お金に困ったときは「お金がない馬」

セブンカードであとから分割する方法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

セブンカードは、セブンイレブンで使えるnanacoポイントが貯まる便利なクレジットカードです。

今回はセブンカードの利用金額をあとから分割する方法をご紹介します。

後から分割するには

カードをついつい使いすぎてしまう事ってよくあります。

使っているときは別に特別に使っているとは思っていないのですが、使った総額を確かめると驚くような金額になっていることもあります。

無理をすれば支払えるのであればまだ良いのですが、どうしても支払うことが難しい場合には困ってしまいます。

支払いをしないなんてことをしてしまうと大変ですので、できるだけ支払えるようにしないといけないですよね。

支払えるようにする一つの方法に、支払いを分割にする方法があります。

ここでは、セブンカードで後から分割する手順を見ていくこととしましょう。

申請するには期限がある

カードの利用したものを何もしなければ、利用した時の支払い方法で清算されていくこととなります。

分割払いに変更するためには、決められた期間内に決められた手順で申込をしないと分割払いに変更することはできません。

セブンカードの場合には、引き落とし口座としている金融機関によって申し込みできる期限が違ってきます。

以下のページにある金融機関の場合には変更できる期限が、6営業日前の前日までとなります。

◆セブンカード公式サイト:「ショッピング利用後リボ払い・分割払い」

これ以外の金融機関の場合には、支払日の5営業日前が変更できる期限になります。

また、このページの「ショッピング利用後リボ払い・分割払いのご登録締切日」を確認すると直近の具体的な締切日も確認できます。

おおよその銀行の場合には、支払日の5営業日前までになりますので便利に使える人が多いといえますね。

もし、変更が可能であれば期限が、支払日の5営業日前までなる金融機関を選ぶほうがより使い勝手がよくなります。

対応する分割回数は

変更期限が分かった後で、最初に気になるのが変更できる支払い回数になります。

回数が少ないと、月ごとに返済する金額は多くなってしまうので支払いが難しくなるケースが多くなってしまいます。

セブンカードの場合には、3回から24回までの間で指定できるようになっていますが、指定できる回数はきめられています。

指定できる回数は、3回・5回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回の9段階となっています。

連続していないので、細かく設定はできないですが支払える金額内で、できるだけ少ない回数にする方が良いですね。

分割払いをするには手数料を支払うことになってしまいますので、回数が多くなるとそれだけ支払う手数料も多くなってしまいます。

申請する手順

支払い方法をあとから分割にするには、WEB上で行う方法と電話で自動音声応答を利用して行う方法があります。

WEB上で手続きを行うには、JCBの場合とVisaの場合では手続きを行うページが違っています。

JCBとVisaの場合には、下記リンクよりログインして行ってください。

電話で自動音声応答を利用する場合には、0120-977-938に電話し、会員番号を入力した後に音声ガイダンスに従って入力をしてください。

注意点としては、毎月20日および最終日の登録は7:55PMまでに手続きを終わらせる事と、20日7:55PM~23日0:00AM(深夜)は利用できなくなることです。

なお、支払い方法を分割払いにした後は、取り消すことはできませんので分割払いに変更する際には気を付けて下さい。

◆JCB公式サイト:「My JCB ログイン」

◆セブンカード公式サイト:「セブンカードWEBサービス ログイン」

分割した時の支払いに関して

分割払いにした後に気を付けないといけないこともあります。

これらが分かっていない場合には、分割払いをすることで予想していなかった支払いをすることになってしまいます。

繰り上げ返済を行うことで、支払う手数料を少しでも少なくする方法もあります。

支払手数料がかかる

一括払いの場合には、手数料がかかることはありませんので、利用した金額を支払えばいいことになります。

ですが、分割払いにするとどうしても手数料を支払わなければならなくなりますので、支払い総額は高くなってしまいます。

この手数料は、利用した金額と支払い回数によって変わってきます。

金額が大きくなったり支払い回数が多くなるとどうしても手数料は多くかかることとなります。

利用する金額を抑えることも必要ですが、支払い回数を減らすことも重要です。

支払う手数料は以下の表を参照して算出することができます。

支払い回数分割係数支払い回数分割係数
32.51%1510.29%
53.78%1812.29%
64.42%2013.64%
107.00%2416.37%
128.31%

例えば、10万円を10回で支払いをするようにすると、支払う手数料の総額は100,000 x 7.00%で7000円となります。

支払金額はどうなる

支払う金額は、元本に手数料を加算した金額を均等割りした金額が目安となります。

ただし、実際に支払う手数料は初回は締切日の翌日から翌月10日までの日割計算したものが採用されますので若干変化します。

例えば6月30日に10万円の商品を10回払いで購入した場合には、以下のようになります。

手数料総額の目安:100,000 x 7.00% = 7,000円

毎月の支払額の目安:(100,000 + 7000) / 10 = 10,700円

実際には、1回目の支払額は10,518円、2回目から9回目までの支払額は10,700円、最終回の支払額は10,699円となり、支払い総額は106,817円となります。

繰り上げ返済の仕方

支払日によっては、臨時収入などによって余裕がある場合があります。

そんな時には、一括で繰り上げ返済を行うことができれば、支払う手数料も少なくすることができますので、積極的に繰り上げ返済をするのが良いですね。

繰り上げ返済をするには、24時間受付で自動音声応答の0120-977-938に電話をします。

この時に、16桁のカード番号と4桁の暗証番号が必要になります。

支払いで注意する点

ここまでは、後から分割払いにする手順をご消化してきましたが、支払いをするときにはいくつか気を付けておかないといけないことがあります。

引き落としができなかった場合

何らかの理由によって支払金額を用意できない事もあります。

その結果引き落としができなかった場合には、ハガキや電話で督促の連絡があることになります。

督促の連絡があった場合には、支払金額や支払い口座のお知らせがありますので、指示に従って振込を行うようにしましょう。

連絡があった後でも支払いが行われないような場合には、法的な処置をとられて最悪の場合には財産の差し押さえなどが行われる可能性があります。

どうしてもお金を用意できない場合には、お金を借りるかお金を儲けるようにして早急にお金を用意するようにしましょう。

短期のバイトであれば、日給1万円を手にすることができるものもありますので、必要な金額分働けば数日で用意はできます。

ただし、お金を用意するためにギャンブルをするのはお金をなくす確率の方が高いですので止めた方が良いですね。

引き落とし口座を変更した場合

セブンカードの引き落とし口座を、メインで使う口座が変わってしまったので変更したい場合があります。

支払い口座の変更は、変更届を提出する必要があります。

用紙は、資料請求24時間受付サービスを利用するか、近くのイトーヨーカドー・ヨークマートのサービスセンターに申し込む事で入手できます。

資料請求24時間受付サービスを利用する場合には、以下の電話番号に電話をしてください。

  • 東京:0422-71-7702
  • 大阪:06-6945-6657
  • 札幌:011-281-1334

約一週間で用紙が郵送されてきます。

変更届に必要事項を記入して郵送するか、イトーヨーカドー・ヨークマートのサービスカウンターへ提出することで変更手続きは完了です。

関連記事をチェック!

セブンカードの支払いが遅れてしまうとどうなる?再引き落としはされる?

nanacoポイントが効率よく貯まる「セブンカード・プラス」。 振替口座が残高不足で引き落としが実施できなかったときは、どのようなペナルティを受けるのでしょうか。 支払日に間に合わなかった...

まとめ

セブンカードはnanacoポイントも貯めることができる便利なカードですが、使いすぎには注意しましょう。

分割払いに変更することもできますが、変更した後は使いすぎないように計画的に利用しましょう。

 

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1
条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談