リボ払い専用カードの審査は甘い?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
この記事はこんな人におすすめ
執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

リボ払い専用カードとは

リボ払いとは、クレジットカードで買い物をした際の支払方法のことです。

クレジットカードの支払は、多くの人が利用しているように「一括払い」が基本となりますが、リボ払いにすると、毎月少しの金額だけを支払うだけでよくなります。

通常ショッピングをすると、会計の時に一括払いやリボ払いなどを選択し、指定した通りに支払っていきますが、リボ払い専用カードを利用すると指定しなくてもリボ払いとして支払っていくことになります。

買い物の時に「リボ払いで」と言うことに抵抗がある人も多いかと思いますが、リボ払い専用カードで買い物をすれば、「一括払い」と言っても支払いはリボ払いで行われます。

一般的なカードに申込をしても一括払いが基本になりますので、リボ専用クレジットカードを探して申し込みをする必要があります。

分割払いとの違い

クレジットカードの支払方法には、リボ払いと同じように毎月少しずつ支払っていく「分割払い」もあります。

その違いは、分割払いは指定した「支払回数」で支払っていくのに対し、リボ払いは毎月の「金額」を一定にして支払っていきます。

リボ払いには支払回数というものがなく、残高がある限り支払っていくことになります。

どちらも利用した代金を毎月少しずつ支払っていく方法ですが、「回数」と「金額」のどちらを基準にするのかということに違いがあります。

リボ払いは、カードの利用残高に応じてあらかじめ決められた返済額を残高がある限り毎月支払っていくので、家計の中での支払可能見込額の範囲内で無理なく支払いを行なっていくことができます。

ただし、いつになったらその支払いが終わるのか、ということが分かりませんし、結果的に支払期間が長くなり、手数料負担額が膨大になってしまうことになります。

リボ払いはカードローンと同じ性質

リボ払いのことを「借金」と捉えている人も多いです。

それは、リボ払いがカードローンと同じ性質を持っているからであり、利用可能枠の範囲内であればいつでも利用することができます。

支払も、利用代金が多くなるほど増えていきますので、最近主流の残高スライド返済を採用しているカードローンと同じです。

銀行カードローンや消費者金融などの金融機関が発行しているカードローンは現金を限度額の範囲内で借りています。

一方、クレジットカードのリボ払いは買い物を限度額の範囲内で行い、支払いは毎月一定です。

性質としては、何にお金を使用するのかの違いだけですので、カードローンと同じと考える人が多くいます。

このため、銀行系カードや消費者金融系カードなど、カードローン会社は、カードローンとクレジットカードの両方を発行していることが多いのです。

リボ払いは買い物の時だけ利用できるのに対し、さまざまな資金に利用できるカードローンとはこの点が大きな違いとなります。

限度額の範囲内で自由に利用し、毎月の返済は一定額を完済するまで行なっていくという点は同じです。

関連記事をチェック!

523view

カードの支払いをリボ払いにすると危険?払えない場合はどうなるの?

クレジットカードのリボ払いは、毎月の支払いが一定の額になることで支払いやすいというメリットがあります。 しかし、利用しすぎると手数料が増え続け、結果的に支払いが困難になってしまうというケースが増えて...

リボ払い専用カード一覧とその特徴

リボ払い専用クレジットカードは数多くのカード会社が発行しています。

詳しくは後述しますが、リボ専用のクレジットカードはカード会社にとって「おいしい」カードですので、高いポイント還元などによって顧客を誘引しているのです。

カード会社の中には、信販系とか流通系カードなど、さまざな会社が存在します。また、これらのカードには「国内旅行傷害保険」「海外旅行保険」などの保障が充実しているカードもあります。

あまりにもクレジットカードの数が多すぎて、どのカードを選択したらよいのか分からないという人も多いのではないでしょうか?

クレジットカードの種類は星の数ほどありますが、年会費無料のおすすめリボ専用カードをいくつかご紹介していきたいと思います。

JCB~JCB CARD R~

JCBカードが発行するJCB CARD Rはリボ専用カードで、ポイント還元率が高いという特徴があります。

手数料率15%
年会費無料
ポイント還元率2%
保険海外旅行傷害保険:2,000万円
海外ショッピングガード保険:100万円

ポイント還元率の高いカードとして有名なJCBカードWのリボ払い専用のカードという位置付けのカードです。

ポイント還元率は通常のJCBカードと比較して4倍の2%の還元となります。

アコム~ACマスターカード~

消費者金融の中で、今唯一クレジットカードを発行しているのがアコムです。

アコムのACマスターカードはリボ払い専用と言う点と、消費者金融が発行しているという点で、審査に通りやすいクレジットカードとして有名です。

手数料率10.0%~14.6%
年会費無料
ポイント還元率毎月の利用金額から0.25%を自動でキャッシュバック
保険なし

アコムというと金利が高いというイメージがあるかと思いますが、実はACマスターカードは手数料率は他のリボ専用カードよりも低く設定されています。

ただし、ポイント還元がなく、現金で利用残高の0.25%がキャッシュバックされる仕組みですので、他のクレジットカードのポイント還元との合計では、負担は大きくなってしまいます。

また、旅行や買い物の保障を受けることができないのもメリットです。

アコムの無人契約機で即日カード発行することができるのは大きなメリットと言うことができるでしょう。

SMBC~三井住友VISAカードエブリプラス

三井住友VISAカードエブリプラスは支払額を自由に設定することができるカードで、支払いは利用元金を毎月の返済額:5,000円または1万円以上1万円単位で設定することができます。

ポイント還元が高いことでも有名なクレジットカードです。

手数料率18.0%
年会費無料
ポイント還元率1.5%
保険年間100万円までのお買物安心保険

手数料率は高いですが、リボ払いを選択することで高いポイント還元を得ることができます。

旅行保険がないと言う点には注意が必要です。

ライフ~ライフカードStylish~

ライフカードStylishは最初のポイント還元率は高くはありませんが、年間利用残高に応じて翌年から還元率が上がっていくカードで、年間200万円以上になると2.0%まで還元率が上がっていきます。

手数料率15.0%
年会費無料
ポイント還元率0.5%(新規入会初年度は1.5%)
保険なし

ライフカードStylishは18歳から申し込むことができるリボ払い専用カードで18歳から申し込むことができます。

また、ライフカードは他のクレジットカードも充実しており、学生専用ライフカードや、AKB48とコラボしたカードなど、カードのラインナップが充実しています。

セディナ~Jiyu!da!~

セディナのリボ払い専用カードであるJiyu!da!は、5,000円以上5,000円単位で毎月の支払金額を自由に設定することができるクレジットカードです。

ポイント還元率は0.5%ですが、セブンイレブンやイオンやダイエーなどで買い物をするとポイントは3倍になります。

手数料率15.0%
年会費無料
ポイント還元率0.5%
保険国内旅行傷害保険1,000万円まで

セブンイレブンなどで買い物をするのであれば、還元率が高いクレジットカードということができます。

オリコ~Orico Card THE POINT UPty~

オリコの自由支払型(リボ払い専用)のクレジットカードOrico Card THE POINT UPtyは還元率の非常に高いクレジットカードで、常に1.0%以上の還元率で、入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップするというカードです。

手数料率15.0%
年会費無料
ポイント還元率1.0%
保険盗難保障

さらに、オリコモール経由で買い物をすると、ポイントが0.5%加算されます。

ジャックス~R-styleカード~

「リボ払いの手数料をできる限り低くしたい」という人にはジャックスカードのR-styleカードがおすすめです。

リボ専用のカードの中でも圧倒的に低い手数料率となっています。

手数料率9.99%%
年会費初年度無料(2年目以降はカード利用がない場合1,250円+消費税)
ポイント還元率1.0%
保険海外旅行障害保険1,000万円

あまり注目はされないカードですが、R-styleカードは手数料率が他のカードよりも低くポイント還元率も高いかなりお得なクレジットカードということができます。

できる限り手数料を抑えてリボ払い専用カードを作りたいのであれば、R-styleカードがおすすめです。

ただし、手数料が低い分、比較的審査は厳しいということはできるでしょう。

ポケットカード~Tカードプラス~

ポケットカードのTカードプラスはTポイントをためている人や、普段からTSUTAYAでレンタルを利用する人におすすめのクレジットカードです。

TSUTAYAでカード払いすればポイントは4倍〜6倍になるので、かなり効率的にTポイントを貯めることができますよ。

手数料率18.0%
年会費無料
ポイント還元率1.0%
保険盗難保障

TSUTAYAで買い物をすればかなりサクサクポイントが貯まるリボ専用カードですが、リボ払いの利率が高いという点はデメリットと言えるでしょう。

リボ払い専用カードの審査は甘い

リボ払い専用カードを作る際にも、通常のクレジットカードと同じように審査を受けて、通ることができればカードが発行されます。

リボ払い専用カードの審査について先に結論を言いますと、審査は甘いです。

間違いなく、銀行や消費者金融からカードローンでカード発行を受けるよりは審査が甘くなりますし、通常のクレジットカードにキャッシング枠をつけるよりも審査は甘くなります。

これは、申込者を審査する際に行われるスコアリングに置いて、リボ専用カードの審査通過基準点が低いためです。

リボ払い専用のカードであるということで、通常のカードとは少し異なる審査基準であることもそうですが、クレジット会社の事情なども関係しています。

では、クレジット会社はどのような事情でリボ払い専用カードの審査を甘くしているのかということを、これから解説していきます。

ブラックの人はカードを作れない

審査が甘いクレジットカードなどの話をすると、ブラックでも作れるほど甘いというイメージを持つ人もいます。

ブラックとは、個人信用情報機関に債務整理などの金融事故情報が記録されている人のことです。

しかし、いくら審査が甘いリボ払い専用カードでも、ブラックの人は作ることができません。

ブラックになった人は、過去に借金の返済やクレジットカードの利用代金をきちんと支払っていくことができなくなった人であり、信用がありません。

信用取引であるクレジットカードにおいて、このような人と契約することは、リスク以外のなにものでもありません。

また、借金を延滞している、または度々延滞しているなどのように、支払い能力がないと判断される人も審査に通ることは難しいです。

信用情報には過去のクレジットカードや借入金の返済状況が記録されており、この情報をクレジットヒストリー(クレヒス)と言います。

クレヒスに遅れが多い人は、リボ払いも延滞してしまう可能性がありますので、審査に通過することが難しいのです。

ただし、延滞や滞納はないが、多くの借金をしているという人であれば、リボ払い専用カードのような審査の甘いカードであれば通る可能性はあります。

審査通過の基準は通常のクレジットカードよりは甘いですが、それでもブラックの人やクレヒスに遅れが多く記録されている人は審査に通過することはできません。

この後解説していきますが、手数料率の高いリボ払いは、クレジットカード会社に対するリターンが大きいため、クレジットカード会社も多くのリスクを取ることができるのです。

リボはクレジット会社の大事な収入源

クレジット会社がリボ払い専用カードの審査を甘くしている背景には、リボ払いが大事な収入源となっているからです。

リボ払いは、利用した代金に対して18%程度の手数料率が発生します。

例えば、リボ払い残高が20万円の場合、手数料はおよそ3,000円かかります。

これが1,000人も集まれば、それだけで300万円の収入を得ることができます。

また、支払って残高に余裕があると、またリボ払いで買い物をする人も多いですので、長期的に安定した収入を得ることもできます。

クレジット会社の収入源には加盟店から得る手数料もありますが、この料率は1%~4%程度であり、それほど多くの手数料を得ることはできません。

また、今は年会費無料というクレジットカードが非常に増えていますので、カードを消費者に持ってもらいカード利用をしてもらうだけでは利益は多く出ないのです。

この点、リボであれば利用者から高額の手数料を取ることができるので、クレジットカード会社にとってリボ払いは非常に大きな収益源となるのです。

関連記事をチェック!

99view

クレジット会社はリボ払いが1番儲かる

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 クレジット会社の収入源は4つ 最近のクレジット会社はリボ払いを積極的に勧めて来ています。 リ...

リボ払いをすることでキャッシング金利が下がるものもある

クレジットカードを利用すると、ポイント還元などのさまざまなサービスを受けうことができます。

リボ払い専用カードを利用すると、さらに多くのサービスを受けることができますが、その中にはキャッシング金利を引き下げるというものもあります。

このサービスを実施しているのが皆さんもよく知っている三井住友VISAカードであり、リボ払いの支払い実績に応じて最大4%金利を引き下げます。

一見すると非常にいいサービスと思えますが、これができるのもリボ払いで多くの収入を得られるからです。

キャッシングの利息収入もクレジット会社の大事な収入源ですが、リボ払いと比べると警戒する人も多く、利用者も多くありません。

あわよくばキャッシングの利用者も増やしたいという思惑もあるかもしれませんが、リボ払いのサービスを増やし、お得感をアピールするための作戦であるといえます。

「キャッシングの金利が下がる」と聞くと非常にお得になるというようなイメージを持ってしまう人も多いかと思います。

しかし、これまでキャッシングを利用していない人が、金利が下がるからと言って新たにキャッシングを利用したら結果的に支払う必要になかった利息や手数料を払うことになってしまいます。

「リボ利用で〇〇ポイントプレゼント」などのキャンペーンもカード会社は頻繁に行なっていますが、このようなお得感に乗せられることなく、カード知識をしっかりと蓄え本当に必要な場面だけリボやキャッシングを利用するようにしましょう。

多少のリスクを取ってでも発行する

先ほどお話ししましたように、リボ払いはクレジット会社の大事な収入源となっています。

ですので、多少リスクがあったとしても、利用者を増やしていけば数十万円程度の損害であれば楽に補うことができます。

最初から利用代金を踏み倒そうと契約する人は多くありませんので、少しでも収入を得てリスクに備えている方がよっぽど効率的です。

このような理由からも、リボ払い専用カードの審査は甘くしていると考えられます。

ポイント付与やポイント還元率を高くして、「どうにかリボ払いでのカード申込を増やしたい」というのが、クレジットカード会社各社の本音です。

リスクが高いと利用可能枠は少額

リボ払いで大きな収入を得ることができますが、さすがにカード会社は高額なリスクには対応したくないものです。

ですので、リスクが高いと判断される人も利用可能枠は、10万円などの少額契約となることが多いです。

本当にリスクが高い人であれば、10万円の利用でも滞納しますので、いわばおためしでカードを発行し、その後の利用状況を観察します。

実際の利用状況によって支払い能力があると判断されれば、途上与信によって利用可能枠は増えていきますので、本当の支払い能力を判断するためにも少額で利用させています。

カード利用者の返済状況に応じて徐々に限度額をあげていきます、

このため、最初は少額の限度額しか作成することができない場合でも、期日通りに支払いを行なっていけば、高額の限度額を設定してもらうことも可能です。

リボ払い専用カードのメリット・デメリット

上記のような事情から、クレジットカード会社各社はリボ払い専用カードを積極的に発行していますし、多くの人に利用して欲しいとも考えています。

また、高額な手数料のリターンがあるので審査は緩めになっています。

このように、比較的利用しやすいクレジットカードがリボ払い専用のクレジットカードですが、メリットとデメリットはしっかりと分かれています。

リボ払い専用のカードのメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

リボ払い専用カードのメリットは

リボ払い専用カードのメリットとしてはポイント還元率が高く、審査が緩いという点を挙げることができます。

ほとんどのカードは高校生でなければ18歳から申し込み可能で、主婦でも申し込むことができ、申し込みのハードルが非常に低くなっています。

どれだけ使っても、毎月の支払金額は定額というメリット以上に、本来であればクレジットカードの審査に通過することが難しい属性の人でもクレジットカードを持つことができる可能性があるという点がリボ払い専用クレジットカードのメリットということができるでしょう。

リボ払い専用カードのデメリットは

ここまでいくつかのカードをご紹介しましたが、リボ払いには手数料が発生します。

ご紹介したクレジットカードの手数料は15%~18%程度の手数料が必要になり、これは一括払いや現金払いでは必要のない手数料です。

リボ払い専用のクレジットカードは、カードを利用することによってこれだけの手数料を支払う必要があります。

この金銭的な負担は間違いなくデメリットということができます。

審査に通りやすく、通常のクレジットカードであれば審査に通過することができない人でも審査に通過することができるのは、まさにこの手数料が高額ということに理由があり、高額な手数料を支払うことと、審査が甘いことは表裏一体になっていると言えることもできます。

クレジットカード会社にとって、リボ払い専用カードはリターンが大きいため、審査に通過しやすいのです。

金利手数料を負担しなければならないというのは間違いなく、リボ払い専用クレジットカードのデメリットと言うことができるでしょう。

リボ払いは計画的に

リボ払いについては、クレジット会社が収入を得るために積極的に推進してきました。

しかし、リボ払いの性質をきちんと理解しないまま利用する人が急増し、リボ払いでトラブルを抱えている人が多くなっています。

場合によってはカード破産してしまう人もおり、高い手数料率と利用のしやすさからなかなか残高が減りません。

最近ではリボ払いについて、より詳細な説明をしているクレジット会社もありますが、それでもトラブルを抱える人は後を絶ちません。

便利なものにはそれ相応のデメリットがありますので、リボ払いもカードローンなどの借金と同様に、計画的な利用を心掛けなくてはなりません。

クレジットカードはやはり一括払い

リボ払いはより買い物をしやすくするための支払方法なのですが、クレジットカードといえば昔から一括払いというように、基本的には代金を翌月にまとめて支払う方がいいです。

これも計画的なクレジットカードの利用方法であり、手数料もかからずにそのままの代金を支払うことができます。

クレジットカードは元々金銭感覚が無くなりやすい性質がありますので、リボ払いのようにさらに金銭感覚がなくなるようなものを普段使いすることは危険です。

ショッピングは基本的に一括払いをし、どうしてもお金が無いなどの緊急の際にはリボ払いするというように、自分の中でしっかりと利用方法を決めておくことが大事です。

まとめ

リボ払いは大きな収入源であり、クレジット会社としては多くの人に利用してもらいたいものです。

そのため、リボ払い専用カードの審査は甘く、少額な利用可能枠でもカードを発行してくれます。

しかし、リボ払いはトラブルになりやすい支払方法ですので、カードがあるからといって無計画に利用は避けましょう。

リボ払いにはメリットがありますが、金銭的な負担が大きいのも事実です。

このため、どのカードの審査にも通過できないからという理由で、リボ払い専用のクレジットカードに申し込むのはおすすめできません。

リボ払いのメリットとデメリットをしっかりと理解し、メリットを得たいと考えた時だけリボ払いを利用するようにしてください。

関連記事をチェック!

143view

クレジットカードのキャッシング機能ランキング!利率や特典徹底比較!

クレジットカードは便利な存在ですが、特にキャッシング機能付きの場合は、ショッピングだけでなく、お金を借りたいと思ったときにもすぐに現金を用意できる有り難い存在です。 そんなキャッシング機能付きクレジ...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 小林修さん|2019-09-19 09:24:59

    こんにちは。
    借入のすべて、小林です。
    まだ審査には通りません。
    信用情報から事故情報が消えるまで10年です。
    もしクレカが欲しいならVISAデビットカードで代用しましょう。
    もちろんリボ払いはできませんが、借金しなくていいのでおすすめです。

  2. ナカムラ サツキさん|2019-09-17 11:01:57

    破産して5年経過。リボ払い専用カードなら
    作成出来ますか?可能ならば、以前の利用のある会社か別の会社、どちらが良いのか
    アドバイス下さい。