お金に困ったときは「お金がない馬」

自動車保険の引き落としが残高不足で払えない!滞納したらどうなる?

口座振替は便利な支払い手段なので、各種支払いを口座振替に頼っていると言う人が多いですが、支払っているものの中に自動車保険料が含まれている場合もあるでしょう。

しかし、万が一、口座の残高が足りずに料金の引き落としができないような状況に陥ってしまった場合、契約している自動車保険はどうなるのでしょうか。

今回は、口座の残高不足で自動車保険料が引き落とされなかった場合にどうなるかや、その後の対処法について説明していきます。

この記事はこんな人におすすめ

この記事は次のような人におすすめの内容になっています。

  • 自動車保険を口座振替で支払っている人
  • 残高不足で自動車保険料を支払えなかった人
  • 自動車保険料の支払いについて知りたい人

引き落としができないとどうなる?

指定された振替日に口座の残高が足りずに自動車保険料の引き落としができない場合にはどうなってしまうのでしょうか。

口座引き落とし日にお金が口座にない場合は、基本的に猶予期間内に料金を支払えば問題ありません。

ただし、払い込み猶予期間に支払いが実施されなければ、最悪の場合契約が失効されたり、解除されたりするので注意が必要です。

猶予期間内に支払えばOK

保険料の支払いが支払日に遅れた場合、その後に「払い込み猶予期間」と言う期間が設定されます。

払い込み猶予期間とは「この間に支払いが遅れている未払いの保険料を支払ってもらえればお咎めなしとしますよ」と言う期間なので、何としてでもこの間に請求された保険料を支払うようにしましょう。

払い込み猶予期間に支払わないと失効も

初回の口座引き落としに間に合わなかった場合は、保険会社から書類や電話などでその旨の連絡がありますので、「気付かないうちに払い込み猶予期間が終わってしまっていた」と言うことは基本的にはないでしょう。

しかし、払い込み猶予期間のことは分かっていながらも、金銭的な事情で支払いが行えない場合もあるものです。

万が一、自動車保険の払い込み猶予期間に支払いが間に合わなければ、先に少し触れた通り契約している保険が失効となってしまう可能性があります。

失効とはその名の通り「効力を失う」と言うことなので、保険失効中に事故を起こしたとしても本来補償されるべきものが補償されません。

保険が失効しても、その後一定期間内(保険会社によって期間は異なる)に未納の保険料を支払うことで復活できる場合が多いですが、たとえわずかな期間でも補償が受けられない時期があるのは恐いですよね。

失効より重い場合は契約解除に

払い込み猶予期間を過ぎてしまった場合の対処は、保険の失効だけとは限りません。

保険会社の方針によっても異なりますし、契約者がこれまで何回も支払いを遅延してきたことがあるなどの事情にもよりますが、払い込み猶予期間を過ぎた時点で即契約解除となってしまう場合もあるのです。

契約解除は失効よりも重い処分であり、失効の場合は一定期間内に未納の保険料を支払うことで復活できましたが、契約解除では契約を復活させられません。

つまり保険が「失効」するのではなく、強制解約によって「無効」になってしまうのですね。

今までに失効してしまった保険を復活させた経験がある人は、「払い込み猶予期間を過ぎても最悪その後の期間内に支払えば大丈夫」と考えてしまいがちですが、契約解除・解約の場合にはそのような考え方は通用しません。

保険の失効は支払い遅れの常習犯にはいい薬となるかも知れませんが、契約解除までいくと「いい薬」どころの話では済まなくなってしまうので、失効後の復活を当てにすることなくできる限り払い込み猶予期間内に支払いを終えられるように努力しましょう。

関連記事をチェック!

生命保険料が払えない、滞納しそうな場合はどうする?

家計が苦しくなると、生命保険料を支払うことが難しくなってしまうこともあります。 しかし、生命保険の保険料を滞納してしまうと契約が失効してしまう可能性があります。 お金に困っているときや、生命保険の...

関連記事をチェック!

保険料引き落としのタイミングで口座が残高不足になっていたらどうなる?

口座からの引き落としで色々なものを支払っているという人は多いと思いますが、その中の1つに保険料が含まれているという人もいるでしょう。 万が一口座が残高不足になってしまうと、当然引き落としもかからなく...

保険料引き落としのタイミングで口座が残高不足になっていたらどうなる?

払い込み猶予期間はどれぐらいある?

支払いが遅れてしまった場合は払い込み猶予期間が最後の頼みの綱となりますが、払い込み猶予期間はどれぐらい設定されているのでしょうか。

これは保険会社によって異なりますが、一般的には1か月や2か月程度となっています。

ただ、保険料を支払うためのお金を調達しなければならないことを考えると、1か月と2か月では大きな違いですよね。

自分が契約している保険会社が払い込み猶予期間をどれくらいに設定しているかに関しては、契約書類を確認するなりサポートセンターに問い合わせるなりして、正確な期間を把握しておきましょう。

一般的には月払いの保険料を1か月分支払い忘れると、次の引き落とし日に未払い分の保険料の再請求がされます。

つまり、次の引き落とし日に2か月分の保険料を支払う必要があると言うことです。

再請求に対応せずに放置すると、ハガキや電話で保険会社から支払いの督促がきます。

これも無視し続けて当初の支払日から2か月ほど経つと、保険契約が失効したり、強制解約されたりします。

自動車保険料を滞納した場合の手続きの流れ

自動車保険料を滞納してしまった後の流れを紹介いたします。

1か月目で未納のお知らせ

保険料を支払い始めたときや、保険料が変わった時など口座に用意しておかなければならない金額を間違えてしまうことがあります。

不足してしまうと、保険料の滞納となります。

1回目の保険料を滞納してしまった後は、保険会社から保険料が未払いになっていることの連絡があります。

この先の対応に関しては、各保険会社の対応が違ってきますので、最終的に入っている保険会社に確認をとるようにしましょう。

保険料を滞納してしまったら、一定の期間であれば事故を起こしても手続きさえ間違わなければ保険の適応が受けられる保険会社もあります。

中には、保険金の滞納があった日から契約の解除は行わないものの、入金があるまでは保険の適応ができない保険会社もあります。

車の運転をする場合には、すぐにでも滞納している保険料を支払うようにしましょう。

保険会社に電話をして滞納分を支払い方法と、支払うまでの保証に関して確認を取っておくのが良いですね。

2か月以内なら一括

どうしても支払うことができなかった場合や未納のお知らせを見逃してしまっている場合、まれに2か月連続で滞納になることがあります。

2か月までの滞納に関しては、翌月の支払日または支払期日までに今までの滞納となっている保険料を一括で支払うようになります。

支払いができれば、事故を起こした場合でも保険の適応を契約通り受けられます。

ただし、2か月間支払いを行っていない場合には、契約は残っているが保険の適応は受けられないことがほとんどです。

いざというときのための保険ですので、保険の適応対象とならない期間を作らないように支払いはすぐにでも行いましょう。

もし、翌月の一括振り込みはできるけど、それまでの間は振り込みができない場合には、保険会社に相談をすると良いですね。

保険会社によっては、期日を猶予してもらえる可能性もあります。

もし難しいなら、保険の解約を考えなければなりません。

契約解除後の再契約は可能?

万が一、保険契約が解除になってしまった場合でも、無保険のまま車を運転するのは非常に危険なことですから、改めて保険契約を結ぶ必要があります。

しかし、一度契約を解除されてしまった保険会社で再契約はできるのでしょうか。

結論から言えば、「保険会社による」と言うのが答えです。

保険会社としても、支払いの滞納が続いた結果契約を解除した相手が再度「契約させてください」と言ってきたとしても、慎重にならざるを得ないと言うのが正直なところでしょう。

それでも契約してくれると言う保険会社がある一方で、一定期間が経過しなければ再契約には応じないと言う保険会社もあります。

これに関しては、保険会社に直接問い合わせて確認するのがいいでしょう。

過去の遅延記録や契約内容などによって判断が変わってきます。

ただし再契約が可能な保険会社の場合でも、今まで積み重ねてきた「等級」はまた1からのスタートになります。

等級とは、事故歴に応じて保険料の割り引き・割り増しを適用する制度のことで、初回加入のときは一律で「6等級」からのスタート(契約条件により7等級スタートの場合もあります)となります。

保険に加入してから一年間、自動車保険の支払い対象になる事故が無ければ等級がひとつ上がって保険の割引率も下がるため、無事故を継続していればどんどん保険料が安くなる仕組みとなっています。

しかし保険の再契約となった場合には、今までの等級はすべてなかったものとなり、また6等級からスタートしなければなりません。

契約解除と言うのはそれぐらい重いペナルティなのだと言うことを、肝に銘じておきましょう。

ただし、自動車保険の契約が解約になる前に、「中断証明書」という書類を発行しておけば、再契約時に解約前の等級を引き継げる場合があります。

保険料を払い済の契約応当日の等級で再度自動車保険に加入できるので、料金を支払うのが難しいと分かった時点で早めに手続きをしておくことをおすすめします。

保険料の支払い方は主に以下の4つ

口座振替の話からスタートしてしまいましたが、自動車保険料を支払う方法は口座振替に限られているわけではありません。

自動車保険料は、主に以下の4つの支払い方法があります。

  • 口座振替での支払い
  • クレジットカードでの支払い
  • 銀行振り込みでの支払い
  • 払込用紙を用いての支払い

それぞれの支払い方法について詳しく見ていきましょう。

口座振替での支払い

自動車保険料の支払い方法のひとつ目は、冒頭から触れている通り口座振替です。

口座振替は自分で支払いの手続きを行わずとも、振替口座にお金を入れておけば支払いを済ませられるので非常に便利な支払い方法です。

水道代やガス代のような公共料金や家賃を口座振替で支払っている場合には、自動車保険料も一緒に口座振替にしておけば支払いが分かりやすくなるでしょう。

口座振替日にお金を入金することを忘れないようにしましょう。

クレジットカードでの支払い

ふたつ目は、クレジットカードを用いて支払う方法です。

クレジットカード払いのメリットは、何と言っても毎月必ず支払わなければならない出費を利用して、クレジットカードのポイントを自然と貯められることです。

クレジットカードによってポイントの還元率が異なるため、複数枚のカードを持っている場合にはなるべく高還元率のカードを選んで自動車保険料の支払いに充てるといいでしょう。

なお、保険会社によってはクレジットカード払いにすることで割り引きを行ってくれる場合もあるので、そのような保険会社で契約を行った場合にはクレジットカード払いのメリットがより一層大きなものになります。

銀行振り込みでの支払い

3つ目は、銀行振り込みでの支払いです。

保険会社の指定口座に振り込むかたちで、自動車保険料を支払います。

振込手数料は利用者が負担することになるので、若干ではありますが他の支払い方法よりも負担金額が大きくなる可能性があります。

クレジットカードを持っていないとか、口座振替での支払いがあまり好きではない場合でないとわざわざ選ぶメリットは少ない支払い方法と言えるかも知れません。

ネットバンキングで支払えると、自宅にいながらいつでも手続きが可能なので支払いの手軽さはメリットとなり得るでしょう。

払込用紙を用いての支払い

最後は、払込用紙を用いて支払う方法です。

保険会社から郵送されてくる払込票を用いて、銀行などの金融機関の窓口やコンビニなどの取扱代理店で支払いを行いましょう。

金融機関やコンビニであれば近所に少なくともひとつはあるでしょうし、支払いに苦労することは少ないでしょう。

ただし、払込用紙の使用期限が過ぎると再発行になってしまい、手数料が必要になってしまう場合があることには注意しておかなければなりません。

保険料はどのタイミングで支払う?

自動車保険料の支払い方法は大きく分けて4つに分類できましたが、支払うタイミングに関しても以下のふたつのどちらかから選べます。

  • 毎月支払う「月払い」
  • 毎年支払う「年払い」

毎月支払う「月払い」

まずひとつ目は、毎月支払いを行う「月払い」です。

月払契約は、口座振替やクレジットカード払いであれば毎月決まった日付に引き落としが行われ、銀行振り込みや払込用紙での支払いの場合は所定の日付までに支払いの手続きを行えばOKです。

毎年支払う「年払い」

そしてもうひとつは、毎年1回決まった時期に支払いを行う「年払い」です。

年払い支払い方式を採用しているのは、自動車保険料の他には主に生命保険料・共済掛金・年金保険料などで、それらを年払いで支払っている場合は自動車保険料も年払いにすることで、支払いのサイクルを合わせられるでしょう。

それぞれにメリット・デメリットあり

月払いと年払いの違いは支払いを行うタイミングだけではなく、それぞれにメリットやデメリットがあります。

月払いのメリットは、お金の管理がしやすいと言うことです。

1か月単位で支払うものが多い中、自動車保険料のみ一年単位での支払いとなるとお金のやりくりがしづらくなってしまいますが、月払いにしておけばそのような心配はありません。

月払いのデメリットは、年払いと比べると保険料が割高になってしまうことです。

どうせ同じ補償を受けられるのであれば、支払う金額は少しでも少なくしたいものですよね。

年払いのメリットは、月払いのデメリットの裏返しでもありますが、保険料が割安になると言うことです。

自動車保険料に限らず、月払いと年払いのふたつの選択肢があるものに関しては、年払いを選べば保険料の総負担金額が少なくなることは覚えておくといいでしょう。

また、保険料を1度支払えば一年間は保険失効などのリスクがないと言うのは、月払いにはないメリットです。

年払いのデメリットは、一度の支払いでまとまった金額が飛んでいってしまうと言うことです。

月払いと比較すると割り引きになっているとは言え、まとめて支払うのは家計にとってかなりの負担なので、年払いを利用する場合は支払いのタイミングに向けて出費を計画的にコントロールする必要があると言えるでしょう。

メリットデメリット
月払いお金の管理がしやすい年払いよりも保険料が割高
年払い月払いよりも保険料が割安
保険失効などのリスクがない
まとまった金額を支払う必要がある

自動車保険の失効を防ぐためには

最後に、自動車保険の失効および契約解除を防ぐための方法について考えていきましょう。

今回紹介するのは次の3つの方法です。

  • 払い込み猶予期間には間に合わせる
  • リマインドすることで注意喚起を
  • お金がない時はカードローンで調達

自動車保険が失効になると非常にデメリットが大きいので、できるだけ契約が失効しないように資金を用意しておくことが大切です。

では、それぞれの方法の内容について詳しく見ていきましょう。

払い込み猶予期間には間に合わせる

自動車保険の失効を防ぐためのデッドラインが払い込み猶予期間なので、何としてでも払い込み猶予期間内には支払いを間に合わせるようにしましょう。

特に保険会社を乗り換えた場合には、元の保険会社と新しい保険会社で払い込み猶予期間が異なっている場合があるので要注意です。

保険が失効してしまっても、その後一定期間内に支払いを行うことで復活させられる可能性はありますが、払い込み猶予期間が終わった後に失効となるか契約解除となるかは保険会社次第です。

危ない橋を渡るよりも、払い込み猶予期間内に支払いを終えられる方法を全力で模索するようにしましょう。

リマインドすることで注意喚起を

保険料の引き落とし日より前に自分でリマインドを設定して、お金を準備する方法もおすすめです。

引き落とし日にお金が用意できていれば、払い込み猶予期間のことなど考える必要はありませんが、引き落とし日前日に「明日が引き落とし日だ!」と気付いても手の打ちようがありません。

そのため、引き落とし日より前から少しずつリマインドを行っておき、引き落とし日にきちんとお金を確保できているように注意喚起を行うのが望ましいでしょう。

「明日1万円用意する」のと「1週間後に1万円用意する」のでは、難易度がまったく違いますからね。

リマインドの方法は、スマホのアラーム機能を使うのでもカレンダーに印を付けておくのでも何でも構いません。

自分が確実に気付ける方法を用いて、リマインドを行うようにしましょう。

お金がない時はカードローンで調達

リマインドによって早いうちから引き落としに注意できていたとしても、お金を調達できなければ意味がありません。

どうしても引き落とし日までにお金を用意することが難しそうだと言う場合には、カードローンを利用して保険料分のお金を借り入れるのがいいでしょう。

直近の支払日を乗り越えられると、また来月の支払日までお金を調達するための猶予ができます。

ただし来月は、保険料の支払いと同時に借り入れたカードローンの返済も行わなければならないことに注意しておきましょう。

とは言うものの、カードローンの返済自体は借り入れたお金を一括で返済するのではなく分割で少しずつ行っていけばよいので、借り入れた金額にもよりますが保険料の支払いと借り入れの返済は家計の大きな負担になりにくいでしょう。

来月も保険料の支払いが苦しいから再度カードローンで借り入れを行うのは、止めるわけではありませんがそれが常習化してしまうと、そのうちカードローンの返済にも苦労し始めることになります。

カードローンはあくまで緊急事態を乗り越えるための手段として捉えて、その後はできるだけ早めに自分の収入の範囲内でやりくりする方法を確立しましょう。

おすすめカードローン会社ランキング!一覧で徹底比較

滞納した場合の解決策

保険料を滞納してしまうには、様々な理由があります。

理由によっても変わってきますが、滞納した場合の解決策はいろいろとあります。

ここでは、そんな解決策の中でも比較的簡単にできるものを6つ紹介します。

保険会社に相談する

最初にしておきたいのが、滞納している保険会社に連絡をして相談することです。

保険料の支払いに関するアドバイスや、保険が適応されないことなどをよく聞きましょう。

その上で、とるべき方法を相談できると良いですね。

自動車保険にも様々なタイプがありますし、支払える金額によっても利用できるサービスが違ってきます。

保険会社の担当によっても対応は違ってきますが、細かく事情を聞いて今できる範囲で保険の見直しを提案してくれることもあります。

まずは、保険会社に連絡をして相談するのが良いですね。

保険のことを熟知している人に相談するのが一番の解決策になります。

お金を用意して支払う

自動車保険に関しては、保険料を支払えれば問題なく保険が適応されます。

ですので、支払う保険料を用意して払うことができれば良いわけです。

概ね1か月の保険料は、1万円あれば十分支払えるでしょう。

1万円であれば、こまめに節約をするだけでも用意できる金額になります。

比較的簡単に節約できる項目として、食費の節約があります。

使う材料を安いものに変えたり、外食などを減らせたりできれば多くのお金を節約できます。

外食が多い場合には、外食をやめるだけで1万円は確保ができるでしょう。

もし節約が難しいという場合であれば、短期のバイト等を行うと良いですね。

日額1万円近い報酬を手にできるものも多くあります。

通常の仕事を行っていると、なかなか常にバイトなどを行うことは難しいですが、月に1,2日であれば頑張れるでしょう。

土日に時間が取れる場合には、どちらか一日をバイトにあてるとか、平日の夜間に数時間でも働けるようであれば、数日バイトをするのもいいですね。

まとまった時間が取れる場合には、イベントスタッフや工場の軽作業などで働くと良いですね。

他にも、夜間に数時間働けるのであれば警備員や夜間の清掃員などもあります。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)今月ピンチ!金欠で給料日前にお金があと500円!

給料日前に、あと500円とか1000円しかないというような場合には、どう切り抜ければ良いのでしょうか? この記事では、給料日前の金欠時の対処法について紹介します。 もしもの時のアイデアの材料にして...

非公開: (統合)今月ピンチ!金欠で給料日前にお金があと500円!

足りない分は借りて支払う

どうしてもお金を用意できない場合には、誰かに借りて支払うことを考えてもいいかも知れないです。

例えば、親や友人などに借りられれば良いですね。

しかし、親や友人に借りることが難しい場合や、お金を借りられない、もしくは借りたくない場合もあります。

そのような場合には、消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りるのもいいですよ。

安定した収入さえあれば基本的には申し込めますし、返済も自分のペースでできるようになります。

ただし、借りているということはしっかりと把握して、計画的に返済をすることを忘れないようにしましょう。

保険内容の見直しをする

滞納をしてしまう理由が「保険料が高い」と言う場合には、保険の内容を再度見直しましょう。

必要のない特約などをつけていないか、保障される金額は高すぎないかなどを重点的に見直して保険料を安くできないかを考えます。

また、同じ保険会社でも更新手続きをインターネットで行うなど事前に更新の手続きを行っていると多くの割引を受けられるところもあります。

自動車を運転する人を限定したり、年間の走行距離を短くしたりするとそれだけでも大きく変わってきます。

保険料を節約するためだけに、実態と違う内容で契約をしてしまうと、事故を起こしたときに保険の対応が受けられない場合もありますので、その点は注意が必要です。

収入少なくて生活費が足りない時のオススメ副業と節約方法

安い保険会社に乗り換える

保険の条件などを変更しても保険料が高いと感じる場合には、思い切って保険会社を変更してみるのもひとつの手です。

保険会社によっては、同じサービスでも保険料が違うこともあります。

また、インターネットで申し込みをすると割引がある保険会社もありますし、年齢によっても割引率が大きく違うところもあります。

様々な保険会社で同じ条件で見積もりを取って、比較すると良いですね。

解約して中断証明書をもらう

保険料を支払うのが難しいなら、車を利用しない選択肢もあります。

車に載らなくなるので保険は解約をすれば、保険料を支払うこともなくなります。

ただし、解約をする前に中断証明書をもらっておくことを忘れないようにしましょう。

今は車を使わないことにしても、将来車が必要になることもあります。

そのときに、改めて自動車保険に入ることになると、等級が始めて契約する等級になってしまいます。

このときに中断証明書をもらっておくと、再開した時に前の等級で入り直せます。

等級が継続されますので、保険料も安く済ませられます。

まとめ

以上、口座の残高不足で自動車保険料が引き落とされなかった場合どうなるかやその後の対処法についての説明を行ってきました。

日ごろから車をよく運転する人にとっては、自動車保険がない状態などは想像できない(想像したくもない)でしょう。

無保険で事故を起こしてしまった場合は、人生を棒に振るほどのお金を支払わなければならない可能性があります。

毎月or毎年の支払いはきちんと間に合わせると言う大前提のもと、万が一支払いが遅れてしまったとしても今回説明した内容を参考にして、迅速に対処を行うようにしてくださいね。

コメントは受け付けていません。