お金に困ったときは「お金がない馬」

エポスカードの増枠方法とその注意点

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

エポスカードは、商業施設のマルイ等で便利に利用できるカードであり、楽天カードなどと並んで人気を誇るクレジットカードです。

そんなエポスカードで、「利用限度額がもう少し多ければより便利なのになぁ…」と思うこともあるでしょう。

利用限度額を増やすためには、増枠するかゴールドカードにグレードアップするかが主な方法ですが、グレードアップはなかなかハードルが高いというのが正直なところです。

そこで今回は、エポスカードを増枠するための方法・注意点や、万が一審査落ちになってしまった場合に考えられる理由などについて、説明していきたいと思います。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • エポスカードで増枠の検討をしている人
  • エポスカードの増枠の仕方を知りたい人
執筆者の情報
名前:馬沢結愛

年齢:30歳
性別:女性
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

申し込みすることで増枠できる

エポスカードは、年会費や入会金が無料でポイントも貯まりやすいですので、非常に人気のあるクレジットカードです。

このエポスカードの利用可能枠は、新規で申し込みをした際に決定した可能枠で利用していくことになりますが、その利用可能枠が足りないと思う人もいるかと思います。

クレジットカードの利用可能枠は、通常であれば上掲したツイートのように、新規でカードを発行してから利用し続けていると、カード会社のほうから増枠を打診してくれることが多いです。

ただし、誰に対しても増枠してくれるわけではありませんし、いつしてくれるかもわかりません。

これでは、今必要なのに利用できないということになりかねないので、そのような場合には自分から増枠を依頼することも可能です。

増枠でも審査を受ける必要がある

増枠を希望する場合には、所定の方法によって申し込みをしますが、申し込みをすれば誰でも増枠できるというわけではありません。

増枠をする場合にも審査を受けなければならず、この審査に通ることができなければ増枠はできません。

増枠の審査は、基本的な信用が大事であることはもちろんなのですが、その他にも利用実績が重要になります。

利用実績とは、そのカードを利用してきた履歴のことであり、特にショッピング利用代金の支払いやキャッシング利用時の返済が、審査に影響を及ぼします。

いずれにしても信用に関わることではありますが、利用実績は最近の支払い能力を判断できる情報ですので、ここでの実績が悪ければ増枠の審査に通ることは難しいです。

増枠申し込みをしたことで減枠や利用停止となることも

増枠の申し込みをして審査を受けた際の信用状況や利用状況によっては、増枠をするどころか逆に減枠や利用停止となってしまう可能性もあります。

エポスカードに、「この人は増枠を認められないどころか、今の利用枠でも大きいくらいだ」と判断されてしまうこともあるからです。

ですので、信用や利用実績が悪い人は無理に増枠の申し込みはせずに、そのままの利用可能枠で利用しておくほうが無難です。

エポスカードの増枠申請で審査落ちする理由

エポスカードの増枠審査に落ちた場合、初回申し込み時のカード審査に落ちた場合と同様に、その理由を教えてはもらえません。

そのため、増枠審査に落ちてしまった場合の理由は、自分なりに判断する必要があります。

増枠申請で審査落ちしてしまう場合に考えられる理由としては、以下のようなものが挙げられます。

他社借り入れ件数、借り入れ総額が多すぎる

エポスカードの利用可能額を増額する場合に重視されるのは、「利用額を増やしても返済できるだけの余力があるか」ということです。

カード会社にとって、利用額を増やすことは一種のリスクでもあるので、しっかりした返済能力のある人でないと増枠を認めるわけにはいかないんですね。

そのため、消費者金融や銀行カードローンなどでの借り入れ件数・借り入れ金額が多い場合は、返済能力に不安ありと判断されて、審査落ちになってしまう可能性が高いと言えます。

他社での借り入れを返済できる余裕があるのであれば、エポスカードに増枠を申し込む前に、返済を行っておきたいですね。

リボ払いの利用が多い

クレジットカードやカードローンでは、リボ払いでの返済を選べるものも多いですが、リボ払いを多用していると、金融機関への印象はあまりよくありません。

リボ払いは、毎月の返済金額を一定にできるので返済負担を抑えやすい返済方法なのですが、返済期間が長期化しやすく、使いかたを間違えると利息を含めて膨大な金額の返済を行わなければならないからです。

クレジットカードの中には、リボ払いでしか支払えないようなものや、デフォルトでの支払い方法がリボ払いになっているようなものもあります。

そういったものを利用している場合は、エポスカードの増枠審査時のハードルは、少し上がると覚悟しておきましょう。

利用実績がない

利用可能額の増枠は、エポスカードにとっては一種のリスクなので、いわゆる「お得意様」相手でないと認められる可能性が低いです。

借り入れを行うたびに、返済を遅延しているような人が審査に落ちやすいのはもちろんですが、エポスカードを契約したもののほぼ利用していないような人も、審査落ちの対象となります。

クレジットカードは、ただ発行して所有しているだけでは、カード会社には何の利益ももたらしません。

定期的に利用して利用実績を積むことで、優良顧客であることをエポスカードにアピールしておく必要があると言えます。

金融事故をおこしている

クレジットカードやカードローンなどの返済延滞や、任意整理・自己破産などの債務整理は、一般的に「金融事故」と呼ばれます。

金融事故を起こしてしまうと、その旨が信用情報に登録されますが、信用情報はあらゆる金融取引の審査の際に、参照される情報です。

そのため、信用情報に金融事故に関する情報が登録されている時点で、審査に通る可能性はほぼゼロです。

金融事故とは、言ってみれば「事前に取り決めた通りに返済を行いませんでした」ということです。

金融機関としても、そのような情報が登録されている人と契約を行いたくはありませんからね。

カード会社とトラブルがあった

クレジットカードの返済を延滞したとしても、それが短期間のものであれば、信用情報には登録されません。

そのため、エポスカード以外のクレジットカードであれば、多少返済を遅れていたことがあったとしても、エポスカードの増枠審査には通る可能性が十分あります。

しかし、短期で返済を延滞しているのがエポスカードに対してなのであれば、話は変わってきます。

信用情報は、信用情報機関と呼ばれる機関で管理されていますが、金融取引を行う企業では、信用情報機関で管理されている情報とは別に、自社に関わる信用情報を独自に管理しています。

そのため、エポスカードで短期延滞した情報は、エポスカードの社内にきちんと残ってしまっているのです。

カード会社とトラブルを起こしてしまうと、今後そのカード会社の審査は、すべて通りにくくなると思っておいたほうがいいでしょう。

上述した説明とは少し内容が異なりますが、クレジットカードの「作りすぎ」も、カード会社とのトラブルのもとです。

特に上掲したツイートにあるように、アフィリエイトを行っているかたは、自己アフィリエイトの関係などでクレジットカードを多数つくることもあると思いますので、要注意ですよ。

審査に通りやすくなるコツ

エポスカードでは、増枠の際の審査基準を公開しているわけではありませんので、審査に通過するための対策を練られるわけではありません。

しかし、審査に通過しやすくなるコツはありますので、そういったコツをいくつか紹介していきましょう。

無理のない範囲で一定額利用が継続してある

先ほどもお伝えしたように、増枠審査で重要なことは「定期的なカード利用」です。

そのため、普段のショッピングなどで定期的にエポスカードで支払いを行うことで、コツコツと利用実績を積むように心がけましょう。

ただし、クレジットカードを利用しているのにその支払いが遅れてしまうようでは、本末転倒です。

無理のない範囲での利用に留めて、きちんと支払いを行うことを心がけましょう。

延滞がない

延滞をしていないことも、審査通過のためには重要な点です。

エポスカードに対する支払いはもちろんのこと、他のクレジットカードやカードローンに対する支払いや返済も、きちんと行いましょう。

期日までに返済を行うことで、「計画的な利用ができる」と判断してもらえ、審査時プラスに働きますよ。

キャッシングやリボ払いを多用しない

キャッシングやリボ払いの利用は、決して悪いことではないのですが、あまり多用しすぎると返済能力に不安を持たれてしまう可能性があります。

キャッシングは必要最低限度にとどめ、リボ払いもできれば他の支払い方法に変更するなどして、エポスカードからのイメージをよくすることを、心がけるようにしたほうがいいかもしれませんね。

ショッピング枠の増枠方法

エポスカードにおいてショッピング枠の増枠を希望する場合には、「エポスNet」のマイページにログインして、「各種お申込み(オプションサービス)」から申し込みできます。

エポスカードのショッピング枠で増枠ができるのは、「一時的な増枠」であり、他のクレジットカードでできるような「恒常的な増枠」はできません。

一時的な増枠は一定期間の間だけ増枠することであり、大きな出費があるなどという場合に利用して、その出費に備えることができます。

エポスカードの一時的な増枠は、目的が「結婚式」と「結婚式以外」の2種類があり、結婚式のために増枠するという場合には、通常の増枠とは違う金額まで増枠ができます。

それぞれの利用可能枠の上限は以下のようになっています。

  • 結婚式・・・400万円まで
  • 結婚式以外・・・現在の利用可能枠の2倍、または現在の利用可能枠+100万円のいずれか少ない金額まで

ショッピング枠増枠の注意点

一時的なショッピング枠の増枠は、一括払いの利用可能枠が対象となりますので、リボ払いや分割払いの利用可能枠は増枠できません。

また、ショッピング枠は「割賦販売法」によって年収をベースとした上限額が設定されていますので、その上限を超えない範囲でしか増枠できません。

割賦販売法で定められている上限額は、「支払可能見込額」を計算することから始まり、その計算で算出された金額の90%までが上限となります。

支払可能見込額を計算するための計算式は、以下のようになっています。

  • 支払可能見込額 = 年収 ‐ 年間請求予定額 ‐ 生活維持費

この計算で使用される年収や年間請求予定額は、カードを申し込みした際に申告した金額が使用されますが、生活維持費は法律で定められた居住の形態や同居の家族人数に応じて、90万円~240万円の範囲内で計算されます。

キャッシング枠の増枠方法

エポスカードのキャッシング増枠について
20代の大学生です。昨日突然エポスカードのキャッシング増枠案内がDMで届きました。これから出費も多くなるためせっかくなので増枠を検討しています。

しかしひとつ心配なのは、保護者、親権者への連絡や確認の有無です。親にはクレジットカードを持っていること自体伝えていないので突然連絡が行くと困ります。よく増枠したりすると確認があると聞くのですが実際はどうなのでしょうか?

上掲したのは、Yahoo!知恵袋での質問ですが、エポスカードではショッピング枠だけではなく、キャッシング枠の増額も可能です。

キャッシング枠を増枠する場合にも、ショッピング枠の増枠の時と同様にエポスNetにログインしたうえで、「キャッシングご利用可能枠設定・増額サービス」で申し込みができます。

キャッシングの増枠の場合には、ショッピング枠のような一時的な増枠ではなく恒常的な増枠となりますので、増枠後はずっと増えたキャッシング枠の範囲内で利用することになります。

なお、キャッシング枠を増枠する場合に、すでにエポスカードから増枠に関する案内が届いている場合には、そこに記載されている利用可能枠内での増枠となりますので、それ以上の増枠はできません。

キャッシング枠増枠の注意点

キャッシング枠を増枠する場合には、「貸金業法」に注意しなければならず、この法律で定められている総量規制の影響を受けることになります。

総量規制といえば、すでに知っているという人も多いと思いますが、個人が借りられる上限が「年収の1/3」までと定められています。

クレジットカードのキャッシングも総量規制の対象となりますので、年収の1/3を超える利用可能枠は、設定できません。

また、年収の1/3というのはエポスカードのキャッシングだけで超えてはならない金額というわけではありません。

他のキャッシングや消費者金融などでの借り入れも含めた合計で、超えてはならない金額であることに注意しておきましょう。

したがって、年収が600万円であるという人の場合には、総量規制の対象となる借り入れ200万円までが上限となり、これを超えては借りられません。

関連記事をチェック!

クレジットカードのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

ショッピングの際に1枚あれば何かと助かるクレジットカードですが、クレジットカードが利用できるのはショッピングのときだけではありません。 実はクレカには、ショッピング時に利用できるショッピング枠の他に、...

クレジットカードのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ
収入証明書類を求められることもある

キャッシングの増枠の審査では、正確な年収を把握するために年収を証明する書類を求められることがあります。

これは、正確な年収を把握して総量規制の上限を超えないようにするためなので、これを拒否するようなことがあれば増枠はできません。

収入を証明する書類は、源泉徴収票や、役所などで取得できる収入証明書・納税証明書などが該当します。

収入証明書はどこで手に入れることができるか

借り入れはカードローンもおすすめ

クレジットカードのキャッシングは、非常に借りやすく利便性の高いものですが、金利は高いというのが一般的です。

エポスカードのキャッシング金利も高く設定されており、実質年率18%となっています。

これほどまで高い金利が設定されているのであれば、キャッシングしているときの利息負担は非常に大きいものになります。

お金を借りるときには、できるだけ低い金利で借りたいですので、借りる場合には銀行や消費者金融で提供しているカードローンがおすすめです。

特に銀行のカードローンであれば、最高の金利が適用されたとしても14%程度となることもありますし、信用や契約する利用限度額によっては、さらに低金利となる可能性もあります。

消費者金融のカードローンでも、18%より低い金利で借りられる可能性がありますので、消費者金融であっても十分に利息負担を軽くできる可能性があります。

即日融資は消費者金融

エポスカードの増枠は、申し込みをしてから1週間からそれ以上の期間がかかってしまいますので、すぐにでもお金が必要だという場合には対応できません。

そのような場合に役立つのが、消費者金融のカードローンです。

消費者金融のカードローンであれば、特に大手では全国各地に自動契約機を設置していますので、休日であっても申し込みやカードの発行ができます。

また、銀行でも三菱UFJ銀行のように、ATMコーナーなどに自動契約機を設置している銀行もあります。

すぐにお金が必要であり、消費者金融ではどうしても抵抗があるという場合には、こういった自動契約機を設置している銀行カードローンを選ぶこともできます。

関連記事をチェック!

土曜日でも日曜日でも無審査で即日融資できる?~審査の甘い金融業者~

土曜日や日曜日に急きょお金が必要になることもあります。 そんなときに無審査で即日融資できる、金融業者はあるのでしょうか? 今回は、そもそも無審査での融資は可能なのか、土曜日や日曜日にも即日融資可能な業...

土曜日でも日曜日でも無審査で即日融資できる?~審査の甘い金融業者~

まとめ

エポスカードの増枠は、ショッピング枠やキャッシング枠を問わず、インターネットによって申し込みができます。

しかし、どうしても審査がありますので、実際に増枠できるのは申し込みをしてから数日~1週間はかかってしまいますので、余裕を持った申し込みが必要となります。

また、審査はどうしても厳しいものになってしまいますので、信用や利用実績は普段からきちんとしておかなければなりません。

お金に関わることですので、信用がなくては増枠ができず、場合によっては減枠や利用停止となってしまう可能性もありますので、十分な注意が必要ですよ。

今日中に現金を作るための方法はコレだ!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能