お金に困ったときは「お金がない馬」

まさかのリストラでローンが払えない!借金苦の対処法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

大手企業が倒産の窮地を迎えることがそう珍しくなくなったこの頃ですが、それに伴って増えたのがリストラだと思います。

早期退職者を募る大企業があったりもしますが、退職した場合に待っているのは安定収入時に組んだローンの支払いなど厳しい現実です。

今回は、このようなリストラにあった場合に残ったローンの対処方法についてご紹介したいと思います。

身近になったリストラ

冒頭でもご紹介した通り、どれほどの大手企業であっても今後同じように安定した収入を得られるとは限りません。

特に、近年ではロボット技術や人工知能の登場によって、機械の行える仕事の量は急上昇しつつあります。

また、仕事のあり方も変わりつつあり、YouTuberであったりITを駆使したノマドワーカーなど様々な仕事も生み出され続けています。

このような時代の波に乗れない場合、どんなに一流の企業に勤めていても企業の不祥事や時代の変化からくる業績の不振など、会社をリストラされ露頭に迷う可能性があるでしょう。

そうなると困るのが家などを始めとするローンの支払いではないでしょうか?

特に大きな企業で安定収入を得ていた場合、安定した収入から持ち家を購入している場合も多いかもしれません。

今回はこのようなリストラにあった場合の支払えないローンに対する様々な対処法や知識についてご紹介したいと思います。

住宅ローンが支払えない結果・・・

リストラなどによってローンが支払えない場合の対処法をご紹介するのですが、その前にローンが支払えないとどのような結末が待っているのでしょうか?

まずは、住宅ローンを例にして支払えない場合の結末についてご紹介したいと思います。

初めに住宅ローン支払いが滞った場合に、業者などから催促された期限を過ぎてしまうと返済する相手が保証会社へ移行され、住宅ローン残金の一括請求などが行われます。

基本的にローン返済が厳しい方が一括にて返すことは難しいと思いますので、物件が競売にかけられ、競売によって発生した売却額でローンを相殺することとなります。

もちろん、この場合に相殺できなかった場合は、残った残金を返済しなくてはなりません。

また、競売の価格は物件の相場価格の約6割程度と低く価格から始められ、最悪の場合は全く競られることなく格安物件として売却されるなんてこともあり得ます。

当然この競売は裁判所によって行われるものですので拒否する権利はありません。

このように、住宅ローンを支払えず放置し続けた場合は、持ち家を格安で売却し家を失う上にローンだけが残る可能性があることを頭に入れておきましょう。

関連記事をチェック!

病気等の理由で住宅ローンを払えなくなったら売るしかない?

住宅ローンは最長で35年も、返済をしなくてはなりません。 その間は病気ひとつせずに無事、完済できれば問題ないでしょう。 しかし、いつ誰が病気になるかというのは、事前に察知できません。 ...

病気等の理由で住宅ローンを払えなくなったら売るしかない?

支払えない場合の対処法

ローンが支払えなくて放置するパターンは避けたいところですが、どうしても支払うことのできない場合はどのように対処すればいいのでしょうか?

対処法に対しては、置かれている状況や本人が今後どうしたいのかによって最善がかわってくるものの、基本的には大きく2つのパターンになるでしょう。

まず1つ目のパターンが家を失ってもいいから競売による損を避けるパターンです。

これは払えない住宅ローンに対し、家を任意売却することで本来の評価額で家を先に売ってしまう方法となっています。

どうしても住宅ローンが支払えない場合、この後に控えているのは競売しかありません。

競売になると実際の価値の半分程度で売却される恐れから、ローンだけが大きく残る可能性がありますが、任意売却を行えば競売と比較してローンの負担を軽減することができるでしょう。

もちろん家を簡単に手放すことは難しいと思いますが、決断が遅れてローンだけが残っても本末転倒だと思いますので、総合的に負担の少ない任意売却は利口な手段かもしれません。

住宅ローンの支払いが遅れたらどうなる?どんなリスクがあるの?

どうしても家を手放したくないなら

上記では住宅ローンが支払えない場合の対処法の一つとして物件を任意売却して、ローン残高を少しでも減らすことをご紹介しました。

しかしながら、多くの人が何に変えても家だけは守り抜きたいとお考えかと思います。

そのような場合は、まず返済先の銀行に支払いが厳しいことを相談した上でローン期間を伸ばすなど、月々の負担を減らすことをお勧めします。

また、負担を軽減しても支払いが厳しい場合、副業などをすることで収入を上げるしか個人で対処する方法はありません。

幸いなことに、現在ではクラウドワークスやランサーズなど、インターネットを利用することで誰でも、どこでも仕事を受けられるようになっています。

仕事内容についてはブログの更新などの簡単なものから、プログラミングや翻訳など専門的なものまで様々となっており、得られる収入も仕事内容によって異なります。

しかしながら、パソコンとインターネットがあれば好きなところで作業できるので、本業や自分の体に負担が少ないメリットが最大の魅力です。

参入ハードルの低いライティングでもコツやある程度の経験を積めば月々5万円程度の副業を誰でも目指すことが可能ですので、どうしても収入が足りない際は、これらの副業を検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事をチェック!

金策裏ワザで臨時収入【借りる以外の急なお金の作り方】

人と同じことをしていては大きく稼ぐことはできませんし、時間もかかります。 そこで今日は、人と違う方法で金策する裏ワザを考えていきましょう。 この記事はこんな方におすすめ 今回の記事は以下の人にお...

一時的なものであれば・・・

ローンが支払えない場合に家を残す方法として、副業などの収入アップをご紹介しましたが、もちろん深夜にアルバイトを行うなど従来通りの副業でも全く問題はないと思います。

しかしながら、これらのバイトを行うにしても、リストラ後の再就職を行うにしても、必要になるのは無収入、または目標以下の収入でのローン支払いです。

もし、今後収入が入ってくる見通しが立っており、一時的に凌ぐためであればカードローンを利用するのも有効な手です。

カードローンとは、アコムやプロミスなどが取り扱っている金融商品の一つで、専用のキャッシュカードを利用することでコンビニなどのATMから必要な時にお金を借りることのできる便利な商品となっています。

また、審査の速さと柔軟さが魅力で、困った時に素早く、比較的多くの人が利用できるのもポイントの一つ。

ただし、借りたお金に対して利息が発生する点や、リストラされた後の無職の状態では審査に通らないなど様々な注意が必要ですが、様々なピンチに対してカードローンは対応可能ですので、一時的な対処法としては優秀と言えるでしょう。

国の支援が受けられる場合も・・・

リストラされてローンの支払いが厳しい場合の対処法について、任意売却やクラウドサービスを利用した負担の少ない副業などご紹介しました。

一時的に凌ぐための最終手段とも言えるカードローンについても先ほどご紹介したましたが、一部条件を満たす場合は国からお金を借りることができる可能性があります。

その制度は緊急小口資金貸付と呼ばれるもので、一定の収入基準以下の世帯で転職による一時的な生活費用が必要など、一時的な場合において10万円以下のお金を借りられる制度となっております。

また、借りるお金に対して利子がかかることなく、返済も3ヶ月後からの分割によるものとなっていますので、対象者の負担が低いところも大きな魅力となっています。

ただし、対象となる人物は一定の収入以下であることから、住宅ローンを抱える方にとっては該当しにくい制度かもしれません。

それでもカードローンよりも優先度の高い制度となっていますので、もし該当しそうだという方はお近くの社会福祉協議会にお問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

関連記事をチェック!

auではカード払いが便利!そのポイントを解説

auでは、さまざまな種類のカードを利用することができます。 またさまざまな方法で申込みができますので、利用しやすいといえるでしょう。 ここではカード払いの方法と、利用する際の注意点を解説します。 ...

auではカード払いが便利!そのポイントを解説

窮地こそ家族の支えが必要

今回はリストラなどによってローンの支払いができなくなった場合の様々な対処方法についてご紹介しました。

今回ご紹介したものは基本的なものばかりで、最初の方でご紹介したように対象者の状況や家族構成などによって最善策は異なってきます。

2世帯で家を維持するなど場合によって家を維持する、またはローンを完済する方法は異なりますので、一人で悩まず任意売却などに詳しい専門機関に相談するのが一番かもしれません。

どちらにしても、リストラされたなどの窮地は家族で出費を切り詰め、共働きや今回ご紹介したような副業を採用するなど団結する必要があるので、家族で家をどうすべきなのかしっかり話し合うことから始めてみてはいかがでしょうか?

関連記事をチェック!

4人家族の生活費が赤字ならシュミレーションしてみよう! 

節約を始めるのであれば、まず、自分の家族の生活費はいったいどれくらいかかっているのかを把握し、一般的な平均と比べてみるとよいでしょう。 今回は、4人家族の生活費に注目して、理想の家計バランスをも...

4人家族の生活費が赤字ならシュミレーションしてみよう! 

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能