セディナのマイカーローンを滞納するとどうなる?

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

セディナはクレジットカード会社として有名ですが、マイカーローンを扱っていることでも知られています。マイカーローンの金利は年8.4%と多少高めの設定でも、比較的審査に通りやすいことから申し込む人も多いことでしょう。

しかし無理な返済計画を立ててセディナのマイカーローンに申し込み返済滞納する人もなかにはいるようですね。せっかく気に入った自動車を購入したのに、ローン滞納してしまうとどうなるのかについてわかりやすくご説明していきたいと思います。

セディナの自動車ローンは2種類ある

クレジットカードで有名なセディナは三井フィナンシャルグループに属する企業です。

クレジットカード以外にも学費ローンや総合目的ローン、及び自動車ローンも取り扱っているため、幅広いニーズに応えた金融商品を揃えていることでもよく知られています。

セディナの自動車ローンは2種類あり、個別クレジット型のオートローンと、目的別ローンのマイカーローンです。

個別クレジット型のオートローンは、セディナな自動車の購入代金や費用を一旦立て替え、その後借主がセディナへ分割して支払っていくサービスです。

一方セディナの目的別ローンであるマイカーローンは、セディナから自動車購入代金に関わる費用の一切を借り入れ、借り入れた資金は借主の口座へ振り込まれる、つまり融資を受けるサービスです。

通常銀行が扱うオートローンで融資を受けた場合は、車検証の所有者は借主になることが一般的ですが、セディナの場合はオートローンにしてもマイカーローンにしても所有者はセディナになっていることに注意が必要です。

しかしどちらの自動車ローンにしても、契約した金額を毎月セディナに支払っていくことには違いはありません。つまり自動車ローンは借金であることから、返済を滞納してしまうと様々な障害が発生します。

無理な返済計画を立ててしまい返済を滞納してしまうとどうなってしまうのか、また返済滞納した場合にどんな解決方法があるのか順を追ってご説明していきたいと思います。

審査に通りやすいマイカーローン

インターネット上では、セディナのマイカーローンは他のオートローンなどに比べて比較的審査が甘い噂があります。

あくまでも口コミ情報のため本当に審査が甘いかどうかは別として、セレナのマイカーローンの金利は年8.4%と、他社のオートローンに比べて金利が高めの設定です。

ローン業界の常識として、金利が高ければ審査が甘いと言われているため、確かにセディナのオートローンの金利は高めですから、口コミや噂の通り審査が甘いのかもしれません。

自動車を購入しようかな、と貯金を調べてみたらあと100万円足りなかった、という際にオートローンを利用する人が多く、100万円を借りた場合の返済回数は36回で、毎月の返済額はおよそ3万2,000円弱です。

またボーナス併用でマイカーローンを契約した場合、ボーナス時に8万円弱を入金することで毎月の返済額を2万円程度に抑えることも可能です。

以上のようにセディナのマイカーローンは自由度が高く、返済回数も3年となっていることから、ちょっと無理をしてグレードの高い自動車を購入したくなってしまいますね。

しかし収入とオートローンの返済の釣り合いが取れず、返済途中で計画が頓挫してしまう場合も少なくないようです。

セディナは自動車ローンの他にも教育ローンや総合目的ローンなどの金融商品も揃えていますが、お金を借りる以上はきちんとした計画を立てて契約するようにしたいですね。

マイカーローンを滞納するとどうなる?

セディナのマイカーローンは20歳以上で、原則として勤続年数1年以上、安定した収入がある人なら申し込むことが可能です。

担保や連帯保証人は不要で融資金額は最大300万円まで、返済期間は最長5年です。ちょっといい自動車が欲しいなという場合は、セディナのマイカーローンだけで購入することは難しいようです。

やはりセディナのマイカーローンの使い方としては、足りない金額を借りる、というのがふさわしい感じですね。

しかしマイカーローンの返済を滞納してしまうと、セディナは債権回収のために様々な手段を講じてきます。具体的な督促スケジュールは次のようになっています。

返済期日に遅れると数日以内に通知が来る

マイカーローンの返済は口座振替が基本で、毎月27日に口座から引き落とされます。

しかし口座からマイカーローンの返済が引き落としできなかった場合、返済期日の数日以内に、引き落としできなかった旨の通知が届きます。

さらに一週間後に再度引き落としする旨が書いてありますので、うっかり忘れていたという場合はすぐに口座に入金しておきましょう。

遅延損害金が発生する

セディナのマイカーローンの返済を滞納してしまうと、返済期日の翌日から遅延損害金が発生します。

遅延損害金とはいわゆる延滞金のことで、返済に遅れたペナルティーとして毎日加算されていきます。

セディナのマイカーローンの金利は上限8.4%ですが、遅延損害金の金利は年20.0%です。金利が大幅に上がってしまうため返済滞納の日数によっては借金額が膨れ上がってしまいます。

例えばセディナから100万円を借りて10日返済滞納したとすると、遅延損害金だけで1万958円も支払わなければなりません。

関連記事をチェック!

16480view

遅延損害金とは

遅延損害金とは何なのか、カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用している人は、必ず知っておいたほうが良い知識です。 お金を借りたら利息をつけて返済するのが一般的な習わしですが、返済期日まで...

返済期日から2カ月滞納すると予告通知がくる

セディナはクレジットカード会社としては督促が緩やかな方で、再引き落とし日にローン返済ができなかった場合でも、再び再引き落とし日の通知が届きます。

つまり1回目で引き落としができなくても、2回目、または3回目まで引き落としてくれるのです。

しかし3回目の引き落としでもローン返済ができなかった場合は、自動車を引き上げる旨の予告通知が届きます。

予告通知が届くまでにはおよそ返済期日から2カ月滞納している状況です。

自動車の所有者はあくまでもセディナが所有しているため、借金を返済できないなら現物を引き上げるわけですね。

金融事故情報が信用情報に載る

セディナから自動車を引き上げる旨の通知が届くと同時に、信用情報に金融事故情報が登録されます。

長期返済滞納情報ですね。長期返済滞納は滞納解消しない限りいつまでも信用情報に残ります。

また滞納を解消しても5年間金融事故情報が信用情報に掲載されるため、カードローンやクレジットカード、その他のローンに申し込んでも審査に通ることは期待できません。

関連記事をチェック!

11104view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

返済期日から3カ月以内に引き上げられる

自動車の引き上げ予告通知に書いてある日にちまでにオートローンの返済を行わないと、自動車が引き上げられてしまいます。

たとえセディナの借入残高が1万円だったとしても、容赦なく引き上げられてしまいますよ。

引き上げられた自動車はオークションなどで現金化され、借金残債を差し引いて残った金額があれば借主へ返還されます。

しかし逆に借金残高が残ってしまった場合は、今度は法的回収によって債権回収が行われます。

法的回収とは

法的回収とはオートローンに限らずセディナの各種ローンにおいて、長期間返済滞納した場合に裁判所に訴えて債権を回収することを言います。

裁判所から支払督促や金額によっては少額訴訟、金額が多い場合は民事訴訟を起こされ、最終的には強制執行によって財産の差し押さえが行われます。

めぼしい財産があれば差し押さえされると競売にかけられ、また給料も差し押さえの対象となるため勤務先にも借金滞納をしていることがバレてしまいますね。

手取り額33万円以内の給料は1/4まで差し押さえすることが許されているため、今までのような生活ができなくなってしまうことにもなりかねません。

返済滞納したら債務整理しかない?

セディナのマイカーローンの返済が滞納しそうになったら、事前にセディナに連絡をしても取り合ってもらえません。

カードローン返済なら金融機関に電話をかけて相談すれば、まだ解決の方法があっても、自動車の所有権を持っているため相談には乗ってくれないのです。

どうしてもマイカーローンの返済に困窮してしまったら債務整理をお願いするよりほかありません。

ただし債務整理しても自動車が引き上げられてしまうことには変わりはありませんので、将来支払う利息のカットくらいのメリットしかありませんね。

もちろん自己破産すればセディナのマイカーローンの借金はチャラになりますが、自己破産は金融事故として10年間信用情報に載ってしまいます。

マイカーローンは所有権がセディナにある以上、返済を待ってもらうことも減額してもらうこともできないことを知っておく必要があるでしょう。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)