お金に困ったときは「お金がない馬」

動物病院の支払いを分割にする方法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

日本では国民皆保険制度が実施されていますので、たいていの医療行為は3割程度の負担で受けられます。

しかし、公的な健康保険がないペットが病気になると、人間が病気になったときよりずっとお金がかかることが多いです。

とはいえ、「お金がないから」などの理由で愛する家族の一員に医療を受けさせない・・・という選択肢はありえませんよね。

高額な支払いを分割する方法を5つ紹介しますので、ぜひ活用してください。

この記事は以下の内容を詳しく解説しています
  • 動物病院の治療費の相場
  • 動物病院の支払いを分割する5つの方法
  • ペット保険に加入すべきかを決めるポイント

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額30日間無利息、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短1時間
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

動物病院の支払いはなぜ高額なの?

ペットが病気やケガをすると2~3万円の治療費がかかるのは当たりまえで、入院や手術となると10万円以上の費用がかかります。

内臓の手術やがんの治療といった大掛かりな手術になると、治療費も40万、50万という高額なものになります。

予防注射以外にはまったくお金のかからない親孝行なペットがいるかと思うと、病気やケガが多くてお金のかかるペットもいます。

ペットの可愛さに変わりはありませんが、年に何回も10万、20万というお金が飛んでいくと頭を抱えたくなりますね。

人間と同じ!ペットも医療費がかかる子とかからない子がいる

わが家にも4匹の猫がいます。

1匹は予防注射以外には病院には無縁ですが、3匹は骨折、腸の手術、口内炎(猫の口内炎はやっかいです)、猫エイズなど飼い主をアイタタ・・と思わせる治療費がかかっています。

そのたびに動物病院の治療費はどうしてこんなに高いのだろうと思いますが、それが嫌ならペットを飼うのはお止めなさいと言われるだけなので、文句の持って行きどころがありません。

治療費の相場はいくらくらい?

ペットの治療費は人間で言えば自由診療の費用に該当しますので、金額は決まっていません。

しかし、さまざまな情報がインターネットで共有されている現代。

ある程度の相場は決まっており、あまりにも高額な治療費を請求する動物病院は減少傾向にあります。

よくある治療の相場を以下にまとめました。

診療項目治療費の目安
ワクチン接種4,000~10,000円
避妊・去勢手術15,000~25,000円
入院費1日あたり2,000~4,000円
骨折などの骨形成を伴う手術10~15万円
帝王切開8~10万円
(多胎児の場合は加算あり)
椎間板ヘルニア手術15~20万円
腹部内腫瘍除去手術20万円~
(腫瘍の数や場所によって高額になる)

※実際には治療費だけでなく初診料や処置料、検査費、薬剤処方費、注射料などが加算されますので、治療費の1~1.5倍の料金を支払うことになります

動物病院の治療費が払えないときに使える方法5選!

動物病院の治療費は予想しづらいため、いつも会計の窓口で金額を聞くまでドキドキします。

しかし、たいていの動物病院では、手術などの高額な処置を行うときには、あらかじめおおよその金額を教えてくれます

一度に払えるお金がないときは、分割で払うしかありません。

動物病院の支払いを分割にするには次のような方法がありますが、病院によっては対応していないものがあります。

  • クレジットカードで払って分割返済する
  • 病院に頼んで分割払いにしてもらう
  • 病院が窓口になっているデンタルローンを組む
  • スルガ銀行のペットローンを組む
  • クレジットカードまたはカードローンでキャッシングする

クレジットカード対応の病院で払う

クレジットカードで支払えば分割払いやリボ払いで返済できますが、扱っている動物病院はそれほど多くありません。

全国に動物病院は15,463院ありますがその内クレジットカード払いができるのは2,870院で、2割弱です。

私が住んでいる奈良県では136院の内26院で、やはり2割弱です。

クレジッカードが使える動物病院かどうかは、インターネットの「Calooペット」というサイトで検索できますので、チェックしてから出向くようにしましょう。

◆Calooペット公式サイト

高額になりそうなときはクレジットカード対応の病院を選ぼう

ペットを飼っている人なら、予防注射や避妊手術などでお付き合いのある動物病院が1つはあるのではないでしょうか。

普段は想定内の金額で済むため、クレジットカードか使えるかどうかなど意識しないで病院を選んでいるのかもしれません。

そこがたまたまクレジットカードが使える確率は約20%ですので、クレジットカードに対応していない可能性も濃厚です。

ちなみに我が家のペットがお世話になっている動物病院はクレジットカードを扱っていません。

クレジットカードが使えないときは他の分割手段を考えるか、気が進まないとしても病院を変えなければいけません。

病院でメディカルローンを組む

人間が通う歯科医院なら、ほとんどでデンタルローンが組めます。

また、美容整形や美容皮膚科などの自由診療しか扱わない病院では、メディカルローンに対応していることが多いです。

しかしながら、動物病院で信販会社と契約してメディカルローンの窓口になっている所はまれです。

とくに小さな動物病院でメディカルローンに対応しているところはほとんどありません。

関連記事をチェック!

湘南美容外科の支払いは分割可能?現金やローン以外の支払い方法は?

ご存知の通り美容整形は「保険の対象外」という事もあり、施術によっては多額の治療費がかかる事でも有名です。 中には現金一括での支払いが難しく、分割やローンで支払わざるを得ない金額にまで治療費が膨れ...

湘南美容外科の支払いは分割可能?現金やローン以外の支払い方法は?

信販会社ジャックスのメディカルローン

動物病院のローンでは、信販会社ジャックスのメディカルローンが有名です。

金利も年5%程度と安くなっていますが、病院がジャックスと提携していないと利用できません。

メディカルローンを扱っているかどうかは、動物病院のホームページを見るか、当該動物病院に直接電話して聞くとわかります。

ただし、動物病院がメディカルローンに対応しているとしても、メディカルローンを利用するためには信販会社の審査がありますので、かならずしも利用できるとは限りません

審査に通過できないときはメディカルローンを利用することができませんので、別の方法を講じなくてはなりません。

関連記事をチェック!

ペットを動物病院に連れて行きたいけど治療費や手術費用が足りない

家族同然のペットの具合が悪くなったら、急いで駆け込む先は動物病院ですよね。 しかし、動物病院は保険診療ではないため、治療内容によっては高額になる場合も!? 急いで連れて行ったのはいいけれどお金が足...

スルガ銀行のペットローンを組む

銀行でペットローンを提供しているのは、今のところスルガ銀行だけです。

スルガ銀行のペットローンは金利の上限が年7.5%となっており、一般の銀行カードローンよりも低く、自動車ローンやリフォームローン水準になっています。

webで申し込むと仮審査の結果は翌日あるいは2日後くらいには出ますが、融資の実行までには早くても1週間ほどかかります。

また、本審査には病院の治療費計画書など使いみちを確認できる資料が必要です。

なお、イオン銀行でもペットローンとして広告しているローンがありますが、金利の上限が年13.5%で一般のカードローンと差がありませんので、こちらでは紹介しません。

【スルガ銀行のペットローン】

融資枠最高800万円
金利年2.5~7.5%
返済期間最長120回払い(10年)
必要書類
  • 治療計画書又は治療費見積書など
  • 本人確認書類
  • 収入証明書(50万円以下は不要)
  • スルガ銀行の口座は不要

日頃のお付き合いで分割払いが可能に

クレジットカードもメディカルローンも扱ってない動物病院が多数を占めています。

しかし、かならずしも治療費を一括払いしなくてはならないということではありません。

多くの動物病院では、個々に分割払いに応じています。

とくに日頃予防注射などでお付き合いのある病院なら、獣医さんもむげには断りにくくなります。

クレジットカードやメディカルローンといった信販会社のサービスを活用できない動物病院では、窓口で「分割払いは可能ですか?」と相談してみましょう。

お金が足りないことは動物病院では珍しいことではない

私の経験でも、猫の歯石を取ってもらったときに1万円もあればば間に合うだろうと思っていたのに会計で「2万5千円」と言われてドキッとしたことがあります。

持ち合わせ分だけを払って後で持ってきますということにしましたが、こういうことは動物病院では日常的に起きているはずです。

分割払いとは少し違いますが、病院側も「足りない分は後で」ということに慣れています

あまり大きな動物病院より、先生が1人で奥さんが会計をしているような病院の方が相談しやすいかもしれません。

しかし、分割払いにしてもらって未払いのまま来なくなるという飼い主も少なくないのが現実のようで、病院も用心しているので必ずOKになるとは限りません。

何度も通っているのに分割対応してくれないときは?

何度も通うということは、ある程度、動物病院との信頼関係を築いているということです。

にもかかわらず、分割払いを断られたときは、少し付き合い方を考えてみるほうがよいかもしれません。

ほかの動物病院にも目を向けて、支払いやすい病院を探してみてはいかがでしょうか。

決して考えたくもないことですが、ペットが将来的に今よりも深刻な病気にかかる可能性はないとは言えません。

そのような場合に、クレジットカードにもメディカルローンにも分割払いにも対応していないなら、必要な処置を受けさせてあげられない恐れがあるのです。

消費者金融で組めるキャッシングで払う

クレジットカードや消費者金融のキャッシングは、融資までのスピードも高く、銀行ローンに比べると柔軟審査を期待できます。

しかし、金利が年18%程度もあるため、返済期間が長引くと利息が高額になってしまうというデメリットがあります。

クレジットカードや消費者金融のキャッシングでお金を借りてまでペットに高額の治療を受けさせるべきかどうかについては、経済状況によっては考える余地があります

もちろん人間なら無条件で治療をすることになりますし、健康保険の高額療養費制度を活用すれば治療費を低く抑えることも可能です。

とはいえ、ペットの場合は獣医さんが「どうしますか?」と聞くくらいですから、どうするか考えなければなりません。

関連記事をチェック!

出費がかさむ時の対処方法

出費がかさんでしまって、どうしようもない時というのはよくあります。 理由は突然必要になった場合や、必要になることを忘れていた場合、見積もり間違いをしていた場合など様々です。 今日紹介するのは、 ...

出費がかさむ時の対処方法

払える金額の目安を決めておこう

ただし、40万円も50万円もかかると言われたときは別として、10万円や15万円でムリとは言いにくいのも事実です。

わが家の経験でいうと、オス猫の腸の手術で場合によっては20万から30万円かかると言われたときに「その場合は治療をあきらめます」と断ったことがあります。

幸い入院費を入れて10万円ほどで済んで、オス猫は慢性の便秘気味ながら今も元気にしています。

治療には痛みがつきものですので、高額な治療を受けさせることがペットにとって最上の選択とはならないということも理解しておくほうがよいかもしれません。

各ご家庭の事情にあわせて、「この金額までならペットの治療費として払える」という目安を普段から決めておくことをおすすめします。

自然に任せるほうがよいこともある

我が家と同様、猫を飼っている私の友人は、もしペットが病気になったら自然に任せると言っています。

それも一つの考え方だと思います。

ペットは家族同様で治療をしないなんてあり得ないとすると、国民皆保険では済まずペット皆保険でないとおいそれとペットは飼えないことになります

少なくとも私は、そんな考え方ではペットを飼う資格がないと言うつもりはありません。

もっとも自然に任すと言っている人も、ペットが元気だからそんなことが言えるのであって、実際に病気になったらどうするかは分からないという気もします。

ペットの治療費で多重債務になることは避けよう

いずれにしてもペットの治療費で多重債務におちいるというのは感心しません。

人間の生活に影響が出るだけでなく、ペットにも「この子さえ病気にならなかったら・・・」というネガティブな感情が芽生える恐れがあります。

家族みんながハッピーに暮らすためにも、後先考えずに湯水のようにお金を使うことがないようにしましょう。

関連記事をチェック!

借金が450万?多重債務になる原因と返済に困ったときの対処策

借金が450万円以上になると、一般的な収入の家庭ではマイホームの夢どころか、生活をやりくりするのも難しくなります。 そこで、何社からもお金を借りてしまい完済が難しいと感じる人や、少額の借金である...

借金が450万?多重債務になる原因と返済に困ったときの対処策

やっぱりペット保険は必要?

ペットの公的健康保険はありませんが、民間の健康保険は存在します。

月2,000円程度の掛け金で治療費の半額補償、月3,500円程度で全額補償などのプランがあり、必要とする保証内容に合わせて選択することができます。

基本は掛け捨て型

年額にすると掛け金は2万円から4万円ほどで、保険に入った方が得かどうかは賭けというしかありません。

わが家の場合なら4匹なので全額補償プランなら月に14,000円で年間16万円—-ウーン、やっぱりちょっと厳しいですね。

しかし、高額の治療費がかかる病気になったときに「諦めます」と言わなくてすむ可能性は高くなります。

なお、保険商品によっては、健康な状態が続くと「お祝い金」が支給されるものもあります。

全額掛け捨てというのはちょっと・・・とためらう方は、お祝い金のあるタイプのペット保険を探してみることもおすすめです。

年齢条件が厳しい

人間が民間の医療保険に加入するときには、健康かどうかを告知する必要があり、商品によっては医師による診断書を提出しなくてはならないものもあります。

また、年齢についても厳しく定められており、病気になりやすく入院等が長期化しやすい高齢者は加入できない医療保険も少なくありません。

ペット保険も同様で、病歴や年齢を問われるものが大半です。

特に年齢条件については厳しく定められていることが一般的で、例えば犬や猫などは10歳を超えると加入できない商品が多いです。

ペット保険への加入を検討している方は、できるだけ早めに加入するようにしましょう。

支払規約を熟読しておこう

また、ペット保険に加入すれば安心というものではありません。

保険金の支払いにはさまざまな規定があるので、十分理解して契約しないといざというときに支払ってもらえない可能性もあります。

手続きに時間がかかり、すぐに保険金が下りないのでは、別の場所から「つなぎ資金」を借りる必要が生じることもあるでしょう。

支払規約を熟読し、スムーズに保険金が支払われる仕組みになっているのかチェックしておくようにしてください。

まとめ

動物病院の治療費が高額になったときは、クレジットカード払いができない病院なら相談して分割払いにすることができる場合が少なくありません。

治療費がかさみそうなときは、治療前におおよその金額を聞いて対応策を考える必要があります。

どうしても分割に対応してもらえないときは、別の動物病院に通うことも検討してみましょう。

セカンドオピニオンも得られますので、ペットにとってより良い治療を見つけることにもつながりますよ。

■ペット購入はペットローンがお得?その内容を徹底検証!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能