馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

一人暮らしで家賃が払えない!ピンチを乗り切る5つの方法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

みなさんは月々家賃をいくら支払っていますか?

一人暮らしの場合、月収の2~3割程度と呼ばれることも多い家賃ですが、地域によっては月収の半分なんてこともあるかもしれません。

そうなると、急な出費が発生した際に家賃が足りないなんてこともあるかと思います。

今回は、そんな一人暮らしの際に家賃が支払えないピンチを乗り切る様々な方法についてご紹介したいと思います。

家賃が支払えない・・・

冒頭でもご紹介したように、都会になればなるほど一人暮らしにかかる家賃相場は高くなるのが一般的です。

中にはこれらの費用が支払えないからと、実家に生活費を納めて住み続けている場合も少なくないでしょう。

しかしながら、大学入学や社会人になっての就職先など、一人暮らしをしなくてはならない状況は多いと思います。

また大学生などの場合、学業だけでなくサークル活動や遊びに何かと時間とお金を消費することでしょう。

その結果、月末家賃に支払うお金が残っていないなんて状況に遭遇することは珍しいことではないかもしれません。

社会人でも仕事を辞めたなど、収入が著しく低下する場合もあるでしょう。

今回は、そんな家賃が支払えないピンチを乗り切る方法や、支払えない場合に知っておきたい情報をご紹介しますので、内容を参考にピンチを乗り切ってもらえたら幸いです。

滞納が続くとどうなるの?

早速、家賃が支払えない場合の対処法についてご紹介する前に、もし家賃が支払えない状況、いわゆる滞納が続くとどうなるのかみなさんはご存知でしょうか?

まずどのような管理会社でも行われる対応が電話などによる催促です。

基本的にこの催促によって再度家賃を支払う日程について調整するのですが、これにも応じない、または滞納を繰り返すと家に管理会社が訪問シテの催促へと発展するのが一般的です。

さらに滞納を続けて滞納が2ヶ月を超えるような長期的なものになると、内容証明書によって家賃が請求されるようになります。

この内容証明書というのは、家賃を請求したという裁判で証明するためのものでもありますので、これを無視した場合は起訴され強制的に退去せざるを得なくなってしまいます。

この場合、住宅ローンなどを組む際にも大切となる個人の信頼情報に悪い情報が残ってしまう恐れがあります。

また、学生の場合だと内容証明が送られた時点でこの証明が連帯保証人(親御さんが多いと思います)にも送付されるため、滞納している事実がバレてしまうので注意が必要です。

このように、滞納を続けると親バレや最悪の場合に強制退去などが行われてしまうので、このような事態を防ぐ何らかの対策が必要と言えるでしょう。

アパートの更新料や家賃が払えない!滞納したらどうなるの?

関連記事をチェック!

生活苦で家賃払えない!滞納はいつまで大丈夫?法的措置や強制退去は?

今日気づいてみたら、ついこの前家賃の引き落とし日だった! なんてことはないでしょうか。 特に家賃の滞納がはじめてだと、どんな風に対応したらよいのかわからないですよね。 不安ばかりが募...

払えない時の対処法一覧

上記でご紹介した通り、家賃を滞納し続けると強制退去により個人の信頼を失うことをご紹介しました。

また、内容証明によって親バレするリスクも当然ありますので、学生の場合こうなる前に対処したいはず。

ここでは、そんな家賃が支払えない場合の様々な対処法を、リスクの低いおすすめ順にご紹介したいと思います。

まずは大家に相談

家賃が支払えないと気づいた場合に、真っ先に行って欲しいのが大家さん(または管理会社)への相談です。

先ほど滞納し続けた場合の結末についてご紹介しましたが、少し滞納したからと即刻退去となる可能性は低いと言えます。

もちろん、契約条件によっては支払い関係が厳しい管理会社等もあるでしょうが、基本的に1ヶ月程度の猶予をくれるのが一般的でしょう。

しかしながら、1ヶ月程度の滞納ならと連絡をしなかったり、または管理会社からの連絡を無視するといきなり内容証明が連帯保証人と自分に届く場合も考えられます。

学生としては、このような親バレは一番避けたいところではないでしょうか?

また、管理会社にあらかじめ相談することで管理会社側から何らかの譲歩を得られる可能性もあります。

連絡するにもしないにも同じ支払えない場合であれば、自分から払えない趣旨を説明した上で、支払い可能な時期を申し出て交渉する方がメリットがあるので、まずは連絡を行うようにしましょう。

関連記事をチェック!

大家が聞き飽きた家賃滞納の言い訳とは

家賃滞納中に電話や訪問で催促を受けたら、なんて言い訳しようか、言葉につまりますね。 入居者から見ればやむを得ない事情があるにせよ、家賃滞納は大家さんの収入減に直結する大問題です。 この記事...

大家が聞き飽きた家賃滞納の言い訳とは

支払うべきお金を把握

家賃が支払えないことを相談した上で次に行いたいのが、今後支払いが必要となっているお金を把握することです。

基本的に、大家への相談と費用の把握は同時、または費用を調べた上での相談がベストかもしれません。

この支払うべきお金の把握についてですが、人によって家賃が足りない理由の中には税金や光熱費などのその他費用を支払う為なのかもしれません。

しかし、光熱費や税金に関しても家賃と同様に少し支払いが遅れても対応してくれるものが存在します。

例えば税金の場合、支払いが厳しいことを指定の窓口で説明すると、分割による一時的な負担の軽減など、何らかの譲歩を引き出せる場合があります。

場合によっては、減税などの対応を引き出せる可能性も0ではありません。

税金の滞納に関しては相談なしに行うと、最悪の場合、財産の強制差し押さえなどにあうので注意が必要ですが、このように支払わなければならない費用の優先順位を考えるのはとても大切です。

滞納する場合は比較的少額で済むように、何を支払って何が支払えないのかしっかり把握し、優先順位を決めて支払いを行うようにしましょう。

関連記事をチェック!

非公開: 光熱費が払えない!滞納するとどうなる?

電気やガス、水道などの「光熱費」。 支払えないときは、どのくらいで供給を止められてしまうのでしょうか。 また、滞納を続けるとどうなるのか、滞納しないために何ができるのかについても解説します...

非公開: 光熱費が払えない!滞納するとどうなる?

時間があるなら収入を増やす

今後必要となる費用を把握し支払えない費用が決定した後は、収入が入るまで待つしかないように思いがちですが、もし仕事以外に時間が余っているのであればその時間をお金に変えることも大切です。

学生であれば日雇いなどのアルバイトを増やすのも一つの方法と言えるでしょう。

しかしながら、基本的に4万円前後、またはそれ以上となる家賃を稼ぎ出すとなると、1日程度日雇いしたとしても足りない分に届くか難しいところではないでしょうか?

そこでオススメなのが治験です。

治験とは、安全がある程度保証された新薬の検査の為のボランティアとなっており、検査に必要な入院日数(拘束時間)に対してお金が支払われる仕組みとなっております。

基本的に安全性が保証された上での治験も、体質などによって副作用が出る場合もあるので注意が必要となっていますが、3日の入院で5万円前後の高収入を得ることが可能です。

その一面から治験は人気となっており、なかなか希望しても通らない場合が多いですが、もし定員が空いているようでしたら積極的に取り入れたいところです。

他にもインターネットを利用した副業など、隙間時間で収入を得る方法は色々あるので、時間をお金に変える自分にあった方法を探してみてはいかがでしょうか?

今月ピンチ!すぐに稼ぐことができるバイトはある?

両親などに相談

大家に相談をし、後回しにできる支払いを把握しながら収入を増やす努力をしたものの、指定の支払日に家賃を払えそうにない場合は、潔く両親などに頼るべきかもしれません。

学生にとって最も避けたい物かもしれませんが、どちらにしても滞納を続けると内容証明が連帯保証人に届いてしまう為バレてしまいます。

一人暮らしが必須でない環境の場合、両親に相談したら実家に戻される可能性があるかもしれません。

しかしながら、家賃がなくなるほどお金を使いすぎた状況などを考慮すると、一度実家に戻って金銭感覚を戻したり貯蓄を作るなどした方が長い目でリスクを減らすことができます。

また、家族相談することでお金を無償で一時的に貸してくれるかもしれません。

自分からちゃんと理由を説明し最善を尽くした上での出来事であれば、両親もこのような前向きに検討してくれる可能性が高まることでしょう。

もし、何の説明もないまま連帯保証人として出来事を把握した場合と比べてどちらがいい条件を引き出せるか、大家さんに前もって相談することを行なった方であればわかると思います。

このように、延期した指定日までに家賃が支払えそうにない場合は、潔く家族を頼るのも大切です。

親にお金を借りる上手な頼み方

カードローンで一時的に凌ぐ

最終手段のように両親に相談することをご紹介しましたが、実は他にも対処する方法は存在します。

また、身寄りがない場合も含め、どうしても相談できない状況の方もいると思います。

そんな方がこのピンチを一時的に凌ぐにはカードローンを利用するのがオススメです。

カードローンとは、CMでも有名なアコムなどを始めとする業者の金融商品で、専用のカードを利用することでコンビニなどのATMからお金を必要な時に必要なだけ引き出すことが可能です。

特にこれらのカードローンの審査は早く、申し込みからその日に利用可能になる便利さも魅力的です。

ただし、便利すぎることから多用しすぎて利息を含めた支払いが困難になる恐れがある為、今回は一番最後でご紹介する形としております。

特に、家賃を支払えなくなるほどに費用を娯楽などに支出した人の場合は要注意です。

しかしながら、カードローンは使わなければ費用は発生しないですし、避けられない出費が重なった際の一時的な凌ぎ方としては優秀ですので、使いすぎないことに注意した上でカードローンを利用するのは利口な手と言えるかもしれません。

仕事を失っている場合は・・・

家賃が支払えそうに無い理由が退職などの職を失っている状況の場合、国の制度を利用して対応することを考えていきましょう。

例えば失業手当ですが、自己退職の場合3ヶ月の待機期間が発生する為、退職前にそれを想定した貯蓄が必要となります。

しかしながら、遊私たちの日常で必要な出費は多く、待機期間が始まってすぐに貯蓄がなくなるなんて状況も0では無いでしょう。

そんな場合には活用したいのが公共職業訓練の存在です。

公共職業訓練は次の就職に向けての技術習得における支援を国が行ってくれるものとなっており、自己退職による3ヶ月の給付制限が適応されません。

つまり、失業保険を受け取るのに3ヶ月を待たずに受け取ることが可能となっています。

他にも早期就職手当を利用して早めに就職を決めてしまうのも一つの方法と言えるでしょう。

仕事を失った上に家賃などの支払いが待っている状況はとても辛いですが、諦めず自分の状況にあった国の制度が無いか探してみるのも1つの手です。

どんな状況でも確実にお金を借りる方法はある?

お金がないときに頼れる国の制度

場合によって利用できる給付金

職を失った場合に活用した失業保険等について簡単にご紹介しましたが、これらの失業保険の給付が受けられない場合にはどのように対処すればいいのでしょうか?

そんな方にオススメなのが「生活困窮者自立支援制度」です。

これは就職支援の制度の一つとなっており、その中の住宅確保給付金は離職後2年以内でありハローワークでの就職活動などを条件に一定期間家賃の補助(給付金)が受けられる制度となっております。

離職後の一定期間と該当者が限られていますが、90日の給付期間中に就職を決められなかった場合など、離職後であれば該当する方が多いかと思います。

長期的にみると失業保険給付中などに長期の公共職業訓練を申し出た方がメリットがあるかもしれませんが、基本3ヶ月の給付期間も場合によっては6ヶ月まで延長することも可能な制度ですので、該当の場合は市役所などに問い合わせてみてはいかがでしょうか?

まずは相談が大切

今回は一人暮らしで家賃が支払えない場合の対処方法をご紹介しました。

対処方法でもご紹介しましたが、家賃が支払えないとわかった場合に一番大切なのは相談することです。

特に、支払いを把握するよりも相談を先にしたように、何よりもお伝えしたかったのが自ら申し出ることの大切さです。

嫌な事柄からは無視して逃げたい気持ちはわかりますが、逃げても状況を悪くするばかりです。

最悪の場合は、最後にご紹介したような離職中で無い場合に限りですが、カードローンを利用するのも効果的と言えるでしょう。

いきなりカードローンを利用して凌ぐのもいいですが、相談したことで分割での支払いなど負担を軽減できる場合もあるので、今回ご紹介したようなリスクの低い順番でピンチを乗り切ってみてはいかがでしょうか?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能