お金に困ったときは「お金がない馬」

バイクが買えないと悩んでいませんか?入手方法を徹底解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

バイクは便利な移動手段というだけでなく、趣味として走行を楽しんだり、バイクそのものの格好良さに惹かれて欲しいと思う人がいらっしゃいます。

この記事は、バイクが欲しいけど買えない場合の対処法を紹介します。

バイクがが欲しいのに買えない理由

バイクが欲しいのに買えないという人のよくある理由としては、金銭的事情があげられます。

お金さえあれば購入するのだけれども、お金がないからバイクの購入を諦めざるを得ないのです。

しかし、金銭的事情といってもその状況は人によってさまざまです。

まずは、その事情として「安定収入がない」「十分な貯金がない」「ローンを組む勇気がない」「バイク保険を払えない」の4つを解説します。

安定収入がない

金銭的事情でバイクを買えない理由として、安定収入がないという人がいらっしゃいます。

このケースの場合は、無職などで収入がない人や、収入があっても低収入の人、一時的に高収入を得ていても、継続的な収入ではないなどの事情があるようです。

バイクを購入すると、バイクの本体代だけでなく、維持費も必要となりますので、安定収入が必要です。

安定収入がなく、生活するのがやっとだという場合には、バイクの購入を諦めざるを得ないでしょう。

十分な貯金がない

安定収入があったとしても、貯金が十分でない場合にも、バイクが買えない理由となってしまいます。

生活をしていく上で、将来必要なお金を想定すると、貯金は多いにこしたことはありません。

しかし、「家計の金融行動に関する世論調査(2016年)」によると、2人以上世帯の3割以上が貯金ゼロとの実態があります。

貯金がないことを理由に、バイクを買えない人が多いことも類推できるでしょう。

ローンを組む勇気がない

手持ちの現金や余裕資金がないことで、バイクの購入を諦める必要はありません。

なぜなら、バイクはローンを組んで購入することもできるため、今お金がなかったとしてもバイクを手に入れることは可能なのです。

にもかかわらず、バイクを買えないという人は、ローンを組む勇気がないケースが多いようです。

ローンは将来に渡って支払いが必要であるため、生活に支障が出る可能性があります。

そのため、バイクの購入を諦めてしまうのです。

バイク保険を払えない

バイク保険を払えないから買わないという人もいらっしゃいます。

バイク保険の目安は、バイクの排気量によって異なり、たとえば125cc以下の場合は年間28,000円から74,000円程度、125ccを超える場合は年間43,000円から133,000円必要となります。

毎年それなりの保険料が必要となってしまうため、バイクの購入を見合わせるという人も多いようです。

関連記事をチェック!

原付バイクの税金・保険・ローンを滞納したらどうなる?

バイクを購入して登録すると、排気量に応じて「軽自動車税」と「重量税」を納めなくてはいけません。 どのような仕組みで税金の種類や金額が決まるのか、そして、税金を滞納するとどうなるのか解説します。 ま...

バイクをローンで買う方法

お金がないけれど、何とかバイクを手に入れたいという場合には、ローンを組んで購入することが可能です。

計画的な組み方をすれば、家計に負担なくバイクを手に入れることができるでしょう。

しかし、バイクのローンにはいくつかの種類があります。

ここでは、ローンの種類として「ディーラーローン」「専用オートローン」「銀行オートローン」を紹介します。

また、クレジットカードでの分割払いや、銀行のフリーローンについても解説します。

ディーラーローンを組む

バイクを購入する時にはさまざまな方法がありますが、ディーラーという販売店で購入する人も多いでしょう。

そんな販売店が提供するローンがオートローンです。

バイクを買う時に加入することができますので、多くの契約者がいらっしゃいます。

ただし、ディーラーごとに金利が異なりますので、バイク代が安くてもローン金利が高くつく可能性もあります。

金利も含めて、比較検討すると良いでしょう。

ディーラーローンは審査が甘い?

専用オートローンを組む

バイクや自転車の購入に特化した専用オートローンを利用することも可能です。

ディーラーなどの手数料がかからないため、お得な金利で保険に加入することができます。

銀行オートローンを組む

銀行オートローンを組むという方法もあります。

銀行オートローンは低金利ですが、手数料などがかかるため、そのバランスに配慮する必要があります。

また、審査の難易度が比較的高めに設定されているため、万人が借りれるとは限りません。

一方で、銀行や信用金庫など、数多くの金融機関がオートローンをラインナップしていますので、選択肢は豊富です。

迷ってしまうほど豊富な選択肢の中で、しっかりと比較検討をし、よりお得なローンを利用すると良いでしょう。

クレジットカードで分割払いをする

クレジットカードを利用して支払うという方法もあります。

クレジットカードは手元に現金がなくても決済が可能で、翌月以降に支払うため、それまでにお金を用意すれば良いのです。

また、分割払いの場合には月々の負担を抑えてバイクを購入できますし、リボ払いは毎月均等な支払い額であるため、資金計画が立てやすい特徴があります。

ただし、金利が高めとなりますので、お得感はありませんが、手軽にバイクを購入することは可能です。

関連記事をチェック!

クレジットカードでバイクを買うのは難しい?

様々な理由から、バイクをクレジットカードで購入したい人もいるかと思います。 そこで今回はクレジットカードでバイクを購入したいと考えている際に注意すべきことをまとめてみました。 この記事はこんな人にお...

フリーローンを利用する

フリーローンとは、用途自由のローンのことで、銀行などの金融機関で申し込むことが可能です。

担保も保証人も不要である上、金利が低いという特徴があるため、安心してお金を借りることができるでしょう。

ただし、急ぎでお金が必要な場合には不向きであることや、審査が厳しいというデメリットもあります。

追加でお金が欲しい時に、追加融資ができないということもあるため、借りる前の計画性が重要となります。

フリーローンとは?基礎知識と選び方の注意点

借金をしてバイクを買う方法

お金がない時にバイクを購入する方法はローンだけではありません。

借金をしてバイクを買う方法もあります。

借金と聞くと、マイナスイメージを持つ人も多いかと思いますが、計画的に行えば、ローンと同様に安心して利用することが可能です。

ここでは借金をしてバイクを買う方法として「銀行カードローンで買う」「大手消費者金融から借りて買う」「街金に借りて買う」「クレカのキャッシングで買う」という4つの方法を紹介します。

銀行カードローンで買う

銀行カードローンは、低金利でまとまったお金を借りることが可能です。

銀行フリーローンは即日融資に対応していませんが、銀行カードローンは即日融資に対応している銀行も多いので、早くバイクを手に入れたいという人にもオススメです。

無担保無保証人でお金を借りることができますし、用途も自由なのでバイクの購入費用に充てることが可能です。

安心の銀行ブランドを利用して、賢くバイクを手に入れましょう。

大手消費者金融から借りて買う

大手消費者金融を利用する方法もあります。

大手消費者金融は、ほとんどの業者が即日融資に対応していますので、すぐに現金を手に入れることが可能です。

ドアにロックがかかり、プライバシーに配慮した自動契約機が数多く配備されていたり、在籍確認の電話を個人名でかけてくれたりと、利用者の心情に配慮したサービスを提供しています。

気軽に借りれる方法なので、選択肢に入れておきましょう。

街金に借りて買う

銀行カードローンや大手消費者金融の審査に自信がないという人の場合には、街金に相談すると良いでしょう。

街金は全国各地に存在し、地域密着型のサービスを提供しています。

金利は割高になってしまいますが、審査に融通性があるため、借りやすさには定評があります。

独自サービスをウリとしているところや、準大手として利便性が高い業者もありますので、比較検討してみましょう。

クレカのキャッシングで買う

クレジットカードのキャッシングも良い方法です。

クレジットカードは分割払いやリボ払いだけでなく、キャッシングも可能です。

限度額はカード会社やカードランク、カードの種類によって異なりますので、事前に確認してから利用しましょう。

ATMの利用や振込キャッシングにより、すぐに現金を手に入れることが可能です。

Visa(ビザ)クレジットカードでお金を借りる

まとめ

バイクが欲しいのに金銭的事情で買えない場合には、各種ローンを利用するか、計画的な借入れによって購入することが可能です。

ただし、いずれも生活に支障が出ないように、計画的な利用が重要です。

無理のない範囲で活用しましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能