お金に困ったときは「お金がない馬」

ライフカードの増枠方法とその注意点

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛

年齢:30歳
性別:女性
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

申し込みすることで増枠できる

ライフカードを利用しているという人は多いともいますが、利用している際に現在の利用可能枠では足りないと感じている人も多いはずです。

利用可能枠が多ければ海外旅行などで一時的にお金がかかる時にも安心できますし、常に可能枠を気にすることなく利用することができます。

このような場合に利用可能枠を増やすことを「増枠」といいますが、増枠は基本的にクレジット会社が自動的に行います。

クレジット会社では一定の間隔で途上与信という利用中の審査をしており、この審査において基準を満たしていた場合には増枠してくれます。

しかし、増枠されるタイミングは人によってそれぞれでありますので自分が利用したいときに増枠してくれるというわけではありません。

これでは安心して利用することができないこともありますので、その際には自分から増枠の申し込みをすることでも利用可能枠を増やすことができます。

ですが、増枠の申し込みはクレジット会社によって異なりますのでライフカードではどのようにして申し込むのか、また増枠する場合にはどのようなことに注意しなければならないのかということを解説していきます。

増枠の申し込みをした場合も審査がある

クレジットカードを新規で申し込みした場合に審査があるということは当たり前のことなのですが、増枠の申し込みをした場合にも審査があります。

ですので、増枠の審査に通ることができなければ利用可能枠を増やすことができません。

増枠の審査で重要となるのは基本的な信用となりますが、これ以外にも「利用実績」が重要となります。

利用実績とはそのカードを利用した履歴のことであり、ショッピング利用代金の支払いやキャッシング利用時の返済も大事です。

さらに、増枠をする場合には増枠が必要であるということを証明しなければならず、それを示すためにも利用実績が重要となります。

増枠の審査では信用と利用実績が伴わなければ審査に通ることは難しく、このようなことから増枠の審査は厳しくなってしまいます。

減枠や利用停止となってしまうこともある

増枠の申し込みをした場合には増枠することができるのかという審査だけをするわけではありません。

信用や利用実績から総合的に判断をした利用可能枠を決定し、増枠できるだけの可能枠となった場合には増やすことができます。

しかし、判断された利用可能枠が今よりも少なくなってしまった場合には減枠となることもあり、場合によっては利用停止となってしまう可能性もあります。

増枠の申し込みをする場合には減枠や利用停止となってしまう可能性もあるということを認識したうえで申し込みしなければなりません。

ショッピング枠の増枠方法

ライフカードにおいてショッピング枠の利用可能枠を増枠したい場合には3つの申し込み方法で申し込むことができます

ライフカードでの増枠方法は「インターネット」「郵送」「電話」となり、インターネットで申し込む場合には「LIFE-Web Desk」から申し込むことができます。

郵送による申し込みは、プリンター環境がある場合には申込書をプリントアウトして記入し、ライフカードに郵送することで申し込むことができます。

プリンター環境がないという場合にはインターネットから資料請求するとライフカードから申込書が送られてきますのでそれに記入した後に返送することで申し込みすることができます。

電話で申し込みをする場合には「ライフカードインフォメーションセンター」に電話をすることで申し込みすることができます。

クレジット会社によっては1つの申し込み方法でしか申し込みすることができないところもありますので、3つの申し込み方法があるライフカードは増枠申し込みがしやすいカードであるといえます。

関連記事をチェック!

学資保険が失効したときはどうする?対応策と復活方法を徹底解説

学資保険が失効になってしまった際の、対処方法についてまとめた記事です。 学資保険の支払いが遅れたなどの理由で、保険が失効させられてしまった場合、保険はどうなるのか、どのようにして復活させられるの...

学資保険が失効したときはどうする?対応策と復活方法を徹底解説

ショッピング枠増枠の注意点

ショッピング枠を増枠する場合には「割賦販売法」で定められている法律上の上限額に注意しなければなりません。

割賦販売法では「支払可能見込額の90%まで」がショッピング枠を設定することができる上限であると定めておりますので、上限額を超える増枠の申し込みは審査に通ることはありません。

支払可能見込額とは年収から生活を維持するための支出を除き、無理なくクレジットの代金を支払っていくことができるだろう金額のことであり、以下のような計算式で求められます。

支払可能見込額 = 年収 ‐ 年間請求予定額 ‐ 生活維持費

この計算式で使用される金額は年収や年間請求予定額は申込時に申告をした金額を使用し、生活維持費は法律で定められた居住の形態や生計を同一とする人の人数によって異なる金額が使用されます。

しかし、ここで計算された上限額はあくまでも法律で超えてはならない金額でありますので、必ずしも上限額いっぱいまで設定することができるということではありませんので注意が必要です。

一時的な増枠はすることができない

ショッピング枠の増枠には「恒常的な増枠」と「一時的な増枠」の2種類がありますが、ライフカードでは一時的な増枠はすることができません。

一時的な増枠は海外旅行などの一時的に出費が多くなるものに合わせて一定の期間だけ増枠することができるものであり、普段はそこまで利用しないという場合に利用します。

しかし、ライフカードで行うことができる増枠は恒常的な増枠しかありませんので一時的な出費に備える増枠も恒常的に可能枠を増やすことでしか対応することができません。

キャッシング枠の増枠方法

ライフカードのキャッシング枠を増枠する場合もショッピング枠を増枠する時と同じようにインターネット、郵送、電話で申し込みをすることができます。

キャッシング枠を増枠する場合には申し込みの他にも収入を証明する書類を提出しなければならないことがあり、ライフカードから収入証明書類の提出を求められた場合には必ず提出しなければなりません。

収入証明書類の提出を求められたにもかかわらず書類を提出しない場合には増枠をすることができませんので拒否することはできません。

収入証明書はどこで手に入れることができるか

キャッシング枠増枠の注意点

ショッピング枠が割賦販売法で定められている上限があるのに対し、キャッシング枠では「貸金業法」で上限額が定められています。

貸金業法の中には「総量規制」という規制があり、この規制では「年収の1/3まで」が上限額というように定めています。

ですので、年収が600万円であるという人の場合にはその1/3である200万円が上限となり、この金額を超える増枠は審査に通ることはありません。

また、総量規制で定めている年収の1/3というのはライフカードのキャッシングだけで超えることができない金額というわけではなく、総量規制の対象となる借入すべてを合計した金額で超えることができません。

例えば上記のような人が消費者金融から150万円を借りているという場合にはライフカードで設定することができるキャッシング枠は50万円までが上限となります。

この上限額もショッピング枠の上限額のように必ずしも上限いっぱいまで借りることができるというわけではありませんので注意が必要です。

クレジットカードは総量規制対象で年収3分の1に入る?

借入ならカードローンがおすすめ

クレジットカードは1つのカードでショッピングやキャッシングをすることができ、借りる場合にはコンビニのATMからでも簡単に借りることができます。

しかし、便利な分金利が高いというのがデメリットであり、ライフカードでキャッシングをした場合の金利は一般カードで15.0%~18.0%、ゴールドカードで13.505%となっています。

ゴールドカードの金利であれば自由な資金に利用することができるものの金利としては比較的低金利であるといえますが、一般カードの金利は高いです。

このような金利で借りていると毎月負担する利息は相当なものになりますし、利息が多くなると元金の減りが遅くなってしまうことでいくら返済してもなかなか完済できないということになります。

金利は低い方が良く、同じ金額を借りる場合でも金利によって完済までの期間や法返済額は大きく変わります。

キャッシング金利よりも低金利で借りたいという場合には銀行や消費者金融で提供しているカードローンを利用することがよく、キャッシングよりも有利な借入できる可能性がありますのでおすすめです。

銀行カードローンは金利が低い

より低金利で有利にカードローンを借りたいという場合には銀行のカードローンで借りることをおすすめします。

最近の銀行のカードローンは銀行ならではの低金利で高額な借入にも対応することができる内容となっており、適用される最高金利でも15%以下となっているものも多いです。

ですので、銀行のカードローンを借りることができればほとんどの場合でキャッシング金利よりも低くなります。

また、多くの場合には契約をする利用限度額によっても金利が変わり、高額な利用限度額となるとほど低金利となっていきます。

銀行によっては消費者金融のように自動契約機を設置しているところもありますし、インターネットで申し込みから契約までをすることができるところもありますので非常に申し込みしやすくなっています。

しかし、銀行の審査は厳しいですので支払いや返済をきちんと継続的にしている信用の高い人でなければ審査に通ることは難しいです。

審査の通りやすさは消費者金融

消費者金融のカードローンでも信用によってはキャッシング金利より低金利で借りることができますので有利に借りることができますが、消費者金融の特徴は審査の通りやすさでもあります。

消費者金融では銀行で借りることができない人でも借りることができることもあり、柔軟な対応でより多くの人が利用することができます。

しかし、その分金利は高く設定されていますので金利を比較したうえで利用することをおすすめします。

まとめ

ライフカードで増枠の申し込みをする場合には3種類の申し込み方法で申し込みすることができますので他のクレジット会社と比べても申し込みしやすいです。

しかし、増枠の審査は思っているよりも厳しく、簡単な気持ちで申し込みをすると増枠することができないばかりか減枠や利用停止という、思ってもいないようなことになってしまう危険性があります。

クレジットカードもお金に関わる取引ですので信用がなければ利用することができず、そのうえで利用実績がしっかりとしていなければ増枠することができません。

お金を借りる場合や海外旅行などで一時的にお金を必要とする場合には増枠以外にもカードローンというようなものもありますので、増枠だけしか選択肢がないというわけではありません。

さまざまな方法からより自分に合ったものを選ぶ必要がありますので、どの方法でもできるような信用を普段から築いていくということが大事なこととなります。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能