お金に困ったときは「お金がない馬」

ルミネカードが残高不足で引き落としできなかった場合

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

「ルミネカード」は、株式会社ビューカードが発行するSuicaや定期券としても利用できるクレジットカードです。

口座残高不足によってルミネカードの引き落としができないときは、どのような不具合が起こるのでしょうか。

再引き落としを実施するのか、また、ルミネカードが利用停止されるのかなど、引き落としができないことで予想されるトラブルとその解決方法について解説いたします!

ルミネカードでの支払い方法は?

では、ルミネカードの支払い方法としてはどのような方法があるのでしょうか。

1回払い

1つ目は1回払いで、一定期間内に決済された金額が所定の引き落とし日にまとめて引き落とされます。

手数料等も発生しないため、支払う金額に関して非常に分かりやすい支払い方法だと言えるでしょう。

ボーナス一括払い

続いてはボーナス一括払いです。

ボーナス一括払いの利用期間は年2回設定されており、12/1~6/30に利用した分は8/4に、7/1~11/30に利用した分は翌年の1/4に引き落としとなります。

クレジットカードの支払い方法としてボーナス一括払いが設定されている場合、ボーナス一括払いが利用できない期間があるクレジットカードも多いのですが、ルミネカードではそのような期間はありません。

ただし、上記した利用期間は「みどりの窓口」と「びゅうプラザ」で利用する場合の期間であり、利用加盟店によっては利用期間が異なる場合があることには注意しておきましょう。

また、ボーナス一括払いではありませんがJR東日本のびゅうプラザで利用する場合に限り、ボーナス併用払いという支払い方法を利用することも可能です。

分割払い

上述した1回払い・ボーナス一括払いは、どちらも所定の期間内に決済した金額をまとめて1回で支払う方法ですが、その金額によっては1回で払いきるのがなかなかしんどい場合もあるでしょう。

そのような場合には分割払いを利用するのが便利です。

ルミネカードでは分割払いの分割回数として、2回~24回の中から好きな回数を選ぶことが可能なので、無理のない形で支払いができる支払い回数を選ぶといいでしょう(毎月の支払金額が1,000円以上になる必要あり)。

ただし、支払い回数が多くなるほど分割払手数料率が高くなってしまうので、無駄に回数を増やすのは考え物です。

リボルビング払い

分割払いと同じく複数回に分けて支払いを行う方法としては、リボルビング払いがあります。

リボルビング払いでは、ルミネカードでの決済金額がいくらであろうとも毎月の返済金額が一定になるため、家計への負担を抑えながら返済を行っていくことが可能となります。

「5,000円コース」「10,000円コース」「20,000円コース」「30,000円コース」の4つのコースの中から好きなコースを選ぶことができます。

ただし例えば10,000円コースを選んだからと言って、毎月の支払金額が10,000円になるとは限りません。

10,000円はあくまで最低返済金額であり、残高に応じて毎月の返済金額が変わる点には注意しておきましょう。

また、リボルビング払いは毎月の返済金額が一定であることから、返済が長期化しやすいという側面も持っています。

毎月固定返済のメリットと返済が長期化する可能性というデメリットの双方を天秤にかけた上で、利用するかどうかを判断する必要があると言えるでしょう。

リボ払いはやり方を間違えると危険?利用方法とメリットデメリット

滞納したことに気付いたら?

クレジットカードの支払いは「お金が無い時」だけでなく、ミスやうっかりで、口座に入金し忘れてしまって、滞納になるということがあります。

銀行口座に十分な残高があると思っていても、予想外に先だって別の引き落としが発生し、口座残高がルミネカードの支払額に満たなくなってしまうといった事情で、引き落としされないこともあります。

支払いを「滞納」してしまった時の対象方法をご紹介します。

どうやって支払えば良い?

ルミネカードの支払いを滞納してしまった場合、最初に考えるべきことは、滞納の支払い方法を確認するということです。

クレジットカードの通常の支払いは、大抵、「口座引き落とし」に設定されている方が多いでしょう。

しかし、残高不足などで口座から引き落としが出来なかった場合、その後、どう支払えば良いのかが解らなくなってしまいます。

あらためて口座に入金しておけば引き落としされるのか、別に振込などで支払いをしなければいけないのか、確認する必要があります。

そんな時は、ルミネカード裏面に記載された「ビューカードセンター」に確認することになります。

ビューカードセンターというのはルミネカードの問い合わせ用のコールセンターで、オペレーターには、9時~17時30分まで問い合わせが可能です。

ビューカードセンターでは、「入金遅れ」となってしまったことをお詫びするとともに、どう支払えば良いかを確認します。

その際、引き落としに設定している口座の「銀行名」が必要となりますので、すぐに解るようにしておきましょう。

放置してはいけない

口座に入金だけして、そのうち勝手に口座から引き落としされるだろうと放置するのは良くありません。

ルミネカードの約定日に滞納してしまったことに気付いた場合には、必ず、ビューカードセンターに連絡する必要があります。

特に、「ミス」や「うっかり」といったものは、連絡して事情を説明することで、問題を大きくせずに解決できることもあります。

放置してしまうと、ルミネカード側では事情も解らないため、「延滞」として扱われてしまいます。

ルミネカードから延滞として処理されると、信用が低下してしまい、その後のルミネカードの利用に悪影響が出てしまうことあります。

ルミネカードの引き落とし日は?

ルミネカードの利用料金の引き落とし日は毎月4日です。

1日から末日までの利用分の請求書が翌月20日に自宅に送付され、翌々月4日に登録口座から引き落とされます。

利用料金が1ヶ月以上経ってから請求されますので、どのくらい使ったのか忘れがちになります。

かならず送付される請求書を確認し、残高不足にならないように入金してください。

引き落とし日は変更できない

ルミネカードの引き落とし日は、すべての人に共通して4日と決まっています。

引き落とし口座は変更できる

引き落とし口座を別の口座に変更することは可能です。

ただし、「口座変更届」の書類を取り寄せ、必要事項を記入して金融機関届出印を捺印してから返送する必要がありますので、手続き完了までに1~3ヶ月かかります。

尚、口座変更届の取り寄せ方法は次の2つがあります。

  • 会員ページ「ビューズネット」にログインし、口座変更書類を申請する
  • ビューカードセンター(03-6685-7000、毎日6:00~23:00)で申請する

◆ビューカード公式サイト:「ビューズネットログイン」

4日が土日祝日のときは?

4日が土日や祝日、年末年始の銀行定休日に当たるときは、金融機関の翌営業日にルミネカードの請求額が引き落とされます。

振替日がいつなのか不明なときは、振替口座に登録している金融機関に直接問い合わせましょう。

ルミネカードの引き落とし時間は?

ルミネカードの請求額が登録口座から引き落とされる時間は、金融機関によって異なります。

そのため、振替日当日に入金してもスムーズに引き落とされることもありますし、反対に、当日入金では間に合わないこともあります。

振替日当日ではなく振替日の翌日に口座入出金を調べ、引き落とされたのかどうかを確認するようにしてください。

もちろん、振替日の前日までに入金するなら、料金さえ間違っていなければきちんと引き落としが実行されます。

振替日に引き落としできなかった場合は?

口座残高が不足のためにルミネカードの引き落としが4日(4日が土日祝日のときは翌営業日)にできなかったときは、どのようなことが起こるのでしょうか。

再引き落としを実施してもらえるのか、また、ルミネカードが利用できないようになってしまうのか等、引き落としができないことで起こり得る問題について見ていきましょう。

尚、ルミネカードも含むクレジットカードは、指定された期日までに支払いを行わないと、カード会社から一方的に契約を打ち切られることがあります。

ルミネカードでは再引き落とし制度はない!

ルミネカードは指定された日に引き落としが実施できないときでも、再引き落としは実施しません。

ただし、登録した金融機関によっては振替日当日に数回引き落としをかけることがありますので、振替日当日に「あ、入金していない!」と気付いたのなら、なるべく迅速に入金するようにしてください。

引き落としできないときは自主的に行動する

ルミネカードでは、引き落としが実施できないとしても、カード会社側からハガキや電話などの連絡が来ないことが多いです。

そのため、引き落としができていないことに気付いたら、利用者自ら次のいずれかの方法で未納金を振り込むようにしてください。

※ハガキが送付されないことが一般的ですが、過去に何度か残高不足で引き落としができなかったことがある人やすぐに振り込まない人には、ハガキや封書等で案内が来ることがあります。

VIEW ALTTEで振り込む

JR東日本の駅に設置されているATM「VIEW ALTTE」から、請求された金額を直接振り込みます。

操作パネルの左下にある「返済する」という選択肢をタッチし、次の画面で「今月分ご返済」をタッチします。

次にカードを入れるようにと指示されますので、ルミネカードを挿入し、「現在挿入されているカードのみご返済」を選択(ルミネカード以外のビューカードの支払いも遅れている場合は「全カードのご返済」を選択)します。

金額が表示されますので、現金で振り込みましょう。

金融機関に直接振り込む

前月20日ごろに郵送されるご利用明細の右端に記載されている、「自動振替ができない場合のお支払い方法ご案内」をご覧ください。

振込先口座が印刷されていますので、その口座に請求額を振り込みましょう。

延滞利息や手数料を加算する必要はありませんが、振込手数料のみ利用者の負担となります。

尚、ご利用明細を紛失した人は、「ビューズネット」にログインし、「ご利用明細照会」→「確定済みの最新明細」と進み、下にスクロールすると振込先の口座情報を確認することができます。

ルミネカードの延滞金は振替日翌日から発生

4日(4日が銀行定休日のときは翌営業日)の翌日から未納金を支払った日までの日数分、以下の表で記した年利で遅延損害金が請求されます。

尚、VIEW ALTTEや金融機関で直接振り込むときには、遅延損害金を加算する必要はありません。

後日、他の利用金額と合わせて、遅延損害金の請求が行われます。

請求と合算して行います。

利用区分遅延損害金の年利
ショッピング利用額に対して年利6.0%
ショッピングリボ払い年利14.6%
キャッシング利用額に対して年利19.94%

遅延損害金の性質や計算方法、発生する基準等については、次の記事でご確認ください。

遅延損害金とは

引き落としできないとブラックリスト!

一般的に、クレジットカードの支払いがスムーズにできないと、個人の信用情報(借入や返済に関する情報)を管轄する「個人信用情報機関」に延滞記録が登録されます。

また、支払いを長期間放置してクレジットカード会社から強制的に契約を終了されてしまうときも、「個人信用情報機関」に異動情報が登録されます。

このように、個人信用情報機関に信用を落とすような情報が登録されることを、「ブラックリストに載る」と俗に言うことがあります。

つまり、ルミネカードの支払いに遅れると、いずれかの時点でブラックリスト入りになることは確実です。

ですが、どの時点でブラックリスト入りになるのかは一概に言うことができませんので、一刻でも早く未納状態を解消するように努めましょう。

カードローンの支払いが滞るとすぐにブラックリスト入り?

ブラックでも借りれる消費者金融ランキング【誰でもOK?】

ルミネカードはすぐに利用停止される

ルミネカードは支払日に引き落としができないと、すぐに利用停止されてしまうことがあります。

引き落としができていないことに気付いたら、すぐにVIEW ALTTEで支払うか、振込先をビューズネットで確認して支払うようにしてください。

ルミネカード利用再開のタイミング

未納金を入金しても、ルミネカードが再び利用できるようになるのは1~7日後です。

ただし、定期券としても利用している人は、定期券機能は継続されます。

しかしながら、Suicaからのオートチャージなどの支払い機能は使えませんので、定期券の範囲を超える移動はルミネカードではできなくなってしまいます。

次の記事では、支払い遅れが長引くことで起こり得る不利益について解説していますので、ぜひご覧になって下さい。

カードの引き落とし日に残高不足で払えない!遅れても当日入金でOK?

指定口座への振り込みで支払う

ルミネカードで引き落とし日に引き落としができなかった場合の対処法は2つあります。

まず1つ目は、指定の口座に振り込む形で支払うという方法です。

指定口座は、郵送で送られてくる「ご利用代金明細書」の「自動振替ができない場合のお支払い方法ご案内」のところに記載されていますので、そちらを確認しましょう。

もしくは、インターネット上のマイページである「VIEW’s NET」の中の「ご利用明細照会」で「確定済みの最新明細」を選択すると、「自動振替ができない場合のお支払いのご案内」が表示されますのでこちらで確認してもOKです。

振込手数料は利用者負担となります。

関連記事をチェック!

ルミネカードが残高不足で引き落としできなかった場合

「ルミネカード」は、株式会社ビューカードが発行するSuicaや定期券としても利用できるクレジットカードです。 口座残高不足によってルミネカードの引き落としができないときは、どのような不具合が起こるの...

ルミネカードが残高不足で引き落としできなかった場合

限度額の引き下げ

カードの支払いを滞納すると、信用力が悪化してしまいます。

特に、滞納発生時に適切にルミネカードに連絡していないと、大きく信用を悪化させる可能性があります。

こういった時、ルミネカードに設定されている利用限度額を減額されてしまうこともあります。

すぐに、カードを解約させられる訳ではないけども、一旦の様子見として、限度額を下げたうえで、その後の取引に問題がおきないかを確認されているのでしょう。

遅延損害金が発生することに注意

ルミネカードでは、本来の引き落とし日に間に合わなかった時点で「返済遅延」という扱いになってしまいます。

そのため、遅れて支払いを行う場合にはカードの利用代金に加えて「遅延損害金」を支払う必要があります。

遅延損害金は、カードの利用代金に所定の利率(ショッピング枠利用の場合は14.60%でキャッシング枠利用の場合は19.94%)と本来の引き落とし日からの経過日数をかけて計算される、いわばペナルティとなるお金です。

元々の支払い金額が多ければ多いほど、本来の引き落とし日から時間が経てばたつほど、遅延損害金の金額は増えていきます。

そのため、引き落としができていなかったということが分かったら1日でも早く支払いを行って、遅延損害金を少しでも抑えることが重要となります。

遅延損害金とは

その他に注意しておきたい点は?

ルミネカードで引き落としができなかった場合の対処法は分かりましたが、引き落とし以外にも注意しておきたい点や気になる点はあります。

それらの点について、まとめて説明を行っていきましょう。

後から支払い方法を変更できる?

まずは、後から支払い方法を変更できるかどうかに関してです。

1回払いで支払ったものの、やっぱり出費が多いのは不安だから分割払いに変えたい…というような時、ありますよね。

そのような場合、ルミネカードではVIEW’s NETで手続きを行うことで支払い方法の変更が可能となっています。

ただし、変更はカードの利用1件につき1回限りとなっているので、1度変更してしまったらその支払い方法で支払うしかなくなります。

変更可能な期間はカード決済を行った日から翌月14日の23時までとなっているので、必ず期間内に手続きを終えるようにしましょう。

支払い日当日の入金で間に合う?

口座にお金が入っていないということを、まさに引き落とし日当日に気付くこともあります。

そのような場合、慌てて口座に入金したとして引き落としには間に合うのかどうかが気になりますが、これに関しては「利用している金融機関次第」というのが正確な答えとなるでしょう。

金融機関が引き落とし処理を行うタイミングはまちまちで、引き落とし日になった瞬間に行うところ・引き落とし日の特定の時間に行うところ・引き落とし日中に何回か引き落とし処理を行ってくれるところなどがあります。

そのため、うまく引き落とし処理の前に入金ができていれば引き落としには間に合いますが、引き落とし処理が終わってしまった後だとどれだけ待っていても引き落としは行われません。

金融機関がいつ引き落としを行うかに関しては公開されているわけではないので、利用している金融機関の引き落としタイミングが知りたければ、金融機関に問い合わせるしかありません。

ルミネカードの引き落としに確実に間に合わせたければ、前日までに入金を済ませておくようにしましょう。

カードの引き落とし日に残高不足!当日入金で大丈夫?

引き落とされた分はいつから使える?

クレジットカードの限度額いっぱいまで使ってしまっている時は、引き落としが行われて限度額が回復するのを今か今かと待ち望んでいるものです。

ルミネカードでは、引き落としが行われた金額が利用可能額に反映されるのは、引き落とし日の翌日となります。

そのため毎月4日が引き落とし日ですが、その日のうちに利用可能額が回復するわけではないことには注意しておかなければなりません。

また、金融機関によっては引き落とし日から数日経たなければ利用可能額に反映されないこともあります。

現在の利用可能額は、VIEW’s NETにログインして「現在のご利用可能額」から確認するか、ビューカードセンターに電話することで確認できますので、確実な金額を知りたい場合にはどちらかの方法を利用するようにしましょう。

残高不足を回避するためには?

ルミネカードでは、引き落とし日に間に合わなかった場合に再引き落とし日が設定されていないので、自分で振り込みなどの手続きを行わなければならないのが少々面倒かもしれません。

そうならないためにも、残高不足を回避するための方法を考えていきましょう。

私物を売却してお金を作る

残高不足を回避するためにはお金を調達しなければなりませんが、お金を作る手段として手っ取り早いのは私物を売却してお金を作るという方法です。

ルミネカードの支払いがいくらぐらいになるかにもよりますが、数万円単位にならなければ断捨離感覚で私物を売却していくことで、引き落としに必要なお金を調達することは可能ではないでしょうか。

本や衣類などの専門の買い取り店があるようなものは売る場所に困らないと思いますが、どこに売ればいいか分からないというようなものはとりあえずリサイクルショップに持ち込んでみましょう。

そこでも買い取ってもらえないような場合でも、ネットオークションやフリマアプリに出品することで買い手が付くかもしれません。

「えっこんなものが!?」というようなものが思わぬ値段で買い取ってもらえることもあるので、どんなものでもとりあえず売却査定にかけてみるといいと思いますよ。

関連記事をチェック!

医者になりたいのにお金がない…諦めるしかない?

人の命を救うために医者になりたいというのは、非常に崇高な心がまえであり、非常に高い目標でもあります。 しかし、医者になるためには医学部に通う必要があり、医学部と言えば非常に高額な授業料で知られて...

医者になりたいのにお金がない…諦めるしかない?

生活費を削って支払いに回す

カード代金を支払うために他の出費を少し削るという方法も、ないわけではありません。

生活費を削るのはなかなかしんどいことですが、クレジットカードの支払いを遅延することによって遅延損害金を支払わなければならないような状態になることを考えたら、我慢せざるを得ないですよね。

それでも、毎月カード代金を支払うために生活費を削るのはしんどいと思うので、あまり多用すべき方法ではないかもしれません。

カードローンの借り入れで時間稼ぎ

どうしても引き落とし日までにお金が調達できないのであれば、カードローンで借り入れたお金をルミネカードの支払いに充てることで時間稼ぎをするというのも1つの手段です。

この場合、返済を行わなければならない相手がビューカードから借り入れを行った金融機関に変わっただけで、返済タイミングを先延ばしにしたに過ぎません。

しかし、先延ばしにして時間的猶予を作ることでお金を調達する余裕も生まれるでしょう。

ルミネカードでは返済が遅れると遅延損害金を支払わなければなりませんでしたが、カードローンの場合はそもそも利息が発生しています。

そのため、返済期日が設定されてはいるものの、お金に余裕ができたのであれば少しでも早く返済を行う姿勢が重要となります。

生活費を削るのと同様に、あまり多用はしたくない方法と言えるでしょう。

入金漏れの防止法

ルミネカードに対する滞納は悪影響が大きいので、是非、避けたいところです。

そのための方法として、銀行のカードローンを利用するという方法があります。

ルミネカードの引き落としを設定する銀行口座に対して、その銀行でカードローンを申込して、口座にセットしておくのです。

銀行のカードローンには、「自動融資機能」というものがあり、対象となる口座からの各種引き落とし(クレジットカード決済や、公共料金など)が残高不足の場合に、不足額をカードローンが自動で融資してくれて、滞納にならないようにしてくれるのです。

ルミネカードの支払いを滞納していると、利用限度額などの条件悪化や、遅延損害金の発生、
個人信用情報への登録など、悪影響が多くあります。

しかし、カードローンの自動融資機能はこういったものに対する予防手段となります。

銀行カードローンは、申込してセットしておくだけであれば、年会費や、利用手数料などもかかりません。

融資が発生した際の利息のみ負担すれば良いので、大変便利な商品と言えるでしょう。

便利と不便は表裏一体!口座残高を確認しよう

ルミネカードは、クレジット機能だけでなく、定期券やSuica機能もついた便利なカードです。

ですが、便利過ぎるために、一旦使えなくなってしまうと不便な事態を招いてしまいます。

快適にルミネカードを使い続けるためにも、かならず引き落とし日前日までに口座残高を確認し、不足分は入金しておくようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能