お金に困ったときは「お金がない馬」

リクルートカードの増枠方法とその注意点

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛

年齢:30歳
性別:女性
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

申し込みすることで増枠できる

リクルートカードに限らずほとんどのクレジットカードは途上与信によって基準を満たしている場合に自動的に増枠します。

しかし、増枠のタイミングは人によって異なり、なかなか増枠されないという人もいます。

このような場合には申し込みをすることで自分から増枠をすることもできます。

リクルートカードには「visa」「mastercard」「JCB」の3ブランドがあり、それぞれを発行しているクレジット会社は以下のようになっております。

  • Visa・mastercard:三菱UFJニコス㈱
  • JCB:㈱ジェーシービー

このようにブランドによって発行しているクレジット会社が異なりますので、増枠の申し込みをする場合にはそれぞれのクレジット会社によって異なります。

増枠をする場合にも審査がある

増枠の申し込みをすると誰でも簡単に利用可能枠を増やすことができるというわけではありません。

増枠をする場合にも必ず審査があり、この審査に通ることができなければ利用可能枠を増やすことはできません。

増枠の審査では新規でカードを申し込みした時のような基本的な信用を調査することはもちろんなのですが、その他にも利用実績が重要となります。

利用実績とはそのカードを利用してきた履歴のことであり、特に重要なのはショッピング利用代金の支払いやキャッシング利用分の返済の部分です。

どちらも信用に関する事ではありますが、これらの利用実績は直近の信用を判断するうえで大事な要素であり、滞納や延滞がある場合には支払い能力が少ないと判断されてしまいます。

また、増枠するための妥当性を証明するのも利用実績であり、ほとんど利用していなかった人がいきなり増枠の申し込みをしたとしても審査で通るのは難しいです。

増枠の必要性があり、且つ支払いや返済がきちんとしていれば増枠の審査は比較的高い確率で通ることになります。

増枠申し込みが原因で減枠や利用停止となることも

増枠を申し込んだことで増枠することができなかっただけでなく、逆に減枠や利用停止となることがあります。

これは審査において増枠することができるだけの信用や利用実績がないというだけでなく、これ以上の利用はリスクを伴うと判断されることによってこのようなことが起きてしまいます。

利用者にしてみると増枠の申し込みしかしていないのですが、クレジット会社では増枠できるかどうかの審査だけでなく総合的な審査をしていますので人によっては減枠や利用停止となりますので注意しなければなりません。

ショッピング枠増枠の方法

リクルートカードにおいて増枠を希望する際の申し込み方法をクレジット会社別に紹介していきます。

まずは三菱UFJニコス㈱の場合には「コールセンター」に電話をすることで申し込みをすることができますが、一般やゴールドによって電話番号や受付時間が異なりますので注意が必要です。

次に㈱ジェーシービーの場合にはインターネットで「MyJCB」からの申し込みやJCBインフォメーションセンターに電話をすることでも申し込みをすることができます。

また、ショッピング枠の増枠には「一時的な増枠」と「恒常的な増枠」の2種類があり、どちらのクレジット会社でも2種類の増枠をすることができます。

どちらの増枠を希望するのかということは申込時にしっかりとクレジット会社に伝えなければなりません。

ショッピング枠増枠の注意点

ショッピング枠を増枠する場合には「割賦販売法」という法律で定められている上限額に注意しなければなりません。

割賦販売法では年収から生活費を除いてクレジットカードの支払いを無理なくしていくことができるであろうという金額を定めており、これを「支払可能見込額」といいます。

割賦販売法ではこの支払可能見込額の90%までを設定することができる上限と定めており、ショッピング枠の増枠をする場合にはこの金額を超えることはできません。

支払可能見込額は自分でも計算することができ、所定の計算式を使うことで算出することができます。

支払可能見込額 = 年収 ‐ 年間請求予定額 ‐ 生活維持費

支払可能見込額は上記のような計算式で計算しますが、年収や年間請求予定額は申込時に申告した金額となり、生活維持費は居住形態や生計を同一とする人の人数によって決められている金額で計算します。

一時的な増枠は一括払いの部分だけ

ショッピング枠は「一括払い」「分割払い」「リボ払い」のそれぞれに利用可能枠が設定されていますが、一時的な増枠をすることができるのは「一括払い」の部分のみとなります。

分割払いやリボ払いの部分を増枠したいという場合には一時的な増枠ではなく、恒常的な増枠でなければ利用可能枠を増やすことはできません。

あくまでも一時的に利用可能枠を増やすことですので、支払いが長期になる分割払いやリボ払いには対応していないということです。

キャッシング枠増枠の方法

キャッシング枠の増枠を申し込みする方法もクレジット会社ごとに紹介していきます。

まずは三菱UFJニコス㈱の場合には「コールセンター」に電話をするかインターネットで「MUFGカードWEBサービス」で「融資利用可能枠設定・増額申込書」を請求します。

請求した申込書は郵送され、それに記入した後に返送することで申し込みをすることができます。

次に㈱ジェーシービーの場合にはショッピング枠の増枠と同じように「MyJCB」から申し込みをすることができます。

いずれの場合にも利用可能枠によっては収入を証明する書類を提出しなければならないことがありますので、収入証明書類を求められた場合には必ず所定の方法によって提出しなければ増枠することはできません。

なお、収入を証明する書類というのは給与所得者であれば源泉徴収票などであり、個人事業主であれば確定申告書などとなります。

■収入証明書はどこで手に入れることができるか

キャッシング枠増枠の注意点

ショッピング枠には割賦販売法が適用されているのに対し、キャッシング枠には「貸金業法」が適用されています。

貸金業法では「総量規制」を定めており、この規制で定められている上限は「年収の1/3まで」となっています。

ですので、年収が600万円あるという人であればその1/3である200万円までが上限となり、この金額を超えるキャッシング枠の設定はすることができません。

また、年収の1/3までという上限は三菱UFJニコス㈱または㈱ジェーシービーの1社だけで超えてはならない金額ということではありません。

他のクレジットカードのキャッシングや消費者金融からの借入などの総量規制の対象となる借入の合計額で超えてはならない金額となります。

例えば上記のような人が消費者金融から150万円を借りているという場合にはキャッシング枠で設定することができるのは50万円までというようになりますので注意しなければなりません。

■クレジットカードは総量規制対象で年収3分の1に入る?

借入ならカードローンがおすすめ

クレジットカードのキャッシングはカード1枚を持っているだけでコンビニなどのATMからいつでも借りることができますので非常に便利な機能です。

しかし、便利なものには必ずデメリットがあるように、キャッシングの金利は高く設定されています。

三菱UFJニコス㈱のキャッシング金利は14.95%~17.95%であり、㈱ジェーシービーでは15.0%~18.0%という金利となっています。

それぞれの最低金利で借りることができれば自由に使うことができる借入としてはまだ低金利なのですが、多くの利用者は最高金利が適用されて借入しています。

これほどまでに高い金利であれば相当な負担となってしまいますし、元金の減りも遅いですので完済までには時間がかかってしまいます。

お金を借りる場合には少しでも金利の低いもので借りたいものですので、借入をする場合には銀行や消費者金融のカードローンをおすすめします。

おすすめカードローン会社ランキング!一覧で徹底比較

金利で選ぶなら銀行カードローン

低金利なカードローンといえばやはり銀行のカードローンであり、銀行が提供しているものは最低金利でも15%以下となっているものも多いです。

金利が15%以下ということであれば最高金利が適用されたとしてもキャッシング金利よりは低くなることが多く、金利の負担は軽くなります。

また、銀行のカードローンは信用もさることながら契約をする利用限度額が高額になるほど金利は低くなっていきますのでさらに金利負担を軽くすることができる可能性もあります。

ただし、審査は厳しいですので信用が高くなければ借りることができませんので滞納や延滞がないようにして信用を高くしておかなくてはなりません。

審査の通りやすさは消費者金融

消費者金融のカードローンの1番の魅力は審査の通りやすさでありますが、その分適用される金利は高くなってしまいます。

場合によってはキャッシング金利よりも高くなってしまう可能性もありますが、信用によっては金利負担を十分に軽くすることができます。

消費者金融のカードローンで借りる場合には自身のキャッシング金利と比べたうえで借りるかどうかを判断した方が良いです。

■一番借りやすい消費者金融とは?ランキング形式で紹介

即日融資に対応しているものを選ぶ

クレジットカードで増枠されるのは申し込みをしてからおよそ1週間程度と時間がかかってしまいます。

それでも時間に余裕があるという場合にはいいのですが、中にはすぐに借りたいという人もいますのでそのような人の場合には増枠では間に合いません。

すぐに借りたいという場合にも銀行や消費者金融のカードローンがおすすめであり、特に自動契約機を設置しているカードローンを選ぶことですぐに借りることができます。

自動契約機は平日の遅い時間帯や休日であっても申し込みからカードの発行まですることができますのですぐに借りたい場合に適しています。

この自動契約機を設置している銀行は三菱UFJ銀行などであり、ATMコーナーなどに設置しています。

消費者金融ではアコムやプロミスなどが全国に設置しています。

また、最近の銀行カードローンではインターネットで契約までをすることができ、すぐに借りることができるものもありますのでそのようなカードローンを利用するということも方法の1つです。

まとめ

リクルートカードはカードのブランドによって発行しているクレジット会社が違い、増枠の申し込みをする場合にはそれぞれの会社に所定の方法で申し込みしなければなりません。

ですので、まずは自分がリクルートカードでどのブランドのカードを持っているのかという確認をする必要があります。

増枠は基本的にクレジット会社が自動的に行うものですのでそれ相応の信用や利用実績がなければなりませんので、増枠をする場合には普段からそのことを意識して利用していなくてはなりません。

簡単に増枠することができると思っていると減枠や利用停止というようなことにもなりかねませんので注意しながら申し込みをするようにしましょう。

■クレジットカードの増枠申請はCICにどのような記録が残るの?

■リクルートカードの審査落ちた理由は?再申込するときに気を付けたいポイント

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能