お金に困ったときは「お金がない馬」

お金がない状況をスピリチュアルな側面から分析

常にお金が無いと嘆いているあなた。もしかしたらその原因はスピリチュアルな部分にあるのかもしれません。

しかし、普段スピリチュアルについて意識していない人にとっては、「スピリチュアル?何のこと?どのようなこと?お金とどんな関係があるの?」

と、疑問だらけになってしまいますよね。

実は、お金とスピリチュアルには大きな繋がりがあるのです。

そこで今回は、お金とスピリチュアルの関係について説明していきます。

この記事はこんな方におすすめ
  • お金とスピリチュアルの関係を知りたい方
  • お金が寄ってくる環境を知りたい方
  • お金が逃げていく環境を知りたい方

心の持ちようは非常に大事

スピリチュアルとは英語で「精神上の、精神的な」という意味があります。

つまり、お金を得るためには、気持ち・心の持ちようが非常に重要だということです。

もちろん、そこに科学的な理論や証拠などはありませんから「何をバカなことを」と、笑って流すこともできるでしょう。

しかし、非常に多くの成功者がお金とスピリチュアルの関係性に言及しているのも事実なのです。

気持ちの持ちよう次第でお金が貯まる人生が訪れるかもしれないのですから、信じるだけ信じてみてもいいのではないでしょうか。

「信じるものは救われる」という言葉もありますからね。

またスピリチュアルは、量子力学とも関係があります。

量子力学とは、物理学において全ての物理現象を語る上でなくてはならない理論です。

「お金とどのような関係があるの?」と疑問に感じるかもしれませんが、実は深い関係があるのです。

私たちの体を構成する細胞を、さらに細かく見ていくと、以下のように最終的には素粒子に到達します。

細胞をさらに細分化すると・・・
  • 細胞→分子→原子→原子核→電子→素粒子

素粒子は非常に小さく、原子核の周りを回る電子の公転直径を100mだとすると、素粒子は1 mm くらいの大きさです。

つまり、私たちの体や心は、ありえないほど小さく、また、ありえないほど超高速で振動(回転)している素粒子から成り立っているのです。

簡単に言えば、心の持ちようと 素粒子の運動エネルギーは同じだと考えることもできるんですね。

ポジティブな人にお金は集まる

では、お金を貯めるため、そして、増やすためには、気持ちをどのように持っていけばよいのでしょうか。

答えは非常にシンプルです。

「ポジティブ」でいるということです。

前向きな人のもとには自然とお金も集まっていくというのが、スピリチュアル的な考え方では定説となっています。

お金は「陽」の気を持つ

お金には「陽」の気があります。

また、「陽」のもの同士はお互いに惹かれあうという特性を持っています。

ですから、気持ちが前向き(=陽)の人のもとにはお金が集まりやすいと考えることもできるでしょう。

同じお金を使うなら、ポジティブな気持ちで使いたいですね。

ポジティブな気持ちで使ったお金は、それ以上大きくなって戻ってくるかもしれません。

ネガティブな人からは「陰」の気が発されている

反対に、ネガティブな人からは「陰」の気が発されています。

「陰」の気を持つと、「陰」のものを近づけやすく、「陽」のものを遠ざけやすくなります。

そのため、お金が貯まりやすいどころか、出ていきやすい状態になってしまっています。

陰口をたたくことも「陰」の気を発する行為です。

お金を引き寄せたいなら、陰口は言わないようにしてくださいね。

無理にでも「陽」の気を身につけよう

まずは多少無理にでも構いませんから、意識的にポジティブな気持ちを持つように心がけましょう。

そうすれば「陽」の気が、お金に限らず陽のものを周囲に呼び寄せるため、自然とポジティブな状態を作りやすくなる「陽の連鎖反応」が生まれます。

あとは、そのポジティブな状態を無理なく持続させていくだけでOKです。

好きな仕事をしよう

嫌な仕事を「ツライ」と感じながらするのは、ネガティブな状態、つまり、「陰」の気を発してしまいます。

スピリチュアル面でも、決してお金は集まらない状態です。

ビジネスをする上で、次のようなネガティブなイメージを持っていませんか?

  • お金儲けに対して罪悪感を感じる
  • お金を稼いでも、お金は決して人を幸せにしない
  • お金で人の気持ちは簡単に変わる

このようなネガティブなイメージを持っていると、自分を否定することになり、本当は欲しくてたまらないお金を否定することにもつながってしまいます

負の感情を持ったままビジネスをやったとしても、お金に対して否定する感情を持っているのではお金は集まってきません。

どのような仕事をしようかと考えている方は、好きな仕事をするのが一番です。

お金にも感情はある

まずはビジネスを行っている本人が、お金を稼ぐことを楽しむことが大切です。

ポジティブな気持ちに誘導され、お金が寄ってきます。

お金だって感情があるのです。

自分を嫌っている人によっていくほど、お金は馬鹿ではありません。

お金自身を大切にしてくれる人にお金が集まるわけですから、お金に対して失礼となるような言葉を発したり、お金を否定するような考えを持たないようにしましょう。

関連記事をチェック!

お金がないけど幸せになれるポジティブ・プラス思考とは?

「お金がない どうする」などのキーワードで検索すると、お金がないときこそプラス思考を持つべきだといった自己啓発的なサイトがたくさん見つかります。 もちろん、お金がないと言う状況をあまりにもマイナ...

出費に対する感覚も重要

お金を貯める・増やすためには、お金を好きになり、お金についてポジティブなイメージを持つことが大切です。

「陽」の気でお金を引き寄せたら、次は、お金をいかに使うかということが重要になってきます。

お金の使い方に関しても、スピリチュアル的な側面から考えていきましょう。

必要なものには惜しみない出費を

重要なことは、必要なものには惜しみなく出費するということです。

お金とは本来貯めるものではなく使うものであるため、本来の用途に即して利用してあげることが望ましいと言えます。

ただし、ただ闇雲にお金を使えばいいかというと決してそういうわけではありません。

濫用するのではなく、自分が必要であると判断したものに対しては惜しみなくお金を支払うという使いかたが重要となります。

「必要だ」と「欲しい」は別のこと

「必要である」というのは、単に「欲しい」ということとは少し違います。

これから先の人生を見据えた上で、ここでこの商品を買ったりサービスを活用したりすべきだと判断したときは、お金が必要な局面と言えるでしょう。

しかし、「必要である」と「欲しい」を正確に見極めるのは簡単ではありません。

判断を誤り、単に「欲しい」だけのものやサービスに出費してしまうこともあるでしょう。

判断力に関してはスピリチュアルに頼るのではなく、日々鍛えていくしかありません。

分かっていない人が多いです。

本当に必要なもののためにお金を使っていきたいですね。

お金を生むためにお金を使う

お金を生むためにお金を使うという考え方も、スピリチュアル的には重要です。

お金は「陽」の気を持っていますから、「陽」の気を持つお金同士も引き合うのです。

お金を生むためにお金を使うという考え方は、「投資」とつながる部分も多いです。

しかし、ここでいう投資とは、いわゆる株式やFXといったような直接お金を生むような行為だけには限りません。

たとえば次のような行為も、広い意味では投資です。

お金を生む以外の投資
  • 経営者セミナーに参加する
  • 成功者が集まるパーティーに出席する

人脈や可能性を広げるという意味では、自分に対する投資と言えますよね。

広がった人脈や可能性は、後々お金を生むチャンスにつながることも多いです。

スピリチュアルの観点から考えると、お金を生む以外の投資も望ましい出費なのです。

そもそもお金って?

私たちにとって、大きな悩みとなるのが「お金」です。

もちろん、人の感情など、お金以外にも大切なことがあります。

しかし、現実社会で生きていくためには、お金はどうして欠かせない存在です。

お金とは何なのかについてスピリチュアル面から見ていきましょう。

地球におけるルール

お金の歴史は、メソポタミア文明まで遡ると言われています。

都市国家ができるに従って、社会は支配者と労働者に分かれ、労働者の対価として生産した作物を給料として支給されていました。

しかし作物は、他の商品と変える場合に物々交換をしなければなりません。

物々交換では持ち運びも大変ですよね。

そこで物々交換の代用品として「お金」が発明されました。

地球上でお金が必要なわけ

お金がないと、モノを持っているかどうか、極端に言えば、食べ物を持っているかどうかで生活が決まってしまいます。

しかし、地球上にお金があるおかげで、食べ物を作ることができない人も生活をしていくことができます

「お金を稼げる」ということを前提として、農作業以外の仕事に従事することができるのです。

つまり、お金がなければ、農作業や酪農、水産業などの第一次産業以外の仕事は、する意味がなくなります。

子どもを教えて育てるといった基本的な仕事ですら、「生きていくこと(=食べること)には不要な仕事」になってしまうのです。

お金が生み出した問題

しかしながら、お金によって、私たちの暮らしは様々な問題を抱えるようになったのも事実です。

お金をどのくらい持っているかによって、富裕層や貧困層に分かれてしまうのも問題の1つです。

また、お金を軸として、差別や麻薬、売春、戦争などの問題が複雑化しています。

貧困をなくすために戦争しますが、戦争が貧困を生むという側面もあり、問題解決は容易ではありません。

均等にお金がないことはチャンス

人々が持つお金は均等ではありません

均等でないために貧富の差が生まれ、差別や争いごとが生まれます。

しかし、お金を均等に持っていないとしても、生きていくことに絶望する必要はありません。

今持っているお金を増やすことは誰でもできるチャンスですし、チャンスを生かすも殺すもその人次第です。

二者択一の世界で生きる私たち

例えば手元に100万円あったとしましょう。

100万円を銀行に預けるのか、100万円を株式やFX投資資金にするのかによっても、お金は大きくその存在価値を変えてきます。

もしお金を投資によって増やすことができたのなら、100万円を銀行に預けた人から見れば、せっかくのお金を増やすチャンスを逃したことになります。

私たちの生活は、常に岐路に立っていると考えてよいでしょう。

二者択一しかできない世界に住んでいるのですから、お金を殖やすチャンスを自分で切り開いていかなければならないのです。

お金はただの物質

とはいえ、お金に振り回される生き方はスピリチュアル的にも間違っています。

そもそもお金とは、経済学において「共同幻想」で言い表すことができます。

共同幻想とは「誰もがそう思っているからそういう価値があるのだろう」という考えです。

1万円札は単なる紙でしかありません。

製造工程なども含めて、原価にすれば数十円くらいなものです。

お金の価値は誰が決める?

価値という考えから行けば、紙幣には「紙」の価値しかありません。

ところが1万円札に対しては1万円の価値があると考えている人が多いために、1万円として流通しているのです。

1万円札を1万円の価値があると誰もが思うためには、1万円で1万円の価値があるものを買えることが前提になります。

何も買わなければ1万円札はただの絵の描いた紙です。

1万円で1万円以上の価値のあるものを買うならば、1万円札は1万円以上の価値を持っていることにもなるのです。

「宿命」とお金はつながっている

そして、お金とスピリチュアルを考える際に忘れてはならないのが「宿命」というキーワードです。

宿命はカルマ(業)とも言います

人には、その人生において為すべきこと、すなわち「カルマ」があると言われており、全ての人にカルマは宿っています。

そして、そのカルマを成し遂げるために行動している限り、どれだけお金がピンチな状況になろうとも必ず自分のもとにお金は集まってきます

成功者の話を聞いたり自伝を読んでみたりすると分かるのですが、成功に至るまで順風満帆だったという人はほぼ皆無で、みな何かしらの障壁につまずいています。

カルマは簡単に到達できない

成功に至るまでには、いくつもの障壁があります。

そして、その障壁はお金がらみの問題であることも非常に多いです。

しかし、ピンチに陥った時には、何か不思議な魔力が働いたかのように、必要なお金が自分のもとに集まってくるという体験をしているのです。

たとえば、ずっと売れ残っていた土地が売れたとか、突然大口の契約が舞い込んだ、研究に感銘を受けた大富豪がパトロンになってくれたなど。

内容は様々ですが、本当に「奇跡」としか言いようのないことばかりが起こります。

これを、宿命に向かって進んでいる人間が持つ引き寄せ力とも言います。

進むべき方向はあっているか

不思議な力が働いているのかどうかは、成功を収めて振り返ったときに分かります。

現実に壁に突き当たっているときは苦しいものですし、予想外にうまく行ったときもその場の処理に追われて、宿命に繋がっているかどうかまで考えが及びません。

自分の進むべき道が宿命につながる道だと信じて、ただ進み続けるしかないのです。

お金にも魂が宿る

スピリチュアルのオーソドックスな考え方の1つに、「物には魂が宿る」というものがあります。

日本古来からの考え方にも、言葉に魂が宿るという「言霊」という考え方がありますよね。

すなわち、お金にも魂が宿っているという考え方も、何ら不自然なものではないのです。

そして、魂が宿っている以上はぞんざいな扱いをしたり無作法なことをしてしまえば、お金に愛想を尽かされてしまうということもあり得るのです。

お金を大切に扱うことは基本中の基本

経営者の方の中には、お札の皺を必ず1枚1枚伸ばしてから財布に入れるという人もいます。

お金に宿る魂に対して畏敬の念を抱いている・・・ということなのでしょう。

経営者になったからお金に対して感謝するのではなく、普段からお金に感謝するという習慣があったからこそ経営者になれたとも考えられますね。

お金は波動を出す

お金にはエネルギーがあります。

つまり、エネルギーによってお金は血液のように世界を循環しているのですから、お金を独り占めする(=お金の流れを止めてしまう)ことは良いことではないのです。

お金を儲けたらかならず他人のためにも使ってお金を流し、お金が持つエネルギーを増やしていきましょう。

とはいえ、会社を設立しても誰もが儲かるわけではありません。

せっかく投資したのに失敗した、ということもありますし、他人のためにお金を使っても、単にお金を失うだけのこともあります。

お金のメッセージを聞き取ろう

投資や事業、他人への出資・・・。

これらがすべて無駄になることがあります。

それは、お金からのメッセージをきちんと聞き取らずにお金を出しているからに他なりません。

お金には感情があるのですから、お金を出すときはメッセージを聞いて、お金を信用しなくてはならないのです。

「裏切られるかも・・・」というネガティブな気がお金を遠ざける

お金を心底から信じていれば、お金に執着する必要はありません。

反対に、お金に執着している人は、「今、お金を手放したら二度と自分のところには帰ってこないのではないか」と考えていることになります。

つまり、お金に執着するということは、「お金に裏切られるかもしれない」という陰の気を持っていることになるのです。

陰の気を持っていると、お金はあなたから離れていくでしょう。

人を信用しない人は人間関係を築けない

お金に信頼を置いていない人が、人間を信じられるはずもありません。

人間を信じられない以上、お金を人に安心して任せることもできませんし、ビジネスで安心した取引もできないでしょう。

つまり、お金を失うだけでなく、人間関係も失っていくのです。

お金があれば全てが解決するわけではありませんが、お金の波動は世界を駆け巡り、最後にはまたあなたのもとに戻っていくでしょう。

エネルギーがあるからこそ世界が回っていくのですから、お金が欲しいのであれば、まずはあなたがそのエネルギーを放っていきましょう。

関連記事をチェック!

お金の管理ができない人は病気?男女別の特徴と対処法について

お金の管理ができない人は、経済的に苦しい生活となる可能性があります。 経済的に困窮してしまうことを回避するために、お金の管理ができない人の特徴と対処法を紹介します。 ぜひ参考にしていただき、し...

お金の管理ができない人は病気?男女別の特徴と対処法について

お金はお金を引き寄せる

また、お金があるところには自然とお金が集まるということも、よく言われていることです。

ただし、先ほどお伝えしたようにお金の本来の用途は「使われる」ことです。

ですから、無意味な貯蓄する人お金を使わずにため込むことが趣味の人には、お金は集まってきません。

同じ貯蓄でも、将来のことを考えて少しでも貯蓄しておこうという前向きな考えの人の場合は、お金が貯まっていきます。

お金の総量と貯蓄スピードは比例する

お金が貯まっていく速度は、既に手元にあるお金の総量と比例関係にあります。

そのため、最初はゆっくりと貯まり、お金が増えるにつれスピードを増していきます。

ある程度まで貯まると、あなたの意思に関係なくお金がお金を呼びます。

もちろん、お金が貯まったからといってむやみやたらに使うと、お金は逃げていくようになります。

貯まったお金を自分の宿命のために使っていく…というのが、最も理想的なお金の流れであると言えるでしょう。

お金に抵抗がある場合の対処法

お金に困らない人生を歩むには、まず、お金を好きになることが大切です。

そして、お金を信頼し、お金と心を通わせて大事に扱います。

しかし、どうしてもお金にネガティブな感情を抱いてしまう方もいらっしゃいますよね。

とくに、小さなときからお金について話すと「みっともないから止めなさい」と叱られていた方などは、お金のことをあれこれ言うことに抵抗を感じるかもしれません。

快くお金を使おう

お金自体がエネルギーであるため、エネルギーの流れを止めてしまうような行動は慎みましょう。

そして、こんなことをしたら損するんじゃないか、このお金を支払ったらなくなっちゃうじゃないかというネガティブな考えは捨ててください

負のエネルギーは、結局のところ、あなたに対して良いことは何もありません。

ですから、日常生活に必要なものは気持ちよく支払い、未来の自分に対しても快く投資しましょう。

そうすれば、そのエネルギーはお金をたくさん連れてあなたの元に帰ってくるはずです。

執着しすぎる貯蓄はしない

お金だって気持ちよく使ってくれれば、心地よいですし、心地よさを求めてきっとあなたのところに帰ってきます。

本当にお金と良い関係を築きたいのなら、気持ちのよい消費者になること、これに尽きるのではないでしょうか。

お金は支払うから入ってくるというのは、サイキックな意味だけでなく、経済学にも裏付けられた真実です。

将来のためなどのポジティブな貯金はよいですが、「お金を手放したくない」という執着心からの貯蓄は避けてください。

関連記事をチェック!

お金がないのに贅沢してない?貯金が貯まらない人の習慣

「贅沢してないのに貯金が貯まらない」 このような場合、実は自覚していないだけで贅沢をしている可能性があります。 「いやいやそんなことはないよ!」と思うかもしれませんが、今回の記事を試しに読...

お金は波動を出す

本来であれば支払わなければならないお金は、なのに、

支払うべきお金は後回しにしてはいけません。

「今日じゃなくてもいいよね」「少しくらい遅れてもいいよね」とお金のエネルギーの流れを止めていると、金銭的な損失以上の損失があります

債権者に迷惑をかけてしまったり、人間関係を崩すこともあるでしょう。

支払いに抵抗があるということは、お金が戻ってきにくいということを知るべきです。

関連記事をチェック!

今すぐ金持ちになる方法17選と心構え

お金持ちになりたいという気持ちは、誰しもが持っています。 しかし、お金持ちになりたいという気持ちはあっても、実際にどうすればお金持ちになれるのかということは、なかなか分からないですよね。 方法さえ分か...

パワースポットやパワーストーンは効果がある?

一時的には損したな、と思っても、そのお金は他人にとって良いエネルギーの循環になります。

良いエネルギーの循環は、巡り巡って自分のところに戻ってくると信じることが大切ですね。

ところで、お金のエネルギーが貯まりやすい場所があり、俗にパワースポットと呼びます。

パワースポットと呼ばれるところには良い「気」が流れており、お金の波動を感じられる方には運気が強まります

また、エネルギーが石に集まったものをパワーストーンと呼びますが、これは良い気だけでなく悪い気が集まっていることもあり、一概に金運アップにはつながりません。

お金の波動を上手に読めない方には危険を及ぼすこともありますので、自信がない方はパワーストーンに手を出さないほうが無難です。

関連記事をチェック!

金欠でも大丈夫!お金をかけないデートプラン26選!

お金がなくてもデートはできますよ! 金欠でもパートナーを満足させるデートプランを具体的に紹介していきます。 その前にまずはデートの平均額を紹介します。 デート1回の平均額はプランによ...

心のブロックを取り払おう

あなた自身が商品を一から作り、その商品の売れた時をイメージしてみてください。

お客さんが、商品と引き換えにお金を払ってくれますよね。

そのお客さんが「ありがとう」と言ってくれたら、あなたはどう思いますか?

素直に「こちらこそ、大事なお金をありがとうございます」と思うのなら良いのですが、お金を受け取って当然と考えるなら、おそらくあなたはお金に感謝されていません。

お金も引き寄せる力は、お金が入ってくる方向に向いているのです。

お金を払う人も受け取る人も平等の立場

何もお金を払った側が偉いのではなく、商品を作った側が偉いわけでもありません。

お金は等価交換です。

お互いに商品に見合った金額であれば、 ありがとうの感謝の気持ちが自然と出てくるでしょう。

お金を持っている人は、自らがお金の流れを作る価値を持っています

商品を作ったほうも商品を買ったほうも同じで、いずれもお金の流れを生み出すことができるのです。

お金を儲けることは悪いことではない!

お金を儲けることは、より良く生きていくための行為ですから間違いなく良いことです。

しかし、お金を儲けることに罪悪感を持つ人は少なくありません。

とりわけ、知り合いや家族、友人に有償でなにかをすることに抵抗を持つ人がいます。

とはいえ、お金を儲けることに罪悪感を感じていると、お金はあなたが発する「陰」の気を察知して、寄り付かなくなってしまいます

お金は良いもの、そして、お金を儲けることは良いことということをしっかりと理解しておきましょう。

こんな行動はスピリチュアル的にNG

お金を引き寄せるためには、スピリチュアル的には、お金を好きになることが大切です。

そして、お金を儲けることを好きになり、将来のために積極的に増やしていくことが重要です。

反対に、お金を遠ざけるスピリチュアル的な行動もあります。

避けるべき行動を2つ紹介しますので、知らず知らずのうちにしていないか振り返ってみてください。

自分のためだけに贅沢をする

「あれが欲しい!」「これがしたい!」という自分中心の考え方でお金を使うのはNGです。

独りよがりな考え方からは「陰」の気が発されるため、使ったお金が元に戻ってくることがなくなってしまうのです。

周囲の人に対して感謝の気持ちを抱いて、周囲のためにお金を使うという心構えが重要だと言えるでしょう。

長い目で見れば、自分だけのためにお金を使うことはマイナスになることが多いです。

自分のためだけに使うということは、お金の流れを止めているわけですから、スピリチュアル的にNGであるのは当然と言えば当然ですよね。

身の丈に合わないお金を欲しがる

分不相応なお金を欲しがるということも、スピリチュアル的にNGの行為です。

お金に対しては、常に現実的な態度でいましょう。

過度なお金は身を滅ぼす元になること、そして、自分だけではなく周囲の人も巻き込んで不幸せになることを肝に銘じましょう。

ただし、お金が得られるように頑張ること自体は悪いことではありません。

自分自身が成長したなと感じた後で、改めてその時の自分の身の丈にあったお金や財産を望むようにしましょう。

個人ではなく国家単位でも、身の丈に合わないお金の使い方はNGです。

国にお金がないのに福祉や社会保障だけ充実させるのも、バランスがとれていない行為ですよね。

日本は国力に見合った支出をし、日本国民も自分の財力に見合った支出をすべきなのではないでしょうか。

金持ちな人と貧乏な人の違いは?

誰もがお金に不自由しない生活をしたい、と考えることでしょう。

しかし現実には、お金持ちと貧乏な人に分かれています。

貧乏な人は何も好きで貧乏になったのではないとしても、お金持ちとは何か決定的な違いがあります。

決定的な違いとは、お金持ちは自分でお金を稼ぐ行動をするのに対し、貧乏な人は人に頼ろうという気持ちがあることです。

人に頼ろうと考えつつも、お金のことばかり考えてしまうのも、貧乏な人によくあることです。

お金のことを考えるばかりに心に余裕を失う

貧乏な人がお金儲けのことばかりを考えていると、心に余裕がありませんね。

心に余裕がない状態でビジネスで成功するチャンスをきちんと見つけることができるでしょうか。

貧すれば鈍する、とは言ったものです。

お金にばかり焦ってしまうと、怪しい儲け話に乗ってしまい結局お金を失うことになります。

お金持ちは、お金を儲けることを考えるのではなく、お金が儲かるかもしれないチャンスを正しく判断できる能力を持っているのです。

お金が無い人と「パーキンソンの法則」

パーキンソンの法則とは、イギリスの学者である、シリル・ノースコート・パーキンソンが考え出した法則です。

1958年に提唱された法則ですが、いずれもお金のない人に当てはまる法則として現代でも認識されています。

パーキンソンの法則とは次の二つの法則から成り立っています。

パーキンソンの法則
  1. 仕事の量は、それが完成するまで時間をすべて満たす
  2. 支出の額は収入の額まで増える
パーキンソンの法則1:時間を決めて行動すると無駄な時間が生まれる

第1の法則は、時間を先に決めてから行動すると、無駄な時間が生まれるという法則です。

例えばミーティングを2時間行う、と先に決めてしまうと、ミーティングの内容に関係なく2時間使い果たしてしまいますね。

ミーティングの内容がそれほど濃い内容とは言えないとしても、2時間を浪費してしまいます。

無駄にしてしまった時間で何か生み出せるチャンスがあったのに、それを逃してしまったことになる可能性がありますよね。

時間を目的にするのではなく、何をなすべきかという目標を目的に行動すれば自ずと無駄を省くとことができるでしょう。

時間を無駄にしないことは、運気を引き寄せることにもなります。

何か予定を立てるときは、「2時間で仕上げよう」という風に時間を決めるのではなく、到達するべき目標を決めるようにしましょう。

パーキンソンの法則2:収入が増えると支出も比例して増える

第二の法則は、収入が増えると支出も比例して増えるという法則です。

たとえ毎月の収入が50万円あっても、また100万円あっても、お金が全てなくなるまで使い切ってしまうのが、貧乏な人に見られる特徴です。

貯金も支出と考え、収入から生活費や貯金額を差し引いた残りのお金を使うようにすれば自然にお金は貯まるのですが、収入が増えるとつい支出も増やしてしまうのですね。

そのため、どんなに収入が増えても、結局お金はが貯まりません。

もちろんパーキンソンの法則は、誰にでも当てはまる根拠はありません。

貧乏から抜け出せない方は、パーキンソンの法則にとらわれているのではないかご自身の時間の使い方やお金の使い方を振り返ってみてください。

お金がないときは、「お金さえあれば、したいことができて幸せになれるのに・・・」と考えがちです。

しかし、欲しいものを買ったり行きたいところに行ったとしても、それだけでは幸せになれないことが多いのです。

支出と幸福度は比例しないという真実に気付けば、収入が増えても無駄遣いをせずに済みますよ。

お金が無い人同士は引き合う

人の縁というのは、同じ波長を持った者同士が引き合います。

それをお金に例えて言うなら、貧乏人は貧乏人と波長が合うということです。

考えてみれば当然のことかもしれません。

貧乏人は常に貧乏人のオーラを出しているため、そのオーラに引き寄せられて、貧乏人同士が出会ってしまいます。

ネガティブなオーラ同士が引き合う

お金持ちのオーラをポジティブとすれば、貧乏人のオーラはネガティブです。

ネガティブほど伝染しやすく、簡単に人の潜在意識に入り込める能力を持っています。

貧乏人はお金の使い方がわかりません。

しかも、根っからの貧乏人は、お金持ちになった人のレクチャーを受けることは嫌いです。

お金を増やしてお金持ちになろうという考えよりも、お金がない者同士一緒にいた方が楽しい、と感じてしまうため、いつになっても貧乏なのです。

傷のなめ合いもイヤですが、足の引っ張り合いもイヤすぎですよね。

ネガティブなオーラがある人ばかりが集まっても、時間の無駄以外の何物も生まれません。

収入は少ないけれどお金に困っていない人

本人の収入が少なくてお金に困っていない人がいます。

決して親がお金持ちというわけではありません。

収入は少なくてもお金に困っていない人の特徴として、リスクを考えて行動できることピンチはチャンスと考えるなど、 常にプラス思考でいることを挙げられます。

そのため、貧しくてもネガティブなオーラがなく、ポジティブシンキングなお金持ちの人を引き寄せます。

笑顔が幸せを引き寄せる

たとえ収入が少なくても、お金持ちの人と同じ思考回路であれば、普通なら見逃してしまうような小さなチャンスでもきちんと見つけ出すことができるでしょう。

お金がなくてもそのうちには何とかなるだろうと、いつも笑顔で、気楽にしています。

また、たとえお金がないとしても、収入に見合った生活をしているためお金に困ることはありません。

お金を使っているうちに、お金の方が引き寄せられてくるのです。

いきなりお金持ちの思考になるのは難しい

普段の会話や思考に愚痴や妬み、ひがみが満ち溢れていると、お金のエネルギーの循環から外されてしまいます。

そうは言ってもいきなり、お金持ちの思考回路になろうと思ってもそれは難しい問題ですね。

しかし、ほんのちょっと努力するだけで思考回路は変えることが可能です。

次の2点に注意してみましょう。

お金持ちの思考にシフトする方法1:貧乏は異常であると理解する

まず、貧乏であることは異常な事態だと受け止めることです。

貧乏な状態が普通だと思ってしまうと、お金は絶対に入ってきません。

宝くじや突然の遺産相続などで一時的に大金が入ってきたとしても、数年後にはすべてを失い、元の貧乏生活に戻ってしまいます。

反対に、貧乏な状態が異常だと理解しているならどうでしょうか。

異常な事態から早く抜け出そうと、運気がポジティブな方向へ進むようになるのです。

確かにそうです。

お金がない人にお金を配っても、何の解決にもなっていません。

返って、貧乏な状態に留まろうという気持ちを引き起こす恐れもあります。

お金持ちの思考にシフトする方法2:現状に不満を持ち過ぎない

今月、自由に使えるお金が1万円だとします。

「1万円しかお金がない」と思ってしまうと、お金を使うたびにネガティブな気持ちになってしまいますよね。

しかし、「1万円もお金がある」と思うなら、お金を使うたびにポジティブでハッピーな気持ちになります。

お金がない状態に慣れてしまうことはスピリチュアル的にNGですが、現状に不満を持ちすぎるのも「陰」の気を発することになるのでNGなのです。

確かに不満があるなら、文句を言うのではなく行動すべきですよね。

お金がなくて文句を言っている人は、努力してお金を持てるようになった人に対して尊敬ではなくひがみの気持ちを持ちます。

そしてそのネガティブな気持ちが、さらにお金のない状態へと導いていくのでしょう。

お金が無いときはどうしたらいい?

いきなりお金持ちになることは無理です。

精神状態をポジティブに切り替えたら、次はスピリチュアルではなくプラクティカル(現実的)にお金を殖やしていきましょう。

今すぐ始められる4つの方法を紹介します。

プラクティカルにお金を殖やす方法
  • 嗜好品はやめる
  • 持ち物を売る
  • 実家で暮らす
  • 国の制度を利用する

嗜好品をやめる

お金持ちはお金をたくさん持っていますから、酒やタバコなど嗜好品を買うことは自由自在です。

しかし貧乏人はお金がありません。

お金がない状態で、浪費を繰り返していたのではいつまでたってもお金が貯まっていきませんし、お金のエネルギーも得ることができませんよね。

幸せもお金ももたらさない次のような無駄な習慣は断ち切りましょう。

幸せもお金も生み出さない無駄な習慣
  • ギャンブル
  • 簡単な儲け話
  • 身分不相応のアクセサリーを買う
  • 燃費の悪い車に乗る
  • 無駄な人間付き合い
  • コンビニでの買い物

持ち物を売る

断捨離という言葉が流行って数年経ちますが、これはシンプルライフにつながり、悪い運気を断ち切る効果もあります。

必要最低限のものだけを残し、生活に不要なものはすべてヤフオクやメルカリで売ってしまいましょう。

買う時に高かったんだよなという商品でも、もう数ヶ月も使っていないのであればそれは不用品です。

不用品はあなたに何の価値ももたらしません。

実家で暮らす

お金がないのに高い家賃を払ってアパートに住んでいませんか?

生活費の中で家賃という固定費は、かなり支出のパーセンテージを占めていることでしょう。

ただ毎日暮らすだけで、月に数万円もなくなるのなら、いっそのこと実家に住んで家賃を浮かせましょう。

浮くのは家賃ばかりではありませんね。

家族と一緒に生活することによって、水道光熱費や食費も浮かせられます。

実家暮らしでもお金が貯まらない方は、次の記事をぜひ参考にしてください。

関連記事をチェック!

実家暮らしでお金が貯まらない!一体何が原因?実家暮らしの貯金あれこれ

実家暮らしならお金が貯まるのに・・・ そんな言葉を耳にしたことのある方は多いはずです。 しかしながら、実家暮らしで出費が少ないはずなのにお金が貯まらない、そんな悩みを抱えている方もいるので...

実家暮らしでお金が貯まらない!一体何が原因?実家暮らしの貯金あれこれ

国の制度を利用する

会社を立ち上げようとしても資金がない、と困っているのなら国の貸付制度を利用しましょう。

代表的なのは、日本政策金融公庫です。

保証人を立てられなくても、きちんとした事業設計計画があれば低利で融資してもらうことも可能です。

教育資金にしてもそうです。

国の教育ローンは、低収入の家庭でも十分進学していけるように、積極的に融資を行っています。

関連記事をチェック!

留学したい!でもお金が足りない!どうすれば良い?

留学したくてもお金が足りなくて諦めてしまう人は少なくありません。 ですが、せっかく留学を思い立ったのなら、なんとかお金を工面して夢を実現させたいですよね? この記事では留学費用を工面する方...

留学したい!でもお金が足りない!どうすれば良い?
世帯に合わせた支援制度もある

自治体によっては、子育て世代に向けて教育資金貸付制度を設けているところもあります。

また、低収入世帯は生活福祉資金貸付制度を利用できますし、ひとり親世帯は母子父子寡婦福祉資金貸付制度を利用できます。

貸付金利は年0~1.5%(母児父子寡婦福祉資金貸付制度は年0~1.0%)と低金利ですので、利息が生活を圧迫するリスクは低いです。

また、児童手当児童扶養手当などの現金支給制度もありますので、しっかりと活用しましょう。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)母子家庭のお金のすべて!支援制度・年金・保険・養育費

世帯収入が多く、貯金がたくさんあるという場合なら、突然、ひとり親家庭(母子家庭・父子家庭)になっても、お金の心配はそこまで大きくはないでしょう。 ですが、専業主婦でまったく個人の収入がない人や、...

お金を引き寄せるには

お金を引き寄せるには、あなた自身が「陽」の気を持つことが大切です。

お金も人と同じです。

明るいほう、楽しいほうに引き寄せられていきます。

また、お金を大切にすることも大切です。

お金にはエネルギーがありますので、大切にしてくれるほうへ自然と流れ込むのです。

見返りを求めないのが基本

「大切にしたんだから、あなたもわたしを大切にしてね」

こんなことを言う親がいたら、毒親ですよね。

子どもを大切にするのは当たり前のことですし、見返りをもとめるのは真の愛情ではありません

お金も同じです。

あなたがどんなに大切にしたところで、見返りを求める気持ちがあるならば、それば真の愛情ではありませんし、お金から愛想をつかされてしまいます。

全てをささげられる人が無限の見返りを得られる

見返りを求めるのではなく、単に愛情を注ぎたいから大切にする・・・

子育てだけでなく、友人や家族、お金との関係においても大切なことです。

見返りを求めるのではなく、お金を大切にするお金があることを喜ぶお金を稼ぐことを誇らしく思うことの1つ1つが、お金を引き寄せ、お金に愛される人生を送ることにつながっているのです。

また、あなたのお金に対する真摯な態度が、あなたの子どもや家族にも伝染し、お金に困らない人生を歩ませることにもなります。

Q&A

最後にお金がないこととスピリチュアルに関して、よくある質問と回答をご用意しました。

何かしらお役に立てると思います。是非お読みくださいね。

奢ってもらえるのはどんなひと?
ずばり一緒にいて楽しい人です。せっかく奢るのに、愚痴ばかり言われたのではたまりませんよね。いつもニコニコしていれば愛嬌も良いですし、こちらの話に乗ってくれば共感を得ることもできますね。奢りたくなる人というのは、言ってみればノリがいい人です。
お金が無くても、してはいけないことは?
お金がなくても、そのうちきっとお金が巡り巡ってくるとポジティブに考えましょう。スピリチュアルに考えれば、前提として何かに向けて目標を進んでいる人、他人を恨むこともなければ僻むこともない、というような人にお金は寄ってきます。お金がないからといって犯罪はもちろんのこと、クレジットカードの現金化というような違法行為もしてはいけません。
貯金ができないのは収入が少ないから?
貯金ができる人は、収入から生活費と貯金を差し引いた金額だけを使う人です。つまり貯金も生活費の一部であると考えるわけですね。ですから貯金ができない性格という人は収入がいくら多くても、残ったお金を貯金すれば良いと考えてしまいがちなのです。そのような考えでは貯金はできません。
お金の悩みは正確に占ってもらえるの?
占いは所詮占いであることに気がつきましょう。しかし占ってもらうことで少しでも幸福度が高まれば、それはあなたによって良い結果をもたらします。安心感を得るという効果もありますね。ネガティブ思考からポジティブ思考に変えることに成功できれば、引き寄せの力によってお金が寄ってくるでしょう。

まとめ

以上、お金とスピリチュアルの関係についての説明でした。

今回説明したことのほとんどは科学的な話ではないため、証明することはできません。

このような考え方で人生を歩んでいけば、より幸せになれるかもしれないという指針だと思ってもらうといいでしょう。

スピリチュアルと共に歩んでいくかどうかはあなた次第です。

関連記事をチェック!

お金がないと心が病んで余裕がなくなる理由と金欠を回避する方法7選

お金がないと、心に余裕がなくなります。 では、お金があれば心に余裕が生まれるのかというと、そうでもありません。 つまり、お金がないと確実に心の余裕はなくなりますが、気持ちの余裕のなさはお金があ...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

特集記事