントを伝えています。

  • 個人であっても、反復継続する意思をもって金銭の貸付けを行うことは、貸金業に該当します。
  • 不特定多数が閲覧可能なSNS等で「お金を貸します」、「融資します」などと書き込んで、契約の締結を勧めることは、貸金業法の規定に抵触する場合があります。
  • 個人を装ったヤミ金融業者により違法な高金利での貸付けが行われるほか、更なる犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性があります。

引用元:SNS等を利用した「個人間融資」にご注意ください!:金融庁

お金を借りなくても個人情報が漏れて別業者からの連絡がくる

「何となく怪しいからお金を借りるのをやめよう」となっても、その後は複数の別業者や個人からセールスの電話がかかってきたり、メールが届いたりする可能性が高いので注意してください。
お金を借りなくてもメールに返信したり、連絡を取ったりすると「この人はお金に困っている人である」と知られてしまいます。

実際に、お金に困っている人の情報が売買されるといったケースもあるほどです。

無償で融資可能な掲示板はない!お金が必要なときの対処法

貸金業者や銀行など、お金を借りるときは所定の審査に通過する必要があります。審査に落ちたらお金を借りられません。

お金を借りるための選択肢は複数ありますが、その中でも気軽に申し込める方法は以下の通りです。

  • 消費者金融のカードローン
  • 緊急小口資金・総合支援資金
  • 生活サポート資金
  • ヒューファイナンスおおさか

特徴や貸付条件について解説するので、参考にしてください。

おすすめは消費者金融のカードローン

お金が必要なときにおすすめなのがカードローンで借りる方法です。カードローンは銀行、消費者金融で展開するサービスですが、すぐにお金が欲しいなら即日融資に対応する消費者金融カードローンを選ぶとよいでしょう。

消費者金融カードローンには、最短即日融資が可能なだけでなく、以下のような特徴があります。

【消費者金融カードローンの特徴】

  • コールセンターに電話連絡をすれば審査時間を短縮できる可能性がある
  • 一部の消費者金融カードローンは電話連絡なし・郵送物発送なしで契約可能
  • 無利息サービス(30日間が一般的)を利用すれば返済するのは元金だけ
  • 銀行カードローンよりも申し込みしやすい

銀行カードローンは、消費者金融ほど金利は高くない点がメリットですが最短即日融資に対応していなかったり、口座開設が必要だったりします。融資契約手続きまでに1~2週間程度の時間がかかる場合があるため、急ぎの人にはおすすめできません。
その他に、銀行カードローンはより厳格な審査を行うといった特徴があります。

アコムアイフルプロミスレイクSMBCモビット
金利3.0~18.0%3.0~18.0%4.5~17.8%4.5~18.0%3.0~18.0%
最大借り入れ限度額800万円800万円500万円500万円800万円
無利息サービス30日間30日間30日間 30日間・60間・180日間
※申込方法や金額によって期間が異なる
なし
審査時間最短30分最短20分最短25分WEB申込なら最短25分最短30分
最短即日融資可能
Web完結申込み
借り入れ方法 ・振込
・アコムATM
・提携ATM
・振込
・アイフルATM
・提携ATM
・電話
・振込
・プロミスATM
・三井住友銀行ATM
・提携ATM
・振込
・提携ATM
・振込
・SBI新生銀行カードローンATM
・提携ATM
返済方法 ・Web返済
・口座振替
・銀行振込
・口座振替
・銀行振込
・アイフルATM
・提携ATM
・Famiポート
・Web返済
・口座振替
・プロミスATM
・提携ATM
・Famiポート
・Web返済
・口座振替
・銀行振込
・SBI新生銀行カードローンATM
・提携ATM
・口座振替
・提携ATM
ATM手数料 ・アコムATM:無料
・提携ATM:1万円以下110円、1万円超220円
・アイフルATM:無料
・提携ATM:1万円以下110円、1万円超220円
・三井住友銀行ATM:無料
・提携ATM:1万円以下110円、1万円超220円
・SBI新生銀行カードローンATM:無料
・提携ATM:1万円以下110円、1万円超220円
・三井住友銀行ATM:無料
・提携ATM:1万円以下110円、1万円超220円
パート・アルバイトの申し込み

アイフル:※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

カードローン審査に落ちる人の例

以下の例に当てはまる人は、カードローン審査通過が難しいです。この後に紹介する生活福祉資金などの利用を検討してください。

【カードローン審査に落ちる人の特徴】

  • 信用情報に金融事故の履歴がある
  • 過去6ヶ月以内に複数のローンに申し込んだ
  • 多重債務状態にある
  • すでに年収3分の1を超える借り入れがある
  • 在籍確認に対応できなかった
  • 安定収入がない

特に問題なのが信用情報に金融事故の履歴がある状態です。信用情報には、これまでのクレジットカードやカードローンなどの利用実績が登録されていて、全て信用情報機関で管理されています。

信用情報にクレジットカードやカードローンなどの返済ができなかった履歴があることを、金融事故を起こした状態(ブラックリスト)と呼びます。本人に強い返済意思があっても、審査担当者に正常な返済は困難と判断されて審査落ちにつながるでしょう。

金融事故は、延滞などの状態を解消してから5~10年で削除。信用情報に金融事故の履歴がある人は、情報が削除されるのを待たないと審査通過は期待できません。自分の信用情報の内容を確認したい人は、各信用情報機関の公式サイトから開示手続きを行ってください。

生活福祉資金なら無利息・保証人なし

お金がなくて困っているのに、カードローンの審査に落ちたという人は、生活福祉資金の利用を検討してみてください。生活福祉資金は公的融資で、以下の貸付対象に該当する人が利用できます。

【生活福祉資金:貸付対象】

  • 低所得者世帯:市町村民税非課税など、所得が低く必要資金を他から借り受けられない世帯
  • 障がい者世帯:「身体障害者手帳」などの交付を受けた人がいる世帯
  • 高齢者世帯:高齢者(65歳以上)がいる世帯

国からの貸付となるため、利益を求めた融資ではありません。無金利・保証人なしで借り入れできる点がメリットであり、特徴といえるでしょう。

生活福祉資金の種類は以下の通りです。

生活福祉資金の種類利用目的
総合支援資金生活支援費生活の再建に必要な生活費
住宅入居費敷金・礼金など住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用
一時生活再建費 生活再建のために一時的に必要かつ日常生活でまかなうのが困難な費用
※就職や転職のための技能習得、債務整理をするための必要経費など
福祉資金福祉費住宅のリフォーム、補修などの必要経費、福祉用具などの購入、介護サービスや障がい者サービスを受けるために必要な経費
緊急小口資金緊急かつ一時的に生計維持が困難となった際に貸し付ける少額の費用
教育支援資金教育支援費低所得者世帯の子どもが高校や高専、大学などへ修学するために必要な経費
就学支度費低所得者世帯の子どもが高校や高専、大学などへ入学するために必要な経費
不動産担保型生活資金不動産担保型生活資金低所得者の高齢者世帯に対し、一定の居住用不動産を担保として生活資金を貸し出す資金
要保護世帯向け不動産担保型生活資金要保護の高齢者世帯に対し、一定の居住用不動産を担保にして生活資金を貸し出す資金

参考元:失業して生活にお困りの方など、一時的に生活資金などが必要な方を支援するための「生活福祉資金貸付制度」があります。 | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

生活福祉資金の借り入れを希望する場合、お住まいの市区町村社会福祉協議会に相談後、申し込めます。
提出した申請書類などをもとに、市区町村社会福祉協議会および都道府県社会福祉協議会が審査を実施。結果は自宅に送付される貸付決定通知書または不承認通知書で確認できます。

審査に通過して貸付決定となったら、社会福祉協議会に借用書を提出した後に貸付金が交付(指定口座へ振り込み)となります。注意点として、生活福祉資金は1週間程度で融資を受けられる緊急小口資金を除き、申請から貸付金の交付までに1ヶ月程度の時間がかかります。急ぎでお金が必要な人は、まずは緊急小口資金に申し込みましょう。その後に総合支援資金などの借り入れに申し込んでください。

参考元:生活福祉資金|全国社会福祉協議会

東京・神奈川・千葉・埼玉に住む人を対象にした「生活サポートローン」

東京都、神奈川・千葉・埼玉県に住む人に限定されますが、生活サポート基金の生活サポートローンの利用を検討できます。生活サポート基金とは、多重債務や低収入による生活苦の人を救済するために設立された一般社団法人です。

公式サイトでも以下のような人は、生活再生をサポートするのでぜひ相談くださいと伝えています。

【生活サポートローン:対象者】

  • 借金の返済で困っている人
  • 家賃や税金、公共料金や学費の支払いで悩んでいる人
  • 給料が減少して生活が苦しい人
  • 数社から借金があってどこからも借りられない人

生活サポート基金は、どこからもお金を借りられない人が支援を受けられる最終手段ともいえるでしょう。貸し出しをはじめ、今後の生活改善のための相談、長期的なサポートもしてもらえるので安心です。

生活再生資金の貸付事業(生活サポートローン)
貸付対象者 ・生活再生ローンの利用によって日常生活の再建、将来にわたって返済可能な家計の見通しが確認できる人
・助け合いの精神に支えられた貸付けであることを理解できる人、生活再生に向かう意思のある人
・収入のある人(無職は対象外、収入のある家族に対する融資を検討してもらえる場合あり)
・貸金業法に抵触しない
・永住権のある外国籍の人を含む、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県に住所のある人
連帯保証人必要
返済期間および返済回数1~120ヶ月、1~120回
融資利率年12.5%以内
遅延損害金利率年14.6%
担保原則として連帯保証人1人以上、必要に応じて動産や不動産
貸付限度額要望に合わせて決定
電話による問い合わせ先 ・東京都に住む人:03-5227-7266
・神奈川・千葉・埼玉県に住む人:03-5227-7280
・受付時間:月~金曜日 9:30~18:00

参考元:一般社団法人 生活サポート基金|多重債務などの金銭的問題を抱えている方の生活再生を支援します。

大阪に住む人を対象に融資を行う「ヒューファイナンスおおさか」

「ヒューファイナンスおおさか(一般財団法人大阪府地域支援人権金融公社)」では、大阪に住む人を対象に融資を行っています。入学準備資金や少額融資、多重債務者の生活再建の目的で利用できます。

高校・大学等入学準備資金融資
融資目的高校・大学などに合格後、入学前に必要な資金をサポート
申込条件 ・大阪府内に居住する人
・高校(中学卒業および中学校卒業予定者)および大学(高校卒業および高校卒業予定者)進学者の保護者または親権者
・府内市町村の教育委員会および担当相談窓口で事前相談をした人
・各種奨学金の予約採用をした進学者の保護者または親権者
必要書類 ・「高校・大学等入学準備資金融資」申込書
・申込者と連帯保証人の所得を証明する書類
・合格証書・合格通知書などの入学を確認できる書類
・進学予定のパンフレット・学校案内・納付書などの必要金額を確認できる書類
・大阪府育英会・日本学生支援機構等の申し込み控え、または採用通知
・取引銀行の通帳
・免許証・パスポートなどの本人確認書類
申込限度額 ・高校の場合:60万円まで
・大学の場合:100万円まで
融資利率年1.8%
返済期間進学された学校の 在学期間内(高校の場合=3年返済・大学の場合=4年返済など)
遅延損害金利率年14.6%
府民の暮らし・少額融資
融資目的高額医療費、冠婚葬祭費用、住宅のリフォーム・バリアフリーなどの暮らしにかかる資金をサポート
申込条件 ・年齢20歳以上60歳未満の大阪府内在住の人
・原則、勤続1年以上で年収200万円以上の安定収入のある人
・諸税および他の借り入れにおいて延滞がない・法的処理をしていない人
・資金用途を証明できる書類を提出できる人
申込限度額300万円
融資利率年3.0~4.0%
返済期間8年以内
遅延損害金利率年14.6%
債務整理後生活再生資金融資
融資目的多重債務者が債務整理後1年以内に生活再建するための資金をサポート
申込条件 ・大阪府内に1年以上住所を有する人
・原則として、自己破産、個人再生または特定調停手続き終了後1年以内の人
・生活再建に取り組む意欲がある人
・安定収入があり確実な返済が見込める人
資金使途 ・一時的に必要な資金に限る。日常の生活費や娯楽費は対象外
・滞納中の光熱水費あるいは家賃
・医療費
・転居費
・住居補修費
・冠婚葬祭費
必要書類 ・融資申込書
・免責決定通知書、認可された再生計画、調整調書などの写しなど、債務整理結果を確認できる書類
・債務状況表
・家計収支表
・源泉徴収票、納税証明書などの収入明細
・公共料金、家賃などの領収証
・取引金融機関の通帳の写し
・請求書などの必要資金使途に関連する資料
申込限度額 1,000万円
※配偶者または同居家族分も合算した年収の3分の1が上限
※貸付後の負債比率が30%以内
融資利率年7.0%
返済期間最長5年以内
遅延損害金利率年14.6%

申し込み方法は以下の通りです。

【ヒューファイナンスおおさか:申し込みの流れ】

  1. 相談窓口から「ヒューファイナンスおおさかご相談票」の本人様分を持参のうえ、窓口に相談
  2. 持参した「ご相談票」に基づいて相談、融資に関する案内
  3. 申込書と必要書類の提出

参考元:ヒューファイナンスおおさか(一般財団法人大阪府地域支援人権金融公社)

審査に通過できない人がお金を用意する方法

カードローンなどの審査に通過できない場合、借りる以外の方法でお金を用意するしかありません。具体的な方法は以下の通りなので、自分に最適な方法を選んでお金を用意してください。

【カードローン審査に落ちた場合の対処法】

  • アルバイトをする
  • 換金価値のある商品を売る
  • 給料の前借りを頼んでみる

いずれの方法も少額であれば、比較的早くお金を用意できます。それぞれの方法について解説するので見ていきましょう。

アルバイトをする

お金が必要なら、アルバイトをするのがおすすめです。1万円程度の少額のお金なら、日雇いバイトをすれば即日入手できる場合があります。

日雇いバイトにはさまざまな職種があります。 多くの職種から選べるため、自分の希望する仕事を見つけやすい点がメリットです。なお、求人サイトでよく見かける仕事の募集は以下の通りです。

  • 工事現場
  • 工場の軽作業
  • 交通誘導
  • イベント運営スタッフ
  • 警備スタッフ
  • 試食デモンストレーター
  • 交通量調査

例えば時給1,250円の日雇いバイトをすれば、8時間以上の勤務時間で1万円稼げます。時給で給与が決まるので、勤務時間が長い仕事を選んだ方がお金を多く稼げるでしょう。

注意点として、日雇いバイトは労働契約が1日単位と決まっているだけです。その日のうちに給与が支払われる日雇いバイトもありますが、中には週に1回、1ヶ月に1回となっているケースも見られます。
すぐにお金が必要な人は、給与が支払われるタイミングも事前に確認しましょう。

換金価値のある商品を売る

手元に換金価値のある商品があるなら、フリマアプリやリサイクルショップなどで売ればお金を稼げます。フリマアプリやリサイクルショップではさまざまな商品の売り買いが行われていますが、売れやすい商品は以下の通りです。

  • ブランドバッグ
  • ブランドジュエリー
  • 家電製品
  • スマートフォンやタブレット
  • 時計
  • DVD・Blu-ray
  • CD
  • ゲーム機本体
  • ゲームソフト
  • 書籍
  • 衣類
  • 楽器

商品が売れる金額は人気度や入手困難度によって変動します。限定品や廃盤品といった商品はプレミア価格が付いて、購入したときよりも高い金額で売れるケースもあるでしょう。
ただし、商品に汚れや破損がある、使用感がある商品は一般的な相場を下回る金額でないと売れない可能性があるので注意が必要です。

給料の前借りを頼んでみる

勤務先に事情を説明して給料の前借りを頼んでみるのも方法の一つです。社員から前借りがあった場合、会社は応じなくてはならないと法律で定めています。

ただし、前借りができるのは「すでに働いている分の給料」だけです。労働した賃金分を後払いにするのが給料であって、働いていない分は前借りとして成り立ちません。
働いていない分の給料を会社が先渡しして労働基準監督署に見つかれば、違法行為と見なされ会社は処罰対象です。

また、会社が給料の前借りに応じるのは、社員に非常時が発生したときに限られます。前借りの理由によっては、会社に断られる可能性があります。

「ギャンブルに使うためのお金が必要」
「ギャンブルに負けて生活費がなくなった」
「ブランドバッグが欲しいから前借りしたい」
「借金の返済でお金が足りない」

このような理由では、給料の前借りは認められないでしょう。あくまでも社員の非常時のために給料の前払い制度があるからです。