お金に困ったときは「お金がない馬」

ゆうちょ銀行は残高不足でもお金をおろせる!貯金担保自動貸付とは?

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

ゆうちょ銀行の口座残高が例え0円でも、ある条件を満たせばお金を下ろすことができます。

残高不足でも引き落としができるゆうちょ銀行のシステム「貯金担保自動貸付」について解説いたします!

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額30日間無利息、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短1時間
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

貯金担保自動貸付の利用条件

貯金担保自動貸付は、ゆうちょ銀行の口座を持っている人なら誰でも利用できるシステムではありません。

ゆうちょ銀行の総合口座で「担保定額貯金」もしくは「担保定期貯金」のいずれかを利用している人だけが活用できるサービスです。

貯金担保自動貸付とは

担保定額貯金もしくは担保定期貯金を利用していると、総合口座の残高が不足しても自動的に融資を行ってくれる「貯金担保自動貸付」を活用できます。

特別に利用申請する必要はありませんので、お金が足りないときには助かりますよね。

利用方法

ゆうちょ銀行のキャッシュカードを使ってATMで「引き出し」ボタンをタップし、暗証番号と引き出し金額を入金すればOKです。

お金を下ろすときの手順とまったく同じですので、誰でも簡単に利用できます。

返済方法

返済するときは、いつもの「預け入れ」の手順とまったく同じです。

マイナス表記されている残高以上のお金をATMで入金すれば、貯金担保自動貸付によって貸し出されたお金を返済することができます。

借りた日数分の利息が発生する!

利用方法は通常の口座引き出しと同じですが、実際のところはゆうちょ銀行からお金を借りているわけですから、借入日数分の利息は発生します。

ATM入金によって返済すると、通帳の「お預り金額」の欄に「貸付利子」と表示され、「お支払金額」の欄に利息金額が記入されます。

担保定期貯金や担保定額貯金は減らない

貯金担保自動貸付は、あくまでも担保定期貯金や担保定額貯金を「担保」として融資を受ける方法です。

そのため、融資期間が長引いた(=利用者がなかなか返済しなかった)としても、担保定期貯金や担保定額貯金の中から返済に充当されることはありません。

融資期間は最大2年間

融資期間は最大2年間ですので、2年以内には口座残高がプラスになるように入金して下さいね。

ただし、担保定期貯金や担保定額貯金の満期が2年以内に訪れる場合は、融資期間は担保定期貯金や担保定額貯金の満期日までと短縮されます。

融資を受けている期間中、ゆうちょ銀行から返済を催促されることはありませんが、ゆうちょ銀行との信用の下に融資契約が成り立っていますので、融資期限は絶対に守るようにして下さいね!

自動貸付はカードローン代わりに使える?

ゆうちょ銀行に担保定期貯金や担保定額貯金さえあれば、新たに申請せずとも活用できる「貯金担保自動貸付」。

「手持ちのお金が不足するときのカードローン代わりに利用できるのでは?」と考える人もいるのではないでしょうか。

貯金担保自動貸付はカードローンとして利用できるのか、そして、一般的なカードローンよりもお得なのかについて検証していきましょう。

ゆうちょ銀行のお得な利用方法については、次の記事も是非ご覧になって下さい。

カードローン代わりに利用するのはアリ

ゆうちょのATMなら、ほぼ24時間いつでも借り入れ(引き出し)可能ですので、カードローン感覚で便利に利用することができます。

ただし、返済(入金)は、平日の0:05~7:00と21:00~23:55、土日祝日の0:05~9:00と17:00~23:55は利用不可ですので、それ以外の時間帯に返済するようにしましょう。

ATM利用手数料が無料!

ゆうちょ銀行のATMなら、時間にかかわらず利用手数料が無料です!

借入も返済もお金が一切かかりませんので、提携金融機関のATMではなくゆうちょ銀行のATMを利用するようにして下さいね。

利用限度額を把握しておこう

担保定額貯金や担保定期預金で預け入れているお金の90%までなら、貯金担保自動貸付を利用して借り入れることができます。

ただし、担保定額貯金や担保定期預金にどんなに大金を預け入れていたとしても、貯金担保自動貸付として貸しつけてくれるお金は上限300万円(総合口座1つあたり)ですのでご注意ください。

銀行カードローンより超低金利!

担保定期貯金を利用して融資を受けるときは、利息は「返済時の約定金利+0.25%」で計算されます。

2018年1月時点の担保定期貯金の約定金利は0.01%ですので、わずか年利0.26%で借りることができるのです。

また、担保定額貯金を利用して融資を受けるときは、利息は「借入時の約定金利+0.50%」で計算されます。

2018年1月時点の担保定額貯金の約定金利は0.01%ですので、わずか年利0.51%で借りることができると計算されます。

消費者金融のカードローンはもちろん、銀行カードローンの金利よりもはるかに低金利ですので、利用価値は非常に高いと言えますね!

ゆうちょ銀行は利便性が高い銀行!

ゆうちょ銀行は「貯金担保自動貸付」以外にもいろいろと便利な独自のシステムがあります。

例えば、クレジットカードの利用料金の引き落とし口座としてゆうちょ銀行口座を指定しておくと、大抵のクレジットカードに対して1日に2回ほど引き落としを実施(対応していないカード会社もある)してくれます。

つまり、口座振替日当日に「あ、入金していない!」ということに気付いても、当日中できれば21時までに入金するならば、引き落としが間に合うこともあるのです!

クレジットカードを滞納すると、最悪の場合、強制解約や財産差し押さえなどの措置を受けることがありますので、ゆうちょ銀行の便利なシステムを利用して乗り切るのも賢い方法なのではないでしょうか。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能