お金に困ったときは「お金がない馬」

みずほ銀行の引き落としが残高不足でできない!返済遅れたらどうする?

当記事にはPRが含まれています
「お金がない馬」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アイフル株式会社、アコム株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行(カードローン)、住信SBIネット銀行株式会社から委託を受け広告収益を得て運営しております。

みずほ銀行のカードローンやクレジットカードは、口座振替日までに入金していないと、残高不足で引き落としができず、いきなり滞納扱いになってしまいます。

引き落としができないときはどうなってしまうのか、また、引き落とされていないことが分かったら早急に何をすべきなのかについて解説いたします。

この記事は以下に該当する人におすすめです。

  • みずほ銀行カードローンやクレジットカードに契約している
  • みずほ銀行のカードやローンを利用した場合の引き落とし日を知りたい
  • どうしても返済ができない

即日OK!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短18分※₁
※₁お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※₂
※₂審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短20分
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

みずほ銀行残高不足!クレジットカードの場合

みずほ銀行残高不足!クレジットカードの場合

みずほ銀行のクレジットカード「みずほマイレージクラブカード」は、セゾンカード付帯のものとUCカード付帯のものがありますが、カード発行会社によって支払日、締め日が異なるので注意しておきましょう。

セゾンカード付帯のものは約定返済日が毎月4日、UCカード付帯のものは約定返済日が毎月5日と決まっています。

これは家族カードも同様です。

約定返済日までに返済用普通預金口座に入金をしていないとどのような措置を受けるのか、再引き落としはあるのか等についてまとめてみました。

なお、4日あるいは5日が金融機関休業日の場合は、翌営業日に引き落とされます。

「翌営業日だから」とそのまま放置しておくと、休みが入り口座にお金を入れ忘れたりしてしまうので、念のため金曜日までには支払い口座にお金を入れておきましょう。

みずほクレジット(マイレージクラブカード)が払えない!滞納したときの対処法

引き落としタイミングは当日夜間

みずほマイレージクラブカードも、みずほ銀行カードローンと同様、引き落としのタイミングは当日夜間です。

返済日の昼間に「あ、入金していない!」と気付いてもすでに手遅れですので、かならず前日までに請求額以上のお金を、引落指定口座に入金しておくようにしてください。

引き落としできないと延滞金が発生する

みずほ銀行マイレージクラブカードの引き落としに万が一間に合わなかった場合には、返済日の翌日から「遅延損害金」が発生してしまいます。

実際に請求される遅延損害金の割合ですが、どのカード会社と契約しているのかで変わってきますので、一度会員規定を確認しておくといいでしょう。

ショッピングキャッシング
セゾンカード
  • 1回払い・リボルビング払い…年14.6%
  • 2回払い・ボーナス一括払い・分割払い…年6.0%
融資利率の1.46倍
(年20.0%を上限とする)
UCカード
  • 1回払い・リボルビング払い…年14.6%
  • 2回払い・ボーナス一括払い・分割払い…年6.0%
年20.0%
オリコカード年6.0%~14.0%年18%

計算方法ですが、日割り計算で行います。

計算式は支払い残高×遅延損害金利率×365(年)÷遅延日数で該当する数字を当てはめるといいでしょう。

再引き落としはハガキ連絡が来てから

みずほマイレージクラブの返済用普通預金口座に入金し忘れても、自動的には再引き落としは実施されません。

みずほ銀行カードローンと同様、みずほ銀行からハガキが届くか利用者自らが電話で尋ねてからの再引き落としとなりますので、遅延損害金を最小限にするためにも、早めにコールセンターに電話をかけてください。

引き落としができないとクレジットは利用停止に!

約定返済日に口座残高不足により引き落としが実施できないと、みずほマイレージクラブカードは利用停止になってしまいます。

使えるものだと思って、店頭でみずほマイレージクラブカードを提示しても「カードが使えないようですが」などと店員から言われ、恥ずかしい思いをすることになってしまいます。

キャッシングはもちろん、クレジットカードとしての機能も利用できなくなってしまいますので、早急にコールセンターに電話をかけて対応するようにしてください。

支払いを延滞すると最終的には財産差し押さえに!

支払いをせずに放置しておくと、クレジットカードが強制解約されて督促状が頻繁に送付されるようになり、最終的には財産差し押さえの措置が取られるようになってしまいます。

また、信用情報はブラックになり、以後マイレージクラブカードの利用残高を全て清算してから5年間は信用情報に金融事故として記録され、お金を借りることもクレジットカードを契約することもできなくなってしまいます。

たとえ自己破産しても、クレジットカードの利用目的がギャンブルや浪費などの「生活維持に不可欠ではないもの」だと判断されますと、支払いは免除されませんのでご注意ください。

みずほ銀行カードローンの返済方法

みずほ銀行カードローンの場合、毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)に返済用の普通預金口座から、自動引き落としにより返済を行います。

引き落としのタイミングは、返済日当日の夜間となりますので、毎月返済日の前日までに返済額以上の金額を、返済用の普通預金口座に入金しておきましょう。

なお返済額は、前月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)現在の利用残高に応じて、残高スライド方式によって決まります。

このため、自分のカードローンの利用残高を把握し、いくら返済すれば延滞にならないのかということを確認しておくことも重要になりますよ。

また、お財布に余裕がある時にはATMから随時任意返済をすることも可能です。

みずほ銀行残高不足!カードローンの場合

みずほ銀行残高不足!カードローンの場合

返済用普通預金口座の残高が不足しているために、みずほ銀行カードローンの引き落としができないときは、どうなってしまうのでしょうか。

みずほ銀行カードローンを利用している人が知っておくべきことをまとめました!

引き落としタイミングは「当日夜間」

みずほ銀行カードローンの引き落としタイミングは、約定返済日(毎月10日)の夜間と決まっています。

そのため、日中に「口座にお金を入れていない!」と気付いても、もう手遅れのことが多いのです!

かならず前日までに、既定の返済額以上の金額を入金しておくようにしてくださいね。

尚、約定返済日が銀行定休日のときは、翌営業日の夜間に引き落とされます。

再引き落としはハガキで連絡が来てから

毎月10日に引き落としができないときは、10日以降に返済用普通預金口座に入金をしたとしても、自動的には再引き落としをしてくれません。

約1週間後(毎月15日前後)にみずほ銀行からハガキが届きますので、ハガキに記された期日までに返済用普通預金口座に入金しておくと、再引き落としを実施してもらえます。

ハガキが到着する前にコールセンターに電話しよう!

放置しておいても、いつかはみずほ銀行からハガキが届き、既定の日に再引き落としを実施してもらうことができます。

しかし、このように再引き落としの実施をみずほ銀行が連絡してくるまで待っているなら、10~20日間分もの遅延損害金を払うことになりますので、決してお得な返済方法だとは言えません。

毎月10日に残高不足で引き落としができていないことに気付いたら、すぐに利用者自らみずほ銀行に電話をかけて、「申し訳ありませんが、入金するのを忘れてしまいました」と報告してください。

そのように連絡すれば、オペレーターの方から返済方法を教えてもらえますので、遅延損害金も最低限に抑えることができますよ。

基本的には再引き落としによって返済することになりますので、連絡をしたらすぐに自分の返済用普通預金へ入金をするようにしてください。

引き落としができないとカードローンは利用不可に!

みずほ銀行カードローンは、たとえ1回でも引き落としが実行できないと、即利用停止になってしまいます。

消費者金融であれば、数日の遅れでも利用することができる場合もありますが、みずほ銀行カードローンに関しては10日の返済ができない場合には11日からは利用停止になってしまい、借入の予定があったとしてもカードローンを利用することはできなくなってしまいます。

利用限度額までまだ余裕があったとしても、追加借入はできなくなってしまいますのでご注意ください。

返済をすると借り入れが可能になる

みずほ銀行による自動的な再引き落としや利用者自らの報告による延滞金返済が実施されると、再度、みずほ銀行カードローンを利用できるようになります。

ただし、借入が可能になるのは、「返済をしたタイミング」ではなく「みずほ銀行が返済を確認したタイミング」です。

休日などに返済をしても、みずほ銀行が返済を確認するのが翌営業日になってしまえば、返済をしたとしてもすぐにカードローンを利用することはできません。

1日でも早く融資を受けたい人は、みずほ銀行カードローンのコールセンターに電話をかけて、「入金を済ませました」と報告するようにしましょう。

2ヶ月連続で延滞すると強制解約に!

返済用口座が残高不足で引き落としが実施できなくても、再引き落とし日までに入金すれば、再度、みずほ銀行カードローンが利用できるようになります。

しかしながら、2ヶ月連続で引き落としが実施できないなら、みずほ銀行のコールセンターに電話をかけて事情を説明したとしても、二度とみずほ銀行カードローンを利用することはできません。

そればかりか信用情報がブラックになってしまい、他の借入は今後の人生にも大きな悪影響になってしまうことになります。

強制的に契約を解除されてしまいますので、絶対に2ヶ月連続で残高不足にならないようにしてくださいね。

次の記事では、みずほ銀行カードローンが利用できなくなる理由についてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

みずほ銀行カードローンが借りれない!?その原因と対処法

残高不足となった時の対処法

みずほ銀行カードローンが残高不足になってしまうと、信用情報に遅れた旨が記録され、カードローンも利用することができなくなってしまいます。

このような事態を避けるためには、何とかお金を急いで用意するしかありません。

みずほ銀行カードローンの約定返済額は利用残高ごとに以下のようになっています。

利用残高約定返済額
1万円未満利用残高金額
1万円以上100万円以下1万円
100万円超200万円以下2万円
200万円超利用残高が100万円増すごとに2万円に1万円を追加

このように、みずほ銀行カードローンをたとえ200万円借りたとしても、用意しなければならない金額は2万円です。

どうしても返済するお金がないというのであれば、以下の2つの方法でお金をすぐに用意できます。

  • 即金バイトをする
  • 消費者金融を利用する

日払いの即金バイトを土日の2日間程度頑張れば、みずほ銀行カードローンの返済に必要な2万円程度を稼ぐことはそれほど難しいことではありません。

即金バイト専用の求人サイトなどもありますので、そちらで仕事を探してみるものよいでしょう。

あまりおすすめできませんが、即日融資に対応している大手消費者金融を利用するという方法もあります。

みずほ銀行カードローンの審査に通過できた人であれば、消費者金融の審査に通過することはそれほど難しいことではありません。

また、大手消費者金融には無利息期間があるので、無利息期間の間に返済してしまえば、利息負担ゼロでみずほ銀行カードローンの返済金を用意できます。

ただし、借金の返済を借金から行うということは借金まみれになる典型的なパターンです。

消費者金融を利用するのであれば、あくまでも短期間だけの利用にとどめ、絶対に恒常的にみずほ銀行カードローンの返済金を消費者金融から借りないようにしてください。

即日OK!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短18分※₁
※₁お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※₂
※₂審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短20分
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

カードローン延滞についての注意点

カードローンの延滞に関して、延滞しないための注意点や実際に延滞してしまった後の注意点などを、いくつか挙げていきましょう。

返済日前に口座残高を確認

みずほ銀行カードローンの返済は、口座からの自動引き落としによって行われます。

そのため、わざわざ自分で手続きを行わずとも、毎月自動で返済が行われるのですが、それはあくまでも口座に返済金額以上のお金が入っている場合です。

口座のお金が不足している場合、当然口座引き落としは行われません。

そのことに気付かないでいると、自分でも意図していない間に返済を延滞していることになってしまいます。

できれば毎月の返済日前には、口座残高を確認するようなリマインドを行うようにして、確実に口座引き落としが行われる状況を維持しておきたいですね。

また、みずほ銀行カードローンの返済用口座を給与受取口座としておけば、返済金の入金忘れを防ぐことができるでしょう。

たとえ任意返済しても約定返済は必要

みずほ銀行カードローンでは、毎月の約定返済とは別に任意返済を行えます。

約定返済で返済する金額は、元金の返済と利息の支払いに充てられますが、任意返済で返済する金額は、全額元金の返済に充てられます。

そのため、任意返済を定期的に行うことが、総返済額を減らすうえでは非常に重要です。

しかし、たとえ任意返済を行ったとしても、毎月の約定返済は必ず行わなければなりません。

任意返済を行うと、その月の返済はもう終わったような気になってしまいますが、任意返済と約定返済を混同しないように注意しましょう。

約定返済はどんな時でも毎月1回、必ず行わなければならない返済で、任意返済は自分のお金に余裕がある時などの好きなタイミングで好きな金額を返済する方法ですので、約定返済だけは忘れないようにしてください。

延滞に関して自動融資サービスは適用にならない

みずほ銀行カードローンには、公共料金の支払いやクレジットカードの決済等で、返済用預金口座の残高が不足する場合に、利用限度額内で不足額を自動的に融資するサービス機能があります。

しかしこの機能は、他ならぬみずほ銀行カードローンの返済のためのお金が足りない場合には、適用できません。

「みずほ銀行カードローンの返済のためのお金を、みずほ銀行カードローンが貸してくれる」というのはおかしいということが、少し考えればお分かりいただけますよね。

他の返済や支払いに関しては、自動融資サービスの恩恵を受けられても、みずほ銀行カードローン自身の返済に関しては、自動融資サービスを当てにせずにきちんと自分で行うようにしましょう。

無視し続けてもまず時効はできない

借金の督促をしばらく無視し続けていると、いつか時効が成立して借金の返済義務がなくなる、という話を聞いたことがあるかたは多いかもしれません。

たしかに、借金の支払いをせずに5年間が経過すれば、借金の時効は成立しません。

しかし、この時効を成立させるためには、この5年間に金融機関からの督促に一切応じてはならないのです。

返済が遅れている以上、みずほ銀行からは定期的に督促が行われますので、それらをすべて無視することは現実的に困難です。

万が一すべての督促を無視し続けられたとしても、数年に亘って督促を無視し続けられて手をこまねいたままでいるほど、みずほ銀行は甘くはありません。

また、裁判にかけられた場合や財産が差し押さえられたりする場合にも時効は中断します。

どこかのタイミングで必ず代位弁済を行ったり、裁判にかけたりするので、時効が成立するまで借金の返済から逃げ続けることは不可能です。

借金のプロであるみずほ銀行から素人が時効を成立させることは不可能ですので、時効の成立は諦めた方が無難です。

逃げている間は信用情報はブラックのままですので、逃げれば逃げるほど不都合な時間が長くなり、しかもどこかで時効は中断しますので、時効の成立を狙うことはデメリットしかありませんよ。

みずほ銀行関連は返済日前日に入金!

みずほ銀行では、カードローンもクレジットカードもいずれも返済日当日の夜間に引き落としが実施されますので、返済日当日に入金しても間に合いません。

また、いずれも返済が1日滞るだけで利用停止になりますので、「少しくらい遅れても大丈夫だよね?」という甘い考えを持っていては痛い目に遭ってしまいます。

カードローンを利用している人は毎月9日(9日が銀行定休日のときはその前日)、マイレージクラブカードのセゾン一体型を利用している人は毎月3日(3日が銀行定休日のときはその前日)、UCカード一体型を利用している人は毎月4日(4日が銀行定休日のときはその前日)までにかならず入金するようにしてくださいね。

その後の人生にも大きな影響が!

返済を延滞してしまうと、延滞してしまった期間にもよりますが、その後の人生にも大きな影響があります。

返済を2ヵ月以上延滞してしまうと、返済延滞の事実が信用情報に登録されてしまうので、その後は融資やクレジットカードの審査に通ることは絶望的です。

カードローンは延滞が2ヶ月目に達した時点で保証会社が代位弁済(保証会社が借主に代わって返済を行うこと)が行われ、この時点でブラックになります。

また、クレジットカードは1日でも返済に遅れると信用情報に「延滞」という記録がつき、この状態が61日になると「遅延」という金融事故情報に変わり、信用情報はブラックになります。

現代社会でクレジットカードを利用できなかったり、住宅ローンを利用できなかったりすることが、どれだけ大きなハンデとなるかは、想像に難くないですよね。

ネットでの買い物も不便になり、ETCカードも利用することができなくなります。

スマホアプリの課金などもできません。

できることの幅が極端に狭まってしまい、人生の自由度が下がってしまいます。

さらに、ブラックになると、保証会社付きの賃貸住宅を借りることができなくなり、スマホの分割購入の審査にも通過できないので、スマホが急に壊れた時には代わりのスマホを買うことすらできなくなってしまうのです。

なお、2か月未満の返済延滞の場合は、信用情報機関で管理されている信用情報には、返済延滞のことは記録されません。

ただし、みずほ銀行と保証会社であるオリエントコーポレーションの社内には、返済延滞に関する記録が残り続けます。

そのため、今後みずほ銀行やオリエントコーポレーションが取り扱う金融商品を利用することは、非常に難しくなるでしょう。

オリエントコーポレーションは、多くのカードローンで保証会社も勤めていますので、短期の延滞でもその後の人生に与える影響は大きいということを、覚悟しておきましょう。

返済できないときの解決法

このように、みずほ銀行カードローンの返済に遅れてしまうと信用情報に傷かつき、カードローンも利用することができなくなってしまいますので、返済は期日通りに行う必要があるのです。

では、返済を延滞してしまったときや返済できないときには、どのように対処すればいいのでしょうか。

返済できないときの解決法や対処法について、説明していきましょう。

再引落としに間に合うようすぐに入金する

ついうっかり、返済用のお金を口座に入れるのを忘れてしまっただけという場合は、みずほ銀行から返済延滞の案内が来たらすぐに、再引き落としに間に合うように口座にお金を入金しておきましょう。

再引き落としは入金当日の夜間に行われますので、お昼~夕方の間に入金を済ませておけば、その日の夜には遅れていた分の返済が行えるはずです。

念のため、口座にお金を入金したことをみずほ銀行に連絡しておけば、みずほ銀行の心証もよくなるかもしれませんね。

また、連絡を入れることで、みずほ銀行はすぐに確認を行なってくれるので、停止されたカードローンやクレジットカードの利用再開が早くなります。

カードローンセンターに連絡する

どうしても返済期日までに返済できない、何日か猶予を与えられたとしても返済に充てるお金を工面するのが難しいという場合もあるでしょう。

そのような場合は、みずほ銀行カードローンのカードローンセンターへ電話をかけて、担当者と話し合うのも方法の1つですね。

相談内容によっては利息分だけの返済で済む場合もありますし、長期にわたって返済が難しいなら、返済計画の見直しも考えてくれるでしょう。

返済が遅れそう・遅れているという状況で、カードローンセンターに電話をかけるのは勇気がいるかもしれません。

ただ、みずほ銀行としては、カードローン利用者にきちんと返済をしてもらうことが一番重要であり、継続して返済を行っていけるようにいろいろと相談に乗ってくれるので、臆せず電話してみましょう。

みずほ銀行は国内3大メガバンクの1つです。

そのため、どうしてもお金がない人に対して、無理矢理「どうしても期日通りに支払え」などと言うことはありえません。

事情があるのであれば、その日まで待ってくれることが一般的ですし、対応も非常に丁寧で、病気や会社の倒産などであれば相談にも親身になってくれます。

逆に黙って延滞をしてしまったり、督促を無視してしまうと、みずほ銀行としても保証会社に代位弁済をしてもらうしか方法がありませんので、代位弁済手続きが行われ、信用情報はブラックになってしまいます。

このため、どうしてもお金を支払う余裕がない場合には、その理由と「いつなら支払うことができる」という期日を明確にしてまずは相談しましょう。

黙って延滞することが最も心象が悪くなってしまいます。

どうしようもないなら債務整理

みずほ銀行カードローンだけでなく他にも借金があり、それらも含めて返済できないとなった場合は、できるだけ早く債務整理をすることです。

債務整理の種類は、自己破産だけではなく以下の方法があります。

  • 任意整理:債権者と話し合いによって借金の減額や返済条件の緩和を行うこと
  • 特定調停:裁判所を交えて、債権者と借金の減額や返済条件の緩和を話し合うこと
  • 個人再生:住宅などの資産と住宅ローンを残した借金を原則3年以内に完済できるように借金を減額すること
  • 自己破産:20万円超の資産は没収され、借金もゼロになる

このように、債務整理の方法は様々です。

たとえば任意整理を行うことで、財産を処分することなく将来支払う利息のカットが可能です。

ただし、銀行との交渉は個人で行うことが難しく、相手にされない場合も多いため、弁護士や司法書士の法律の専門家に依頼しましょう。

どの方法が最良なのかも素人にはわからないので、まずは相談無料の弁護士に相談することから始めましょう。

裁判に訴えられてからでも間に合わないことはありませんが、なるべくスムーズに交渉を進めるためにも、もう返済できないと思ったらすぐに法律の専門家と相談することですね。

ただし、いずれの方法であっても債務整理は信用情報がブラックになってしまうという点だけは覚悟しておいた方がよいですね。

借金で借金を返すのは厳禁

返済できないときの解決法として一番やってはいけないのが、新たな借金です。

どんな借金でも、借りた以上は必ず利子を上乗せして返済しなければなりません。

みずほ銀行カードローンは、カードローンの中では比較的金利が低いほうです。

そんなみずほ銀行カードローンの返済に困っている人が、新たに借り入れをしてしまうと、今度はそちらの借金の返済で首が回らなくなってしまうのは、火を見るよりも明らかです。

  1. みずほ銀行カードローンが返せない
  2. 新たな借金から借金する
  3. 新たな借金の返済金とみずほ銀行カードローンの借金をカードローンから借りる
  4. 2つとも限度額がいっぱいになる
  5. 次のカードローンを契約し、みずほ銀行カードローンと2番目のカードローンの返済をする
  6. 全てのカードローンの限度額がいっぱいになり、4本目のカードローンの審査に通らない
  7. 自分の収入の中では返済不可能

このように、借金の返済を借金から行うと、どこかのタイミングで審査に通過できなくなった途端に支払いは不可能になってしまいます。

これが多重債務の最も怖いところです。

借金を借金で返済するようになると、返済地獄に陥ってしまいますので、他社からの借り入れによってみずほ銀行カードローンの返済をすることは、絶対にやめましょう。

すぐに滞納を解消しても悪影響はある

返済を長期間にわたって延滞すると、いろいろと不都合なことが起きることはすでに説明してきましたが、すぐに滞納を解消した場合でも、多少の悪影響はあります。

たったの1日でもみずほ銀行カードローンの返済に遅れた場合のデメリットについてもしっかりと確認しておきましょう。

マイバンクサービスが打ち切られる

みずほ銀行は、富士銀行・日本興業銀行・第一勧業銀行が合併してできた銀行であり、合併前の銀行が取り扱っていたサービスは、みずほ銀行になっても引き続き利用可能です。

そのようなサービスの1つに、第一勧業銀行のカードローンである「マイバンクサービス」がありますが、2回連続で返済を延滞してしまうと、マイバンクサービスの利用自体が打ち切られてしまうのです。

返済を延滞している以上、利用者に非があるとは言え、2回連続の延滞でサービスが利用できなくなってしまうのは、なかなか厳しい措置と言えるでしょう。

マイバンクサービスは厳密にはみずほ銀行の商品ではないので、マイバンクサービスの利用を打ち切られた後に、みずほ銀行カードローンに申し込むことは可能です。

ただ、2ヵ月連続で返済を延滞したという記録がみずほ銀行に残っている以上、新たに申し込みを行ったとしても、審査に通過できる可能性はほぼゼロでしょう。

増額審査に通らなくなる

みずほ銀行内部に、返済を延滞したという情報が残ってしまう以上、利用限度額の増額を行うのも難しくなるでしょう。

増額の審査基準は公表されていませんが、どのカードローンも以下の2点を満たしている人しか増額することはできないと言われています。

  • 半年以上カードローンを利用している
  • 延滞がない

延滞をしてしまうと、延滞がないとい条件を満たすことができていないことになります。

増額申し込み自体が禁止されるわけではありませんが、申し込みをしたところで十中八九審査落ちとなります。

増額ということは、これまで以上の金額をみずほ銀行が顧客に融資するということです。

一方、延滞をしている人というのはみずほ銀行にとっては、今後貸し倒れてしまう可能性のあるリスクの高い人です。

今後貸し倒れてしまうリスクの高い人の対して、今まで以上の金額を融資してしまったら、みずほ銀行の損失が大きくなってしまうリスクがあるということです。

このため、延滞の履歴がある人に対して、わざわざこれまでよりも大きな金額を融資する増額はみずほ銀行は行わないのです。

カードローンは、利用限度額が増えると一気に利便性が増すので、初回契約時の利用限度額で満足するのではなく、継続的に利用していって増額を行いたいところです。

みずほ銀行カードローンを末永く利用するつもりなのであれば、どれだけ短期であっても延滞はご法度であるということを、胸に刻んでおいてくださいね。

みずほ銀行以外の入金可能な提携ATMについて

みずほ銀行の約定返済は、口座からの自動引き落としによって行われますが、任意返済はみずほ銀行ATMや提携ATMを利用する形で行えます。

提携ATMとして利用できるのは、ゆうちょ銀行ATM・イーネットATM・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMです。

コンビニに設置してあるATMが軒並み利用できるので、ATMから返済を行う場合の利便性に関しても申し分ありませんね。

消費者金融と異なり、コンビニATMで返済する場合にもATM利用手数料無料で返済することができるので、少しでもお財布の中身に余裕がある時に気軽にコンビニATMから返済することができます。

みずほ銀行は返済しやすくローンを設計していますので、返済の期日にはくれぐれも遅れないようにしましょう。

短期間の延滞でも、今後のみずほ銀行との付き合いに問題が生じてしまいますし、長期の延滞の場合には信用情報がブラックになり、その後の人生に大きな悪影響が生じてしまうことになります。

どうしても延滞してしまうという場合には、自分からみずほ銀行のコールセンターへ電話をかけて、できるだけ早く返済金を入金するようにしてください。

Q&A

みずほ銀行のクレジットカード、カードローンの引き落としに関する5つのQ&Aを集めてみました。ぜひ参考にされてください。

クレジットカードの引き落とし口座の変更はできる?
できれば引き落とし先の銀行口座は給料が振り込まれる口座など、使い勝手がいい口座にしたいものです。契約時に設定した銀行口座ではちょっと不便だなと感じた場合、引き落とし先の口座が変更できれば、それに越したことはありません。引き落とし先の口座変更ですが、同じみずほ銀行の普通口座であれば可能です。クレジットカードとみずほ銀行のキャッシュカードが一体化になったカードならば、どうしても別の金融機関の口座というのは難しくなってきますが、同じみずほ銀行であれば変更可能です。
クレジットカードの引き落としに気付かずに2日経過してしまったらどうする?
うっかりクレジットカードの引き落とし事を忘れて、2日経過してしまった場合には、クレジット契約をしているカード会社に連絡をしましょう。例えば「セゾンVISAカード」であれば、連絡先はVISAではなくセゾンに連絡をし、オペレーターに事情を伝えると、その後の指示をしてくれます。問い合わせは下記のとおりです。
・UC…03-6893-8200、06-7709-8555(対応時間24時間自動音声受付9:00~17:00)
・セゾン… 03-5996-3054(対応時間9時15分~17時30分)
・オリコ…居住する地域によって番号が異なる
オリコですが、どの地域に居住しているのかで問い合わせ先電番号が異なります。

東地区北海道
東北地方
関東地方
新潟県
山梨県
長野県
静岡県
049-256-1151
受付時間9時30分~17時30分(土・日・祝日を除く)
西地区岐阜県
愛知県
三重県
北陸地方
関西地方
中国地方
四国地方
九州地方
092-261-5616
受付時間9時30分~17時30分(土・日・祝日を除く)
みずほのオリコカードの引き落とし日はいつ?
みずほ銀行のクレジットカードの引き落とし日は、どのクレジットブランドを使っているのかで変わってきます。
オリコは毎月27日になるので、忘れないように前日までに口座にお金を入金しておきましょう。

クレジットブランド名引き落とし日
UC5日
セゾン4日
オリコ27日
クレジットカードの履歴を見るときはどうしたらいい?
きちんと引き落としになっているのかを記帳して確認したものの、使ったはずのクレジットカード利用分の記載がなければ「残高不足だったのか」などと慌ててしまいます。
実際にどの程度、どの月にクレジットカードを使ったのかなどの履歴は、みずほ銀行ではなく契約しているクレジットカード会社のホームページから確認ができます。
例えばセゾンであれば、セゾンカードの会員サイト「NETアンサー」から確認できます。
実際に使用して請求が入るまで1カ月~2カ月程度のタイムラグが発生しますので、今月使用したとしても請求が入るのは来月、もしくは再来月になるでしょう。
カードローンの利用枠はいつ戻る?
今回の返済で、少し利用枠に空きが出る、といった場合にはいち早くその枠がいつ戻るのかが気になってきます。このタイミングが銀行によって異なりますし、また公にもされていないので、「みずほ銀行カードローンの利用枠が戻るのは何時です」とは明言できません。
ただ多くの銀行は請求日の午前中に処理に入り、午後には返済で空きが出た分の利用枠が表示されるようになっています。遅くとも翌日には反映されますので、それまで待ちましょう。

まとめ

みずほ銀行クレジットカード、カードローンの引き落としについてまとめてみました。

クレジットカードもカードローンも使用すれば必ず返済の義務が生じます。

万が一遅れが発生してしまえば、その分デメリットも生まれますから、しっかりと返済内容や引き落としのタイミングなどを踏まえ、上手に活用していきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

関連する記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

皆に選ばれているカードローン

1秒で融資可能か即判断!来店不要でネット完結!
アイフル
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短18分※₁
融資速度最短18分※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by アイフル㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • 初めての方は最大30日間無利息サービス
  • 誰にも知られずWEB完結!郵送物一切なし
  • 口座振替なら手数料無料で返済可能!
  • 原則、電話による在籍確認なし

※₁お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。


最短3分融資も可。WEB完結でバレない
プロミス
実質年率4.5%~17.8%
最高限度額1万~500万円
審査時間最短3分
融資速度最短3分
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 30日無利息サービス実施中!
  • インターネットでお申し込み後、
    ご来店で即日融資も可能
  • プロミスコールでオペレーターが
    疑問に答えてくれる
  • 原則、電話による在籍確認なし

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。


事前審査結果が最短10秒
SMBCモビット
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短30分※₁
融資速度即日融資※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by 三井住友カード株式会社
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • SMBCグループの
    SMBCモビットなので安心感抜群
  • 事前審査結果が最短10秒!
    自動契約機で土日も融資可能
  • パート、アルバイトでも
    安定した収入があればOK
  • WEB完結申込みなら、電話連絡なし・郵送物なし

※₁申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※融資限度額に関わらずSMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

特集記事