お金に困ったときは「お金がない馬」

オリコカードの増枠方法とその注意点

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛

年齢:30歳
性別:女性
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

申し込むことで増枠できる

オリコカードは多彩な種類のカードがあり、さまざまな特徴を持ったカードを自分で選ぶことができます。

それぞれの特徴は魅力的なものが多く、ポイントを重視しているものやデザインを重視しているものもありますので非常に人気の高いクレジットカードです。

このオリコカードを利用している際にその利用可能枠が足りないと感じながら利用しているという人も多く、もっと枠を増やすことができないのかと思っている人も多いです。

基本的にクレジットカードは新規でカードを発行してからの利用状況などからクレジット会社が利用可能枠を変更し、オリコカードの場合もオリコから増枠などの案内が来ます。

しかし、増枠は誰にでも来るわけではありませんし、いつ来るのかもわかりません。

ですが、このようなオリコ側から増枠の案内が来る前にも増枠することができ、自分から申し込みをすることによって増枠することができます。

増枠も審査を受けなければならない

クレジットカードは新規で申し込みした場合に審査を受けてその審査に通ることができた場合にカードが発行されますが、増枠の場合にも審査を受けなければならず、その審査に通る子ができなければ増枠することができません。

この増枠の審査は意外と厳しく、基本的な信用の調査はもちろんなのですがその他にも利用実績というのも重要になります。

利用実績とはそのカードを実際に利用した履歴のことであり、増枠の審査では特にショッピング利用代金の支払いやキャッシング利用時の返済を見られることになります。

これらの情報も信用という意味では同じなのですが、利用実績は最近の支払い能力を判断することができます。

また、増枠するためには相応の理由が必要ですので、その理由を証明するためにも利用実績が必要となります。

増枠申し込みしたことで減枠や利用停止となることも

増枠を申し込んだ場合の審査において増枠することができなかったというだけであればまだいいのですが、信用や利用実績などによっては逆に減枠や利用停止となってしまう可能性もあります。

審査では増枠することができるのかという審査だけをしているのではなく、普通の審査をしてその人の利用可能枠を判断します。

信用や利用実績が悪い状況であれば適正な可能枠となっておらずリスクが高くなってしまいますのでこのような減枠や利用停止となることもあります。

ショッピング枠の増枠方法

オリコカードにおいてショッピング枠の増枠を希望する場合にはインターネットによって「eオリコサービス」の「利用可能枠変更」から申し込みをすることができます。

しかし、利用可能枠が100万円を超える増枠となる場合には「eオリコサービス」では申し込みすることができず、その場合にはオリコのコールセンターへ連絡しなければなりません。

オリココールセンターへ連絡すると、増枠の申込書を郵送してくれますのでその申込書に記入して提出することで申し込みすることができます。

なお、カードの種類によっては利用可能枠が100万円を超えることができないカードもありますのでその場合にはカードで定められている範囲内での増枠となります。

ショッピング枠増枠の注意点

ショッピング枠は信用さえあればいくらまででも増枠することができるというわけではありません。

ショッピング枠の上限は「割賦販売法」という法律で定められており、この上限を超えるショッピング枠の設定はできません。

割賦販売法によって定められている利用枠の上限は「支払可能見込額」の90%となっており、支払可能見込額は以下のような計算によって算出されます。

  • 支払可能見込額 = 年収 ‐ 年間請求予定額 ‐ 生活維持費

この計算をするにあたっては、年収や年間請求予定額は申込時に記入で申告する値を使用しますが、生活維持費においては居住の形態や生計を同一とする人の人数によって異なる金額が法律で定められています。

例えば上記の計算において支払可能見込額が100万円となった場合、ショッピング枠を設定することができる上限は90%の90万円までであり、この金額を超える増枠はすることができません。

キャッシング枠の増枠方法

キャッシング枠において増枠を希望する場合にもショピング枠の増枠の時のように「eオリコサービス」から申し込みすることができます。

また、「オリコカードセンター」に電話をすることでも増枠の申し込みをすることができます。

増枠をする場合には収入を証明する書類を提出しなければならないことがあり、オリコから提出を求められた場合には提出するようにしなければなりません。

また、増枠の申し込み以外にも以前に収入証明書類を提出しているという場合には原則として3年間は提出を求められることはありませんが、3年以上が経過した場合には提出を求められることもあります。

提出しなければならない収入証明書は源泉徴収票や納税証明書などであり、個人事業主のように確定申告をしているという場合には申告書を提出することになります。

■収入証明書はどこで手に入れることができるか

キャッシング枠増枠の注意点

クレジットカードのキャッシングは貸金業法で定められている総量規制の対象となる借入に該当します。

ですので、キャッシングすることができる上限は「年収の1/3」までとなり、例えば年収が600万円であるという人の場合には200万円が上限となります。

従って、総量規制で定める上限金額を超えるキャッシング枠の増枠はすることができませんので注意が必要です。

なお、総量規制で定めている「年収の1/3まで」というのは、オリコからの借入だけで超えることができない金額というわけではありません。

この他にも他のクレジットカードでキャッシングがあるという場合や消費者金融のような貸金業者から借入している金額も含めての「年収の1/3まで」ということですのでこちらも注意しなければなりません。

関連記事をチェック!

クレジットカードのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

ショッピングの際に1枚あれば何かと助かるクレジットカードですが、クレジットカードが利用できるのはショッピングのときだけではありません。 実はクレカには、ショッピング時に利用できるショッピング枠の他に、...

クレジットカードのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

借入はカードローンもおすすめ

クレジットカードのキャッシングはいつでも借りることができますので非常に便利なのですが、適用される金利は高いというデメリットがあります。

オリコカードのキャッシングに適用されている金利も例外ではなく、カードの種類にもよりますが15%~18%が一般的な金利となっています。

これほどの金利で50万円をキャッシングした場合の30日間にかかる利息は15%の場合で6,164円となり18%の場合には7,397円もかかってしまいます。

借りる場合には少しでも低金利で借りたいものですので、そのような場合には銀行や消費者金融のカードローンをおすすめします。

銀行では最高金利で15%よりも低い金利で提供しているところもありますし、信用や契約する利用限度額によってはさらに低金利で借りることができます。

消費者金融でも信用によっては低金利で借りることができますのでより低金利な借入をしたという場合にはキャッシングではなくカードローンで借りる方がお得なこともあります。

■お金を借りるならこれ!おすすめカードローンランキング

自動契約機がある銀行や消費者金融がおすすめ

ショッピング枠やキャッシング枠の増枠はどうしても申し込みから実際に増枠されるまでには時間がかかってしまいます。

どうしてもすぐに増枠して利用したいという場合には対応することができませんので、そのような場合にも銀行や消費者金融のカードローンがおすすめです。

一部の銀行や消費者金融ではATMコーナーや全国各地に自動契約機を設置しており、休日であっても申し込みやカードの発行までを行うことができます。

このような自動契約機を設置しているのは銀行であれば三菱東京UFJ銀行などであり、消費者金融であればアコムやプロミスなどで設置しています。

クレジットカードの増枠では時間的にも対応することができないという場合にはすぐに借りることができるカードローンも非常に便利です。

まとめ

オリコカードの増枠はインターネットで手続きすることができますので申し込み自体は簡単にすることができます。

しかし、簡単に申し込みすることができるということと審査に通るということは違いますので、信用や利用実績が良くなければ増枠はおろか減枠や利用停止となってしまう可能性もあります。

クレジットカードもお金に関するものですので、信用や利用実績を良くしておかなくてはなりませんが、こういったことは基本的なことの積み重ねです。

お金を立て替えてもらった場合には期日までにきちんと支払い、借りた場合にはきちんと返すという基本ができて初めて増枠ということになります。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能